High-Profile talking







newsplus 要約

Amazonレビュー 要約

価格.com レビュー 要約

アットコスメ レビュー 要約

食べログ レビュー 要約

楽天レビュー 要約

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約

Splog Filter


Amazon.co.jp: カスタマーレビュー: 麒麟の翼 (特別書き下ろし)


加賀 新参者 加賀恭一郎 東野 松宮 カバー 東野圭吾 最高傑作 推理 真相 傑作 阿部寛 阿部 加賀恭一郎シリーズ 謎解 加賀シリーズ 日本橋 本作 刑事 推理小説 作品 描写 被害者 読後 捜査 人物 シリーズ最高傑作 事件 人情 犯人 家族愛 登場人物 カバー加賀恭一郎 シリーズ 賀シリーズ 東野作品 丹念 小説 伏線 加賀と松宮 加賀刑事 赤い指新参者 件の真相 心理 作者 悪意 意識不明 東野圭吾さん 加賀シリーズ最高傑作 本書 前作 登場 作家 新作 カバー東野圭吾 事件の真相 読書 初期 面白 謎解きに 家族 容疑者 終盤 次回作 解決 展開 期待 健在 相変 加賀さん 要素 個人 一見 待望 周辺 親子 推理力 謎解きの 物語 犯罪 魅力 事故 意識 ドラマ 私個人 動機 最後 ミステリ 殺人事件 想像 最高傑作とい 裏切 最新作 読者 物足 関係 謳って 人情味 舞台 意外
するどい 4%     味わい深い 4%     鋭い 6%     物足りない 6%     重い 8%     つまらない 4%     面白い 32%     深い 16%     赤い 22%     弱い 8%     少ない 6%     聞き込む 4%     解く 16%     教える 6%     こじつける 6%     謳う 6%     偽る 4%     描く 32%     ちらつく 4%     見逃す 4%     裏切る 8%     遭う 4%     一見 6%     次々 6%     サクサク 4%     そういった 4%     相変わらず 12%     ともかく 4%     改めて 8%     ああ 4%     やや 4%     さすが 14%     一気に 6%    

  • Total Integration
    • 0カバー ) 大人 気「加賀 恭一郎が挑む 加賀 恭一郎シリーズ 」の第9弾 前作新参者 』に続き、日本橋 署編です 東野 圭吾ファン で、全作読んでいます が、久しぶりに、東野 圭吾さんらしいシンプルで読みや すい文章、さりげない描写会話 の中に「救い」や「優しさ 」があるものの複線の絡み方は見事 だと思いま伏線そういった 疑念もちらも楽しみ にして親子 愛などが充分に描かれて いる さらに、『新参者 』と同様、日本橋 近辺の文化や街並みなどを巧みに読み始めたわけですが、どこが?という感じです新参者 」ほどの人情 味もなく薄っぺらなストーリー に組み込むあたりは流石の一言 また、『新参者 』や『赤い 指』を読んでいれば、それらと関連 する内容 が多々登場 するので、どちらかの作品好きな 方には強くお勧めしたい ただ、唯一 の減点ポイントとしては、「加賀 シリーズ中では展開心理 的な動きに特筆すべきものはなく、最高傑作 」と謳って いるわりには、 容疑者 とされてしまうなんて…」と思える人物心理事件真相 部分 で驚愕の展開 があったかというと、他作品 と比較するに、そこまでの作品対して 失礼なのでは無かったと思う ちなみに、本の中に入っていたチラシによると、2011年は「作家 生活25周年記念」ということで本作 を第1弾として、 第2弾=『真夏の方程式』(ガリレオシリーズ )6月6日発売予定 第3弾=『マスカレード・ホテル』(待望 のニュー・ヒーロー誕生とのこと・・)9月9月発売予定 などが刊行される作品 は全部読破しようです 楽しみ です

  • 001   ただ 、 唯一 の 減点 ポイント としては 、 「 加賀 シリーズ 最高傑作 」 と 謳 っているわりには 、 事件真相 部分 で 驚愕 の 展開 があったかというと 、 他作品 と 比較 するに 、 そこまででは 無 かったと 思 う

