High-Profile talking







newsplus 要約

Amazonレビュー 要約

価格.com レビュー 要約

アットコスメ レビュー 要約

食べログ レビュー 要約

楽天レビュー 要約

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約

Splog Filter


Amazon.co.jp: カスタマーレビュー: 起業バカ (ペーパーバックス)


失敗談 本書 警鐘 事例 業家 起業家 失敗 英単語 成功 著者 単語 商法 筆者 加盟 安易 起業する チャイズ 豊富 本部 企業 ビジネス 独立 具体 契約書 一冊 経営 フランチャイズ 現実 表紙 起業した 体験 ノウハウ 成功する 参考書 警鐘を鳴らす 資金 自身 内容 表記 会社 上場 出版 所々 英語 非常 経験 脱サラ 読みづら 雑誌 起業して 失敗事例 契約 事実 指摘 体的 具体的 失敗例 起業とい 世間 警告 視点 1500 紹介 批判 5001 サラリーマン 危険 起業しよう 起業の失敗 人間 重表記 成功するのは 全体 意味 でも起業 人々 から起業 落とし 当然 目指 失敗した 本書では 社会 自体 参考 失敗する 自分 原因 タイトル 十分 bsp 起業という ベンチャー 起業を考える 否定 起業したい 騙され 面白 印象 読みにくい
数多い 4%     づらい 6%     厳しい 16%     甘い 22%     やすい 11%     面白い 13%     にくい 13%     重い 4%     多い 22%     よい 13%     欲しい 4%     興す 4%     鳴らす 13%     儲かる 8%     騙す 6%     陥る 8%     読む 49%     基づく 4%     だます 4%     失う 6%     突っ込む 4%     示す 8%     如何に 4%     あまりに 8%     おそらく 4%     きちんと 4%     当然 8%     なぜ 9%     そういう 9%     実際 8%     まあ 4%     とにかく 6%     どの 4%    

  • Total Integration
    • 0起業本といえばサクセスストーリーが定番であり、下手をすれば起業が非常安易 なものに手をだしてしまう無知な主婦層を批判 して、警告 している読後感として受け取られるものである 著者 はあえてくれているただ、一度 失敗 やフラン チャイズ の詐欺などの 事例 を強調する事で、そのような風潮に警鐘 を鳴らしい夢の世界が待っているのである 自分 自身 の苦く屈辱的であろう経験 についても語っており非常 に価値のある一冊 であると思う でも、ただ厳しさを思い知らされるだけの本ではありません確かに 、起業に対して あまりに もネガティブ な論調であり読んで いるうちに業する 気持ちも萎えそうすれば「起業バカ」になる脅し本です が、実際 体験 したかたが語ってくれています起業しよう思って いる方はこの本を読んで 萎える程度の情熱であるならば最初 から業する ことなど諦めるべきであろう この本で書いて ある事は確かに 事実 なのだが者は羊で起業の扉の世界、経験 則だが起業には当然 リスク があり どうすればリスク を回避できるのかは成功 談からは得る事はできない そういう 意味 で起業を考ていえる人には 必読の一冊 である

  • 002 &nbsp ; 著者 自身 ベンチャー 向 けの 雑誌 を 立 ち 上 げて 大失敗 、 一時 は 死 を 考 えたほどどん 底 に 落 ちてきているだけに 説得力 はある

    • 0031 &nbsp ; ( そんな スピンアウト をした 人 はいきなり 起業 するのではなく 、 自分 が 進出 したい 業種 ・ 業態 の 小 さな 会社 に 転職 して ノウハウ をつかんでからがいいぞ
      • 003 &nbsp ; ( そんな スピンアウト をした 人 はいきなり 起業 するのではなく 、 自分 が 進出 したい 業種 ・ 業態 の 小 さな 会社 に 転職 して ノウハウ をつかんでからがいいぞ

    • 004 &nbsp ; この 本 で 述 べられている 例 は 1 . 会社 の 中 である 程度 の 実績 を 残 し 、 その 経験 を 生 かして 事業 を 起 こすも 、 失敗 する 例 2 . ノウハウ と 知名度 のある フランチャイズ でも 多 いことが 述 べられていて 起業 して 本部 にしゃぶり 尽 くされる 例 3 . ベンチャー として 成功 するも 、 それに 群 がる 金 の 亡者 たちにつぶされる 例 4 . 主婦企業家 予備軍 を 狙 った 悪徳商法 ( 私 の 姉 も 引 っかかった ) などである
      • 004 &nbsp ; この 本 で 述 べられている 例 は 1 . 会社 の 中 である 程度 の 実績 を 残 し 、 その 経験 を 生 かして 事業 を 起 こすも 、 失敗 する 例 2 . ノウハウ と 知名度 のある フランチャイズ で 起業 して 本部 にしゃぶり 尽 くされる 例 3 . ベンチャー として 成功 するも 、 それに 群 がる 金 の 亡者 たちにつぶされる 例 4 . 主婦企業家 予備軍 を 狙 った 悪徳商法 ( 私 の 姉 も 引 っかかった ) などである

    • 005 &nbsp ; 出版 社 は 四重表記 などといった 余計 なおせわ 的 な 考 えで 本 を 一般 に 流通 させる 前 に この 事 に 気 づくべきであった

