High-Profile talking







newsplus 要約

Amazonレビュー 要約

価格.com レビュー 要約

アットコスメ レビュー 要約

食べログ レビュー 要約

楽天レビュー 要約

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約

Splog Filter


Amazon.co.jp: カスタマーレビュー: 英文解釈教室


文法 主語 語力 名著 例文 伊藤和夫 長文 単語 英文法 文読解 速読 受験 英語力 解説 偏差値 基礎 難解 読解力 著者 英文読解 書物 網羅 解力 論理的 構造 参考書 受験生 挫折 級者 改訂 学習 不親切 入試 理解 和訳 英語 長文読解 大学入 大学受験 動詞 体系 本書 伊藤先生 ビジュアル英文解釈 大学 文法力 著作 英単語 予備校 訓練 文章 翻訳 TOE 難易度 単語力 必要 語学習 飛躍的 程度 語彙力 東大 日本語 記述 一冊 前提 入学 ビジュアル 方法 留学 価値 受験参考書 内容 模試 意識 自信 勉強 思考 正確 大学入試 評価 十分 把握 批判 英語学習 一通 相当 無意識 現在 複雑 丁寧 世間 知識 的に英文 重要 非常 説明 入門編 効果 苦労 実力
すばらしい 7%     難しい 38%     よい 16%     少ない 10%     多い 29%     高い 14%     やすい 7%     にくい 5%     ほしい 5%     良い 12%     大きい 6%     こなす 5%     説く 5%     薦める 6%     訳す 6%     教える 6%     読める 24%     読む 58%     読み返す 6%     終える 10%     取り組む 5%     学ぶ 9%     ある程度 16%     相当 6%     決して 6%     きちんと 5%     ひたすら 5%     なんとなく 5%     より 5%     ほとんど 10%     この 67%     ぜひ 5%     実際 6%    

  • Total Integration
    • 0数年 前、留学 したその下準備をしていた頃、この 本で勉強 してる限り英語勉強 しました当時は大学 生だった 小手先のもので、毎日 、たっぷり時間 があった いかにもかかわらず、難しくて、難しくて、1日に4〜5ページ を読み進むのがある この 達成感を味わえるのはやっと、全部 読む のに確か8〜9ヶ月くらいを要したと記憶 しています(演習問題 の少なさなどは自分 でやらずに最初 から解答をみながら読み進んでもこの スピード)1回しか読み通しませんでしたが、ヨチヨチ歩きながらも、主語 、述語を正しく捕まえ、構文 を見抜きながら、英文を正確読む という技術を身、いかにも簡単偏差値 が上がにつけることができました英文読解 の透視図」という本に仮定法については、あとにも先にもこの 本しか勉強 していませが、その後、米国留学 &就労、外資系企業での就労の経験を通して も、詩や古典文学の原文などは別として、解読できない英文にはほぼ出会 ったことは一度読み返す ほどの価値 がありません 伊藤先生 が、本のあとがきに『諸君がこの 本で学んだことを忘れる時、その時こそが、自由自在に英文が,読める ようになった時である』というような事を書いておられたのが印象に残っていればやれますが、本当本当 にその通りでした当時は、パズルのよう複雑 な英文法構文 が自動的に見抜けるようになるなんて不可能 のように思えましたが、お蔭様で、現在 では、無意識 的に英文頭から 読める ようになっていましたこれほどの本です から伊藤先生 の本に出会 わなければ、現在英語 教育に甚大な影響力を手にしたわけではなかったと思います 田舎の受験 生のみならず、英語 を真剣に勉強 してみようという方には是非 お勧めいたします努力が無駄にならない名著 だと思います

  • 001   世間 で 言 われてるほどの 難易度 ではないと 思 いますが 倒置 や 、 複雑比較 、 入 り 組 んだ 構文 など 相当 の 量 が 載 っていますので 全部 こなせば 、 難 しい 構文 を 息切 れせずに 論理的把握 できるようになり 、 かなり 英文解釈 に 対 する 自信 がつくとおもいます
    • 001   伊藤先生 が 、 本 のあとがきに 『 諸君 がこの 本 で 学 んだことを 忘 れる 時 、 その 時 こそが 、 自由自在 に 英文 が 読 めるようになった 時 である
    • 007   世間 で 言 われてるほどの 難易度 ではないと 思 いますが 倒置 や 、 複雑比較 、 入 り 組 んだ 構文 など 相当 の 量 が 載 っていますので 全部 こなせば 、 難 しい 構文 を 息切 れせずに 論理的把握 できるようになり 、 かなり 英文 に 対 する 自信 がつくとおもいます