    • 002   でも … 個人 的 においては 「 赤 い 指 」 「 新参者 」 の 両名作 を 越 えてはいないかなと 思 いました
      • 040   しかし 展開 の 妙 においては 、 「 新参者 」 のほうが 上 か

    • 002   最後 の 方 で 真相 が 明 らかになる 頃 、 いつも 飄々 としてる 加賀 がかなり 熱 くなりある 人物 の 襟首 を 掴 んで 怒鳴 り 付 ける 場面 があります

      • 004   事件真相 につながる 、 過去事故 があるのだけれど 、 事件 内容 が 平凡 なうえに 、 ある 人物動機 が 不自然 というかよくわからないまま 終 わる
        • 023   少 ない ヒント から 、 加賀事件真相 に 迫 っていく

      • 004   たとえば 、 早期 の 解決 を 図 る 捜査 本部 が 描 いた 事件 の 構図 は 稚拙 で 説得力 がなく 、 加賀 刑事 ではなくても 、 それでいいのかと 思 うもの

        • 008   帯 に 加賀 シリーズ 最高傑作 とありますが 、 物足 りなさを 感 じてしまいました
          • 008   ミステリ ー として 、 楽 しみにすると 、 物足 りないのかもしれません

        • 008   でも 、 加賀 恭一郎 ものは 、 この 味 わい 深 さがいいんだと 思 います

          • 010   ただ 、 正直言 って 、 ずっと 前 から 東野 圭吾 を 読 んでる 人 からしたら 「 最高傑作 」 ではないと 思 う
            • 029   カバー ) 皆 さん 書 かれていますが 、 「 最高傑作 ではないが 面白 い 」 です

          • 012   最近作品 のような 、 人情 味溢 れる 、 テーマ が 重 く 圧 し 掛 かってくる 、 家族 を 再認識 するものでもない
            • 035   カバー ) 単純 な 推理 小説 ではなく 、 人間 愛 、 家族 を 描 いた 作品 です

          • 012   ドラマ の 勢 いもあって 映画 化 されるようであるが 、 青柳父子 と 香織 の 配役 は 、 とくに 熟考 してほしい

            • 012   無論 、 作者 としては 傑作 だからこそ 上梓 したんだろうが 、 東野加賀 マニア が 多 い 昨今 、 今作 の レベル は 凡庸

              • 013   「 新参者 」 では 、 加賀謎解 きと 骨折 りのおかげで 、 多 くの 登場 人物 が 救 われていく

                • 013   ただ 、 テレビ 版 「 新参者 」 の キャラ クター に 、 松宮 や 石垣 はかなり 引 きずられた 感 があり 、 加賀 に 至 っては 描写 や 言動 の 随所 に 阿部 ちゃんが 透 けてみえる

                  • 014   加 えて 「 加賀 恭一郎 」 という 人物 が 、 「 新参者 」 に 続 きあまりに 完璧 すぎる 設定 ゆえに 、 逆 に 「 人間 味 がなく 」 鼻 につきました
                    • 038   「 新参者 」 で 阿部 さんが 加賀 恭一郎 を 演 じた 事 で ずっと 脳内映像 で 阿部 さんが 動 いていました
                    • 049   カバー ) 『 新参者 』 が 今 ひとつ 苦手 で 、 『 赤 い 指 』 が 大好 きな 者 です

                  • 015   加賀 刑事 が 一番 カッコ よく 描 かれた 作品 は 、 被害者 、 加害者 それぞれの 足取 りを 追 いながら 、 周辺人物 から 丹念 に 聞 き 取 りをおこない 、 その 言葉 の 端々 から 矛盾 を 拾 いあげ 、 誤解 を 破 り 、 真相 へと 近 づいていきます
                    • 015   加賀 は 、 被害者 、 加害者 それぞれの 足取 りを 追 いながら 、 周辺人物 から 丹念 に 聞 き 取 りをおこない 、 その 言葉 の 端々 から 矛盾 を 拾 いあげ 、 誤解 を 破 り 、 真相 へと 近 づいていきます