      • 005 &nbsp ; 英語 混 じりの 「 4 重表記 」 などという ワケ のわからない 本文表記 がとても 読 みづらい

        • 005 &nbsp ; いや ルー 大柴 は 単語 を 二重 に 言 うことはない 、 ルー 大柴 に 失礼 だった

          • 006 &nbsp ; すこし 、 本題 からはずれるが 、 これ 以上 、 スクラップ 店 が 増 え 続 けると 彼 らの FC チェーン 本部 への 恨 み 、 怨嗟 が 爆発連帯 する 危険 があるように 思 える

            • 006 &nbsp ; スクラップアンドビルト の 運動 により 本部 だけが 儲 かる システム の 裏側 で 、 スクラップ FC オーナー たちの 「 怨念 」 が 蓄積 され 、 7 - 11 の 鈴木某 の 顔 も 彼 らの 怨 みで 、 田中角栄 のように 口 がひん 曲 がってしまわないことを 祈 る
              • 006 &nbsp ; それは 反 グローバリズム 、 もっと 先鋭化 すると 、 一部 イスラム 過激派 にも 共通 する 「 反近代 」 にも 相通 ずる 「 怨念 」 を 感 じるのである

            • 006 &nbsp ; 繁栄 の 裏 に 、 これだけの 恨 みが ヘドロ のように 溜 まっていては 、 その 不調和 が 早晩 その 成功 も 食 い 潰 してしまうであろう

              • 007 &nbsp ; あと 、 英語 混 じりの 「 4 重表記 」 にしていると 本書 の 巻頭 で 書 かれているのは 知 っているが 、 本文中 に 本当 に 数多 くの 単語 が 書 かれているのははっきり 言 って 読 みにくい 以外 の 何物 でもないだろう

                • 008 &nbsp ; ひところ 流行 った 「 麻薬 やめますか ? それとも 人間 やめますか 」 ではないが 、 おいしい 話 には 裏 があり 、 そこに 足 を 踏 み 入 れたが 最後 抜 け 出 すのは 容易 ではないという 事例 が 余 すところなく 、 これでもかというくらいに 書 かれている
                  • 008 &nbsp ; 失敗 事例 満載 で 、 とても 参考 になりますので 、 これを 反面教師 にすると 良 いのかと 思 います
                  • 015 &nbsp ; もっと 事例 や 考察 が 豊富 だとより 良 いと 思 うので 、 「 2 」 と 一緒 だと 申 し 分 なかったかな

                • 010 &nbsp ; 巻末 の 著者言葉 、 「 夢 を 実現 するために 起業 するというが あなたの 「 夢 」 に 50 才 を 過 ぎた 人 なのか ? ヒマ な 学生 が 金 を 払 うのか
                  • 036 &nbsp ; 著者本当 に 50 才 を 過 ぎた 人 なのか ? ヒマ な 学生 が 書 いたような 内容 だった

                • 013 &nbsp ; 04 年度 だけで 517 億円 もの 税金 をつぎ 込 み 、 結局 やっていることは 自己破産起業家 を 大量増殖 させているだけではないか 、 と 批判 する

                  • 013 &nbsp ; 安易 に 他人 の 力 を 借 りて 起業 しようとすると 、 世 の 中甘 くないのでそこに 群 がる 連中 に 金 を 吸 い 上 げられてしまうよ 、 という 警鐘 を 鳴 らす 本 なのである
                    • 018 &nbsp ; 安易 に 他人 の 力 を 借 りて 起業 しようとすると 、 世 の 中甘 くないのでそこに 群 がる 連中 に 金 を 吸 い 上 げられてしまうよ 、 という 警鐘 を 鳴 らす 本 なのである
                    • 048 &nbsp ; 「 これだけ 止 めたのに 、 それでも 起業 するの ? 」 この 質問 にきちんと 答 えられる 人 のみが 、 起業 して 成功 する 人 なのかもしれません

                  • 013 &nbsp ; これから 社会 人 となるような 学生 さんなどにも 、 起業 というのがいかに 資金 繰 りで 苦労 しているか 、 というか 資金 繰 りこそ 経営 なのだ 、 ということを 理解 するためにも 、 格好 の 読 み 物 だと 思 う
                    • 050 &nbsp ; つまり 、 こういう 本 が アホ みたいに 売 れてること 自体 、 起業 バカ ばっかりな 世 の 中 だ 、 ということを 証明 しているのでしょうね

                  • 014 &nbsp ; 私 の 親友 が フランチャイズ失敗 し 手痛 い ハメ に 陥 っていたのですが 、 この 人 に 救 ってもらったらしい

                    • 016 &nbsp ; 確 かに 「 失敗 から 学 ぶ 」 ことは 大切 かもしれません が 、 本書 では 、 失敗具体 例 を 列挙 するばかりで 、 そこから 成功 する 起業 へむけての 提案 や 方向性 が 示 されていないのも 残念 です

                      • 017 &nbsp ; 本書 は 安価 で 、 堅苦 しい 本 ではないので 、 詐欺 への 警告 の パンフレット 集 のつもりで 気軽 に 読 まれることをお 薦 めします