  • 001   当時 は 大学 生 だったので 、 毎日 、 たっぷり 時間 があったにもかかわらず 、 難 しくて 、 難 しくて 、 1 日 に 4 〜 5 ページ を 読 み 進 むのがやっと 、 全部 読 むのに 確 か 8 〜 9 ヶ 月 くらいを 要 したと 記憶 しています ( 演習問題 の 少 なさなどは 自分 でやらずに 最初 から 解答 をみながら 読 み 進 んでもこの スピード )
    • 001   当時 は 大学 生 だったので 、 毎日 、 たっぷり 時間 があったにもかかわらず 、 難 しくて 、 難 しくて 、 1 日 に 4 〜 5 ページ を 読 み 進 むのがやっと 、 全部 読 むのに 確 か 8 〜 9 ヶ 月 くらいを 要 したと 記憶 しています ( 演習問題 などは 自分 でやらずに 最初 から 解答 をみながら 読 み 進 んでもこの スピード )
    • 041   伊藤和夫 を 狂喜 させたそれこそが 『 英文解釈教室 』 を 今 でも 不動 の 支持 を 得 ている 所以 であり 演習問題 の 少 なさなど 学習 者 への 配慮 の 不足 といった 批判 を 引 き 起 こしたのだろう

  • 002   今 まで 多読 をしてこなかった 学生 には 、 本書 は 歯 がたたないと 思 いますし 、 大学 合格 という 見地 からは 、 手 を 出 す 必要 はないと 思 われます

    • 002   私 の オススメ としては 、 大学 合格 してからも 大切 になさることです 本書 を 読 みこなせれば 、 原著読 みも ラクチン ですよ

      • 003   私 はこの 参考書 で 英文解釈 の 方法 を 学 び 、 その 後 「 直。
        直解 」 、 「 英語 で 考 える 」 を 提唱 していた 松本亨氏 の 著作 を 読 んで 、 現在 では 曲 がりなりにも 英語 で 飯 を 食 っております
        • 003   私 はこの 参考書 で 英文解釈 の 方法 を 学 び 、 その 後 「 直。直解 」 、 「 英語 で 考 える 」 を 提唱 していた 松本亨氏 の 著作 を 読 んで 、 現在 では 曲 がりなりにも 英語 で 飯 を 食 っております
        • 014   しかし 、 最後 まで 読 んでみると 、 今 まで 英文 を 感覚 で 読 んでいた 自分 が 、 文法 構造意識 しながら 読 むように 変 わっていたのだ
        • 064   良 い 参考書 にすべて 頼 ろうとせずに 、 自分 でもっと 違 った 方法 を 見 つけることも 必要

      • 0041   著者 が 残 した 書 には 、 同書 は 、 皆 さんご 指摘 のように 、 英文 を 構造 面 から 分析 し 、 論理的 根拠 を 持 って 英文 の 流 れのままに ( 返 り 読 みせずに ) 読 み 進 めていこうという 主旨 の 元 に 構成 されています
        • 005   私 の 中 にあった 「 勉強 からの 逃 げの 論理 」 を 見事 に 打 ち 砕 いてくれたのだ
        • 041   著者 が 残 した 書 には 、 同書 は 従来 の 参考書 と 異 なった 英文法 に 対 する 総合的視点 と 説明論理的方法 がある

      • 004   特 に 、 時制 ・ 関係 詞 ・ 比較 などは 日本語英語 との 相違点 が 多 く 、 これまでは 今一理解 できなかったのですが 、 本書 の 図 を 用 いた 解説 を 読 み 目 から 鱗 が 落 ちました

        • 005   初学者 にとって 高度過 ぎることは 確 かだが 、 出来 れば 受験 期 に 入 る 前 に 、 多少背伸 びをしてでもじっくり 時間 をかけて 取組 んで 欲 しい

          • 005   高校時代 の 私 は 、 アルファベット を 見 るだけで 嫌気 が 差 し 、 5 段階評価 でせいぜい 2 か 3 しか 取 れない 典型的 な 「 英語 嫌 い 」 だった

            • 006   大学 生 ★ ★ ★ ★ ★ 受験 用 の 本 ですが 、 大学 生 が 英書 ( 洋書 ) 講読 に 行 き 詰 まった 時 に 、 是非 読 んでほしい です

              • 006   この 本 を 買 って 一通 りやるのに 最低 3 ヶ 月 はかかるので 、 英語 が 得意 な 人 で 、 時間 がある 人 はこちらをお 薦 めします
                • 048   そして 、 この 本 を 買 って 一通 り 終 えた 今 、 東大入試 問題 を 見 てみました

