High-Profile talking







newsplus 要約

Amazonレビュー 要約

価格.com レビュー 要約

アットコスメ レビュー 要約

食べログ レビュー 要約

楽天レビュー 要約

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約

Splog Filter


Amazon.co.jp: カスタマーレビュー: 考える技術・書く技術—問題解決力を伸ばすピラミッド原則


論理 名著 本書 論理的 翻訳 文書 順序 必読 思考 難解 部構 文章 ビジネス 実践 構成 古典 論理的思考 理解 一読 要約 ロジカル 内容 作成 配列 企画書 著者 書籍 応用 明確 一冊 方法 前提 論文 定義 向上 価値 本質 活用 解説 表現 コンサ スキル 参考 能力 理論 非常 マッキンゼー 疑問 コンサルタント 整理 知識 役立 報告書 評価 必要 ピラミッド構造 社会人 説明 論理思考 重要 ロジカルシンキング 提案 資料 シンキング トップダウン 経営 読んで ビジネス文書 実際 カルシンキング 自分 レポート 何度 社会 十分 テクニック ボトムアップ 分野 プロセス 意識 基本 出版 効果 キング ビジネスマン ィング 自体 個人 読むと コンサルティング 体的 部分 全体 一部 考えを ロジック 大学 レベル 日本語 ダウン
少ない 6%     にくい 18%     づらい 11%     やすい 31%     難い 5%     難しい 18%     よい 13%     良い 22%     素晴らしい 6%     多い 13%     大きい 5%     まとめる 11%     訳す 5%     読む 66%     読み返す 5%     役に立つ 7%     学ぶ 8%     書く 63%     示す 10%     伝える 16%     役立つ 5%     考える 42%     おそらく 5%     どの 8%     実際 11%     まさに 6%     より 5%     この 65%     一度 5%     ぜひ 5%     いろいろ 6%     きっと 6%     さらに 6%    

  • Total Integration
    • 0ロジカルシンキング に関する先駆的名著 巷にあふれる、ロジカル シンキング に関する本はいろいろ あるけど、この 本を焼きなおかつ話しただけともいえる 著者 は、マッキンゼーロジカル マフィアと呼ばれる部隊を率いた人 ロジカル シンキング を語るならば何度 も熟読するべきでしょう 書いて ある事は”なるほど”と思うことばかりですが、実際 実践この テクニック を使うにはかなり馴れが必要 と思われる しかし、訳があまりにもひどすぎる というまわりの評価 がある事は”なるほど”と思うことで減点2点 英語が得意な人は原書読む ことをお勧めします

  • 002   たしかにこの 本 を 読 んだあとに 、 テレビ などで コンサ ルタント や 比較的若 い 世代 の 政治家 などの コメント を 聞 いていてもこの 本 に 書 いてある 構造 で 喋 られていることに 気 づく

    • 002   救 いなのは 、 巻末 に 各章 の ポイント がまとめて 書 いてくれていることと 、 この 本 の 内容 は 確 かなものであるというまわりの 評価 があることで 、 それがあるから 苦 しくても 読了 できたが 、 なんど 前 に 戻 って 読 み 直 したか ! 本書 を 読了 するのはかなりの 忍耐 が 必要 である
      • 014   本書 は 、 文章 の 章立 て 方法明確 に 示 しており 、 推敲 に 役立

    • 003   そもそも 、 ビジネス文章 を 書 くとき 、 人 はなにかを 伝 えるため 、 理解 してもらうために 書 く

      • 003   ただ 、 もしもこれが 100 ページ に 渡 る 企画書 なら ? 調査報告書 なら ? ・ ・ ・ 100 ページ という 重 みのせいで 、 そういった 基本 的 な 気持 ちを 忘 れてはしないだろうか ? 書 き 上 げる 事 だけに 注力 してしまい 、 読 み 手 が 見 えていない ・ ・ ・ ・ そういった 事 にならないように 、 というのが 基本 的 な 流 れだ
        • 045   をすべて 見 る 「 ダイアログ 」 というちょっとなじみのない 社名 をつけて インターネットマーケティング提案 している 仕事 がら 企画書提案 書 を 作成 することが 多 いのです