                        • 017 &nbsp ; 「 人 が 同 じ 間違 いを 繰 り 返 しやすい こと 」 は 良 く 知 られていますが 、 詐欺 も 「 同 じ 人 たちが 何遍 も 同 じ 連中 に 引 っ 掛 かっています 」

                          • 017 &nbsp ; レビュー をすべて 見 る 本書 では 「 起業 の 数 ほど ワナ がある 」 とも 述 べているが 、 実際 にこの ワナ の 数 はもっと 多 いと 思 います
                            • 017 &nbsp ; すべて 見 る 本書 では 「 起業 の 数 ほど ワナ がある 」 と 述 べているが 、 実際 にこの ワナ の 数 はもっと 多 いと 思 います
                            • 021 &nbsp ; レビュー をすべて 見 る 起業 = FC 加盟 と 誤解 している 人 には 絶好 の 本

                          • 018 &nbsp ; 本部 が 必 ず 儲 かる 仕組 みになっており 、 ロイヤリティー 以外 に 食材 、 店舗 の 内装工事 その 他 の 利権 の 網 を 張 りめぐらし 、 各店舗 をしゃぶりつくす 構造 になっている

                            • 018 &nbsp ; 著者 自身 の 起業失敗体験 に 基 づき 、 起業 にまつわる 落 とし 穴 について 警告 を 発 している

                              • 021 &nbsp ; 損益計量 が 手堅 く 出来 る 方 は 店舗拡大 などおおいに 「 やれる 」 部分 はあるが 「 算数 やし 数字 が 苦手 」 な 人 はやめといた 方 がいいだろう

                                • 021 &nbsp ; 起業 とは 自分 なりの スキル や 信念 や 差別化 できるものがあって こそ 初 めて 「 運 」 と 「 人 の 縁 」 にめぐり 合 って 上手 くいくのだが 、 本書 では 「 安易 な FC 加盟 」 に 徹底的 に 警鐘 を 鳴 らして いることが 評価 できる

                                  • 023 &nbsp ; 元締 めが 得 をする フランチャイズ や マルチ 商法危険 性 や 、 起業 を 煽 る 活字 メディア の 問題点 など 、 起業 を 目指人間 なら 、 当然 知 っておくべき 情報 が 並 んでいます

                                    • 023 &nbsp ; 結局 のところ 、 この 話 を 突 き 詰 めると 顧客 が 何 を 求 めているかを 真剣 に 考 える 、 という 商売 の 基本 に 立 ち 戻 ることになると 思 います

                                      • 024 &nbsp ; 自分 はそんなことはないだろう 、 とたかをくくっては いけない 、 という 思 いをもつと 同時 に 、 ここまで 世 の 中 詐。
                                        横領 が 、 ある 意味 平然 と 、 ある 意味 、 こそこそと 行 われているかと 思 うと 、 そら 恐 ろしくなります
                                        • 029 &nbsp ; 自分 はそんなことはないだろう 、 とたかをくくっては いけない 、 という 思 いをもつと 同時 に 、 ここまで 世 の 中 詐。横領 が 、 ある 意味 平然 と 、 ある 意味 、 こそこそと 行 われているかと 思 うと 、 そら 恐 ろしくなります

                                      • 024 &nbsp ; 例 えば 1 円起業 の 政策 をこき 下 ろしてますが 、 その 後多数取材 した 失敗 例 の 中 に 1 円起業制度 に 乗 っかって 失敗 した 人 なんて 一 つも 出 てこないじゃないですか
                                        • 043 &nbsp ; 読後感 としては 、 いくら 1500 人 に 1 人 しか 成功 しないにしても 、 会社 でなく 自分 の 考 えで 起業 していく 人々 には エール は 送 りたいと 思 う

                                      • 024 &nbsp ; 政策 が 悪 いとか 、 役人 の 都合 のいい 作文 だとか 、 大企業 の ダマシ 広告 だ 、 等々 ・ ・ ・ 悪口言 うしか 能 がない 三流 マスコミ みたいでした

                                        • 025 &nbsp ; 事例 が 多 くて 具体 的 であり 、 その 最 たるものとして 「 『 天国 と 地獄 』 を 経験 した 」 著者 本人 の 敗北 もきっちり 描 かれているのは 好感 が 持 てる

                                          • 025 &nbsp ; きっちりした アイデア のある 起業 がなぜ 失敗 したかをはじめ 、 起業意欲 と 資金 を 狙 った 悪。犯罪 、 どうあがいても 本部 に 従属 を 強 いられる フランチャイズ 経営 — — など 、 多角度 から 起業 の 暗黒面 を 照 らす

                                            • 025 &nbsp ; 正直 、 必要 以上 に 起業家 にたかる 悪 い 連中 にだまされて 、 地獄 を 見 る 人 をなるべく 減 らしたい 、 という 行為 に 対 して 悲観的 な 気 もしますが 、 起業 する 気 があるなら 、 本書 で 示 されている 厳 しい 現実 や 、 落 とし 穴 は 、 最低限 きちんと 認識 しておいた 方 がいいでしょう
                                              • 008 &nbsp ; 起業 したい ! と 熱 い 思 いを 抱 いている 方 がみると 、 「 うっ ! 」 となってしまいます
                                              • 015 &nbsp ; 起業家 にたかる 悪 い 連中 にだまされて 、 地獄 を 見 る 人 をなるべく 減 らしたい 、 という 強 い 気持 ちを 感 じます
                                              • 025 &nbsp ; て 見 る 20 代 や 30 代 で 大金 を 動 かす 若手起業家 たち
                                              • 029 &nbsp ; ; 起業 や 成功 をあおったり 、 いい 意味 で 助言 したりして くれる 本 はいまどきたくさんありますが 、 ここまで ストレート に 本音 で 警鐘 を 鳴 らす 本 はめったに 出会 えません
                                              • 032 &nbsp ; ; 著者 が 散々記 しているよう 、 起業 して ビジネス 組織 を 存続 させる 事 が 甘 いわけがない

