High-Profile talking







newsplus 要約

Amazonレビュー 要約

価格.com レビュー 要約

アットコスメ レビュー 要約

食べログ レビュー 要約

楽天レビュー 要約

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約

Splog Filter


Amazon.co.jp: カスタマーレビュー: 「分かりやすい説明」の技術 最強のプレゼンテーション15のルール (ブルーバックス)


比喩 要点 本書 脳内関所 実践 一読 表現 脳内 内容 一冊 文章 構成 著者 論理的 整理 理論 記述 体的 具体的 相手 テクニック 全体 混乱 解説 ビジネ 指摘 この本自体 苦手 基本 評価 物事 情報 思いま チェック 方法 経験 読めば 必要 自体 役立 15 読者 効果 説明する 実践する 納得 りやすい表現 本的 思います 非常 表現の技術 理解 タイムラグ 確認 読んで ポイント 書かれ 気付 意識 キーワード 一般 機会 ページ ューをすべて 自分 時間 読みやすく 程度 分かりやすく 分かりやすさ 説明の技術 紹介 チェックリスト 問題 分かりやすい表現 改めて 実際 読んだ 書いて 15のルール 関する 技術につい 読みやすい 購入 レベル 書かれている 当たり 説明して 本だと 間違 本の内容 最後 分かりにくい 読めます その説明 アップ 自分の説明 だと思います 明して 示して
やすい 53%     にくい 13%     多い 23%     うまい 11%     高い 11%     よい 13%     少ない 7%     ほしい 5%     良い 11%     難しい 7%     せる 19%     役に立つ 7%     読む 46%     読める 17%     示す 11%     終える 5%     分かる 38%     役立つ 5%     薦める 7%     書く 42%     おく 11%     すんなり 5%     いわゆる 5%     改めて 7%     どの 9%     なぜ 5%     実際 5%     特に 7%     この 44%     とても 9%     まず 5%     その 25%    

  • Total Integration
    • 0~この 本で,著者まずこの 本の信用性を高く評価 している方は、必要情報 だけを抽出して「脳内 整理 棚」に入れることに卓越している方なのだと思いま す皮肉ではなく 私にしてみれば、この 本はそもそもタイトルからして、 説明」の技術につい ての本なのか、プレゼンルールについての本なのかが、 「なぜ あのときわかりづらいのです また、サブタイトルにある「15のルール」という組み 合わせを基本 パターンとしている.キーワード から、 その ルールを1〜15までひとつずつ解説 したシンプルな構成 かと推測したのですが、 実際 には別に「説。
      術1〜15」という小題を持って おり、そちらを中心に進んでいきます 肝心のルール1〜15については、これらの小題をまたぎながら小出しに登場するので、 全体的構成 の法則性を感じにくく、その ためメリハリが損なわれているように思いま す (最後 にルール1〜15のみをまとめたページ がまるで付録のようについてはいますが) わかりづらさを更に助長してるのが、作者が文中で多用している「しっくりこない比喩 表現 」です 私のようにスルー力に乏しい人でもいる.それほど苦労せず読み手は、その 比喩 のつじつまの合わない点でいちいちつっかえなければなりません この 本は、構成 のわかりにくさと、しっくりこない比喩 さえ気にならなければ、基本 を学べる良い 本だと 思いま

  • 001   この 本 は 、 構成 のわかりにくさと 、 しっくりこない 比喩 さえ 気 にならなければ 、 基本 を 学 べる 良 い 本 だと 思 います
    • 001   私 のように スルー 力 に 乏 しい 読 み 手 は 、 その 比喩 のつじつまの 合 わない 点 でいちいちつっかえなければなりません

  • 001   私 にしてみれば 、 この 本 はそもそも タイトル からして 、 説明技術 についての 本 なのか 、 プレゼンルール についての 本 なのかが 、 わかりづらいのです
    • 046   内容 も 言 われてみれば 納得 できる 基本 的 なことなので 頭 に 入 りやすい だろう

  • 001   肝心 の ルール 1 〜 15 については 、 これらの 小題 をまたぎながら 小出 しに 登場 するので 、 全体 構成 の 法則性 を 感 じにくく 、 その ため メリハリ が 損 なわれているように 思 います

