High-Profile talking







newsplus 要約

Amazonレビュー 要約

価格.com レビュー 要約

アットコスメ レビュー 要約

食べログ レビュー 要約

楽天レビュー 要約

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約

Splog Filter


Amazon.co.jp: カスタマーレビュー: 神様のカルテ


森見 学士 文体 漱石 医療 患者 夏目漱石 安曇 読後 医師 栗原一 読後感 夏川 学士殿 主人 森見登美彦 栗原 看護 古風 人物 登美彦 主人公 激務 看護師 医者 小説 現場 末期 心温 登場人物 病院 同僚 男爵 救急 物語 作者 作品 著者 内科 口調 地方 感動 個性 一冊 文学 現代 葛藤 大学病院 文章 問題 人間 内科医 日常 地域医療 心温まる 描写 性的 現実 孤独 現役 ユーモア 安曇さんの 映画化 不足 信州 苦悩 交流 続編 大学 医療現場 友人 読書 自身 魅力 日々 淡々 勤務 末期医療 医師や看護師 疑問 周囲 場面 評価 設定 面白 印象 患者さん 大切 言葉 映画 様々 ストーリー 期待 表紙 医師不足 実際 医療の現場 読者 展開 人々
温かい 9%     厳しい 5%     優しい 18%     薄い 7%     若い 7%     軽い 8%     面白い 12%     良い 22%     おもしろい 4%     やすい 9%     重い 5%     向き合う 4%     心温まる 9%     取り巻く 4%     読む 51%     救う 7%     描く 21%     泣ける 9%     生かす 4%     語る 10%     残る 11%     読める 7%     むしろ 7%     実際 8%     とても 11%     しっかり 8%     そういう 5%     まず 5%     全く 5%     この 37%     そんな 16%     こういう 4%     特に 5%    

  • Total Integration
    • 0古風 な話し方がやけに印象残る 主人 公ですが、読んで みると、その古風 な話し方ゆえになかなか良かった 」ということだけだったからです 読後 に爽やかさが残った 私自身主人 公と同様の境遇にあって、この 小説 を客観視できるもので、すぐ読めちゃいます 私は医療 用語マニアなのでそれだけで満足できるのですが、医療 監修の名前がない むしろ 、あっと言う間に主人 公に成り代わってしまった しかも本書は、そういう 現実医療 現場 から、医師 の目線で書かれ小説 として、色々な問題 が散りばめられている 地方 の地域医療 問題 救急 医療 問題 研修医問題末期 医療 問題 癌告知の問題 大学 病院 ・高度医療 とは何なのか 医療現場 の内実を知っているほどに、主人 公の葛藤 はひしひしと伝わって くる その葛藤 と闘いながら、それでも真面目に生きて いこうと患者 に接する主人 公にそれこそ人生 のヒントを得たような感慨である 著者主人 公そのものだけど 内容 の薄さと作文かと思うが、文語調の言い回しや文体 が見事にキャラクター に融合している辺りは、大変読書 家と洞察する 小説 に何を求める のかで、本作品評価変わっ てくるのかも知れないが、地域医療 という現代 的課題の一つをしっかり とらえている 医療 現場 のリアリティを理解 している読者 であるほど、主人 公の立ち居振る舞いに敬服せざるを得ないだろう 次回作を期待 せずにはいられない でも、著者本当 の臨床家であれば、次回作を期待 してはいけないかも知れない(笑)

  • 001   私自身主人 公 と 同様 の 境遇 にあって 、 この 小説 を 客観視 できない

    • 003   この 神様 の カルテ とはちょっとおもむきが 違 うのですがこちらの 「 般若心経物語 」 の 愛 を 思 い 出 しました

      • 003   「 神様 の カルテ 」 の 夏川 草介 さんは 、 安部公房 や 北杜夫 よりも 、 ずっと 素直 な 感 じのする 方 です

        • 003   安部公房 、 北杜夫 、 どちらも 個性 の 強 い 作家 です

          • 004   主人 公 が 夏目漱石 をこよなく 愛 するため 、 その 口調 はやや 古 めかしい

            • 005   自分 も 消化器内科 医 であり 興味深 く 読 めたが 、 地味 な 領域 ゆえに 他 の 医療 物 と 異 なり 手技描写印象 は ERCP くらいしか 印象 に 残 らなかった ( ERCP も 5 年目 でそれなりにこなすことは 珍 しくなく 、 作中 の 表現 は 過剰評価 と 思 われる )

              • 005   この 作品むしろ 日 の 当 りにくい 地域医療 、 老人医療 、 延命治療 、 ターミナルケア などがうまく 表現 されていて 、 特 に 延命治療 のくだりはよく 共感 できた

