High-Profile talking







newsplus 要約

Amazonレビュー 要約

価格.com レビュー 要約

アットコスメ レビュー 要約

食べログ レビュー 要約

楽天レビュー 要約

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約

Splog Filter


Amazon.co.jp: カスタマーレビュー: O.K. Computer


名盤 レディオヘッド 無機質 アルバム 傑作 音楽 KIDA トムヨー 楽性 CD トム・ヨーク Air 年代 構築 楽曲 ヘッド 歌詞 曲目 ギター トムヨーク Down 音声 音楽性 孤独 メロディ 評価 構成 世紀 ヨーク ロック パラノイド Airbag 全体 感情 OKComputer LetDown Radiohead 表現 oidAndroid 世界 adiohead ndroid エレクト 個人 メロディー コンピュータ idA 世界観 名曲 魅力 ポップ Police バンド 構築して 最高 このアルバム 意味 aranoid エレクトロニ ノイズ 聴いて armaPolice 気味 影響 素晴らし コンピューター 重要 個人的 アンドロイド The 当時 変化 印象 効果 理解 作品 実際 自分 ギターロック ディー アルバム全体 人生 存在 言葉 人間 聴いた サウンド oSurprises 時代 現実 アルバムです 彼らの 自体 イントロ 一気 一番 こアルバムの TheB 現在 ファン
暗い 10%     美しい 15%     素晴らしい 15%     悲しい 5%     凄い 6%     よい 6%     高い 15%     深い 5%     良い 18%     優しい 5%     難しい 5%     生み出す 5%     聴く 46%     聞ける 5%     はまる 5%     放つ 5%     思い出す 5%     広がる 5%     思える 12%     超える 8%     いく 24%     残る 8%     まるで 10%     まさに 10%     最も 5%     一気に 6%     はっきり 5%     決して 5%     とにかく 10%     実際 8%     全く 8%     この 56%     そういう 6%    

  • Total Integration
    • 0当時世界 情勢、イギリスの社会状況を反映し、音楽 によって現実 世界 のヘドロのような状況を表現 したかのような作品 90年代 後半から00年代 前半にかけてのエレクト ロニカ、ポストロック の活況の原点にもなったポリフェリックロックアルバム シューゲイザー、ギター ロック に、エレクト ロニカなどを分解、脱構築 し、ブリットポップ 以降のUKロック の指標 よく言われるのはこの 辺り要するに時代 を書き換えた一枚 陰鬱な社会状況と彼らの 優れた音楽 ががっちりと噛み合って、出来上がった傑作 今のイギリスの好況やニューレイブ、ニューロック ・ジェネレーション やらの価値観とは決して 相容れないものになってしまいます少なくとも僕にとっ てはいく らでもある と同時に、ブリットポップ の末期だった97年においても異彩を放っていた 享楽性 や逃避的な希望を徹底して排除し、現実人間 の精神、るが、確社会がいかに腐っているか、人生 とは刹那であるという虚無の世界 へゆくことを表現 しきった 10年以上 経った今でさえ、その破壊力は健在だまさに 孤高のアルバム

  • 001   90 年代 後半 から 00 年代 前半 にかけての エレクト ロニカ 、 ポストロック の 活況 の 原点 にもなった ポリフェリックロックアルバム

    • 001   陰鬱 な 社会状況 と 彼 らの 優 れた 音楽 ががっちりと 噛 み 合 って 、 出来上 がった 傑作

      • 0023   自分 の 聞 く 音楽 が 変 わったというのもあるのでしょうが 、 この アルバム の 持 つ 音 の 説得力 だったり 、 色 だったりが 聞 く 度 に 変化 していったのです
        • 002   自分 の 聞 く 音楽 が 変 わったというのもあるのでしょうが 、 この アルバム の 持 つ 音 の 説得力 だったり 、 色 だったりが 聞 く 度 に 変化 していったのです

      • 002   個人 的 には KARMA POLICE が 大好 きです

        • 005   個人 的 に 、 一番 はまった 曲 は 、 5 . Let Down です
          • 039   個人 的 に 2 、 3 曲目 がどうしても 好 きになれない