      • 003   少々安心 … それにしても 書 く 技術 や 表現 技術 を 学 ぶ 本 である 筈 なのに 肝心 の 文章 が 解 りにくく 書 かれているとは … いったいどうしたことなんでしょうか ! 情報 では 原作 は 良 く 、 翻訳 が ペケ とのことのようですが …
        • 003   この 本 の 難 しさを 嘆 くのなら 、 一度 腰 を 据 えて 、 自分言葉翻訳 してみると 良 い

      • 004   本書 は ピラミッドストラクチャー の 応用 例 や 豊富 な 事例 があり 、 レベル アップ のために 避 けては 通 れないと 感 じました

        • 006   まさに本書 の 威力 を 示 しているのではないだろうか難解 ・ 長大 との レビュー があるが 、 むしろ 読 み 返 しに 耐 える 本 として 評価 したい

          • 006   学部時代 からこの 手 の 本 はたくさん 読 んできたが 、 訳 のまずさを 除 いても 、 この以上内容 を 持 った 本 に 出会 ったことはない

            • 007   本書 が 旧版 を 含 めこれだけ 長 い 間 、 支持 され 読 み 継 がれてきたのはわかりやすい 文章作成 する 本質 を 突 いているからだと 思 います

              • 007   べて 見 る 文章 読本 や 文章 の 書 き 方 を 指南 した ハウツー 本 は 数多 くありますが 、 本書 の 様 に 読 んで 非常 に タメ になったと 思 える 本 はなかなかありません

                • 009   本書 のとっつきにくさは 、 英語 をはじめて 学 ぶ 人 が 何 でも 載 っている 分厚 い 英文法辞典 で 勉強 する シチュエーション に 似 ています

                  • 009   最初 はもっと 分量 の 少 ない 平易 な 文法 ワーク で 、 重要 事項 に 絞 ってざっくりと 理解 するほうが 早 く 上達 します

                    • 009   しかし 、 考 える 技術 ( 問題解決法 ) を 学 ぶにせよ 、 ロジカル に 書 く 技術 を 学 ぶにせよ 、 予備知識 なしにこの 本 を 読 むと 、 とっつきにくさを 感 じるかもしれません

                      • 009   それならば 要点 だけをかいつまんで 理解 すればよい かもしれません が 、 予備知識 が 乏 しいほど 、 どこが 重要 なのかはわかりづらい でしょう

                        • 009   たとえば 、 問題解決法 なら 「 問題解決 プロフェッショナル 」 ロジカル に 書 く 技術 なら 「 論理 思考 と 発想 の 技術 」 解決策 を 分 かりやすく プレゼン するなら 「 マッキンゼープレゼン テーション の 技術 」 これらをさっと 読 んで 要点 をつかんでおくと 、 本書より 早 くより 良 く 理解 できると 思 います

                          • 009   ドラッカー の 書籍経営 の 大系 を 記 したことで 尊敬 を 勝 ち 得 たように 、 ビジネス 分野 における 問題解決法 と 論理 的 な コミュニケーション 法 の 大系 を 記 したことがこの 本 の 偉大 さです

                            • 010   まだどこかに 良 いことが 書 いてあるんじゃないかと 、 決 して 斜 め 読 みをせずに 気合 を 入 れて 読 んだが 、 後半 に 進 むに 従 い トーンダウン していく 印象 は 否 めなかった
                              • 018   まだどこかに 良 いことが 書 いてあるんじゃないかと 、 決 して 斜 め 読 みをせずに 気合 を 入 れて 読 んだが 、 後半 に 進 むに 従 い トーンダウン していく 印象 は 否 めなかった

                            • 011   文章簡単 なのでついわかったつもりになって 読 み 飛 ばしてしまいそうですが 、 良 く 考 えると 確 かに 通常 の ビジネス 文書この 7 つに 合 わないものはほとんどないことに 気 が 付 きます
                              • 064   なぜなら 、 文書 を 書 くときに 一番 時間 がかかる 部分 である 文書構成 方法 が 書 かれている 初 めての 本 だったからです

                            • 014   また 、 具体的 な 記述 にあたっては 、 文書論理 的 でなければならな いと 述 べています
                              • 014   本書 は 、 文書 推敲 に 役立 つが 、 翻訳 が 読 みにくく 、 星 4 つとした