                                            • 027 &nbsp ; 雑誌 と 見紛 うような 表紙 には 起業 をすすめる 体験 記 、 ノウハウ 本 があふれているが 、 それでも 自身失敗 をするまでは 、 自分 も 起業 が 非常安易 なものとして 成功 できるはずだ 、 と 考 える 人 も 多 いと 思 うので 、 そういう 人々 にこそ 、 ぜひとも 読 んで 、 どうすれば 成功 できるか 、 あるいは 、 起業 すべきなのかを 考 えていただきたい
                                              • 001 &nbsp ; 起業 には 当然 リスク があり どうすれば リスク を 回避 できるのかは 成功 談 からは 得 る 事 はできない
                                              • 001 &nbsp ; 起業本 といえば サクセスストーリー が 定番 であり 、 下手 をすれば 起業 が 非常安易 なものとして 受 け 取 られるものである
                                              • 012 &nbsp ; それを 思 うと 、 もう 一度 、 起業 する 人 は 、 本当 にそれが 儲 かるのか 立 ち 止 まって 考 えて 欲 しい
                                              • 013 &nbsp ; 雑誌 と 見紛 うような 表紙 には 「 起業 ブーム に 踊 らされて 、 すべてを 失 う サラリーマン 」 「 成功 するのは 1500 人 に 1 人 」 という サマライズ が 載 っている
                                              • 020 &nbsp ; だが 、 それでも 自身失敗 をするまでは 、 自分 も 起業 して 成功 できるはずだ 、 と 考 える 人 も 多 いと 思 うので 、 そういう 人々 にこそ 、 ぜひとも 読 んで 、 どうすれば 成功 できるか 、 あるいは 、 起業 すべきなのかを 考 えていただきたい
                                              • 027 &nbsp ; 起業 を 考 えている 人 にとっては , 一読 しておく 価値 はある 本 だと 思 う
                                              • 032 &nbsp ; 私自身企業 内 で アントレプレナ 育成 という ミッション を 背負 っているが 、 確 かに 本書 に 列挙 されているような 人々 では 決 して 「 起業 → 経営 」 に 値 する 人材 でない 事 はよくわかる
                                              • 044 &nbsp ; 巷 には 起業 をすすめる 体験 記 、 ノウハウ 本 があふれているが 、 そんな 甘 いもんじゃない 、 ということを 指摘 されている

                                            • 027 &nbsp ; この 6 年間 で ベンチャー 3 市場 へ 上場 した 企業 数 は 729 社 , 上場 予備軍 は 約 1500

                                              • 027 &nbsp ; しかし , 1580 分 の 1 という 数字 が 正 しいか 否 かはともかく , 圧倒的多数 が 「 負 け 組 」 であることは 明 らかであり , 起業 を 考 える 人 は , やはりこうした 厳 しい 現実 を 覚悟 の 上 で 事 に 当 たるべきなのだろう
                                                • 002 &nbsp ; 起業 してほんとうに 成功 するのは 1500 人 に 1 人 の 割合 でしかないといいながら 、 株式会社 の 設立 の ハードル は 低 くなり 、 政府 も 起業 を 奨励 しているという
                                                • 002 &nbsp ; 起業 はまさに 博打 、 これをよむとなおさらそう 感 じるが 、 それでもあなたは 起業 して 簡単 に 自由 に 自分 の 力 でお 金 を 稼 ぎ 出 せると 思 うのか
                                                • 003 &nbsp ; ) この 平和 な 日本 でも 、 起業 した 途端 に アプローチ してくる 有象無象 の ( 事実 上 の 、 あるいは 結果 的 に ) 詐欺師 たちについて 書 かれています

                                              • 027 &nbsp ; 分母 が 「 この 20 年間 」 で , 分子 が 「 この 6 年間 」 という , この ズレ が 若干気 にはなるが , 起業家 のほとんどが 挫折 して 屍 を 晒 している , というのは , おそらく 事実 なのだろう

                                                • 028 &nbsp ; それでも 起業 したい 人 はまずこういうもろもろの 教訓 を 勉強 してから 、 すべきなんだろうなあ ・ ・ ・ 筆者 はかつて ベンチャー 支援雑誌 をつくり 、 つぶした 経験 があるという 渦中 の 人物
                                                  • 007 &nbsp ; 起業 をしてなぜ 失敗 したか 、 なぜ 失敗 するのかを 実際 事例 を 数多 く 交 えて 解説 している