        • 005   音響派 、 アンビエント 等 からも 影響 を 受 けたであろう 様々 な 音色 と 、 趣向 を 凝 らした 巧 みな 曲構成 や 独創的 な アレンジ 、 アートワーク も 含 め 、 アルバム 一枚 として 完璧 な 世界 観 を 作 り 上 げてるのが 魅力 かと
          • 009   音響派 、 アンビエント 等 からも 影響 を 受 けたであろう 様々 な 音色 と 、 趣向 を 凝 らした 巧 みな 曲構成 や 独創的 な アレンジ 、 アートワーク も 含 め 、 アルバム 一枚 として 完璧 な 世界 観 を 作 り 上 げてるのが 魅力 かと

        • 005   私 は 、 上記傾向 と 音 や アレンジ の 多面性 という 意味 で 、 断然 こっち ” OK Computer ” 派 ですね

          • 006   とにかく 最初 から 最後 まで 、 ただひたすら 《 美 しい 》 アルバム で 、 思 わず 《 サイモン & ガーファン クル 》 や 《 ザ・スミス 》 を 連想 するほどです
            • 006   思 わず 、 そんな 言葉 を 思 い 浮 かべてしまうほど 、 美 しい アルバム です

          • 011   前作 での 『 ジャスト 』 や 『 ハイアンドドライ 』 のような 、 静寂 → 見事 のな ギター アンサンブル で 盛 り 上 がるような 曲 はないのですが 、 虚無感 が 漂 いながらもどこかしら 優 しげのある トム の ヴォーカル が 、 個人 的 には 大好 きです
            • 011   ただ 、 非常 に マニアック で 、 前作 の the bends の 方 がよっぽど 一般受 けがいいと 思 うのですが

          • 013   M5 の LET DOWN に 入 るところでほぼ 必 ず 泣 いてしまいます

            • 014   下手 すれば 一部 の 音楽 ファン がひっそりと 聴 いているだけの 、 もっと 言 えば ファン からも 支持 を 得 ら 以外 には 絶対 に 作 れないといったといった には 絶対 に 作 れないような 、 ~ ~ マイナー な アルバム にもなりえたんじゃないかと 思 うほどです
              • 014   それはただ 上手 い 下手 とかそういった 低俗 な 比較 ではなく 、 こんな 音楽 は 彼 ら 以外 には 絶対 に 作 れないといったような 絶対的 なものです

            • 014   レディオヘッド 音楽 はそこらへんの 洋楽 アーティスト の 作風 とはまったく 次元 が 異 なるものといえます

              • 015   共同 プロデュース に セカンド・アルバム の 制作時 に エンジニア として ( 一部 プロデュース にも ) 関 わっていた ナイジェル・ゴッドリッチ を 迎 えた 本作品 は 、 バンド 自身 が 初 めて 主導権 を 持 って 自分 達 の 望 む 音楽 を 自由 に 追求 した アルバム
                • 037   アムアージニアック や ヘイル・ツー・ザ・シーフ も 聴 いたがこれが 一番 しっくりくる

              • 015   OK COMPUTER 90 年代 ロック シーン において 、 世界 中 にその 名 を 轟 かせた 決定的 な 3rd アルバム

                • 016   #2 Paranoid Android の 組曲形式 に 則 った 執拗 な アレンジ 、 劇的 な 展開 はこの 作品 を モンスターアルバム にするのにどの 曲 よりも 貢献 した ( してしまった ) と 言 えるでしょう
                  • 042   彼 らが 劇的 に 変化 する 入 り 口 に 立 つ 作品