              • 008   大学 入試 に 通 りさえすればいいとか 、 もう 英文 は 今後読 まなくてもいい 、 というなら 、 この 本 を 買 う 必要 はありません

                • 008   この 本 に 対 する 批判 は 、 そのような 「 大学 受験 の 範囲 」 でこの 本 をとらえるからでてくるのだと 私 は 考 えています

                  • 008   「 ある 程度 の 英文読解 力 はあるけれども 、 なんとなく あやふやだ 」 、 そんな 方 で 、 理論的 な 説明 を 好 む 方 なら 、 この 本 はきっと 手放 せないものになるでしょう

                    • 008   しかし 不幸 なのは 、 この 本 が 「 受験 参考書 」 の カテゴリー に 入 っていることだとおもいます
                      • 024   手 に 負 えないのに 無理 してこれを 進 めるより は 、 他 の 参考書 をやったほうが 良 いです

                    • 008   そしてまた , 著者 の 誠実 な 姿勢 にも 心打 たれます . 入試 の 英文 」 はすぐに 適当 に 注釈 と 和訳 をつけた 程度 でよければ , 私 でも 「 英文解釈参考書 」 は 書 けます . しかし , 本書 の 水準 と 志 の 高 さに 到 るには , 人生 を 賭 けねばならないでしょう .
                      • 020   2 回目 各項目 の 説明 を 読 み 、 「 短文 」 はすぐに 本文中 の 和訳 を 読 み 、 「 長文 」 を 和訳 しました
                      • 040   僕 の 場合 は 長文問題 集 を 解 いてて 慣 れをつくりつつ 、 英文解釈教室 で 無意識 化 に 持 っていくという スタイル でやってます 受験 は 一年後 なんで 、 いっぱい 英文 を 読 んで 直。直解 を 目指 して 頑張 ります

                    • 008   それにしても 、 世間 的 に 低 い 評価 で 見 られかねない 予備校先生 ( 無礼 な 表現 をお 許 しください ) がこれだけの 優 れた 著作 を 書 かれた 、 己 の 見識不足著者 の 力量 に 頭 が 下 がるばかりです

                      • 008   また 、 ある 程度 の 英語力 が 備 わってない 人 にとっても 、 この 著者難解 すぎると 思 う
                        • 008   私 は 、 難解英語 の 専門文献 を 読 まなければならない 人 に 、 この 本 をすすめます

                      • 009   解説部分 だけ 読 んでも 、  2 の プロセス がないと 、 なんのことやらさっぱりわからない 可能 性 があるのでご 注意 を
                        • 002   解説部分 だけ 読 んでも 、  2 の プロセス がないと 、 なんのことやらさっぱりわからない 可能 性 があるのでご 注意 を
                        • 075   他著 ではこういう 解説 の 本 は 見当 たらず 、 この 解説非常役立 ちました

                      • 009   文字 が 多 くて 取 っ 付 きにくい かもしれません が 、 それだけ 丁寧説明 してあるわけで 、 いわゆる 「 分 かり 易 い 」 、 「 図解 による 」 、 「 読 み 易 い 」 参考書 」 ですが 、 これはその 方 が 往々 にして 分 かり 難 いも ! のです
                        • 009   カテゴリー 的 には 「 受験 参考書 」 ですが 、 これはその 他 でも 、 極 めて 実用的 です

                      • 010   あらゆる 資格試験 の 長文 問題 を 見 ても 、 高級 と 呼 ばれる 英字新聞 を 読 んでも 、 構文 で 悩 んだことは 一度 もありません

                        • 010   当時 、 受験 生 だった 私 は 、 語彙力文法 力 、 基礎 解力 をつけた 後 、 構文 力強化策 としてこの 本 の 存在 を 知 り 、 読 み 始 めたのですが 、 その 洗練 された パズル のような 例文文法 という 公式 、 方程式 を 使 って 明快 に 解 いていく 手法 に 圧倒 されたものでした
                          • 021   しかし 、 闇雲 に 難 しい 文章 を 選 んでいるのではなく 、 非常 に 洗練 された 文章 を 選 んでいるのが 特徴的 である

                        • 010   最近 は 、 入試 も 資格試験 も 、 比較 的平易 な 長文速読 する 傾向 にありますが 、 それでもこの ような レベル の 高 い 例文精読 した 経験 は 、 解力 において 、 他受験 者 と 一線 を 画 しているのだと 思 います