    • 002   どれも 、 前 から 自分 で 気 をつけていた 事 でしたが 、 これを 読 むことできれいに 整理 されました

      • 002   プレゼンテーション 未経験 者 、 経験 はあるけど 苦手 という 方 、 経験 も 自身 もあるという 方 、 どの 人 にとっても 、 わかりやすく 、 ありがたい 、 手堅 い 一冊 としてお 勧 めします
        • 017   あなたが ビジネ スマン であったり 、 大学生 であったり 、 あまり 時間 がなかったりする 場合 に 特 にお 勧 めである

      • 002   突拍子 もない ルール はなく 、 どの ルール も プレゼンテーション の 準備 をしたことがある 人 なら 、 そうそう 、 そーだよな 、 と 相槌 を 打 つものばかり

        • 003   それで 、 いざ 実践 場面 になると 、 すでにやっていることはやっているし 、 分 かっていてもできないことはなかなかできない 、 という 感 じ

          • 003   プレゼン の 準備 って 、 時間 が 無 いときほど 、 つい コンテンツ の 修正 に 最後 にまでかかりきりになり 、 こうした 分 かりきっているはずの “ 説明 ” 技術 についての 基本 事項 がおろそかになりがちですから

            • 004   但 し 、 後書 きにある 通 り 、 15 の ルール を 1 日 1 回 、 10 日間音読 しないと 効果 は 半減 する

              • 004   小難 しい 本 が 多 いなか 、 平易 な 文章 で 書 く 技術 の 奥深 さに 気付 きます

                • 004   ( 流行 の ) 論理的 思考本 を 読 んだ 後 に 、 次 の ステップ として 読 むのがお 勧 め

                  • 005   ( 最後 に ルール 1 〜 15 のみをまとめた ページ がまるで 付録 のようについてはいますが ) わかりづらさを 更 に 助長 してるのが 、 作者 が 文中 で 多用 している 「 しっくりこない 比喩 表現 」 です
                    • 005   例 ・ 比喩 も 豊富 で 、 約 180 ページ 程度 なので 、 短時間 で 読 めます

                  • 006   なぜ これらのこつが 有用 なのかについても 、 あらかじめ 記憶 の メカニズム を 考察 する 事 で 説明 しています

                    • 006   この ため 、 この自体 が 話 をわかりやすくするためにどうすればよい かの 良 いお 手本 となっています

                      • 007   問題 点 を 挙 げるなら 、 前著 『 「 分 かりやすい 表現 」 の 技術 』 とかぶっているところが 多 く 、 既 に 『 「 分 かりやすい 表現 」 の 技術 』 を 読 んだ 人 にとっては 物足 りない 点 があるかもしれない

                        • 007   見 る 本書内容 は 1 分 かるとはどういうことか → 2 分 かりやすい 説。
                          15 個 → 315 の 説。
                          術 の チェック リスト という 構成 になっている
                          • 007   本書 は 、 本書 に 書 かれた 技術 を 最大限 に 用 い 、 読者 が 読 みやすい ような 工夫 が 凝 らされている
                          • 007   見 る 本書内容 は 1 分 かるとはどういうことか → 2 分 かりやすい 説。術 15 個 → 315 の 説。術 の チェック リスト という 構成 になっている
                          • 021   説。術 に 関 する 指南本 は 数多 いが 、 本書 の 説明 は 本当 に 分 かり 易 い

                        • 008   少 なくとも 日本語 で プレゼン に 関 しては 、 この 本 を 読 んで 損 をすることは 無 いと 思 います
                          • 049   しかし プレゼン を 作 り 終 えてみると 、 いつの 間 にか 忘 れ 去 られている 注意点 だったりします

                        • 010   営業 をやっているのですが 、 これからお 客 に 物事 を 説明 するのに 役 に 立 てようと 思 いました

                          • 011   では 、 どの ようにしたら 相手 に 分 からせる ことができるのか ? 何 か 手軽 に 自分 の 説明 を 分 かりやすくする コツ はないのか ? 本書 は 、 プレゼンテーション を 分 かりやすくする 項目 を 15 個 の ルール としてまとめ 、 効果 的 な プレゼンテーション を 行 うことを 提案 している