                • 016   RADIOHEAD の RADIOHEAD たる 地位 を 確立 した ( してしまった ) 3rd

                  • 016   THE BENDS の 方法論 からの 決別 、 そして KID A という 新 たな 地平 へ 向 かうまさに ターニングポイント でした

                    • 016   おかげで 僕 にとっての RAIOHEAD はいまだに Air bag です

                      • 016   ジョニー の ギター が 縦横無尽 に 楽曲 を 切 り 裂 きます

                        • 016   何 かが 崩 れゆくその 瞬間 を 捉 えたような 切迫感 と 浮遊感 、 そして 不安感

                          • 018   たびたび 登場 する 電子音 はより 無機質サウンド を 作 るのに 役立 っている

                            • 018   卑劣 な 歌詞トム・ヨーク の 素直 な 感情 の 結晶 であり 、 裏声 の 高音 がそれを 引 き 立 てる

                              • 020   レディオヘッド 楽曲現実 から 逃亡 した ( しようとする ) 者達 が 愛玩 する トリップ 音楽 だそうですが

                                • 020   むしろけたたましい 雑踏 の 中 で 流 されるべき BGM なんだと 思 います

                                  • 021   人 によって 、 この アルバム は 好 き 嫌 いが ハッキリ わかれると 思 うので 、 自信 を 持 って オススメ します ! ! とは 言 えないけど 、 いつも 聴 いているのとは 違 った 音楽 を 聴 いてみたい 人 、 刺激 が 欲 しい 人 、 オレ 様 の レビュー 、 または 他 の 方々 の レビュー を 見 て 興味 を 持 った 人 は 一度聴 いてみてください 、 自分 の 中 で 音楽 の 幅 が 広 がるかも 知 れない
                                    • 021   作品 としても 、 ジャケット 含 めなかなかいいので 、 一度聴 く 価値 は 十二分 にある

                                  • 021   しかし 今 の レディオヘッド の スタイル を 大体確立 したものだし 、 レディオヘッド 入門 におすすめな アルバム だと 思 う

                                    • 022   そうふと 思 ってしまうほど OKComputer には 助 けられてきた

                                      • 023   曲 の 構成まるで 組曲 のように 変化 していくトムヨー 君 の 天才的 ギタリスト Steve = Vai を 彷彿 とさせるような . . . . ) どれだけ 1 曲 1 曲作 り 込 んでるんだ ! ? みたいな
                                        • 023   ( 天才的 ギタリスト Steve = Vai を 彷彿 とさせるような . . . . ) どれだけ 1 曲 1 曲作 り 込 んでるんだ ! ? みたいな

                                      • 023   私的 に radiohead は 『 音楽 にどっぷり 浸 かる 』 ということを 体験 してみたい 人 、 また 自分 の ダークサイド ( 笑 ) をちらっとみて 見 たいって 人 に 御薦 めです
                                        • 058   穏 やかで 悲 しい 感 じがとても 浸 りやすく 聞 きやすい

                                      • 025   コンピュータ音声ノイズ を 随所 に 織 り 込 み 、 既存 の ロック の 概念 を 覆 す 実験性 の 高 い サウンド は 、 ブライアン・イーノ が 作 り 出 した 一連 の ノイズ 系 ・ 効果 音系音楽 をはるかに 進化 させている
                                        • 034   コンピュータ音声ノイズ を 随所 に 織 り 込 み 、 既存 の ロック の 概念 を 覆 す 実験性 の 高 い サウンド は 、 ブライアン・イーノ が 作 り 出 した 一連 の ノイズ 系 ・ 効果 音系音楽 をはるかに 進化 させている

                                      • 025   『 Fitter Happier 』 などはまる で ビートルズ の 『 レボリューション No .9 』 をすら 思 い 出 させる
                                        • 034   『 Fitter Happier 』 などはまる で ビートルズ の 『 レボリューション No .9 』 をすら 思 い 出 させる

                                      • 025   アコースティ ク・ピアノ で 始 まり 、 トム・ヨーク の ファルセット 最高 潮 の 『 Karma Police 』 と 名曲 がめじろ 押 しだ
                                        • 034   アコースティ ク・ピアノ で 始 まり 、 トム・ヨーク の ファルセット 最高 潮 の 『 Karma Police 』 と 名曲 がめじろ 押 しだ

