High-Profile talking







newsplus 要約

Amazonレビュー 要約

価格.com レビュー 要約

アットコスメ レビュー 要約

食べログ レビュー 要約

楽天レビュー 要約

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約

Splog Filter


Amazon.co.jp: カスタマーレビュー: アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))


荒廃 火星 原作 共感 賞金 人間 区別 主人公 本作 作品 電気動物 動物 傑作 描写 小説 別物 苦悩 ガエル 未来 感情移 放射 世界 感情 映画 他者 ランナー 逃亡 人類 短編 近未来 文学 入門 ブレードランナー ディック 代表作 ブレード 本質 本書 思想 感情移入 地球 価値 世界観 機械 能力 生命 現実 学的 登場人物 火星から 見分 現代 物語 価値観 登場 人間とアンドロイド レプリカント 著者 本物 設定 アイデ 読者 面白 自身 オルガン 疑問 映画ブレード ロボット 映画ブレードランナー 社会 作者 舞台 映像 独特 ブレードランナーの原作 読んで 表現 個人的 状況 大切 ディックの代表作 アイデンティティ 有名 アンドロイドと人間 原作であ 興味 想像 自分 描かれ 意味 ファン 考えさせ 人間とアンドロイドを区別 テーマ 映画ブレードランナーの原作 人々 本物の動物 動物を飼うことが 人間らし したアンドロイド
人間らしい 15%     恐ろしい 4%     悲しい 4%     面白い 22%     物足りない 4%     無い 4%     深い 9%     良い 18%     おもしろい 6%     ひどい 4%     優しい 4%     狩る 4%     流れる 4%     飼う 9%     逃げ出す 6%     読む 61%     とらわれる 4%     繰り返す 4%     描く 20%     裏切る 4%     生み出す 4%     続ける 4%     そっくり 6%     おかしな 4%     むしろ 11%     果たして 4%     徐々に 4%     はっきり 6%     なぜか 4%     より 6%     最も 4%     決して 4%     同時に 4%    

  • Total Integration
    • 0核戦争後の地球 そこを捨てて火星 に逃げ出して いく地球 人たち 人間 には最後に何が残されているのだそして脱走したが、一概にアンドロイド狩りに挑む主人公 が、かろうか 作者 はそれを「共感 」とし、共感 の究極を宗教に求めた マーサー の行為はイエスの十字架への道をなぞっているし、 彼の発言は「見よ、世の終わりまで、あなた方とともにいる」という イエスの発言を焼きなおしている 浅倉氏の訳は小気味良く、村上春樹氏が、自分 の初期の文体を作る上で、 滋養になるため、またはなってしまったひとつと明言しているだけに、とてもリズムが良い 誰もが読む べき、映画 以上の傑作

  • 001   浅倉氏 の 訳 は 小気味良 く 、 村上春樹氏 が 、 自分 の 初期 の 文体 を 作 る 上 で 、 滋養 になったひとつと 明言 しているだけに 、 とても リズム が 良 い

    • 0032   SF に 少 しでも 興味 ある 人 なら 外 すことは 出来 ない 本 であるとともに 、 純文学 ファン にも 読 んでいただきたい 本 である
      • 003   SF に 少 しでも 興味 ある 人 なら 外 すことは 出来 ない 本 であるとともに 、 純文学 ファン にも 読 んでいただきたい 本 である

    • 003   この 本 の 登場 人物 たちは 、 我々 から 見 たら 奇異 に 思 えることに 価値 観 を 見出 し 、 遥 かに 進 んだ 文明 の 中 で 羨 ましいとはとても 思 えない 生活 を 送 っている

      • 004   ディック は 明 らかに 「 他者 との 共感 」 が 、 人間 と アンドロイド なのに 違 いであることを 示 していますが 、 他者 とはここの 登場 人物 たちを 見 る 限 り 、 動物 や ( なんと アンドロイド まで ) 含 めた 「 生命 」 であるようです
        • 004   作者 ディック の 論 で 言 えば 、 現代 の 我々 は 生命 のない アンドロイド なのに 違 いありません
        • 004   ディック は 明 らかに 「 他者 との 共感 」 が 、 人間 と アンドロイド の 違 いであることを 示 していますが 、 他者 とはここの 登場 人物 たちを 見 る 限 り 、 動物 や ( なんと アンドロイド まで ) 含 めた 「 生命 」 であるようです