                          • 011   この ため 、 私自身 、 伊藤和夫 先生 の アプローチ を 学 ぶことで 、 公式的 な 英文解釈 の 参考書 を 読 んだことはないし 、 多読 もたいしてしていないのに 、 時間 さえかければ 、 いかなる 英文 をも 読 み 通 せるとの 自信 が 得 られ
                            • 011   ちなみに 、 文法 事項 の 理解 を 得 たい 人 は 、 「 英文法 教室 」 をやるべきである
                            • 018   この ため 、 私自身 、 伊藤和夫 先生 の アプローチ を 学 ぶことで 、 公式的 な 英文解釈 の 参考書 を 読 んだことはないし 、 多読 もたいしてしていないのに 、 時間 さえかければ 、 いかなる 英文 をも 読 み 通 せるとの 自信 が 得 られ
                            • 023   それに 比 べると 、 昨今 の 受験 生 は 、 「 ビジュアル 英文解釈 」 や 「 基礎 編 」 や 「 ルール と パターン 英文解釈 」 ( 復刊 して ネット 通販 のみ 入手可能 ) などがあり 恵 まれていますね

                          • 012   その 意味 で 、 高度 な 英語力 というより は 、 高度 な 論理的 思考 能力 が 要求 される 参考書

                            • 012   もう 何 10 年 もの 間 、 受験 生 の 間 で 使 われている 参考書 だが 、 何度著者より 改訂 されていることもあり 、 内容 的 には 十分 今 でも 通用 する トップクラス の 参考書 といえる

                              • 012   小手先 のものではない 本当 の 英語力 を 高 めたい 方 にはお 勧 めの 1 冊 である

                                • 012   通常学校 で 習 うような 文法 ごとの 解説 ではなく 、 例 えば 「 that 」 がでてきたときに 、 この that は 指示代名詞 の that なのか 、 節 を 導 く that なのか 、 関係 代名詞 の that なのかを 見分 けるための 方法 論 を 提示 している

                                  • 014   例文 に 対 する 解説 が 少 なくて 分 かりづらいという 批判 もありますが 、 自分 で 考 える 場 を 著者 が 提供 してくれていると 考 えることもできます
                                    • 016   例文 に 対 する 解説 が 少 なくて 分 かりづらいという 批判 もありますが 、 自分 で 考 える 場 を 著者 が 提供 してくれていると 考 えることもできます

                                  • 015   本書 はそういったいかにも 効果 的 な アプローチ でなく 、 主語 はどれか 、 動詞 はどれか 、 と 言 った 、 英文法 力 を 駆使 した 、 英文 を 読 む 上 で 極 めて 基本的 な 構文 分析 の 態度 、 しかも 英文 を 頭 から 読 む 方法 を 説 いている
                                    • 015   現在 、 8 割英語 のまま 2 割日本語 の 助 けを 借 りて ( 頭 で 日本語 訳 を 思 い 浮 かべて ) 、 英文 を 読 んでいる
                                    • 032   カン でしか 英文 を 読 めない 人 、 英語学習 イコ - ル 単語 記憶 だと 思 っている 人 はぜひ 本書 を 紐解 いて 欲 しい

                                  • 016   精読 力 、 直。直解力 を 身 につけるための 速読 を 始 める 前 の ステップ としても 優 れた 本 だと 思 います

                                    • 018   この ためには 、 「 英文読解 の ナビゲータ ( 研究社 ) 」 ( 奥井潔 ) などがあり 、 両書 を 学 べば 、 かつての 駿台 の 英文解釈 の 授業 と 同 じ 効果 が 得 られ 、 少 なくとも 時間 させかければ 、 構文 の 取 り 違 えはしないとの 自信 がつく

                                      • 018   また 、 例題 が 短 く 、 抜粋 であるがゆえに 英文 の 内容 が 中途半端 なため 、 内容 のある 英文 を 読 む 練習 を 別途行 う 必要 がある

                                        • 021   この 著書 を 買 うときは 、 ビジュアル 英文解釈 と 比較 して 自分実力 を 照 らし 合 わせて 買 うのがいいかと 思 われる
                                          • 021   この 英文解釈教室 の 文章 が 難 しいのは 、 決 して 難 しい 単語 のためでも 、 難 しい イディオム のためでもない
                                          • 058   正 しく 英文 の 内容 を 読 み 取 れるようになりたいと 考 える 人 は 、 必 ず 読 むべき 本

                                        • 021   その 後 、 受験 産業界 には 伊藤和夫 の コピー のごとき 指導者 、 参考書 が 氾濫 したことは 言 うまでもないが 、 伊藤和夫体系 をさらに 向上 させた ツワモノ も 大勢登場 した
                                          • 061   その 後 、 受験 産業界 には 伊藤和夫 の コピー のごとき 指導者 、 参考書 が 氾濫 したことは 言 うまでもないが 、 伊藤和夫体系 をさらに 向上 させた ツワモノ も 大勢登場 した