                • 005   しかし 文学 としては 凡庸 と 思 われたため 、 星 を 一 つ 減 らした

                  • 006   しかし 、 様々場面 描写 の 中 に 微妙 な 人間 心理 を 織 り 込 みながら 、 著者自身 の 主張 をしっかり 伝 えている

                    • 006   意外感 の 少 ないお 決 まりの ストーリー 、 ではある

                      • 006   昼。区別 のない 絶望的 な 勤務 が 続 く 日々

                        • 007   主人 公 が 明治文学 調 で 話 したり 、 奥 さんが 敬語少女 だと 読 んでて 思 ったり・・・ 森見 登美彦 ほど 作 りこんだ 世界 観 ならそれが 魅力 になるのだろうが 、 この 作品 にはそぐわない 気 がする
                          • 029   森見 登美彦 みたいな 世界 だと 読 んでて 思 ったけど 、 やさしい シメ が 入 るところが 、 この 人 らしさだと 思 います

                        • 010   地方医療 現場 問題漱石世界 を 背景 にした 一種 の ファン タジー なのだが 、 読 む 者 に 生 きて 行 く 希望 と 活力 そして 感動 を 与 えてくれる 爽 やかな 物語 である

                          • 010   一止 の 他 、 細君 、 次郎 、 男爵学士 殿 、 東西 を 初 めとする 看護 師達 、 大狸 、 古狐 、 。患者 など 全 ての 登場人物魅力 的 で 、 かつ 各人 に 纏 わる エピソード も 巧 みに 構成 されている 点 にも 感心 した

                            • 010   そこに 意義 がある 」 と キッパリ 語 る 一方 、 無為 な 延命治療 に 毅然 と 反対行動 を 取 る 点 に 、 作者 の 思惟 が 明確 に 伝 わって 来 る

                              • 011   カワユイ 妻 との ホホエマシイ 夫婦愛 や 特異 な 同宿人 や 奇 っ 怪 な 同僚 医師 や 思慮深 い 上級医師看護 師 、 そして 個性 的 な 患者 に 囲 まれた 日々 が 愉快 な 口調 で 綴 られます

                                • 011   夏目漱石 の 『 草枕 』 を 耽溺 する 語 り 手 の 、 奇妙 な 擬古文調 の 語 り 口 が 楽 しく 読 めます

                                  • 012   学士 殿 の 旅立 ち シーン 、 見 たこともないはずの 満開 の 桜 が 脳内 に 鮮明 に 浮 かんで 涙 が 止 まりませんでした

                                    • 016   軽 い タッチ で 、 話 は 多忙 な 主人 公 である 若 い 医師 を 中心 に 、 本当 にやさしい 感性 の 中 で 、 診療 、 友人 、 隣人 のことなど 、 ハード な 日常 の 中 での 出来 事 が 繰 り 広 げられます
                                      • 016   これだけの 超過重労働 の 中 で 、 患者 さんだけでなく 、 同僚友人 、 家族 、 隣人 など 、 接 するすべての 人々 に 対 する 思 いやりを 十二分 に 持 ち 続 けられることは 、 素晴 らしいことです

                                    • 016   随所 に ユーモア をしのばせ 、 登場人物 はそれぞれ 特徴 があり 配置 にも 違和感 がない
                                      • 016   一言 、 ちょっとした 違和感 について 触 れておきます

                                    • 017   ちなみに 、 この 作者ユーモア の センス は 、 森見 登美彦 氏 とは 全然違 います

                                      • 022   言葉 でうまく 説明 できないけれど 、 そういう 人達 がこの 世 の 中 に 存在 していることって 、 すごくすてきなことだと 想 う
                                        • 039   たまにこういう 言葉 で 話 す 人 いるけれど 、 出 てくる 人 みんなこんな 風 な 話 し 方 で イタイ

                                      • 024   病院 の 様子 や 地域 の 医療 の 抱 える 問題 を 、 軽 い タッチ だけど 、 よくわかる 物語 だと 思 った
                                        • 067   医療 に 関心 があるないにかかわりなく 多 くの 人 に 眺 めてほしい 一書 です

                                      • 025   読 みやすい 文章 ですし 、 一見温 かい 話 なので 売 れている 理由 はよくわかります
                                        • 025   しかし 、 文章 も キャラクター も 2 番煎 じです