                            • 011   個々 の ルール は 、 実例 とともに 紹介 されているため 、 具体的 な 場面 が 想定 しやすい

                              • 012   a ¬                 ¨            a               ¬  -               a                   1      1     a             ¬        1      1      1      1    . . .  ° -              a      μ       £                   a      3   §            . . .   1    ̄      a               ¨      a  。

                                  '      ¨                     μ                              -      ¬      ¢                 。

                                                                                       a ¬                  '                     ¨                  ¨                                   a      μ       £               '             ̄              -      -                 a                            . . .   1                                      £            a         §            a     ¨                                      °      a         ¨                  -   §      a      ¨                                     '                     a         §            ̄                                  ̄                                                          ¨           !  1      §           ' -   . . .       ¨   '   o                                                         ¨    ̄                                  ̄  a          °   '         a         ¨            §      o        ̄         '    §            ¬  -    '              a       oo    ̄                              '  ±         a                                §                                    §   '  a                      ¨         §      ¢           1 ±               -      a                             ¬    ̄         ¨                 a       - 1                               ' -   . . .   a  o                                       ¨            1   '  a       -                    ¬                         a            a                              . . .   -      -                                                   . . .   1    ̄  §       §         °      -      ¨            -   ¬      3      o   ¬   '      1         -      '      °           ¬    ̄   . . .  a       ¨     '    1
                                • 009   ¬    ̄                       a ¬                                        a ¬      §                     ¨                                                 ̄   ¬      1        ° '   a        ¨        ¨    ̄      £                  1   ¢   §    ̄   a         . . .        °            ¨                  ¨                                    '                       ¬    ̄                              ¨               £        . . . ¨   ¶                     a              '               ¬      -            o      £           ° -               -      -        ¬    ̄        o          ¨   £            ¨            ¨                        °     ° '   a         -     μ   §    §         §           -   o    ¬   a         ̄   1      ¨                 . . . ¨              3            ¨                    ¬    -        ¬            ¬       ̄      ¨         ̄     . . .             ¨                 ¨             ¬               o                 . . .             ¨      '  . . .。。         ¨   ¨                                       . . .     μ   ¨   a     o    '                 !   ! !                    a ¬               μ    ̄     ° -                                                 a                        a           a       a      ¨                              -                      a °      §     °          §               a     ¨   §                     a      ¨           ¨                    a    '    ̄      a   1   1                     ¨            '   §           ¬    ̄                       a ¬                                        a ¬      §                       a    -        . . .                                    ¨  §     ̄
                                • 030   §     ̄  oo   ¨   ±   '           ¨    。。       §            -      -           -。。  §     ̄              a     ¨   '  ¨                         ±    ̄                  a         ¬           §       ̄   §      £     §     ̄         §        a     ¨   '  ¨               ¨    ̄   a      £      -                                    ¨    ̄      μ                  a      £                 ¨          £      '   ¨   a   £     §     ̄   a         o  ¨      ¨      -   £         ¨                              a               '                           '                     a   £         -      -   a      a      a                         ̄   a      a      £                      ¬   '  a      μ       £             ̄         °   ¨         ¨            ±                  a   £                    §     ̄   a         ±   '                                                £            ¨         -      ±   '   -               -      -          ̄  -         a                               '         £      ±   '   -            . . .               !             ¨   '  。。           '   §           ¬   '  a              ̄

                              • 013   ただ 、 前書 の 「 分 りやすい 表現 」 に 比 べると 、 二番煎 じ 感 じがして 、 前書 ほどの まとまりの 良 さもないので 、 前書 のみ 読 めば 十分 かな 、 という 気 もします

                                • 014   この 種 の 類書 は 多 く 、 大方 ポイント は 似 たり 寄 ったりしているものだが 、 この 本 では 「 タイムラグ の 短縮 」 「 間 の 活用 」 「 繰 り 返 しの 劣化 」 「 聞 き 手 の 想定 」 といった 新 しい ポイント が 提示 されている