                            • 015   後半 : 「 書 く 技術 」 で 明確 になった 文書 構成 法 に 手元 に 置 くべき 本 であると 同時 に 、 論理 思考 を 組織内 に 浸透 させる 目的 で 、 組織 ぐるみで 学 んで 欲 しい 一冊 です
                              • 015   常 に 手元 に 置 くべき 本 であると 同時 に 、 論理 思考 を 組織内 に 浸透 させる 目的 で 、 組織 ぐるみで 学 んで 欲 しい 一冊 です
                              • 064   さらに論理 的 に 書 くとはどの ようなことか 、 論理 的 に 書 くためにはどの ようにすればよい かを 事例 をあげながら 説明 していきます

                            • 016   著者 は 、 トップ ダウン 方式 で 書 き ボトムアップ 方式 で 考 える 事 を 勧 めています

                              • 016   著者 自 らも ハーバード 大学 ビジネス スクール を 卒業後 マッキンゼー 社 で 初 の 女性 コンサ ルタント として 活躍 した 経験 から 執筆 されたものです

                                • 016   この 本 の 要旨 を 簡潔 に 現代的 に 述 べているので 、 樋口裕一著 の 「 ホンモノ の 思考 力 」 で 提示 されている 、 定義 ( そもそもーとは ) 、 現象 ( 今 、 問題 になっているのは ) 、 結果この ままでいくと ) が 類似 していますが 、 そこで 提唱 されている 3WHAT3W1H より ずっと 簡潔 です
                                  • 027   この 本 の 要旨 を 簡潔 に 現代的 に 述 べているので 、 より 簡単知識 を 得 やすい と 思 う

                                • 016   そして 理論 的 に 順序 づけるということは 、 演繹 の 順序 ( 大前提 、 小前提 、 結論 ) 、 時間順序 、 構造 の 順序 ( 北 から 南 、 等 ) 比較 の 順序 ( 1 番重要 なもの 、 等 ) の 4 つの 方法 しかありません

                                  • 019   さらに 言 えば 、 第三者 の 目 に 立 って 、 自分文章 を 読 んでの 疑問 点 は 何 なのかという 想像力 も 必要 になってくるのだということが 書 いてあります

                                    • 019   テクニック 集 ではなく 、 この 本 の スキル を 使 ってどんどん 文章 の 書 いていけば 文章 だけではなく 考 え 方 そのものが 洗練 されるのではと 思 います
                                      • 020   nbsp ; 文章 の 書 き 方等 の 書籍 がたくさんあります

                                    • 020   もう 少 し 簡単文章 術 を 磨 きたいと 思 いましたが 、 やはり 文章 を 人 に 伝 える 技術 を 体得 するならば 、 内容 は 高 レベル部分 もありますが 、 最終的 に 本書 を 読 まなければ 、 スタート には 立 てないような 気 がします

                                      • 025   この 初版 を 6 年以上 前 に 偶然本屋 で 見 つけ 購入 しましたが 、 その 時 の 私 にとっては 分 かりづらい ものでした

                                        • 026   マッキンゼー 等 の コンサ ルティング 会社 の 独創性 は 、 確固 とした 考 え 「 型 」 、 書 き 「 型 」 を 持 ち 、 それを 徹底的 に 教 え 込 んできたところに 一端 があったのだと 、 妙 に 納得 してこの 本 を 読 み 終 えた

                                          • 026   つまり 、 「 型 」 を 持 つことは 、 逆説的 に 、 それぞれの 独創性 や 個性 を 引 き 立 てる 結果 につながるのである

                                            • 026   一般的 に 、 或 る 「 型 」 を 受 け 入 れることは 、 個々 が 我流 で 築 き 上 げた オリジナリティ を 消 し 、 ひとつの 決 められた 形 に 矯正 されていく イメージ を 受 けがちである

                                              • 027   一例 をあげると 、 この 本 には 演習 を 兼 ねた 例文 がたくさん 記載 されているのだが 、 例文 のなかの 前提 状況 が 予 め 述 べられていないので 前後関係 がわかりにくい

                                                • 028   原書翻訳より 、 おかしな 日本 文 になったという 点 を 考慮 しても 、 星 1 つです

                                                  • 028   をすべて 見 る 文書 作成 能力 の 書 き 方 について 、 いろいろテクニック ( というより 当 たり 前 のこと ) が 書 かれている 本 です
                                                    • 028   をすべて 見 る 文書 の 書 き 方 について 、 いろいろテクニック ( というより 当 たり 前 のこと ) が 書 かれている 本 です