      • 004   その ヒキガエル にもまだ 話 しの 続 きがあるのですが 、 そのまま 感動的 で 美 しい ハッピーエンド へと 終結 していきます

        • 004   中 でも 主人公 が 「 自分 は 何者 でどうすべきなのか 」 と 悩 み 、 苦 しむ 姿 は 読 む 者 にも 同 じ 問題 を 浴 びせる
          • 006   中 でも 主人公 が 「 自分 は 何者 でどうすべきなのか 」 と 悩 み 、 苦 しむ 姿 は 読 む 者 にも 同 じ 問題 を 浴 びせる

        • 006   主人公 は 「 感情 入 」 を 用 いた 検査 で 人間 と アンドロイド を 区別 していくのだが 、 この 「 感情 入 」 は 人間 独特能力 と 位置付 けられており 、 多 くの シーン主人公 や 周 りの 人々 の 内面的 な 部分描写 されている

          • 006   人 の 感情 を コントロール する 「 ムードオルガン 」 、 マーサー と 交信 する 「 共感 ボックス 」 、 さまざまな 「 電気動物 」 等 、 読 むものを 楽 しませてくれる !

            • 007   ブレード ランナー ファイナル・カット ( 2 枚組 ) [ Blu-ray ]

              • 007   そんな 皮肉 も 描 かれているが 、 そこではなぜか 精神的 な 欠陥 のある 人間 のほうがより人間 らしく 、 完璧 すぎる アンドロイド 所詮 アンドロイド には 人間 らしさを 感 じない
                • 007   そんな 皮肉 も 描 かれているが 、 そこではなぜか 精神的 な 欠陥 のある 人間 のほうがより 人間 らしく 、 完璧 すぎる アンドロイド 所詮 アンドロイド には 人間 らしさを 感 じない

              • 008   そして 、 舞台 設定 は 確 かに 非現実 的 なのですが 、 主人公 の 困惑 については 心 から 共感 できました

                • 008   それを ディック も 分 っていたのか 、 作中 「 他者 との 共感 」 を 現実 化 させる SF 的道具 である マーサー 教 が 、 アンドロイド たちによって インチキ だと 暴露 されます
                  • 008   ( 他者 に 対 して ) 「 共感 できるか 、 できないか 」 ということ 、 そこに 違 いがあるのだと

                • 010   「 簡単 な 理由 での 人殺 し 」 もそうだし 、 「 二次元少女 にしか 恋 できない 症候群 」 もそう 、 また 「 満員電車 での 鬱積 した 殺意 」 などもこの 国 の 「 共感 能力 欠如 」 、 「 アンドロイド 化 」 の 象徴 だと 思 えます

                  • 010   この 小説 は 、 「 現代 」 や 「 人間 」 あるいは 「 生命 」 から 「 神 」 にまで 至 る 広範 な テーマ を 投 げ 込 んだ 「 哲学小説 」 です

                    • 010   これが 極端 に 言 えば 「 私 は 人間 か アンドロイド か ? 」 といった 思考 を 読 む 側 にさえ 迫 って 止 まない 迫力 となっています
                      • 035   近未来 において 、 生物 が 希少価値 になり 、 アンドロイド に 労働 を 課 していた 人間

                    • 011   パターン としては アイデ ンティ ティー の 喪失 と 奇想天外 な 発想 、 そして ディック 独特 の 文体 に 魅了 されたわけです

                      • 013   地球 の 夜 を 灯 す 窓 の 明 かりは 徐々 に 数 が 減 り 個人的 事情 により 地球 を 後 にできない 人々 たちは 孤独 や 絶望感 を 情感 ( ムード ) オルガン によって 癒 している

                        • 014   リック が 一方的 に 狩 る アンドロイド 達 は 決 してただの 無機物 ではなく 、 感情 や 生 きることに 執着 を 持 った 「 人 」 として 書 かれています

                          • 014   いまだ 地球 に 住 む リック火星 からの 脱走 アンドロイド を 「 始末 」 しその 賞金 で 生計 をたてている 警察官 だ

                            • 016   地球放射 能汚染 によって カビ てく 中 次々 と 火星 へと 入植 していく 人々 たち
                              • 013   地球放射 能汚染 によって カビ てく 中 次々 と 火星 へと 入植 していく 人々 たち

                            • 016   「 自分人間 か ? アンドロイド か ? 」 そういう 疑惑 さえ 生 まれてくる 有 り 様
                              • 016   アンドロイド 狩 り 、 というと 猟奇的 で 殺伐 とした イマージュ をお 持 ちになるでしょう

                            • 018   機械感情 操作 まで 委 ね 始 めた 人間 と 、 人間 そっくり の 有機的 アンドロイド

                              • 018   これらが 共存 する 、 第三次大戦後 の 世界 で 、 火星 から 逃亡 してきた 奴隷 アンドロイド を 「 処理 」 する 、 バウンティ ・ハンター である 主人公 リック