                                        • 022   受験 生 の 中 には 大学入学 してしまうと 、 もう 必要 ないといって 受験 参考書 を 一気 に 棄 ててしまう 人 もいるようであるが 、 現在受験 生 の 平均的 な 力量 を 考 えると 、 この 本 は 大学入学 した 後 も 、 いやむしろ 入学 後 のほうが 、 有益 な 示唆 をもたらしてくれる 筈 である

                                          • 023   昨今 では 、 改訂 版 ですら 解説不親切評価 もありましすが 、 私 は 旧版 でもさして 解説不親切 との 感 じはなかったです

                                            • 026   少々厳 しいことを 言 うかもしれないが 本書理解 できないようでは フィーリング でちょっと 言 ったことが 解 ればいいやというなんとも 浅 い 英語力 しかつかないであろう
                                              • 026   世間 一般 で 本書 は 難 しい 、 これではいつまで 経 っても 日本人 が 英語 を 話 せるようにはならないなどと 戯 けたことを 言 う 輩 が 多 い
                                              • 034   個人的 な 経験 では 、 本書 を 3 回 ほど 読 み 直 して 初 めて 安心 して 英文 を 読 めるようになりま した
                                              • 043   ただし 、 訳 の 悪 い 部分 があるからといって 本書 のすばらしさは 揺 るぎません

                                            • 029   その 3 英単語学習 をせずとも 、 この テキスト を 学習 する プロセス で 辞書 に 丁寧 に 当 たっているうちに 、 単語力 がつきました
                                              • 020   その 3 英単語学習 をせずとも 、 この テキスト を 学習 する プロセス で 辞書 に 丁寧 に 当 たっているうちに 、 単語力 がつきました

                                            • 032   ある 程度 の 英語力 があれば 、 好 きなところから 適当 に 読 み 始 めて 、 適。
                                              著者 がつけている リンク を 辿 りながら 内容 を 行 ったり 来 たりしながら 読 めます ( 内容 を 吸収 する 効果 も 高 いと 思 う )
                                              • 032   著者 は 「 医者 は 患者 によってつくられれる 」 という 、 そして 「 教師 は 生徒 によってつくられる 」 と

                                            • 033   病院 に 入院中 、 最後 まで 伊藤和夫 先生この 本 の 改訂 に 力 を 注 いでいました

                                              • 034   英語実力 をつけるためには 多読必要 ですが 、 そのためには 最低 限 の 文法 力 と 解力 必要 となります

                                                • 034   今 は TOE IC900 点以上 ( これとて 英語 の アマチュア 程度 です ) ですが 、 その 基礎 を 築 いてくれた 本 の 一 つが 本書 です

                                                  • 037   逆 に 英語 は 、 論理的 な 読。訓練 を 要 し 、 一単語意味 の 確定 のために 慎重 に 辞書 を 引 く 必要 のある 、 やさしそうにみえて 、 本当 はとても 難 しい 外国語 です

                                                    • 038   英語 を 使 って コミュニケーション したいという 人 は 、 この ような 著書 を 使 う 必要 はないし 、 他 の レビュー にあるように 、 使 っても 自分 の 希望 する 力 は 得 られないであろう

                                                      • 038   この 著書 は 、 英語 で コミュニケーション する 力 を 付 ける 為 のものではなく 、 論理的 な 英文解釈能力 を 養 う 為 の 著書 である

                                                        • 038   しかし 、 最難関大学受験 においては 、 話 せることより論理的 に 英文 を 解釈 できることの 方 が 重視 されている

                                                          • 038   何故 ならそれらの 大学 は 、 入学 後 に 専門的 で 難解 な 論文 を 原典 で 読 む 力 があるかどうかを 入試 で 試 しているからである

                                                            • 039   伊藤先生 先生 が 、 ‘ あとがき ’ でお 書 きになられた 、 『 本書 の 説 く 思考 法 が 諸君 の 無意識 の 世界 に 沈 み 、 諸君 が 本書 のことを 忘 れ 去 ることができたとき 、 「 直。
                                                              直解 」 の 理想 は 達成 されたのであり 、 本書 は 諸君 のための 役割 を 果 たし 終 えたことと なるであろう
                                                              • 039   伊藤先生 先生 が 、 ‘ あとがき ’ でお 書 きになられた 、 『 本書 の 説 く 思考 法 が 諸君 の 無意識 の 世界 に 沈 み 、 諸君 が 本書 のことを 忘 れ 去 ることができたとき 、 「 直。直解 」 の 理想 は 達成 されたのであり 、 本書 は 諸君 のための 役割 を 果 たし 終 えたことと なるであろう