                                      • 027   もうこれは 運命 の 再会 と 言 うしかないでしょう 、 ホント にあの 時 あの 場所 で … … って 感 じです ( 笑 ) オレ 様 は 音楽 の 評論家 ではないのでこの アルバム音楽 性 がどうのこうのということは 全 くわからない

                                        • 028   みんな 難 しく 書 いてるけど 、 それだけ 好 かれているって 事
                                          • 019   難 しかったら 、 2nd から 入 ったほうがいいのかも

                                        • 028   絶望的 な 詩 を 耳 で 、 恐 ろしくきれいな 歌声 を 体 で 聞 ける 幸 せ
                                          • 022   アルバム 全体 を 通 して 絶望的 な 空気 が 立 ち 込 めている アルバム
                                          • 028   静 かな 怒 り 、 激 しい 怒 り 、 疑問 、 失望 、 絶望

                                        • 029   「 The Bends 」 から 「 OK Computer 」 、 「 OK Computer 」 から 「 KID A 」 と 、 Radiohead 音楽 の 変幻自在 が 次作 への 期待 をあおる
                                          • 006   あと 、 『 OK コンピュータ ー 』 という 意味 不明 の タイトル も 面白 いです

                                        • 031   他方 からも 、 自身 の インタビュー からも 、 人 を 不愉快 にさせる 、 吐 き 気 を 感 じさせる アルバム と 皮肉 っていたけれど 、 あれだけ 時代 に 対 し 、 個人 の 叫 びを 的確 に 表現 しながらも 、 題名 では 、 「 OK 」 と コンピュータ時代 の 幕開 け … つまり 、 世界 が 冷 え 冷 えとした 暗黒世界 へと 突入 し 、 やがて kidA という 虚無 の 世界 へゆくことを 予見 しながらも 、 レディオヘッド はあの 時代 を 不愉快 な サウンド を 鳴 らし 、 不愉快 な 感情 を 吐露 しながらも 、 高 らかに 「 OK 」 と 世界 に 対 して 、 肯定 していたのだと 思 うと 、 そこに レディオヘッド … ひいては 人間 の 強 さや 愛 を 感 じた
                                          • 020   クリープ から 始 まり 大胆 に シフト した キッド A を 経 て 、 トム・ヨーク の ソロ 活動 まで 全 てを 包括 する 彼 ら レディオヘッド の 主張 とは

                                        • 031   レディオヘッド は 、 弱虫 でも 暗 くも 卑屈 でもない

                                          • 035   生涯胸 に 残 る アルバム ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ☆ 9 つ
                                            • 016   おそらくは アルバム 中 でも 最 も 美 しい 楽曲 だと 思 います

                                          • 036   ともかく ヘッド フォン で 大音量 で 楽 しむ 音楽 が 詰 まってる アルバム だと 思 う

                                            • 036   1 曲目 の AIRBAG の イントロ が 始 まった 瞬間 こりゃ 売 れるだろうなと 思 った

                                              • 037   RADIOHEAD は KID A から 入 りましたが 、 自分 は 保守的 なのか OK COMPUTER のほうが 好 きです

                                                • 038   歌詞 もまた 然 りで 、 5 . Let Down の 中 の 言葉 ” 空虚 ・ 失望 ・ 失意 ・ 無為 ・ 堕 ちる ” と 、 もうこれでもかと 言 ったような ダメ さ 加減 である

                                                  • 038   英国人 なのに 、 ちっとも カッコ 良 くないし 背 は 低 いし 歌 っている 時 の 顔 の 表情 なんて 、 もう 見 ているだけで 魂 を 抜 かれてしまうような ダメダメ さ 加減 に 満 ち 溢 れている

                                                    • 039   数 ある ロック アルバム を 聴 いてきたが 、 「 こんな 音楽 聴 いたことねえ ! 」 と 頭 に 氷水 をぶっかけられたような 作品 はこれだけである
                                                      • 038   数 ある ロック アルバム を 聴 いてきたが 、 「 こんな 音楽 聴 いたことねえ ! 」 と 頭 に 氷水 をぶっかけられたような 作品 はこれだけである