                                • 018   種 の 存続 を 脅 かされて 人間 に 珍重 される 動物 と 、 動物 そっくり電気動物

                                  • 019   本物動物 を 殺 した アンドロイド の 憎悪 の 方 が 読 んだ 当時 なぜか 共感 出来

                                    • 020   登場 人物 、 ガジェット 、 それぞれが 彫 が 深 く 、 何度読 み 替 えしてもその 問題より 鮮明 に 面白 い 味 わい 深 い 作品 です
                                      • 020   登場 人物 、 ガジェット 、 それぞれが 彫 が 深 く 、 何度読 み 替 えしてもその 度 に 面白 い 味 わい 深 い 作品 です

                                    • 020   主人公 の 妻 、 オペラ 歌手 、 同僚 ( ひどい やつだ ! ) テレビ の 司会者 、 おかしな 教祖 マーサ 、 電気羊 、 ムードオルガン 、 ヒキガエル 、 そして アンドロイド たち

                                      • 020   20 年前読 んだ 時 は 放射 。灰注意報 の 中 、 鉛 の 。袋 をつけて 歩 き 回 る 主人公 に 笑 ったものですが 、 まさか 花粉注意報 の 中 、 密封 マスク をつけて 2002 年 を 歩 く 事 になろうとは

                                        • 021   本作 では 外面 では 見分 けのつかない 人間 と アンドロイド との 識別 に 感情 入度 テスト が 用 いられている

                                          • 021   そんな 経験 を 続 けるうちに 、 「 人類 社会 の 敵 」 として 何 の 躊躇 いもなく 逃亡 アンドロイド を 殺戮 してきた 主人公 リック は 、 次第 に 標的 の アンドロイド に 同情 し 始 め 、 重大 な 疑問 に 直面 する

                                            • 021   真 の 対立軸 は 人間 / アンドロイド ではなく 、 人間 性 ( 親切 = 善 ) / アンドロイド 性 ( 冷酷 = 悪 ) なのだ

                                              • 022   イジドア が 、 ゼイゼイ とのどを 鳴 らして 一生懸命 、 喘息 の 「 振 り 」 をしている ロボット 猫 を 、 車 の 後部座席 に 乗 せて 「 やけに 苦 しそうだな

                                                • 024   他者 への 共感能力 を 持 たない 電気人間 たちは 今 や 現実 の 都会 にもあふれかえり 、 無意味動物 虐待 や 動機 のはっきり しない 殺人 が 繰 り 返 されている

                                                  • 024   これらの 「 フェイク 」 と 物質 の 過剰 が 生 み 出 す キップル たちに 埋 もれた 憂鬱 な 生活 は 、 まさに 現代 の 都会生活 そのものだ

                                                    • 025   ディック 入門 の 長編 なら 「 ユービック 」 か 「 虚空 の 眼 」 をお 薦 めしたい

                                                      • 027   感情 入装置 を 使 って 精神分析 をして 人間 ( 正常 ) か アンドロイド ( 狂人 ) かを 判定 して 狂人 を 抹殺 するというお 話

                                                        • 027   この 物語 のなかの アンドロイド という 存在 は 、 善悪 の 判断 のつかない 狂人 の 文学表現

                                                          • 028   ディック世界 って ダメ な 人 は ダメ かもしれないけど 、 ハマ る 人 は ハマ ります

                                                            • 028   映画 とはまた 違 った 世界 とも 言 える 「 電気羊 」 、 未読 の 方 はぜひご 一読 を

                                                              • 028   まあこれが 「 ディック 節 」 なんですけどね ! 荒廃 した 世界 、 ヒト としての 葛藤 ・ ・ ・

                                                                • 031   その 生 き 物 の 引 きゆがんだ 苦悩 の 波紋 、 絶叫 のこだま 、 そんなものがあ ! たりの 空気 にまであふれ 出 ているようだった

                                                                  • 031   例 : ムンク 「 叫 び 」 の 描写 ; 梨 をさかさまにしたような 頭 で 、 一本 も 髪 の 毛 の 無 い 、 うちひしがれた 生 き 物 の 描 かれた 絵 だった
                                                                    • 006   とにかく 内面 の 描写 で 注目 されがちなこの 作品 だが 、 登場 する 様々 な 小物 もなかなか ユニーク な 物 がそろっている

                                                                  • 031   認識論的実存主義 の 世界 観 が 、 読者価値 観念 に 攻撃 を 畳 み 掛 ける 作品

                                                                    • 032   その 思想 は 近未来 、 第 3 次世界 大戦後 、 描写 の 灰 に 蝕 まれた 地球舞台 にした 、 人間 と アンドロイド の SF である
                                                                      • 037   時 は 近未来 、 第 3 次世界 大戦後 、 死 の 灰 に 蝕 まれた 地球舞台 にした 、 人間 と アンドロイド の SF である