                                                  • 028   理科系 の 作文技術 ( 中公新書 ( 624 ) ) こちらの 商品 のほうが オススメ です

                                                    • 028   ( 特 に 、 「 複雑化 」 って 言葉 が 多用 されていますが 、 意味 がわかりません 」 ) 大学 の 研究室 に 所属 し 、 卒業研究 のような 研究報告書 で 、 論理 的 な 資料 作成 を 訓練 した 方 には 不必要 な 本 です
                                                      • 047   ) 最初 はとにかく 第 2 部 、 それも 厳 しいならば 第 1 部 までを 読 んで 頭 に 叩 き 込 んで 、 日常的 に 訓練 していくと 良 いと 思 います

                                                    • 029   この レビュー を 読 んでいただいている 方々 の 多 くが 、 分 かりやすく 筋 の 通 った 文章 を 上手 に 書 くことが 求 められる 状況 にあるのではないでしょうか
                                                      • 010   ビジネス マン を 対象 として 、 平明 にして 論理 的 な ビジネス 文章 の 書 き 方 を 解説 する 一冊
                                                      • 019   この レビュー を 読 んでいただいている 方々 の 多 くが 、 分 かりやすく 筋 の 通 った 文章 を 書 くことが 求 められる 状況 にあるのではないでしょうか
                                                      • 044   文章 を 上手 に 書 けない 方 、 プレゼン テーション がうまくできない 方 、 問題 がうまく 整理 できなくてお 困 りの 方 にとって 救世主 となることでしょう

                                                    • 030   文章 作成 の 技術 や 、 考 える 技術 を 書 いた 第一部 ・ 第二部 は 実地 も 思 い 浮 かびやすくわかりやすい

                                                      • 030   この 本 の 言 うとおり 、 自分 の 考 えをまとめる 際 にこの ピラミッド 構造 にして 整理 することにより自分 の 考 えていることを 明確 に 外 に 、 相手 に 、 伝 えることが 出来 るようになると 思 います
                                                        • 030   報告書 を 書 いたり 、 プレゼン テーション 資料まとめる 際 、 また 自分 の 考 えをまとめる 際 にこの ピラミット 原則 を 用 いる

                                                      • 030   いままで 無意識 にやってきたこと 、 考 えてきたことを ロジカル整理説明 され 、 視界 が 開 かれるような 思 いに 何度 も 捉 われた

                                                        • 030   企業 の 研修資料 等 に 用 いられると 聞 いたが 、 本来 はこういった 内容大学どの 学校教育 でも 行 われるべきかなと 考 える

                                                          • 030   第四部 は 再度 、 プレゼン テーション報告書 作成意識 した 活用 方法説明 にになっており 、 実践 に 適用 しやすい

                                                            • 031   コンピュータ の コンサ ルティング をしてる 方 が 書 いていた 本 なので 、 本当著者 の 考 えがそのままにあふれています

                                                              • 033   MBA では 論理 思考どの ように 扱 っているのか 、 明快 な 文章 の 基準 をどこに 置 いているのかについて 情報 を 得 ることは 出来 ましたが 、 「 論理 」 の 限界 について 粗雑 な 面 があったので ☆ 2 個 の 評価 とさせていただきました
                                                                • 019   ただし 論理 的 な 文章 の 書 き 方 とは 、 ただの テクニック ではなくて 考 え 方 そのものを 身 に 付 けることだということがこの 本 を 読 むと 分 かります
                                                                • 058   ( 試 しに キーメッセージ を 手 で 隠 して 、 子 の メッセージ だけで キーメッセージ を 推論 できるかやってみると 、 推論 できないことが 分 かります ) 故 に 、 少 なくても 正 しい 論理知識この 本 では 学 べません

                                                              • 033   筆者 は 前半 での 成果 を 基 に 論理 思考個人 の 問題解決思考 にまで 応用 しようとするのですが 、 少 し 飛躍 がありすぎではないでしょうか ? 論理 は 問題 を 構成 し・ 説明 することは 出来 ても 、 多 くの 知見 から 新 たな 解 を 求 めることが 出来 ないのは 科学論 では 常識 なのに・・・ ( ガリレオ の 論理 構成 より も 中世 カトリック 教会 の 論理 構成 が 鋭 かったのは 科学史 の 常識 )