                                  • 014   聞 き 手 の 「 脳 」 で 行 われる 「 理解 する 」 という 作業 を 使 え 」 という 話 し 手 が 代行 することで 「なあ 、 この比喩うまい なあ 」 と 思 っていると 、 実際 に 「 分 かりやすい 説明 」 にできるとし 、 その ための 15 個 の テクニック を 易 しく 説明 した 本
                                    • 048   ュー をすべて 見 る 読 んでいて 「 分 かりやすい なあ 、 この比喩うまい なあ 」 と 思 っていると 、 実際 に 「 説明 に 比喩 を 使 え 」 という 話 が 出 てきて 思 わず 納得

                                  • 017   文章 に 関 する ハウツー 本 の 中 では 群 を 抜 いてわかりやすい だろう

                                    • 017   あなたが 自分 の 説明力 に 自信 があり 、 お 堅 い 本 が 好 きであれば 、 野口悠紀雄 『 「 超 」 文章 法 ‐ 伝 えたいことをどう 書 くか ‐ 』 などもお 勧 めである

                                      • 019   すべて 見 る プレゼンテーション が 苦手 - という 人 はごく 普通 に 何処 にでもいる . それどころか 人前 で 話 すことができない 人 もかなりいる . この 本 は 、 そういう 人 に 読 んでほしい と 言 っている .15 の ルール を 基礎 と 応用 との 2 つに 分 けて 説明 している . 特 に 今 までにないということで はないが 、 体系的 にかつ 具体的 に 書 かれている . とても 読 みやすく 、 あっという 間 に 読 み 終 えてしまう . 何回 か 読 みたい 一冊 である .
                                        • 006   しかしながら 、 人前 であがっちゃってうまくしゃべれない 人 があがらずにしゃべれる 様 になるという 趣旨 の 本 ではありません

                                      • 020   この 本 の 「 おわりに 」 で 、 「 分 かりやすさ 」 は プロトコル に 属 することで 、 その 授業 」 と 、 学生 ので 、 その 授業 を 通 じて 鍛 えられるべき 「 問題 解決能力 」 云々 「 自分 で 考 える 力 」 を 鍛 えることは 、 両立 しないかもしれない 、 という 大学教師 の 指摘紹介 されてました
                                        • 020   「 分 かりやすさ 」 は プロトコル に 属 することで 、 その 授業 を 通 じて 鍛 えられるべき 「 問題 解決能力 」 云々 は 、 コンテンツ に 属 することです

                                      • 020   これは 、 教師 の 貧 しい コンテンツ を 糊塗 し 、 学生 を 混乱せる 効果 だけを 持 ちます

                                        • 020   ・ 自分 の 説明 はなぜ わかりにくい のか ・ 自分 の 説明 はどうしたらわかりやすくなるのか この 本 は 、 会議 や プレゼンテーション の 時 の 「 説明 のしかた 」 を 「 わかりやすく 」 説明 することはでき 、 その 説明 は 学生 を 知的 に 着目 して 書 かれています
                                          • 020   難 しい 問題 の 「 難 しさ 」 を 「 わかりやすく 」 説明 することはでき 、 その 説明 は 学生 を 知的 に 刺激 するでしょう

                                        • 021   さて 、 それでは 本 を 一冊 読 んだだけで 質 の 高 い 説明 の 技術 が 身 に 付 くのか ? ・・・ 経験 を 積 むことが 必要 です

                                          • 022   三部作 の 二作目 ということで 、 同 じようなことを 述 べた 本 としての 2 作目 になります

                                            • 022   要 は アクション を 起 こす 側 ( 説明者 、 発表者 ) の 頭 の 中 が 整理 されていなければ 、 その アウトプット である 説明 もわかりやすくなるわけがないということで しょう

                                              • 023   分 かりにくい 説明 と 、 それを 改善 した 分 かりやすい 説明 を 比 べてみると 、 問題 点 がはっきりと 分 かります

                                                • 023   説明 が 一人 よがりになりがちな 人 や 、 相手 にうまく 伝 えることが 苦手 な 人向 けの 本 だと 思 います
                                                  • 007   プレゼンテーション や 説明 がうまくいかない 、 などの 悩 みがある 人 なら 迷 わず 「 買 い 」 であろう

                                                • 024   まず 、 目次 と 巻末 の チェック ポイント の 微妙 な 表記 のずれのような 点 が 気 になった

                                                  • 024   それは 、 内容 的 に 著者 が 思 う ポイント の 箇条書 きになっていること 、 その 説明自体 が 分 かりにくい 表現 になっていること 、 そして 文 のつながりなどの 構成 自体 自体問題 だろう