                                                            • 039   』 今 の 僕 は 、 20 年経 ても 、 英文解釈教室 を 忘 れ 去 ることなどできぬ 未熟者 です

                                                              • 041   受験 参考書 の 中 でもかなり 難 しいこの 本 を マスター するのは 『 英文解釈教室 』 を マスター するためではなく 原書 へと 足 を 踏 み 入 れるための 原点 なのである
                                                                • 004   約 300 ページ本書 の 半分 は 、 英文構成 の 解説 で 占 められていますが 、 これ 程的確 な 指摘 はこれまで 拝見 した 事 がありませんでした

                                                              • 041   これまで 続 いてきた 同書 への 難 しすぎるという 批判 に 対 して 著者 は 駿台出版 の 『 ビジュアル 英文解釈 』 や 『 伊藤和夫英語 学習 法 』 などを 出版 することで 答 えてきた

                                                                • 041   しかし 構文体系 をを 発見 したことに 夢中 になり 研究論文 を 書 くことと 学生 向 けの 参考書 を 書 くことの 違 いがわかっていなかったとも 著者 は 述 べている
                                                                  • 041   著者 いわく 既成 の 体系 はひとつの メガネ でありこれをつけることで 見 えるものもあるが 見 えなくなるものもあるという

                                                                • 041   そのためほんらい 完全体系 を 作 ることが 不可能文法 体系 を 便法 としてでなく 体系 のための 体系 が 作 られる 不毛 さを 著者 は 感 じ 、 そのため 著者 は 読 むための 道具 としての 体系 として 新 たな 支店 を 『 英文法 教室 』 『 英文解釈教室 』 『 英語 長文 読解教室 』 で 世 に 問 うことになる
                                                                  • 032   この 本 は 、 英語 の 上級者 が 無意識 のうちに 行 っている 読解法 を 意識 下 に 引 っ 張 り 出 し ! ! 、 そしてそれを 学 ぶ 学生 が 、 そうした 読解法 を 身 に 付 け 、 やがてその 読解法 を 無意識 下 に 行 えるまでの 方法 を 説 いている

                                                                • 045   しかし 、 再受験 開始後 、 その 英語 が パッ とせず 、 原因 を 入試 英語長文 化 に 求 め 、 長文 読解 の 指南書 に 色々手 を 出 してみました

                                                                  • 045   そこで 一念発起 、 今 の 入試 には 不要 とも 言 われる 「 。解教 」 へと 久々 に 取 り 組 みました

                                                                    • 047   その 後 、 いろいろな 洋書 を 読 みこなしましたが 、 伊藤先生 この 本 のおかげで 、 主語 と 、 動詞 、 修飾語 と 被修飾語 の 関係倒置 、 省略 、 that の 使 い 方 などが 、 わかるようになり 、 洋書 もある 程度 、 読 みこなす ことができます

                                                                      • 047   区 ) - レビュー をすべて 見 る 病気 のときに 、 手元 に 何 も 読 む 本 がなかったので この 本 をやりました

                                                                        • 047   英。劣等生 ( 偏差値 40 程度 ) だった 自分 にも 英語 の 楽 しさを 教 えてくれた 本 です

                                                                          • 047   ( ジーニアス 英和 と ロングマン 英英 を 片手 に ) その 後 、 英語文章 でつまることはなくなりました

                                                                            • 049   受験 参考書 ではありますが 、 今読 んでも 役 に 立 つ 説明 もあるし 、 英文法一通 り 完成 して 長文勉強 に 入 ったけど 、 いまいち 読 めない 部分 があるという 偏差値 50 前後 くらいの 人 に 最適 だと 感 じました
                                                                              • 031   受験 参考書 ではありますが 、 今読 んでも 役 に 立 つ 説明 もあるし 、 英文法 の 整理 になる 記述 がありました
                                                                              • 049   文法一通 り 完成 して 長文勉強 に 入 ったけど 、 いまいち 読 めない 部分 があるという 偏差値 50 前後 くらいの 人 に 最適 だと 感 じました