                                                                • 034   論点 、 論述 する 順序 などを 予 め 緻密 に 考 えるこの 書 き 方 は 、 これまでのとりあえず ワープロ に 打 ってみて 切 り 貼 りした 挙句 に タイトル ( 論点 ) まで 変 えてしまうような 書 き 方 より ずっと 効率的 でした

                                                                  • 035   社会 になると 自分 の 考 えを 正確 に 相手 に 伝 える 、 もしくは 相手 を 説得 するためには 、 本書 で 提唱 する 論理思考 方法 と ピラミッドプリンシプル にもとづく 表現 技術 が 必要 だと 思 う
                                                                    • 006   わかりやすく 考 え 、 わかりやすく 書 く 、 本書メッセージ は 実 に 単純 である

                                                                  • 035   ピラミッド 構造 、 MECE 、 問題定義 の フレームワーク 、 問題解決手法 などが 、 書 く 技術 / 考 える 技術 / 表現 する 技術 という 章立 てで 紹介 されており 、 コンサ ルタント が 考 えている 、 文章文書 ) の 意義 は 非常 に 大 きなものであり 、 その 結果表現 されているものは 、 技能 の 結晶 であることが 理解 できた
                                                                    • 035   他人 の 文章 の 批判 をするのは 簡単 であるが 自分 で 他人 に 批判 されない 文章 を 書 くのは 10 倍 ぐらい 難 しい

                                                                  • 036   ーをすべて 見 る この 本 は 考 える 技術 という 観点 ではなく 、 自分 の 考 えを 整理 し OutPut するという 観点 から 見 るとすばらしい 本 だと 思 います

                                                                    • 038   「 一番 上 に 主題 を 乗 せた ピラミッド 構成 」 「 書 く 前 に 自分 の 考 えをまとめる 」 「 状況複雑化疑問 ⇒ 解答 」 「 導入 と 見出 し・ 順序配列要約 」 「 MECE と ロジック ツリー 」 などなど 、 無意識 レベル でやってることから 、 新 たな 気 づきとして 勉強 になることまで 、 方法 論 が 盛 りだくさんです
                                                                      • 038   内容 が 初心者 には 難 しいのと 、 途中 に 出 てくるたくさんの 悪 い 例 が 、 結局 どの ように 修正 されるべきか 、 という 解答 を 示 されておらず 、 結果 として 解答 を 見 ずに 次 に 進 むことが 多 く 、 ちょっと 気持 ち 悪 かったので ☆ 3 つ

                                                                    • 039   論理 的 な 思考 ・ 記述 を 教 える 本 なのに 、 本書 自体論理 的 でない 説明 、 飛躍 しすぎの マニュアル 、 章 が 変 われば 原則 も 変 わってしまう 矛盾 …
                                                                      • 016   本書 は 、 ビジネス スクール の 学生 ならずとも 、 考 える 事 を 磨 いてくれる 名著 です

                                                                    • 039   ミント 女史 の 本書 は 言 わずと 知 れたこの 分野 での 古典 定期名著 である

                                                                      • 039   ピラミッド 構造 によって 論旨 を ハッキリ させるという 手法 も 、 明快 で 納得 のいくものだ

                                                                        • 042   論理 的 に 文章構成 する スキル解説 した 古典 的位置 づけの 本 であり 、 最近流行 りの 「 論理 思考 」 の 原点 ( 原典 ) でもある 本

                                                                          • 043   本書 のでは 「 ピラミッド・プリンシパル ( ピラミッド 型 に 考 える ) 」 という 思考 法 ・ 書 く 技術 が 紹介 されているが 、 ただの ポート 作成 の 技術 という 訳 ではなく 、 どの ように 考 えたらよい のか 、 どこに 着目 して 、 何 を 明 らかにすべきか 、 という 仕事 や 生活 の 中 で 必要 な 視点 が 説 かれている
                                                                            • 007   本書 では 最初 から 最後 まで 、 文章 の 読 み 手 がどう 読 み 、 考 え 、 感 じるかを 前提 にして 、 どう 書 けば 読 み 手 に 分 かりやすい 文章 になるか 説明 しています