                  • 015   この 社会 にありふれている 振 る 舞 いが 、 やがて 大 きな 歪 みへと 育 ち 、 多 くの 人々 を 不幸 に 陥 れることすらあるのだという 思 いが 、 その 言葉 には 込 められています

                    • 015   加賀 恭一郎 という キャラ クター は 、 「 どちらかが 彼女 を 殺 した 」 「 嘘 をもうひとつだけ 」 など 東野 作品 の 中 でも ロジック 重視 の 作品 に 起用 されてきた 印象 があります

                      • 015   被害者 は 死亡 し 、 加害者 は 逃走中 の 事故意識 不明 の 重体 、 という 状況 で 、 被害者家族 、 加害者 の 家族 、 その 周囲 の 人々 が 描 かれます

                        • 015   終盤 、 この 作品 中 で 、 加賀 が 一度 だけ 激昂 し 、 ある 人物 に 強 い 言葉 を 投 げかけます

                          • 015   一見 なんでもなさそうなできごとや 会話 の 中 にささやかな 不整合 = 謎 を 見出 し 、 解 きほぐしていく

                            • 015   「 麒麟 の 翼 」 も ミステリ の 構造 をとりながら 、 普遍的 な 物語 へと 昇華 した 小説 になっています

                              • 015   マスコミ など 「 部外者 」 を 自認 する 者 たちの 振 る 舞 いが 、 もっとも 下劣 で 暴力的 なものとして 描 かれているのが 印象 的 です

                                • 015   幕切 れ 近 くに ドカン と 炸裂 する 大仕掛 けに 期待 するのではなく 、 全編 に 散 りばめられたきめ 細 かい 技巧 の 数々 を 堪能 するのが 、 本作ミステリ としての 楽 しみ 方 のように 思 います

                                  • 017   読 み 終 わり 、 この 作品シリーズ だったと 知 ったので 、 加賀 さんと 松宮 さんの 過去 を 洗 ってみようかな 笑 もっと 作者 の 個性 や 癖 を 知 りたいって 思 えた 作品 でした

                                    • 017   最終段階 になるにつれ 、 本 の 表紙 を 掴 む 手 に 力 が 入 り 、 汗 ばむほど 集中 してる 自分 がいました

                                      • 017   最終的 には 、 加賀 さんと 松宮 さんが 中心 になると 安心 してのめり 込 みました

                                        • 018   たしかに 東野 さんご 本人 がおっしゃるとおり 最高傑作 かもしれませんが 、 加賀 シリーズ では 私 は 新参者最高傑作 かなぁ・・・ 人 それぞれですよね

                                          • 019   カバー ) 最初 、 読 み 進 めると 、 「 あれ 、 『 手紙 』 と 雰囲気 が 似 ているような・・・・・・ 」 と 思 い 、 ちょっと 残念 に 思 いながら 読 み 進 めていたのですが 、 さすが 東野 作品

                                            • 019   ただ 、 相変 わらず 加賀 さんの 勘 がするどすぎて … こんなに 上手 いこと 解決 に 導 けるか ? ってゆう … ( 笑 ) まぁ 小説 ですけどね 、 本当刑事 さんもこんなに 勘 がするどい のでしょうか ? ( 笑 ) 次回 の 加賀 シリーズ にも 期待 したいと 思 います
                                              • 019   これらが 、 加賀 の 父子関係 とも リンク しながら 物語 が 進 められている 点 に 、 特 に 読 み 応 えを 感 じました
                                              • 019   また 、 加賀 シリーズ の 続編 らしく 、 しっかりとつじつまが 合 う 構成 に 脱帽 です
                                              • 039   ただ 、 相変 わらず 加賀 さんの 勘 がするどすぎて … こんなに 上手 いこと 解決 に 導 けるか ? ってゆう … ( 笑 ) まぁ 小説 ですけどね 、 本当刑事 さんもこんなに 勘 がするどい のでしょうか ? ( 笑 ) 次回 の 加賀 シリーズ にも 期待 したいと 思 います
                                              • 042   コンビ での 捜査意識 してか 、 加賀雰囲気 が 今 までと 微妙 に 違 った 感 じが