                                                                            • 050   学習 の コツ : 例題 であれ 短文 であれ 、 自分 で 訳文 を 書 くまでは 、 絶対 に 解答 を 見 ないこと

                                                                              • 052   普段英語 学習 のひとつとして ペーパーバック を 読 んでいるのですが 、 なんとなく 理解 した 「 つもりでいることに 前 から 疑問 があり 挑戦 してみました
                                                                                • 035   厳 しく 言 うと 、 書 いてある 事 をしっかり 理解 できなくて 、 「 なんとなく 」 とかで 理解 した 「 つもり 」 だと 無駄 になります

                                                                              • 053   しかし 今入試 問題 が 易 しくても 研究者 や 社会 の リーダー を 養成 する 水準 の 大学入学 し 知的文献 や 古典 を 原書 で 読 むためにはかつての 高校普通科卒業 レベル 、 つまり 英文解釈教室 レベル最低 クリア する 必要 がある

                                                                                • 053   ゆとり 教育以前 の 高校普通科 つまり 大学 学者 はある 程度 の 知的 レベル を 要求 していたが 、 1992 年 からのゆとり 教育 で 高校普通科 は 全入 つまり 実用文 が 読 め 事 が 要求水準 になり 、 大学 入試 問題レベル を 落 とすことを 文部科学省 から 要求 された

                                                                                  • 054   ) ・ 単語構文 さえ 理解 できれば 、 その 英文 が 理解 できたことになるのかどうか ? ( めったにでてこない 複雑構文 より も 、 重要 な ポイント が 他 にあるはず
                                                                                    • 033   内容 ですが 、 この 本 はいきなりやってみても 理解 できる 人 とできない 人 が 出来 るでしょう
                                                                                    • 056   ) ・ 単語構文 さえ 理解 できれば 、 その 英文 が 理解 できたことになるのかどうか ? ( めったにでてこない 複雑構文 より も 、 重要 な ポイント が 他 にあるはず

                                                                                  • 056   ・ 和訳 によって 理解 をたしかめるという 方法 が 、 よい のかどうか ? ( 英単語 とその 和訳意味 の ズレ・ 時制 ・ 冠詞 ・ 可算 と 不可算 ・ 単数 と 複数 などが 、 あいまいなまま 、 すまされてしまう

                                                                                    • 059   実際 の 英文 を 読 むときには 、 この もっとも 重要 な V ( = 動詞 ) を 探 す 為 に 必死 になるわけですが 、 薬袋 善郎 の 英語 リーディング 教本 — 基本 からわかる によると 、 主節 の 述語動詞 が 最 も 重要 であり 、 大黒柱 であり この 述語動詞 に 100 % なってしまう 、 動詞 の 活用形 は 現在 形 の 動詞 と 過去形 の 動詞 である と 書 いてあります
                                                                                      • 061   これにより 我々 は 、 より 正確 に 英文 の 形式 ・ 意味把握 できるようになり 、 日本人 の 英文解釈力飛躍的向上 することになる

                                                                                    • 059   すなわち 、 現在 形 の 動詞 か 過去形 の 動詞 を 発見 した 時点 で ★ 100 % 述語動詞 に 確定 する ★ という 事 です

                                                                                      • 061   そして 我々 の 諸先輩 は 、 繰 り 返 し 何度何度 も 英文 を 読 み 込 むことにより 、 つまり 「 慣 れ 」 によって 、 その 大 きな 障壁 を 辛 うじて 乗 り 越 えてきた

                                                                                        • 061   それは 我々日本人 の 英語 学習 から 「 慣 れ 」 という 一種 の 精神論 ・ 根性主義 を 排斥 し 、 英文 を 語学的 な アプローチ により 極 めて 論理的 に 解釈 するという 、 科学的 で システマチック な 体系 を 我々 に 提供 した

                                                                                          • 061   我々 が 英語 という 外国語学習 する 際 にどうしても 大 きな 障壁 となってしまうものとして 、 日本語英語 との 間 に 厳然 と 横 たわる 、 その 構造 上 の 数多 くの 相違点 が 挙 げられる

                                                                                            • 061   本 は 著者 も 書 を 貪 るように 繰 り 返 し 読 み 、 その 方法 論 を 模試問題 集 で 何度 も 試 し 、 伊藤和夫体系完全自分 の 血肉 となった 後 では 、 かつては 記号 の 羅列 にしか 見 えなかった 英文 が 、 人間 の 血 のかよった 「 文章 」 として 目 に 飛 び 込 んでくることに 誰 もが 驚 くはずだ
                                                                                              • 024   る この 本 は 著者 も 書 いているように 、 ある 程度実力前提 としているから 、 もしも 自信 がなければ ビジュアル 英文解釈 を ステップ にすると 良 い ( ビジュアル でもきちんと やれば 十分 かもしれない ) 書 かれている 日本語 が 難 しいとの 評判 は 多 いです