                                                • 030 &nbsp ; 一見 すると ネガティブ なことばかりと 最初 は 感 じたが 、 データ に 基 づく 事実 はあとで 後悔 することを 未然 に 防 いでくれる
                                                  • 008 &nbsp ; ただ 、 全体的 に ネガティブ内容 なので 、 「 やるぞ ! 」 という 気 にはなりませんのでご 注意

                                                • 032 &nbsp ; 著者サラリーマン バカ を 列挙 しているが 日本 企業 の キャリアパス で 企画畑 や コア 部門 の 異動連続 で 鍛 えられる 「 経営 職育成 ライン 」 はまず 無 く 専門屋 ばかりが 多 い

                                                  • 032 &nbsp ; 本当 に 「 起業 → 経営 」 で 成功 したいなら 企業 内 で 自 ら ガンガン 手 を 上 げ MBA 的素養 を 徹底的 に 鍛 え 上 げ 、 経営 の 準 プロ になっている 事 をお 勧 めする

                                                    • 032 &nbsp ; ここからは 私論 で 本書 に 欠落 している 、 「 起業 し 成功 する 方向性 とその 人材像 」 なのだが 、 経験 則 だが 起業 には 加齢 の 疲弊 を 考慮 し 50 歳 を 限界 として 30 代 に 適 したものと 40 代 に 適 したものがある

                                                      • 032 &nbsp ; そして 双方 に 必須 の 実力 の 素地 は MBA 的知識 と 実力 、 つまり 企業 内 で 「 中級 ~ 上級経営 職 」 に 「 既 になっている 事 」 が 必須 だ
                                                        • 032 &nbsp ; しかし MBA 的素養 を 習得 = 経営 の プロ の 卵 に 成 り 、 更 に 老獪 に 研鑽 する 場 は 企業 での 総合職経験 が 有効 なのも 事実

                                                      • 032 &nbsp ; 業態開発 ・システム・サービス 企画 の 自他共 に 認 める プロ であっても 、 40 を 超 えると 輝 きを 失 う

                                                        • 032 &nbsp ; 起業 を 最低限 、 まともな 投資家 と 金融機関 の 賛同 を 得 られる 事 と 仮定 すると 、 この 経験 則 は 策定 した 事業計画書 に 露骨 に 現 れ 、 彼等 の 目 をごまかす 事 は 不可能

                                                          • 032 &nbsp ; 40 以降 であれば 何業 であるかよりも 「 何 を 選 べば 高 い 成功 が 得 られるか 」 を 見抜 く 洞察力 が 如何 に 鍛 えられてきたかが 鍵 になる

                                                            • 033 &nbsp ; さて 、 かように 暴言 を 吐 く 論拠 も 少 しは 示 しておくとすれば 、 まず 第一 に 、 起業 の 「 成功 」 条件 を 株式上場 に 置 いている 点 が 愚 かしい

                                                              • 033 &nbsp ; 結論 から 言 うと 、 この 本 を 読 んで 起業 しようと 思 ったり 、 反対 に 起業 はしないでおこうと 思 う 人 たちは 最初 から 全 く 頭 を 使 っていないので 公務員 を 目指 すのが 最善 の 道 だと 思 う
                                                                • 040 &nbsp ; 題名 にもあるように 、 起業 を 考 えている 人 、 特 に フラン チャイズどの ある 種安易 な 起業方法 を 考 えている 方 は 、 特 に 一読 の 価値 はあるかもしれません

                                                              • 034 &nbsp ; フランチャイズ チェーン に 加盟 することは 、 起業 と 果 たしていえるのか ? 企業 の 歯車 として 消耗 したら 終 わりではないのか 、 と 思 わない 人 はこの 本 の 前 を 通 り 過 ぎるだけだろう
                                                                • 051 &nbsp ; 著者 は 、 起業 の 際 に 陥 りやすい ワナ について 具体 例 を 挙 げて 警告 しています

                                                              • 035 &nbsp ; サラリーマン 生活 20 年 、 体力 のない 人間 が 動 く 40 代 のうちに 独立 起業 したいという 夢 を 持 ったことがある 人 は 、 非常 に 多 いはず
                                                                • 027 &nbsp ; 単純計算 すると , 起業家 のうち 上場 までこぎつけることができるのは , 1580 人 に 1 人 ということになる , という
                                                                • 035 &nbsp ; サラリーマン 生活 20 年 、 体 が 動 く 40 代 のうちに 独立 起業 したいという 夢 を 持 ったことがある 人 は 、 非常 に 多 いはず
                                                                • 051 &nbsp ; ただ 「 起業 するなら 気 をつけなさい 」 、 と 注意 を 促 しているという スタンス のようです

                                                              • 035 &nbsp ; その 時 、 FC 権 を 購入 しての 独立 が 一番現実 性 があると 信 じていた 人 ( 私 ) にこの 本 は 大 きな 警笛 を 鳴 らしてくれました

                                                                • 036 &nbsp ; ただ 「 起業 バカ 」 という タイトル は 中身 と 全然 マッチ してないものの 、 十分 人 を 引 き 付 ける 優 れたものだ
                                                                  • 013 &nbsp ; 起業 ブーム が 起 こったのは 、 中高年 の リストラ が 大 きな 原因 となっている 、 というのが 著者 の 見方