                                                    • 024   また 、 ここに 「 論理的 」 であることを 強調 するよりも 、 全体 としての 「 分 かりやすさ 」 というものを 考慮 するべきだと 思 う

                                                      • 024   プレゼンテーション に 関 していうのならば 、 「 マインド・マップ で 学 ぶ 最新 プレゼンテーション 術 」 や 、 「 説明 」 のための 本 ではないが 、 吉田 たかよし 氏 の 「 地図思考 」 などの 方 がはるかに 分 かりやすく 書 かれていた

                                                        • 024   果 たしてこの 本 の 内容 から 、 ここの 技術 を 知 り 「 分 かりやすい 説明 」 ができるようになる 人 はいるのだろうか ? 小手先 の テクニック や 、 「 鉄則 」 集 がほしい 人 にはよい だろうが 、 本当 に 分 かりやすい 説明 をしたいと 望 む 人 にはお 勧 めできる 本 ではない

                                                          • 024   脳 の 性質 に 基 づいた 説明 を 指向 し  ? ? 「 80 対 20 の 法則 」 を 引用 するのなら 、 「 関連性 」 の 方 を 論 じるべきだろう

                                                            • 025   これからはこの 本 を 常 に 手元 に 置 き 、 プレゼン などの 機会 がある 際 は 常 にこの 本 の 内容 を 復習 したい 好著 だと 考 えています
                                                              • 043   ともすれば 忘 れがちになりそうな 基本 形 を リマインド するためにも 手元 においてきたい 好著 だと 思 います

                                                            • 025   する 側 とされる 側 の 両方 の 立場 から 「 説明 」 を 分析 し 、 そしてその 結果 が 体系的且 つ 分 かりやすくまとめられているため 「 分 かりやすい 説明 」 に 必要 な 技術 や 心得 は 何 なのかが 短時間 で スムーズ に 頭 に 入 れられます

                                                              • 025   思 うに 、 分 かっていてもなかなかできないのが 「 分 かりやすい 説明 」 という 普遍的 な テーマ を 扱 っており 、 読 みやすい内容とても 濃 い 、 という 誰 にでも 薦 められる 良書 です
                                                                • 025   「 説明 」 という 普遍的 な テーマ を 扱 っており 、 読 みやすい内容とても 濃 い 、 という 誰 にでも 薦 められる 良書 です

                                                              • 026   べて 見 る 前作 『 「 分 かりやすい 表現 」 の 技術 』 でもいろいろと 教 えられることが 多 かったのですが 、 ここでも 期待 に 違 わず 、 改 めて 教 えられることが 多 くあります
                                                                • 003   著者 の ブルーバックス における 「 分 かりやすい 」 シリーズ 3 冊 のうちの 1 冊 で 、 この 本 の 前後 に 「 表現 の 技術 」 「 文章 の 技術 」 がそれぞれ 出 ています

                                                              • 026   仕事 も 捗 ること 請 け 合 いです ( 同僚 はもちろん 、 いっしょに 仕事 をする 人 たちにも 読 んでおいていただきたいものです・・・ )

                                                                • 026   前作 は 社内 の チーム 内 で 「 必読書 」 にしていましたが 、 これも 加 えることにします

                                                                  • 027   説明 や プレゼンテーション をする 際 に 、 相手 に 分 からせる にはどうすればよい かがわかり 易 く 解説 されてます
                                                                    • 027   説明 や プレゼンテーション をする 際 に 、 相手 にわからせる にはどうすればよい かがわかり 易 く 解説 されてます

                                                                  • 028   どちらの 本書 も 読 みやすく 、 コンパクト にまとめられていますので 、 すぐに 読 み 終 わります
                                                                    • 037   本書 も 読 みやすく 書 かれていますので 、 その 気 になれば 、 1 時間 で 読 みきれます

                                                                  • 031   しかし 、 、 、 そもそも 説明 したいことが 頭 の 中 でさえ 上手 くまとめられていない 方 には 、 この 本 の 効果 は 薄 いでしょうね
                                                                    • 039   しかし 、 、 、 そもそも 説明 したいことが 頭 の 中 でさえ 上手 くまとめられていない 方 には 、 この 本 の 効果 は 薄 いでしょうね