                                      • 025   そして 主人 公 の 傲慢 で 独善的 でありながら 、 それを 自覚 しない 性格 に 私 は 不快感 を 覚 えます

                                        • 026   大狸 、 古狐 、 男爵学士 殿 という ニックネーム の 付 け 方 は 「 坊 っちゃん 」 的 だし 、 大学 病院 の “ 智 ” と 地域医療 の “ 情 ” をはかりに 掛 けて 葛藤 する 主人 公 は 、 「 草枕 」 の 冒頭 そのまんま
                                          • 029   大狸 、 古狐 、 男爵学士 殿 という ニックネーム の 付 け 方 は 「 坊 っちゃん 」 的 だし 、 大学 病院 の “ 智 ” と 地域医療 の “ 情 ” をはかりに 掛 けて 葛藤 する 主人 公 は 、 「 草枕 」 の 冒頭 そのまんま

                                        • 027   現代 医療 の 歪 み 等 についてはけっこう 核心 をざっくり 書 いており 、 突拍子 もない 話 ではなくむしろ 作者 さんの 実体験 に 近 いような・・・

                                          • 029   著者 自身現役医師 にして 漱石 フリーク

                                            • 032   多分 、 森見 氏 を 知 らなければ 、 それなりに 楽 しめたと 思 いますが 、 どうしても 、 あの オカシサ と 秀逸 さと 較 べてしまうので 、 この 評価 です

                                              • 034   まるでちょっと 肩 から 力 を 抜 いた 海堂 尊 が 森見 登美彦文体 をまねて 小説 を 書 くと ( 決 して 逆 ではなく ) こんな 作品 になるのではないでしょうか ?
                                                • 045   文体必要 性 があるかどうかちょっとわかりませんでした

                                              • 035   夏目漱石 好 きが 高 じて 、 話 しぶりは 古風 で 、 同僚 や 先輩医師 にも 「 山先生 」 「 海先生 」 「 古狸 」 「 大狸 」 とあだ 名 をつけてしまうほどの 変 わり 者
                                                • 043   夏目漱石 好 きの 著者 、 なるほど 登場人物 は 皆 あだな 、 狸 に 狐 、 学士男爵 、 マドンナ は 居 ないか
                                                • 049   ( もし 、 そうだとしたらかなりの ナルシスト ですが … ) ペンネーム からも 分 かるように 、 夏目漱石 を 完全 に 意識 した 文体

                                              • 035   地域医療 の 最前線 に 従事 する 5 年目 の 内科 医 ・ 栗原 止 、 地方 病院 の 一般病棟 で 医局 に 所属 せず 、 日々 目一杯働 いている

                                                • 036   医療 現場 のことはよくわかりませんが 、 静 かに 優 しい 先生しっかり 者 の 看護 士 さん 、 悲 しい 中 でも 思 いやりを 忘 れない 患者 さんと 、 先生 をめぐる 人々 との 、 優 しくて 暖 かくて 悲 しくて 、 やっぱり 優 しい 物語 でした

                                                  • 037   みんないい 人 、 特 に 奥 さんは 絵 に 書 いた 理想像 な 点 はやはりお 話 だなぁと 感 じてしまいました
                                                    • 063   しかしながら 、 奥 さんのことを 心 から 愛 し 、 敬 っています

                                                  • 038   松本市内 に 本部 がある 某国立大学 は 、 作中 の 大学 同様 、 人文学 部 はあって 文学 部 はないが 、 そんな ところが 実 は 物語 の 伏線 だったりするところなんかは 、 あまりにも 露骨 である ( 笑 )
                                                    • 038   いや 、 そんな 伏線 を 張 ってあっても 、 気付 く 人 はほとんどいまい

                                                  • 038   典型的 な 行動 パターン をもつ 登場人物 と 、 明 らかに 松本市内 の 実際 の 場所 を モデル とした 典型的 に 心温 まる 小説

                                                    • 043   となりに 寝 ている 妻 と 子供 を 起 こさないように 、 声 をもらさずに 居 たら 、 涙 は 止 められませんでした
                                                      • 035   「 油断 していると 涙 が 溢 れてしまう

                                                    • 046   登場人物 を ニックネーム で 呼 ぶ 辺 りは 「 安曇 さん 」 「 豊科 さん 」 「 明科 さん 」 とはまさしく 地名 で 、 作者 の 地域 へのこだわりが 、 同郷者 としては 、 うれしくもあり 、 くすぐったさもあり …
                                                      • 046   登場人物 の 「 安曇 さん 」 「 豊科 さん 」 「 明科 さん 」 とはまさしく 地名 で 、 作者 の 地域 へのこだわりが 、 同郷者 としては 、 うれしくもあり 、 くすぐったさもあり …