                                                                • 036 &nbsp ; FC の 失敗 やら ワナ ( 常識有 る 人 はみんな 既 に 知 っている ワナ ) をだらだらと 書 いてあり 、 更 に 誰 が 考 えたのかためにもならない 単語 を 各所 にくっつけてあり 久 しぶりにいやな 気分 になった

                                                                  • 037 &nbsp ; ところが 起業者 は 羊 で 起業 の 扉 の 世界 には 狼 たちが 手薬煉 を 引 いて 待 ち 構 えている ! ! 羊 が 狼 に 勝 つには 目先 の 甘 い 考 えでは 勝利 できないとわかりました

                                                                    • 038 &nbsp ; 怪 しい 単語 が 挟 み 込 まれた 読 みにくい 本文 に , ありきたりの 事例 を 並 べただけの 意味 のない 内容参考 として , レビュー を 書 いてみました . 世間 を 知 らない spoiled 人々安易 に 起業 found a company を 行 い 陥 った 失敗 例 example of failures が 豊富紹介 address されています . 一緒 に ギャザー しようぜ と 和製英語 まじりに 書 いていただいたほうが , 読 みやすかったのではないか .
                                                                      • 057 &nbsp ; いちいち 単語 が 挟 んであるので 少 し 読 みにくい ですが 、 それはそれで 、 ルー ○ 柴 みたいでおもしろいので ( ? ) 、 ☆ 4 つです ♪

                                                                    • 041 &nbsp ; おそらく それは 、 起業 といってもさまざまな レベル があるにも 関 わらず 、 単 なる 脱 サラ から 、 株式上場目指 すものまで 十派一 からげに 扱 っていることが 原因 です

                                                                      • 042 &nbsp ; 何 ひとつ 起業 に 向 けての 建設的 な 提案 が 見受 けられないところが 非常残念 です

                                                                        • 043 &nbsp ; bsp ; 起業 がはやしたてられ 、 起業 バブル ともいえる 状況 が 生 じているなかで 警鐘 を 鳴 らすという 意味 では タイムリー でしょう
                                                                          • 023 &nbsp ; 問題 は 、 基本的 なことすらわからないまま 起業 しようとする 人 が 多 いということなのでしょう
                                                                          • 041 &nbsp ; bsp ; 起業 がはやしたてられ 、 起業 バブル ともいえる 状況 が 生 じているなかで 警鐘 を 鳴 らすという 意味 では タイムリー でしょう
                                                                          • 043 &nbsp ; 著者失敗 した 起業家批判 しているが 、 ご 自分 は 著述業 を 起業 されて 、 どうなのだろう

                                                                        • 043 &nbsp ; 著者 は フリーライター を 経 て 起業者雑誌 の 編集 に 関 わっていたようで 、 会社 では 成功 した 人 が 、 会社 の 名刺 と 自分 の 実力 の 結果 を 勘違 いしたり 、 過去 の 成功 体験 に 頼 って 起業 して 失敗 した 例 を シニカル に 指摘 している
                                                                          • 022 &nbsp ; この 本 に 紹介 されている 失敗原因 としてまず 、 組織 の 力 でやってきた 事 を 自分 の 力 だと 勘違 いし 、 自分 ならできると 思 い 、 自信 があだとなる ケース

                                                                        • 043 &nbsp ; 一流企業 の 役員前 クラス の サラリーマン 全員 が リストラ の 対象 となる 時代 、 起業 して 経営 してみたいと 相談 をうけるぐらい 、 多 くの 勤 め 人 が 自分 で 起業 してみたいと 思 っている 事例紹介興味 深 い
                                                                          • 043 &nbsp ; 一流企業 の 役員前 クラス の サラリーマン も 起業 して 経営 してみたいと 相談 をうけるぐらい 、 多 くの 勤 め 人 が 自分 で 起業 してみたいと 思 っている 事例紹介興味 深 い

                                                                        • 044 &nbsp ; ただ 、 一度 失敗 された 方 だからこそ 、 次 を 見 る 限 りでは 成功 する 確率 が 高 くなる 訳 だし 、 そういう 視点 での 分析 と 罠 の 回避策 、 これから 起業 を 考 えている 方 への 具体 的 な アドバイス が 欲 しかった
                                                                          • 011 &nbsp ; 起業 しようと 思 っている 方 はこの 本 を 読 んで 見 たほうがいいのでは ! ? 社会 の チョット した 闇 の 部分 が 見 えるかも … w 面白 かったので 星 4 つ
                                                                          • 027 &nbsp ; 本書 は , 22 の 実例 を 挙 げながら , 脱 サラ 起業家失敗 例 を 紹介 している
                                                                          • 037 &nbsp ; 起業 イコール 新 しい 世界 の 扉 を 開 くことで 、 その 世界 は きっと 素晴 らしい 夢 の 世界 が 待 っているとばかり 思 っていました
                                                                          • 057 &nbsp ; 表紙 や 目次 を 見 る 限 りでは 、 起業 の 失敗 例 をたくさん 挙 げて 、 あまり 語 られていない 起業 の 厳 しさを 説 く 「 読 んでいて 辛 くなる 」 本 だと 思 いました ( 笑 )