                                                                  • 032   この シリーズ 3 冊 の 内容 は 、 ビジネ スマン はもちろん 、 一般 の 人 も 構 えることなく 読 める 内容 で 、 すんなり 理解実践 することができるはずです
                                                                    • 003   この シリーズ 3 冊 の 特長 は 、 著書自体 が 「 分 かりやすさ 」 の 実践 になっていること

                                                                  • 033   nbsp ; 営業 マン 向 けに 書 かれた 本 は 多 くありますが 、 その ほとんどは 飛 び 込 み 営業 でも ルートセールス の 方法 と 心構 えと 言 った 内容 のものだと 思 います
                                                                    • 033   しかし 飛 び 込 み 営業 でも ルートセールス でも 一番重要 なことは 相手 に 対 して 自社 の 製品 をどの ように 理解 してもらうかと 言 うことです

                                                                  • 033   ルール は 全部 で 15 、 示 されていますが 、 「 聞 き 手 との タイムラグ を 知 れ 」 ( 自分 が 当 たり 前 と 思 っていることは 相手 にとっても 当 たり 前 だと 勝手 に 思 い 込 みで 一方的 にいきなり 話 し 始 めることの 多 いこと ! ) 「 しみ 入 るように 話 せ 」 ( 要点 こそ 早口 でしゃべってしまう 部下 いませんか ? ) 「 要点 を 先 に 言 え 」 ( 何 についてしゃべっているのか 、 全然分 からん 、 なんて 経験 昨日 もしました ) 、 思 い 当 たり 前 と 思 っていることは 多 いはず
                                                                    • 033   自分 が 当 たり 前 と 思 っていることは 相手 にとっても 当 たり 前 だと 勝手 に 思 い 込 み 、 説明 を 端折 ってしまったり 、 何度 も 説明 するのが 面倒 くさいと 感 じて ウニャウニャ と 早口 で 言 ってしまったりということはよくありました

                                                                  • 035   要点 を 箇条書 きに 掲示 しているので 、 チェック リスト としての 利用 には 便利 だろう

                                                                    • 035   記述 が 平易 で 、 内容 も 当 たり 前 のことだが 、 「 なぜ あのときわかってもらえなかったのか ? 」 「 どう 説明方法 を 改善 すべきなのか ? 」 という 疑問 に 答 えてくれる 本
                                                                      • 005   記述 が 平易 で 、 内容 も 当 たり 前 のことだが 、 「 なぜ あのときわかってもらえなかったのか ? 」 「 どう 説明方法 を 改善 すべきなのか ? 」 という 疑問 に 答 えてくれる 本

                                                                    • 035   脳内 整理 棚 だとか 脳内 関所 だとかいう 著者 の 導入 した 概念 を 補強 したい 意図 があるのだろうが 、 大脳生理学 を 引 っ 張 り 出 しながら 実験結果 などの データ を 示 していない

                                                                      • 035   確 かに プレゼン 初心者 や 苦手 意識 のある 人 には 有益 な 内容 も 挙 げてある

                                                                        • 035   私 も プレゼン は 得意 とは 言 えないのですが 、 プレゼン する 相手レベル を 考 えながら 話 すことができるようになりました
                                                                          • 035   この 点 は データ を 軽視 して 専門用語 を 引 くことで 権威付 けをする 「 悪 い プレゼン 」 になっている

                                                                        • 035   講談社編集部 は 「 科学 をあなたの ポケット に 」 ではじまる 発刊 のことばを 読 み 直 してほしい

                                                                          • 036   2 ) は プレゼン の 前 には 15 の ルール のうち 、 どこを 気 をつけるか 決 め 、 プレゼン の 後 には 出来 たか 確認 することになった 時 2 ) プレゼン の スキルアップ がしやすい と 思 われます
                                                                            • 036   2 ) は プレゼン の 前 には 15 の ルール のうち 、 どこを 気 をつけるか 決 め 、 プレゼン の 後 には 出来 たか 確認 することで スキルアップ がしやすい と 思 われます