                                                    • 040   この アルバム が B ` z や ミスチル ( そういえば Air bag は パク られてましたね ) よりも 世界 的 に 売 れていること 自体 が ポピュラー 芸術家 たちの 勝利 なんです
                                                      • 034   ジョニー・グリーンウッド の ロバート・フィリップ ばりの リード で 始 まる 『 Air bag 』

                                                    • 040   『 Air bag 』 の 12 弦 と DJ シャドウ との 融合 に 興奮 しない 音楽 好 きがどこにいるのでしょう

                                                      • 041   そして トムヨー ク の 繊細 な 声 や 、 内面 をえぐるような 歌詞無機質 でありながらほんわか 温 かい 感 じなど 斬新 で ユニーク な 音楽 性 は 直 ぐ 好 きになりました

                                                        • 043   7 で 経済社。糾弾 という 根底 の テーマ に 念 を 押 し 、 躁鬱 な 8 、 9 で 極限 まで アルバム雰囲気 を 落 ち 込 ませる

                                                          • 043   Air bag 、 Paranoid Android の 二発 は クラシック 、 ブレイクビーツ 、 メロディ ー の 叙情性 、 爆音 ギター 、 その 他数多 の 石碑 を 削 って 作 られた 、 美麗 すぎる 音 の 彫刻 と 言 って 何 の 問題 もない

                                                            • 043   しかし 前述 の 通 り ロック ポップ ス と 一部前衛的解釈 の 融合 という 面 で 、 この 作品 の 整合性 を 超 える アルバム は 、 おそらく 地球上 に 存在 しない

                                                              • 048   リズム や コンピュータ音声 など 実 に 多様 な 要素詰 め 込 まれているにも 関 わらず 、 アルバム 全体 は 素晴 らしいほどのまとまりぶり
                                                                • 047   リズム や コンピュータ音声 など 実 に 多様 な 要素詰 め 込 まれているにも 関 わらず 、 アルバム 全体 は 素晴 らしいほどのまとまりぶり

                                                              • 048   要 は 、 コンピュータ 使 っても 、 結構 こんないい 音楽 もできるよ 、 コンピュータ で 別 に OK 、 という 消極的 な 肯定 というか 、 そんな ニュアンス じゃないかと 思 うのです

                                                                • 049   KID A を 聴 いて Miles Davis や Charlies Mingus 好 きになる

                                                                  • 049   今 、 自分音楽 の 通過点 にして 未 だ 現在 進行形 の アルバム

                                                                    • 050   レディオヘッド は 1 曲 だけだったが 、 それが 「 カーマ・ポリス 」 だった

                                                                      • 053   『 Air bag 』 『 Paranoid Android 』 『 Karma Police 』 と 名曲 がめじろ 押 しだ

                                                                        • 053   それらを 、 95 年頃 から トム を 中心 に いじりくり 回 していた 新 たな オモチャ 、 エレクト ロニカ に 影響 された 未来的 な テクスチャー が 包 み 込 み 、 97 年 においては まさに 斬新 な サウンド だった
                                                                          • 029   「 The Bends 」 まで 積 み 上 げてきた ギター ロック に 、 エレクト ロニクス を 効果 的 に 使用

                                                                        • 053   ( 笑 ) まあ 、 とにもかくにも 新 たな 音楽 的感性 を 養 いたい 人 はぜひ ! な アルバム です
                                                                          • 023   ( 笑 ) まあ 、 とにもかくにも 新 たな 音楽 的感性 を 養 いたい 人 はぜひ ! な アルバム です

                                                                        • 055   ちょうど 音楽 の 方向転換期 の 時 の 作品 なのでちょうどいい 塩梅 です

                                                                          • 057   DAISHI DANCE , DJ KAWASAKI , MAKAI , note native といった アーティスト の 音楽 を 聴 いてもらいたいです

                                                                            • 058   そして パラノイド アンドロイド の 二部構成 に 鳥肌 が 立 ち 、 ノー・サプライセズ で 涙 する
                                                                              • 058   とにかく ハイセンス でとっつきやすい 美 しい ロック です

                                                                            研究 開発