                                                                    • 034   生命 の 尊 さに 気付 いた レプリカント が 、 敵対 していた 人間 を 救 おうとして 死 んでしまう 映画 の 名場面 は 忘 れられない

                                                                      • 034   擬似家族 を 作 ってひっそりと 暮 らしていた レプリカント の エピソード は 、 小説 版 の 方 が 泣 けたが

                                                                        • 035   作者代表作 は 他 にもあるような 気 がするが 、 本作 は アンドロイド との 対比 で 人間 関係 と 心 のあり 様 を 鮮 やかに 描 いた 佳作

                                                                          • 035   映画 では 、 近未来映像 が 安 っぽい 感 じがしたが 、 小説作者 特有 の 超現実 感 がある

                                                                            • 036   人間 と アンドロイド の 違 いって 、 アンドロイド は 自然繁殖出来 ないってこととかですかね …

                                                                              • 037   映画 「ーブレイド・ランナー 」 よろしく 、 地球 に 逃 げてきた アンドロイド を 追跡 するのだが 、 追跡劇 、 格闘 シーン は 、 正直物足 りない
                                                                                • 037   「 ブレイド・ラナー 」 よろしく 、 地球 に 逃 げてきた アンドロイド を 追跡 するのだが 、 追跡劇 、 格闘 シーン は 、 正直物足 りない

                                                                              • 037   「 ブレイド・ナラー 」 の イメージ があったため 、 最初 はたるく 冗長 に 感 じたが 、 中程 から 後半 にかけて 、 急展開 だった

                                                                                • 037   フィリップ・ K ・ディック の イメージ を 決定付 けた 暗黒感 を 漂 わせた 作品 である

                                                                                  • 037   ( 放射 能 に 汚染 されていない 、 殆 どの 住人 は 、 火星 へ 移住 している ) 本作 品 では 、 人 と 人 の コミュニケーション 、 および 、 人間 に 対 する アンチテーゼ としての アンドロイド と 人 を 対比 することで 、 人間 を 描 いているように 思 う

                                                                                    • 038   ディック作品 のなかでは 、 読 みやすい ? 理解 しやすい ? 単純 に 面白 い ? と 思 います
                                                                                      • 011   て 見 る 一時期 ディック に ハマ りました

                                                                                    • 038   人 や 時間 とは 何 かを 考 えさせる 作品 ですが 、 あまり 難 しい 話 にもならず 、 冒険活劇 としても 楽 しめます
                                                                                      • 038   人間 とは 何 かを 考 えさせる 作品 ですが 、 あまり 難 しい 話 にもならず 、 冒険活劇 としても 楽 しめます

                                                                                    • 039   映画ブレード ランナー 」 は ロボット の 人権 を 主張 する ロボット 讃歌 だが 、 その 原作 である 本書 はそうではなく 、 むしろ 逆 である

                                                                                      • 040   何 か 映画面白 くありそうな スリルワクワク の 展開 でしたが 、 一概 に アンドロイド を 人間 とは 異 なるものとして 人間 に 近 い 「 A・I 」 みたいな アンドロイド でも 問答無用 で 賞金 稼 ぎの 対象 として 、 排除 しようと 言 う 一種 の 残酷 な 展開 にはついていきがたいものを 感 じました

                                                                                        • 042   もし 今 まで 読 んだ SF 小説 の 中 で 一番好 きな 作品 は ? と 聞 かれたらこの 小説 の 名前 を 挙 げます 作品世界 観 に 吸 い 込 まれ 夢中 になって 読 んでたら 2 時間 くらいたってました
                                                                                          • 005   SF に 少 しでも 興味 がある 人間 には 一読 の 価値 がある 作品 で 、 ディック の 白昼夢 の 世界 に 入 る 入門 編 で 、 SF の 傑作 であると 僕 は 考 えている

                                                                                        • 044   映画 のあの 映像 を 観 た 後 だと 、 本書 は 迫力 がないとか 、 あまり 面白 くないと 思 う 方 もおられるようですが 、 本書 を 読 んでから 映画 を 観 た 私 としては 逆 に 、 作者 の 「 人間 とは 何 か ? 」 という メッセージ を 伝 える 、 J・R ・イジドア や マーサー 教 といった 要素 が 端折 られてしまっている 「 ブレラン 」 は 大味 に 思 えて 、 物足 りない 感 じが 拭 えませんでした

                                                                                          研究 開発