                                                                          • 037   プレゼンテーション 関連 の 本 が 最近沢山出版 されていますが 、 やたらと 理論 的 なもので 実践 的 でないものや 反対 に 初歩 すぎて 役 に 立 たないものが 多 い 中 、 その 中間 に 位置 づけられるのではないでしょうか

                                                                            • 042   その ギャップ を 埋 めるためには 、 著者 が 勧 めている 通 り 、 本書 に 書 かれている 「 当 たり 前 」 のことを 常 に 意識 し 続 ける 地道 な 努力 が 必要 だと 思 いました

                                                                              • 043   なお 「 情報 構造 を 浮 かび 上 がらせろ 」 「 説明 もれを 防 げ 」 「 論理的 に 話 せ 」 「 引率 せよ 」 「 聞 き 手 に 合 わせた 説明 をせよ 」 こうした アドバイス への 理解 を 深 めるために 「 ロジカルシンキング 」 ( 東洋経済 ) の 併読 を 強 くお 薦 めします

                                                                                • 044   それも , 上記 「 理系 のための 口頭発。術 」 のように プレゼン の 全体的構成 の 作 り 方 を 説明 しているというよりは , むしろもっと 文章 作 りの 技術論 に 寄 った 内容 ( うまく 説明 するための キーポイント とか , 表現 方法 ・ 言 い 回 しなど ) となっている

                                                                                  • 044   べて 見 る 本書 は , いわゆる プレゼンテーション のすべての 要素 を 網羅 したものではない

                                                                                    • 044   プレゼン の 原稿作 りにほとんど 特化 してはいるが , とは 言 えそれを 承知 で 読 めば , 内容 は 具体的 でしかも 高 い レベルテクニック を 述 べており , 非常 に 優 れた 本 である
                                                                                      • 044   多少 スピーチ の 仕方 についての 示唆 をしている 章 もあるが , スピーチテクニック については 非常 に 少 ない ページ しか 割 いていない

                                                                                    • 044   ( スピーチテクニック を 学 びたいのであれば , ロバート・ R・H ・アンホルト 「 理系 のための 口頭発。術 」 ( 講談社 BLUE BACKS ) が 決定版 ) 本書内容 のほとんどが , プレゼン で 話 すべき 文章 ・ 原稿 の 作 り 方 に 特化 している

                                                                                      • 045   指摘 の 通 り 時間 の 節約 にもなるに 、 ワーキングメモリ にも 情報 が 収 まりやすくなると 思 う

                                                                                        • 045   「 要点 を 先 にいう 」 「 キーワード を 使 う 」 「 短 い 情報 の 塊 を 伝 える 」 「 自分 の 視点 をずらす 」 「 全体 の 定義 ・ 現在点 の 説明 」 などどれも 面白 い 内容 だった

                                                                                          • 045   記憶 の メカニズム については 脳内 関所 を ワーキングメモリ に 置 き 換 えて 読 むとしっくりくる

                                                                                            • 046   「 説明 の コツ 」 が 15 個 の ルール にまとめられ 順 に 書 かれているので 非常 に 読 みやすい

                                                                                              • 046   また , 「 最強 の プレゼンテーション の ルール 」 と 大 きくでているが 、 「 プレゼン の 技術 」 というより もっと 基本 的 な 「 伝 える 技術 」 を 確認 するための 本 だと 感 じた

                                                                                                • 046   プレゼン をするわけではないけど 、 伝 える 技術 を 磨 きたいという 人 も 是非読 んで 欲 しい

                                                                                                  • 048   あとがきで 、 講演 の 際 に 一人 の 聴衆 から 受 けた 「 わかりやすい だけの 説明 ではいけない 場合 、 考 えさせる ような 説明 が 必要 な 場合 もある 」 という 指摘 を 素直 に 認 めているところが 著者 の 誠意 を 感 じさせ 、 この 本 の 信用性 を 高 めていると 思 います

                                                                                                    • 049   例 えば 、 相手 の 知識前提 を 無視 してしまったり 、 一度 に 提示 する 情報 単位 が 多 すぎたり …

                                                                                                      • 050   日常 の 生活 の 中 からの 具体例 が 示 されており 、 内容とても 実践 向 きの 本 と 思 いました

                                                                                                        研究 開発