                                                                          • 044   この 1 冊 で 某 コンサ ルティング ファーム の ノウハウ を 垣間見 ることができるならば 安 いものです

                                                                            • 045   この ピラミッド の 考 え 方 を 取 り 入 れてからなんと スムーズ に 商談 が 進 むことか ! 企画部署 の 方 のみならず 、 実際 にお 客 さんを 目 の 前 にして 説明 している 営業 の 方必読 の 書 と 思 います

                                                                              • 046   ロジック ツリー 、 MECE 、 コンサ ルタント の 技術 として 広 まったものであるが 、 すでに 多 くの ホワイトカラー 層 で 一般化 された 技術

                                                                                • 047   【 こんな 人 に オススメ 】 ● じっくりと ロジカル シンキング を 身 に 付 けたい 人 ● クイック に ロジカル シンキング を 身 に 付 けたい 人 ( 第 1 部 のみ ) ● ロジカル シンキング 本 を 何冊 か 読 んだ 人

                                                                                  • 047   しかし 、 はじめに 、 でも 述 べられているようにこれを 全 て 最初理解 する 必要 は 無 いと 思 います
                                                                                    • 069   内容 的 には 、 コンサ ルタント 向 けということでちょっと 難 しいけど 、 言 っている 内容 は 、 理解 できる

                                                                                  • 051   どんなにたくさんの 人 が 読 んでいても 、 『 考 える 技術 』 を 求 めてこの 本 のいう 技術 を 自分 のものにすることによって 、 自己 の 価値 を 飛躍的 に 高 めることが 可能 だと 思 う
                                                                                    • 051   どんなにたくさんの 人 が 読 んでいても 、 この 本 のいう 技術 を 自分 のものにすることによって 、 自己 の 価値 を 飛躍的 に 高 めることが 可能 だと 思 う

                                                                                  • 051   私 はまだこの 本 を 一度 読 んだだけだが 、 おそらく 次 の 版 が 出 るまで 、 断続的 に 読 みつづけようと 思 う

                                                                                    • 052   ちなみに 、 ピラミッド の 作成 に マインドマップ を 描 く ソフト である マインド・マネジャー を 使用 して 行 うと 、 後 から 修正 を 容易 に 加 えることができ 、 非常効果 的 である

                                                                                      • 052   書 く 技術 や 論理思考 、 問題解決 に 関 する 本 は 世界 に 山 ほどある

                                                                                        • 053   本書 はすぐれた 思考 ・ 作文 の 方法 論 を 解説 する 以上価値 をもっている

                                                                                          • 053   けれど 、 その 本質 はある 人 が 物事 をどこまで 明晰 に 見 つめ 考 えているかにある

                                                                                            • 058   個人 的 な 興味 で 20 冊 ほど ( 形式論理 もあれば 、 本書 のような ビジネス 書 もある ) の 論理 関係 の 本 を 読 んだけなので 差 し 出 がましいのですが 、 この 本 で 紹介 されている 「 帰納 からの ジャンプ をする 」 は 本来 の 帰。
                                                                                              推論 とは 違 うと 思 います
                                                                                              • 058   個人 的 な 興味 で 20 冊 ほど ( 形式論理 もあれば 、 本書 のような ビジネス 書 もある ) の 論理 関係 の 本 を 読 んだけなので 差 し 出 がましいのですが 、 この 本 で 紹介 されている 「 帰納法 」 は 本来 の 帰。推論 とは 違 うと 思 います
                                                                                              • 058   p75 〜 p89 までの 間 に 紹介 されている 帰納 の 例 を 見 れば 分 かると 思 いますが 、 単 に 目的 と 手段 の 関係 であったり 、 抽象 と 具体 の 関係 であったりするだで 、 帰。推論 にはなっていません

                                                                                            • 058   あとこの 本 の 読 みにくい 部分 は 、 文章 ではなく 、 全体 や 各章 レベル で 「 この自体 が 読 み 易 い 文 にするために 最初重要 だと 言 った 構成 」 が 掴 みづらい 事 だ
                                                                                              • 050   あとこの 本 の 読 みにくい 部分 は 、 文章 ではなく 、 全体 や 各章 レベル で 「 この自体 が 読 み 易 い 文 にするために 最初重要 だと 言 った 構成 」 が 掴 みづらい 事 だ