                                            • 019   サスペンス でありながら 、 読者 を スカッ とさせる 勧善懲悪的 な 要素十分 に 入 れてあります
                                              • 020   面白 かったけれど 要素 を 詰 め 込 みすぎて バタバタ している 感 が 拭 えないので ☆ 4 つ

                                            • 021   設定 には 多少疑問 を 感 じる 部分 や 不自然 さを 感 じる 部分 もあったですが 、 全体的 にはよくまとまって いると 思 う
                                              • 030   全体的 に 面白 かったですが 、 犯人 があまりにも 以外 だったのでびっくり

                                            • 022   カバー ) 江戸橋 の 地下道 で 胸 を ナイフ で 刺 された 被害者 は フラフラ と 日本橋 まで 歩 き 、 中央 にある 麒麟 の 装。
                                              柱 に 覆 いかぶさるように 倒 れた
                                              • 022   カバー ) 江戸橋 の 地下道 で 胸 を ナイフ で 刺 された 被害者 は フラフラ と 日本橋 まで 歩 き 、 中央 にある 麒麟 の 装。柱 に 覆 いかぶさるように 倒 れた

                                            • 022   冒頭 のこの 描写 で 「 人間 の 正明 」 ( 森村誠一 ) に 似 てなくもないなと 思 ったが 、 東野 がどう 料理 するかお 手並 み 拝見 といったところだ

                                              • 022   また 重要容疑者 が 派遣切 りに 遭 ったのは 秋葉原通 り 魔事件 に ヒント を 得 ているなと 思 ったが 、 これもどう 展開 させるか 見物 だなと 思 った

                                                • 023   事件 の 現場 に 何度 も 足 を 運 んだり 、 現場周辺 に 何度 も 聞 き 込 みに 行 ったりと 、 刑事 の 原点 ともいうべき 加賀捜査相変 わらずだったが 、 謎解 きという 面 ではちょっとあっけなかったかなと 思 う
                                                  • 023   他者 の レビュー でも 書 かれていたが 、 今回謎解 きや トリック が 中心 ではなく 、 人間 関係 が 重点的 に 描 かれていたと 感 じた

                                                • 026   カバー ) 加賀 恭一郎 シリーズ 最高傑作 の 帯 がついている

                                                  • 027   事件捜査 を 進 める 中 で 浮 かび 上 がってくる 人々 の 人間 模様 が 、 しっかりと 描写 されていて 、 読 んでいてとても 面白 いです
                                                    • 018   でも 今回 も 現代 にありがちな 人間 模様 が 読 めて 、 よかったです

                                                  • 027   カバー ) 加賀 恭一郎 シリーズ作品 です

                                                    • 030   個人 的 には 「 赤 い 指 」 を 読 み 終 えた 時点 で 「 加賀 役 は 仲村 トオル しかいない ! 」 と 思 いましたが 「 新参者 」 で 阿部 さんが 演 じられたのも 納得
                                                      • 009   阿部 と 、 加賀 刑事 が 重 なるという コメント がありましたが 、 おそらく 意識 的 に 似 せて 来 ていますね

                                                    • 030   何 だか 「 新参者 」 に 登場 した 上。刑事 の 裏返 しみたいな 感 じでした

                                                      • 032   そのためかれまでのような 物語 に 深 さが 感 じられず 、 薄 っぺらく 感 じてしまう

                                                        • 033   これまでの 良 い 作品 と 比較 すると 見劣 りするのは 否 めない

                                                          • 037   数々 の 伏線 の 連続 から 、 意外犯人事件真相 に 迫 る 部分 の プロット は 、 久々 にさすが 東野 圭吾 と 唸 らされました
                                                            • 001   東野 圭吾 らしい シンプル で 読 みやすい 文章 、 さりげない 描写会話 の 中 にある 伏線 、 そして 親子 愛 などが 充分 に 描 かれている