                                                                        • 045 &nbsp ; 本書内容 は 、 著者 寄 りの コメント がほとんどで 、 一般向 けの コメント は 皆無 に 近 い 内容 でした

                                                                          • 045 &nbsp ; 文中 の 単語 の 端々 に 英単 がわざわざ 書 いてあるんですが 、 非常 に 読 みづらい 事 、 うけ 合 いでした

                                                                            • 046 &nbsp ; 惜 しむらくは 、 もう 十年早 く 本書出版 されていれば 、 私 の 取引先 で 少 なからず 、 コンビニ FC 独立失敗 した 人々 がいたが 、 彼 らも 少 なくとも 契約 をよく 読 んで 場合 によっては 契約 を 断念 したかもしれない
                                                                              • 006 &nbsp ; 惜 しむらくは 、 もう 十年早 く 本書出版 されていれば 、 私 の 取引先 で 少 なからず 、 コンビニ FC 独立失敗 した 人々 がいたが 、 彼 らも 少 なくとも 契約 をよく 読 んで 場合 によっては 契約 を 断念 したかもしれない
                                                                              • 010 &nbsp ; 本書 でいう 「 起業 」 は 「 起業 = 独立 、 脱 サラ 」 の イメージ

                                                                            • 046 &nbsp ; 起業 を 勧 める 本 が 数多 く 出版 されている 昨今 、 安易 な 脱 サラ に 警鐘 を 鳴 らす 本書視点興味 を 引 く
                                                                              • 008 &nbsp ; もちろん 、 本書内容 に 当 てはまってる 、 ややちかいかも 、 、 、 なんて 方 は 即座 に 起業 を 思 い 留 まるべきですが
                                                                              • 028 &nbsp ; 空前 の ベンンチャーブーム だが 、 「 起業 で 成功 するのは 1500 人 に 1 人 」 と クール

                                                                            • 048 &nbsp ; 本書 は 起業 の リスク について 、 具体 的 な 「 失敗 例 」 ともとにいろんな 角度 から 、 起業 は ハイリスク だと 著者 は 説得 しつづけます
                                                                              • 006 &nbsp ; この 現実 に 対 する 本書 の 告発 は 、 これは 、 ひょっとすると 広 く 、 世間 、 世界 に 受 け 入 れられる 可能 性 がある
                                                                              • 027 &nbsp ; 本書 は 「 起業 」 の 失敗 ばかり 紹介 しているが , もちろん , 世間 には 成功 談 もあるのだろう

                                                                            • 050 &nbsp ; 「 成功 するのは 1500 人 に 1 人 」 と 仰 られておりますので 、 ほとんど 全 ての 人 は 起業 に 失敗 する 、 と 言 って 過言 では 無 いようですね
                                                                              • 028 &nbsp ; 起業 バカ に 苦言 を 呈 し 、 厳 しい 現実 を 示 しながらも 、 根本的 には チャレンジャー としての 起業家 を 応援 する 立場 だというところが ユニーク

                                                                            • 050 &nbsp ; 騙 したり 、 騙 されたり 、 騙 された フリ をしたり 、 騙 した 気 になったり 、 そうやって 同 じところを グルグル と 回 っているぐらいでちょうどよい と 思 います

                                                                              • 051 &nbsp ; そんな 頭 を 冷 ましてもう 一度 立 ち 止 まって 考 えるための 冷水 として 、 本書よい 役割 を 果 たしてくれるのではないかと 思 いました

                                                                                • 051 &nbsp ; 世 の 中 の 、 起業本 の 大部分 は 、 当然 に 起業 を 薦 める 内容 だと 思 いますが 、 本書場合 、 起業 そのものに 対 してはそれほど 肯定 も 否定 もしていません

                                                                                  • 051 &nbsp ; 確 かに 、 起業 に 対 してあまりに も ネガティブ な 論調 であり 読 んでいるうちに 起業 する 気持 ちも 萎 えそうになるが 、 この 本 を 読 んで 萎 える 程度 の 情熱 であるならば 最初 から 起業 することなど 諦 めるべきであろう
                                                                                    • 001 &nbsp ; 確 かに 、 起業 に 対 してあまりに も ネガティブ な 論調 であり 読 んでいるうちに 起業 する 気持 ちも 萎 えそうになるが 、 この 本 を 読 んで 萎 える 程度 の 情熱 であるならば 最初 から 起業 することなど 諦 めるべきであろう

                                                                                  • 051 &nbsp ; 過去 の 成功 体験 、 誤 った 情報 、 甘 い 見通 し 、 ビジネス パートナー への 依存 、 競合相手 . . . 等々 、 起業 を 失敗 させるたくさんの 落 とし 穴 があり 、 起業家 の 多 くは 挫折 し 、 ある 者 は 詐欺師 にだまされ 、 ある 者 はすべてを 失 い 、 ある 者 は 、 フランチャイズ 本部 に 食 い 物 にされるだけという 現実

                                                                                    • 052 &nbsp ; 厳 しい 見方 ですが 、 筆者 のいう 顧客 が 満足 するものを 提供 しなければ 成功 しないのが ビジネス ならば 、 この 本 は 失格 では ? 無意味単語 全体 にばらまかれていて 、 非常 に 読 みにくい です

                                                                                      • 052 &nbsp ; 本 の タイトル を 起点 とした 、 起業潜在者 を 叱咤 する 言葉 が 随所 にでてくる 以外 は 従来 の レポート をまとめたような 感 じをうけました