                                                                                            • 059   ◆ 二部構 成 であり 、 第一部 では 、 ピラミッド 原則 とはどの ようなものであるか 、 その 作 り 方

                                                                                              • 062   横方向 には 横 の 並 んだ 考 えの グループ は 何 らかの 論理 的 な 共通点 を 持 って グループ 化 されている

                                                                                                • 064   文書 を 書 き 方 を 教 えている 本書目的 は 人 にもかかわらず 、 こんなに 分 かりにくく 書 かれた 本 は 少 ないのではないだろうか ? 言 いたい 事 が 何 なのかがその 章 の 中 で 掴 みづらい のである
                                                                                                  • 062   て 見 る 本書目的 は 人 に 解 かり 易 い 文書 を 書 く 事 と 考 える 技術 です
                                                                                                  • 064   作者 は 、 ビジネス 文書 をわかりやすく 書 くためには 、 導入部 を 挿入 することで 読 み 手 にあらかじめその 文書全体 像 を 見 せることが 非常 に 大事 だと 述 べています

                                                                                                • 064   nbsp ; 仕事 柄 、 文書 を 書 くことが 多 いが 、 自分 ではうまく 書 けた 、 言 いたいことが 書 けたと 思 っても 、 相手 に 伝 わらないことが 多 い
                                                                                                  • 069   nbsp ; 仕事 柄 、 文書 を 書 くことが 多 いが 、 自分 ではうまく 書 けた 、 言 いたいことが 書 けたと 思 っても 、 相手 に 伝 わらないことが 多 い

                                                                                                • 067   難点 をひとつだけ 挙 げろと 聞 かれたら 、 『 翻訳 が 読 みにくい ことだけ 』 と 答 えます

                                                                                                  • 068   分厚 いので 非常 に 読 むのが 大変 ですが 、 頑張 ってみるだけの 価値 というか 書籍 代金以上効果自分 にもたらせるのでぜひ 活用 してください

                                                                                                    • 072   つまり 、 この一冊ロジカル シンキング のすべてが 凝縮 されていると 言 っても 過言 ではない

                                                                                                      • 076   あと 、 ネイティブ が 原文 に 即 して ! かなり 忠実 に 訳 しているように 見受 けられるが 、 やや 読 めば 恐 らくそこまで 違和感 ないんでしょうが 、 翻訳 という ステップ が 入 ってるためか 、 なんというか 言葉 が フワフワ してて 意味 がつかみ 難 いのが 非常 に 気 になりました
                                                                                                        • 076   あと 、 ネイティブ が 原文 で 読 めば 恐 らくそこまで 違和感 ないんでしょうが 、 翻訳 という ステップ が 入 ってるためか 、 なんというか 言葉 が フワフワ してて 意味 がつかみ 難 いのが 非常 に 気 になりました

                                                                                                      • 077   そして 、 ためしにここで 勧 められているような 書 き 方 をしてみますと 、 確 かにわかりやすい 文章 が 書 けることがわかります
                                                                                                        • 077   さて 、 理路整然 な 「 脱線 しない 文章 」 を 書 くことはたいへん 難 しいことである

                                                                                                      • 079   本書個人能力 向上 に 寄与 するばかりでなく 、 常日。議論 に 基 づく 迅速 な 判断 を 欠 かせない 組織 で 活用 すれば 、 仮説進化 - 意思決定 の プロセス と 質 を 改善 し 、 組織 としての 意思決定能力 をも 向上 させることもできるのではないだろうか

                                                                                                        • 079   本当 は 全部英語 で 読 んだ 方 が 構造 がすっきり 頭 に 入 るが 、 まずは 母国語 で 読 んで 時間 を 節約 しましょう

                                                                                                          • 079   この マテリアル はもう 市販 されていないようだが 、 本書 で 不十分 なのは 、 理解 した コンセプト を 駆使 しながら 納得 していく プロセス なので 、 本書 に 興味 を 持 っている 方 が 周囲 にいれば 、 喧々諤々議論 しながら 一緒 に 演習 していくといいでしょう

                                                                                                            研究 開発