                                                    • 047   本 の 帯 を 見 て 購入 したのですが 、 その 帯 の 通 り 心温 まる ストーリー でした
                                                      • 071   悲 しくて 、 切 なくて 、 そして 、 心温 まる 作品 だった

                                                    • 048   映画 されるようですが 、 映画 にするほどの 物語 でもない
                                                      • 010   久々 に 清々 しい 物語 を 読 んだ 気 がする

                                                    • 048   また 登場人物 の キャラクター 設定しっかり しているくせに 、 それが 物語 に 生 かされておらず 、 主人 公 も 含 め 感情移入 することができない
                                                      • 004   また 主人 公 の 周囲人間 はどれもいい 意味 で 曲者

                                                    • 048   今 どきの 医療 系 ( 医龍 みたいな ) の 物語 を 望 む 方 なら 読 むだけ 無駄 かも ? 古 き 良 き 時代 の 香 りと 、 わざとらしい 明治口調 と 、 薄 い 医療 話 しを 読 みたいならおすすめ
                                                      • 020   口調 が … とか 、 言 ってる 人 もいますが 、 疲 れてるとそんな ものが 全 く 気 になりません

                                                    • 048   話 が 薄 いし 、 主人 公 のいちいち 夏目漱石意識 した 話 し 方 も 馴染 まない

                                                      • 049   物語 自体 よりもまず 、 その 古臭 い 文章 や 会話 に 馴染 めませんでした

                                                        • 050   私 は 、 そういう 現実 の 中 に 生 きる 医者 というものが 患者 に 接 するときに 必要 なもの 、 人間 同士 のかかわりあいを 描 いた 作品 であると 思 いました
                                                          • 050   私 は 、 そういう 現実 の 中 に 生 きる 医者患者 の 、 人間 同士 のかかわりあいを 描 いた 作品 であると 思 いました

                                                        • 054   また 、 多 くの 文学 作品 への オマージュ がちりばめられ 、 渾然一体 となっています

                                                          • 059   期待 しながら 読 みましたが 、 何 か 奇蹟 が 起 きましたっけ ? 医師激務日々淡々 と ( 坦々 と ) 綴 られていますが 、 『 これほど 』 患者 を 思 っている 医師 って 少 ないのでしょうか ? この 程度 は 患者人間 的 な 交流 のある 医師 は 、 多 いのではないかと 思 うのですが … ? 夜中 、 担当 の 患者 さんが 亡 くなって 、 一人 ひっそりと 泣 いている 看護 師 さんも 見 たことがありますし 、 例 えば 宇宙飛行士 になった 医師 の 向井 さんも 、 患者 さんが 亡 くなって 自分 の 無力 さにさいなまれた 経験 があるそうですし
                                                            • 007   ストーリー に 泣 けるというよりは 、 主人 公 の 激務 ぶりに 泣 ける 作品 だと 思 う

                                                          • 059   』 あれ ? こういう 映像 をちょっと 意識 したような 表現

                                                            • 063   個性 豊 かな 登場人物 や 、 現代 作家 の 構成 はどこか 夏目漱石作品 を 連想 させます
                                                              • 032   夏目漱石 氏 というよりは 、 現代 作家 の 森見 登美彦 氏 に 似 てる

                                                            • 063   主人栗原 止 は 夏目漱石 を 心 から 敬 う 青年 であり 、 言葉 遣 いや 人格 が 実 に 変 であるという 設定 です

                                                              • 064   こんな 小説 を 書 くお 医者 さんがいることが 喜 ばしい
                                                                • 064   あたたかさと ユーモア のある 素敵小説 だと 思 う

                                                              • 065   命 について 書 かれているのですが 、 主人 公 の 思想 は 割 とありきたりで 既 に 多 くの 人 が 語 っていることだと 思 いました
                                                                • 037   話 は 面白 くて 内容 も 良 く 主人 公 の 苦悩 も 上手 に 表現 されているのですが 、 なんていうかお 話 なんですね
                                                                • 049   たぶん 、 自分 が 病気 になったら 主人 公 の 医師 に 診 てもらいたいと 思 う 人 は 多 いだろうな

                                                              • 067   不器用 ながらも 要所要所 はきちんと 締 める 、 そんな 医師 がここにいます

                                                                • 068   医療 現場 のゆがみや 、 否応 なく 病 で 死 んでゆく 高齢者 が 描 かれる 一方 で 、 活力 にあふれた 若者 たちは 恋 をし 、 夢 を 語 る
                                                                  • 068   そして 医療 現場 にいる 人間 でなければ 書 くことができない 悩 みや 葛藤 がみちあふれている