                                                                                            • 062   英文解釈教室 ともともと 目指 している 方向 が 違 いますが 英文解釈教室 を 解釈教室 ともともと 目指 している 方向 が 違 いますが 英文解釈教室 を マスター していい 気分 になっている 方 も 多 いと 思 いますが 、 本当 はもっと 深 い 部分 まで 理解 する 必要 があります
                                                                                              • 013   英文 を 構造 的 に 読 む 、 という 読 み 方 は 今 ではあまり 口 うるさく 言 われない
                                                                                              • 014   英文解釈教室 は 難 しいという 評判 だけで 諦 めてしまう 人 が 多 いと 思 うが 、 そういった 人 に [ ちょっと 待 って ! ] と 言 いたい
                                                                                              • 037   著者 は 序文 で 「 読 む 際 に 具体的 に 頭 はどのように 働 くのか 、 また 働 くべきなのかを 解明 する 」 と 述 べ 、 英文 を 根拠 により 論理的 に 読 む 訓練 を 徹底的 に 指導 します
                                                                                              • 038   最後 に 少 し 内容 について 触 れると 、 難解 な 英文 を 論理的解説 しており 非常 に 分 かりやすい
                                                                                              • 058   そのような 時 、 意識 的 に 英文 を 分析 し 、 これしかないという 文意 を 汲 み 取 れることは 非常重要 なことである
                                                                                              • 058   繰 り 返 し 読 んで 、 本書 に 書 かれている 「 思考 過程 」 を 辿 り 、 英文 が 読 み 取 れるようにする
                                                                                              • 059   英文解釈教室 ともともと 目指 している 方向 が 違 いますが 英文解釈教室 を マスター していい 気分 になっている 方 も 多 いと 思 いますが 、 本当 はもっと 深 い 部分 まで 理解 する 必要 があります
                                                                                              • 062   ( 難解 すぎたということで 星 ひとつ 減点 ) しかし ビジュアル 英文解釈 にしておけばよかったかな・・・という 後悔 も 少 しあるのですが
                                                                                              • 064   より 難 しい 英文 を 解釈 することに 躍起 にならず 、 この ような 初 めから 答 え ( 読 み 方 ) を 教 えてくれるものに 頼 らず 、 回 り 道 も 必要 なこと 、 それが 役 に 立 つこともあることを 伝 えたい
                                                                                              • 066   一通構文理解 できていても 、 読 めない 英文 に 出会 うと 、 何 で 読 めていないのかわからないことが 多 い
                                                                                              • 071   て 見 る 真 に 英文 を 解釈 するためにはやはり 英語 を 通 してしかできない
                                                                                              • 076   ただやはり 難解 な 英文 は 本当難解 で 、 一度 では 完全理解 できません

                                                                                            • 063   本書 は 作者 の 興味 のあるところは 細 かく 解説 してあるが 他 の 部分 はさらっと 流 したり 、 解説 せずに 訳 だけだったりする
                                                                                              • 035   本書 にもあるけどこの 本 は 「 ある 程度 の 力 を 持 っている 事 」 を 前提 になってます

                                                                                            • 064   ただ 、 この 本 に 頼 らなくても 、 英文 をたくさん 読 むことで 英文 は 読 めるようになるし 、 難関大学 を 受 けるからといって 必 ずしも 必読 することはない

                                                                                              • 064   とは 言 っても 、 友人 も 薦 めてくれた 非常名著 であることは 疑 いはなく 、 使 う 価値 がない 本 とは 決 して 言 えないということは 、 付 け 加 えておく
                                                                                                • 017   ただし , 内容 など 難 しいものも 多 く , 解説 も 少 ないと 感 じるので 基礎 からやりたい・ 基礎 的 な 力 がない 方 にはあまりお 薦 め 出来 ない

                                                                                              • 066   しかしながら 、 選 ばれた 学習 用 の 英文 は エクセレント であるがゆえ 、 この 本 は 絶対 に 避 けて 通 るべからず

                                                                                                • 068   私 も 二冊 を 使 い 比 べてみて 、 基礎 英文問題 精講 の 方 が 遥 かに 力 の 付 きやすい 良 い 参考書 だと 実感 しました
                                                                                                  • 004   単語 や イディオム など 知識 面 の 不足 を 除外 すれば 、 英文 の 構造 を 追 って 読 んでいく 事 ができるようになり ます

                                                                                                • 074   本格的 に 長文 解力 を 磨 きたい 人 は 、 『 英語 の センス を 磨 く 』 をお 勧 めします

                                                                                                  研究 開発