                                                          • 038   ドラマ の 影響 なのか 、 加賀松宮 の コンビ のやりとりが 軽 く 、 どうしても 小説加賀 恭一郎 ではなく 、 ドラマ加賀 恭一郎 が 頭 にちらつく
                                                            • 032   ドラマ の 影響 なのか 、 加賀松宮 の コンビ のやりとりが 軽 く 、 どうしても 小説加賀 恭一郎 ではなく 、 ドラマ加賀 恭一郎 が 頭 にちらつく
                                                            • 038   大都会 の 真 ん 中 で 発生 した 事件真相 に 、 加賀 恭一郎 が 挑 む

                                                          • 041   日本橋 には 翼 のついた 麒麟 の 像 があるという 話 の インパクト が 強 すぎて ( そんなの 知 らないですよね ) 謎解 きにつながる 部分 に 、 あまり 「 はっと 」 させられなかったところが 唯一 の 欠点 か

                                                            • 041   そこには 主人公刑事 加賀 恭一郎 もそうだが 、 『 新参者ドラマ を 見 た 後 は 、 やはり 加賀 恭 は 阿部 と 子 の 他人 には 判 らない 深 い 絆 というか 、 そういう 内面 の 様相 が 加味 されて 、 味 わい 深 い ストーリー に 仕上 がってゆくのだ
                                                              • 001   さらに 、 『 新参者 』 と 同様 、 日本橋 近辺 の 文化 や 街並 みなどを 巧 みに ストーリー に 組 み 込 むあたりは 流石 の 一言
                                                              • 021   日本橋 の 麒麟 の 台座 にもたれ かかって 死 んだ 男 には 、 いったいどんな 事情 があったのか ? ひとりの 男 が 殺 された 陰 に 潜 む 真実 を 、 加賀 恭一郎 は 追 い 求 める
                                                              • 041   カバー ) 新参者ドラマ を 見 た 後 は 、 やはり 加賀 恭 は 阿部 と 非常 に 重 なってしまった

                                                            • 041   ( 松宮 は 溝端淳平 とちょっと 違 うなと 思 いましたが ) 水天宮日本橋 七福神巡 り 、 下町情緒 が 漂 う 展開 に 、 複数 の 怪 しい 登場 人物

                                                              • 042   その 辺 は ドラマ からの 反映 でしょうか ? 今後 も 加賀 シリーズ はこの コンビ ? 個人 的 に 加賀 シリーズ は 『 悪意 』 『 どちらかが … 』 『 私 が … 』 のような 挑戦的作品イメージ が 強 いので 、 次 は 是非 その 系統 のが 読 みたい

                                                                • 043   カバー ) 待望加賀 シリーズ新作推理トリック を 楽 しむのではなく 、 人間 関係家族 に 重点 を 置 いた 作品 といえます
                                                                  • 043   正攻法 の 推理 小説 で 、 最初 の 予測 を 、 またも 、 後半 で 裏切 られる

                                                                • 043   その 直後 、 近 くにいた 不審者 が 発見 されたが 、 警察官 から 逃亡 しようとして 交通事故 にあう

                                                                  • 043   派出所 の 目 の 前 を 横切 った 男 が 、 そのまま 息絶 えた

                                                                    • 044   これは 好 みの 問題 なのでしょうが 、 人間 を 描 くこと 、 つまりは 、 人間 の 持 つ 「 弱 さ 、 汚 さ 、 優 しさ 」 を 描 くことにかけては 右 に 出 るもののいない 東野 さんが 、 なにゆえ 「 加賀 恭一郎 」 に 対 しては 、 ロボット のような 設定 をしてしまっているのか 不思議 でなりません
                                                                      • 014   これは 好 みの 問題 なのでしょうが 、 人間 を 描 くこと 、 つまりは 、 人間 の 持 つ 「 弱 さ 、 汚 さ 、 優 しさ 」 を 描 くことにかけては 右 に 出 るもののいない 東野 さんが 、 なにゆえ 「 加賀 恭一郎 」 に 対 しては 、 ロボット のような 設定 をしてしまっているのか 不思議 でなりません