                                                                • 070   安曇 さんの 生 き 方 に 非常 に 感銘 を 受 けました

                                                                  • 072   救急 外来 を 授 けていることから 、 ひっきりなしに 患者 が 運 び 込 まれる

                                                                    • 072   その 分 、 身 につまされるような 切迫感 は 感 じられず 、 少々物足 りない 気 も

                                                                      • 072   疲弊 しながらも 処置 をし 、 日常 の 業務 もこなす 主人

                                                                        • 075   夏目漱石 を 敬愛 する 古風 なしゃべりの 主人 公 、 一風変 わった アパート同僚個性 がありおもしろい

                                                                          • 076   あえて 、 医療現実 から 乖離 した 、 疲弊 した 現代 人向 けの ハートウォーミング な 作品 に したかっただけなのだろうか ? 善人 しか 出 てこないし 、 終盤 の 安曇 さんの 臨終 の 場面 なんか 、 ヘタ したら 医療 過誤 で 訴 えられかねない
                                                                            • 044   孤独 だった 末期 がん 患者安曇 さんが 、 主人 公 の 医師 に 「 ありがとう 」 と 残 した 手紙 ・・・ やはりここが 一番

                                                                          • 076   一服 の 清涼感 を 求 めて 読 むには 適 している けど 、 ただそれだけ

                                                                            • 077   ただ 、 映画 もされることですし あまり 読書 をされない 方 が 「 何 か 1 冊 」 と 思 った 時 には サラッ と 読 めると 思 いますので オススメ ですけどね !
                                                                              • 068   とにかく 感動 する 、 泣 ける 一冊 であるのは 間違 いない

                                                                            • 078   また 、 大学 病院疑問 を 投 げかけている 著者現在 大学 病院 にいると 聞 いて 興 ざめ

                                                                              • 079   . . . と 書 くと 、 この 言葉 の 当 な 心 を 有 した 医師 がり 前 な 心 を 有 した 医師 が 、 苦悩 しつつも 死 に 、 苦悩 や 充実感 が 、 これでもかというほど 強調 されていることを 想像 してしまうかもしれません
                                                                                • 035   惑 い 苦悩 した 時 にこそ 、 立 ち 止 まらねばならぬ
                                                                                • 079   . . . と 書 くと 、 この 言葉 の 前 に 、 苦悩 や 充実感 が 、 これでもかというほど 強調 されていることを 想像 してしまうかもしれません

                                                                              • 079   読後 感 がこれほどさわやかで 、 これほど 温 かい 気持 ちにしてくれて 、 これほど 自然 に 笑 わせてくれる 本 は . . . 何年 ぶりでしょうか
                                                                                • 017   だが 様々問題 や 矛盾 にぶつかりながら 、 個々 に 深入 りせず 爽 やかな 読後 感 を 与 えてくれる

                                                                              • 079   医療現場問題 だけでなく 、 社会問題小説 の 題材 に 取 り 込 もうとすると 、 その 部分 だけに 妙 に 真実味 が 出 すぎて 、 浮 いてしまうものですが 、 . . . これを 感 じさせないのです
                                                                                • 016   本当 に ドクター が 来 づらい 中小病院 として 描 くとしたら 、 ヘリポート 、 電子 カルテ 、 専門科 というのがないほうが 現実 味 があります

                                                                              • 080   栗原先生 や 、 妻 の ハル さん 、 そして 同 じ 「 御。荘 」 に 住 む 住人達 や 、 一。先生同僚 の 東西看護 婦 や 、 患者安曇 さんなど 、 登場人物 達 が 皆 、 とても 優 しく 描 かれています

                                                                                • 082   中島 らも の 著作物 に 設定 が 酷似 してました

                                                                                  • 083   古風主人 公 の 医者 と 、 人情家 の 上司 、 厳 しいがやさしい 周囲看護

                                                                                    • 084   実 はこの 本 は 私達 の 旧知 の 方 からの プレゼント だったのです ( 多分似 ていると 思 ったのでしょう ) が 、 読後 感 として 『 甘 っちょろさ 』 と 『 一般受 けするにはこんなもんなのか . . . 』 と 言 った 軽 い ガッカリ 感 しか 残 らなかったのは 残念 です
                                                                                      • 065   登場人物個性 豊 かで 読 み 始 めは 面白 くなりそうだと 期待 しましたが 、 最後 まで 話 が 軽 くて 上滑 りしている 感 じで 、 読後 の 満足感 みたいなものは 感 じられませんでした

                                                                                    研究 開発