                                                                                        • 056 &nbsp ; 光通信 にのっとられた クレイ ・ フィッシュ や 銀行 の 貸 しはがしにあった ハイパー ・ ネット などの 失敗 例 ( 板倉元社長 の 「 社長失格 — ぼくの 会社 がつぶれた 理由 」 は 大。臨場感 があり 優 れた ドキュメンタリー ) も 紹介 されている

                                                                                          • 057 &nbsp ; ( とくに 時間軸 の 指標 をちゃんと 入 れてあげた 場合 ) ほとんどの ビジネス は 何 らかの 形 で 「 騙 す 」 要素 が 入 ってると 思 うん ですが 、 誰 もが 利益 に 対 して 厳格 なまでに 合理的 に 行動 することによ って 、 誰 も 騙 されることのない 世 の 中 になってしまったとしたら 、 ほ とんどの ビジネス が 成立 しないわけで 、 んなわけで 、 起業 バカ ( 騙 さ れる 人 ) がいなくなるのは 困 ったりするわけです
                                                                                            • 050 &nbsp ; ( とくに 時間軸 の 指標 をちゃんと 入 れてあげた 場合 ) ほとんどの ビジネス は 何 らかの 形 で 「 騙 す 」 要素 が 入 ってると 思 うん ですが 、 誰 もが 利益 に 対 して 厳格 なまでに 合理的 に 行動 することによ って 、 誰 も 騙 されることのない 世 の 中 になってしまったとしたら 、 ほ とんどの ビジネス が 成立 しないわけで 、 んなわけで 、 起業 バカ ( 騙 さ れる 人 ) がいなくなるのは 困 ったりするわけです
                                                                                            • 051 &nbsp ; 株式公開 だけが 起業 の 成功 かというと 、 そうでもないと 思 ういますし 、 小 さいながらも 一国一城 の 主 としてやりたい 仕事 をするというのも 、 勤 め 人 には 味 わえない 起業 の 醍醐味 だと 思 います
                                                                                            • 057 &nbsp ; 一回目 に 読 む 時 は 起業 の 大変 さを 思 い 知 り 、 二回目 に 読 む 時 は 教訓 をどんどん 取 り 入 れるつもりで 読 むといいかもしれません

                                                                                          • 058 &nbsp ; 本書 からの 教訓 は 、 冷静 に 十分情報 収集 をせよ ( 客観的 な ) という 点 に 、 尽 きるのではないか ?
                                                                                            • 044 &nbsp ; 自分 を 客観的 に 見 ることが 、 一度 走 り 出 すと 如何 に 難 しいかを 教 えてくれている

                                                                                          • 060 &nbsp ; bsp ; この 本 の 長所 1 . ( 私 はいわゆる 起業 をしたことがないので 書 きにくい が ) 起業 の 際 に 陥 りそうな 罠 、 失敗 、 起業家 の 資質 などが 豊富 に 書 かれているところ

                                                                                            • 060 &nbsp ; 結論 長所星 5 つ ( 短所 にもかかわらず 、 おおむね 満足 できる レヴェル ) 、 短所 で 星 1 つ 減 らして ( 単 に 罠 を 書 くにとどまらず 、 政策 を 批判 しているので 、 重要 と 考 えた ) 、 星 4 つ

                                                                                              • 060 &nbsp ; p17 〜 で 国 の 支援策 を 批判 しているので 、 何 か 妙案 があるかと 思 ったら 、 最後 までなかった

                                                                                                • 061 &nbsp ; 見 る サラリーマン 人生 でなまった 精神 を 持 ち , 厳 しい 社会現実 を 認識 せず , 起業 を 夢見 る 人 に 真実 を 投 げかける 一冊 , 辞表 を 出 す 前 , 起業 の 前 に 読 んでおきたい . 素人起業 は サラリーマン を 辞 めずにできるので , リスク は 最小限 にしたいところ . 要 は 冷静 になること ! 『 エリート 脱落 』 , 『 リストラ 対策 』 での 起業 は 概 ね 成功 しない . 実例 で 示 す 失敗 例 も 豊富 で , おそらく その 中 には 読者 が 起業 を 考 えている ビジネス があるのではないか , 小生 の 場合 は 対応 する 事例 を 見 つけることができた . ちょっと 驚 いた データ として , 開業前 に 属 していた 起業家企業 規模 であるが , 従業員 100 人以下 が 全体 の 70% 超 , つまり 大企業 を 辞 めてまでも 起業 する 人 が 如何 に 少 ないかである . どうせ 中小企業 に 勤 めるのであれば 一国一城 の 主 になりたいと 言 うのが 国内起業 の 現状 のようだ . おまけに , 起業 を 考 える 開業前 の 起業家 の 役職 は 44% が 管理職 や 役員 , 自身 では 仕事 ができない 人 ばかりである . やはり 米国 とは 違 うのである . 言葉 巧 みな FC にも 要注意 である . コンビニ やるなら セブン が 絶対無難 です . 成功 体験 ばかりの 起業家 向 け 書籍 が 多 い 中 , 現実 を 捉 えたこのような 現実 的書籍 を 出版 された 筆者 には 敬意 を 表 したい . 続編 も 出 ているので , 続 けて 読 みます .

                                                                                                  研究 開発