                                                                    • 044   日々 の ニュース が 生々 しく 、 しばらく 読書 が 手 につかなかった 中 で 、 きっかけを 作 ってくれるのは 誰 だろうと 考 え 、 積 ん 読 の 中 からこの 本 を 取 りました
                                                                      • 049   日々 の ニュース が 生々 しく 、 しばらく 読書 が 手 につかなかった 中 で 、 きっかけを 作 ってくれるのは 誰 だろうと 考 え 、 積 ん 読 の 中 からこの 本 を 取 りました

                                                                    • 044   事件 の 背景 に 秘 められた 哀 しき 因果応報 とは 対照的 に , 「 麒麟 の 翼 」 に 心 を 新 たにした 登場 人物 達 の 英断 が 清々 しい 読後 感 を 与 える

                                                                      • 044   一見 , 金銭目当 ての 犯行 と 思 われた 殺人事件

                                                                        • 044   『 新参者 』 同様 , 単 なる 謎解 きに 終 わらず , 家族人間 の 弱 さなど 登場 人物人間 性 を 丹念 に 描 くことを 通 じて 事件真相 を 紐解 いていくところに , 一般的 な 推理 小説 にはない 温 かみを 感 じさせる

                                                                          • 044   だが , 加賀丹念 な 地取 り 捜査 と 聞 き 込 みによって 登場 人物人物 像 が 掘 り 下 げられていくうちに , 意外真相

                                                                            • 045   言 ったことのない 日本橋 や 人形町 の 景色 が 見 えるようで 、 それもまた 読書 の 楽 しみの 一 つと 認識 しました
                                                                              • 045   今回 も 基本 は 日本橋 とはいえ 前作 ほど 「 街 そのもの 」 が 前面 に 出 されてはいない

                                                                            • 046   何 より 結末 が 作家 のほとんど 独白 による 謎解 きで 、 それまで 触 れられなかった 事実 が 次々 に 出 てきて 、 推理 小説 の 楽 しみである 読後謎解 きのすっきり 感 もありません
                                                                              • 046   ラスト に 至 るまで 読者 に 全 ての 材料 を 提示 してから 謎解 きにかかる 推理 小説 の ルール を 踏 み 外 しています

                                                                            • 047   内容 も リンク しているし ( 詳 しいことは 書 けませんが ) 、 両作品 とも 、 加賀 さんに 重 ね 合 わせた 東野 圭吾 さんの 思 いが 強 く 伝 わってくる 良作品 です
                                                                              • 014   カバー ) 大好 きな 東野 圭吾 さんの 新作
                                                                              • 047   内容 も リンク しているし ( 詳 しいことは 書 けませんが ) 、 両作品 とも 、 加賀 さんに 重 ね 合 わせた 東野 さんの 思 いが 強 く 伝 わってくる 良作品 です

                                                                            • 049   予感 に 間違 いはなく 、 ああ読書 はやっぱりいいなと 改 めて 感 じさせてくれました
                                                                              • 008   ただ 、 読 み 終 わった 後 はすっきりという 話 ではありません
                                                                              • 027   彼女 にも 、 これから 希望 を 持 って 強 く 生 きていってほしいです
                                                                              • 034   カバー ) なんだか 厳 しい レビュー が 多 いですね
                                                                              • 036   カバー ) あっさりしてた 、 という 印象 です
                                                                              • 040   今 シリーズ を 大事 にしている 感 があり 、 嬉 しい
                                                                              • 045   ただ 少 し 話 が 重 すぎるかなぁ 、 とも 感 じた
                                                                              • 049   こんな 時期 だからこそ 、 楽 しい 読書 も 忘 れたくありません

                                                                            • 049   伏線 らしき 伏線 もないまま 、 怒濤 の 種明 かしをされるのは 、 乱歩賞 の 受賞作 のような 荒々 しさを 感 じました

                                                                              研究 開発