High-Profile talking







newsplus 要約

Amazonレビュー 要約

価格.com レビュー 要約

アットコスメ レビュー 要約

食べログ レビュー 要約

楽天レビュー 要約

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約

Splog Filter


Amazon.co.jp: カスタマーレビュー: コピー用紙の裏は使うな!—コスト削減の真実 (朝日新書 37)


経営 従業員 経費 事例 利益 経営者 本書 分配 純利益 企業 資源 著者 経営陣 実行 会社 節約 著書 社員 意識 再利用 環境 費削減 根本 印刷 一冊 内容 業務 概念 組織 環境問題 地球 効果 改善 活性化 ノウハウ 方法 地球環境 豊富 物事 無駄 タイトル 現場 費用 実践 題名 具体的 印象 本質 重要 経営と現場 成果 非常 参考 間違 評価 必要 利用 行動 理解 効果的 問題 納得 想像 惹かれて 本的 当然 成功 経済 読んで bsp 面倒 管理 考えさ 出来 コスト削減という 大切 面白 一般 すが本書 削減の方法 イメージ 現場力 正しいコスト削減 感じま 気付 正しい コスト意識 確かに 読みやす 紹介 自分 職場 取り組むこ 関係 可能 思いま 場合 対する 考えさせられ 書かれ
良い 17%     正しい 11%     強い 16%     やすい 13%     難しい 6%     楽しい 11%     面白い 9%     多い 13%     高い 4%     いい 7%     減らす 6%     巻き込む 4%     取り組む 11%     読む 51%     持つ 9%     間違う 7%     つながる 4%     させる 11%     ある 56%     考える 24%     気付く 4%     ひいては 4%     単なる 6%     単に 6%     なるほど 4%     最も 4%     まさに 4%     当然 6%     特に 8%     もっと 9%     大きな 6%     よく 7%    

  • Total Integration
    • 0タイトル 通り、大学もしくは、いかにも安そうなキャッチコピー、 しかし、とっても考えさ せられました 読後に、コスト削減のための単なる 指南書を超えた経営 書だと思うが、やはり裏を使ったからです 印象 に残ったのは、以下 ・現場 を信頼して改善 する事が実行 できれば、経営 陣と現場 の溝をなくせ ・経営 者は自分思ってい るほど現場 をわかっていない ・経営 によって利益 を上げるより、コスト削減による実質的利益 向上を忘れていないか ・固定経費本当 に固定なのか疑え ・個々の細かい支出だけを見ていないか疑え ・現場利益 を約束すれば、現場 はついてくる これからはすべて単なる 1コスト削減に終わらない内容 に思えました ただ、こうということを許してくれる経営 者の下で働けるかどうかは別ですね 第2弾として、「コピー用紙の裏は積極的に利用 してくださいただし、その前に無駄 なコピーを使わせない経営経営 者に促す方法 」なんて本があれば買います

  • 002 &nbsp ; そういう 風 に 陥 らないために 著者 は P → D → C → A 方式 を 勧 めています それは コスト 削減 の 計画 を 立 てる ( plan ) 削減計画 を 実行 ( do ) 実行 の 結果 を チェック ( check ) 検証結果 を 基 に 改善 を 行 なう ( act ) 著者 のうまい コスト 削減方法事例 を 本文中 に 挙 げていますのは 、 この サイクル から 生 まれた 好結果 の 事例 です

    • 002 &nbsp ; コスト 削減 できた 経費 の 一部 を 給与 として 従業員分配 する → 従業員 のやる 気 が 出 る → 売上 げが 上 がる という サイクル になっていくということ コピー 用紙 の 例 のように 一般会社 が コスト 削減 と 思 っていながら 誤 った 方法 を 用 いてそれによって 却 って 時間経済 コスト がかかっている 場合 があり 、 それらの 誤 った 事例 を 挙 げています
      • 002 &nbsp ; よって 重要 な ポイント を 掴 む 為 に 飛 ばし 読 み 、 拾 い 読 みされるのが 効率 よく 時間 の コスト 削減 を 実行 できると 思 います
      • 077 &nbsp ; しかし 、 だれでも 心 の 中 で 突 っ 込 みをいれたと 思 うが 、 やはり 裏 を 使 ったほうが コスト 削減 になる ケース もある わけで ( あまりに 当然 の 話 だが ( ; ' Д ` A ` ` ` )

    • 002 &nbsp ; 現状 が 本当いい のか ( 著書 では 最適化 ) を 、 ちゃんと 分析 しないといけないってことです
      • 002 &nbsp ; 企業利益 を 上 げる 為 に 売上 げを 上 げるか コスト を 最適化 するしかない

    • 003 &nbsp ; 本書 には コスト 管理 に 携 わる 人以外 でも 、 多 くの ビジネスマン に 役立 つ 発想法 が 含 まれている

      • 003 &nbsp ; 本書 を 読 む 前 は 、 必要 以上 の コスト 削減 は 現場 を 疲弊 させる 、 という 一般 論 を 語 るのかと 半信半疑 であったが 、 効果 的 な コスト 削減 の 考 え 方 と 方法具体的 に 指示 しており 、 経営 論 である と 同時 に 実用書 としての 機能 も 持 った 良書 と 言 える

        • 005 &nbsp ; 私 の 所属 する 部署 でも 、 早速料金 を 調 べて 、 ルール 設定 を 呼 びかけてみます

          • 006 &nbsp ; る 所。
            拡大再生産 という 考 え 方 は 企業 成長 の 根幹 ですが 、 生産 ではなく コスト 削減 による 拡大再生産 という 構図 は 、 経済 学 ( 特 に 企業 経営 論 ) にとって 非常面白 くかつ 有益 な 学問的 な アプローチ に 繋 がるように 感 じます
            • 006 &nbsp ; る 所。拡大再生産 という 考 え 方 は 企業 成長 の 根幹 ですが 、 生産 ではなく コスト 削減 による 拡大再生産 という 構図 は 、 経済 学 ( 特 に 企業 経営 論 ) にとって 非常面白 くかつ 有益 な 学問的 な アプローチ に 繋 がるように 感 じます
            • 025 &nbsp ; コスト 削減論 として 、 現在 の 経済 学 に 対 する 新 たな 切 り 口 として 、 面白 いですね

          • 008 &nbsp ; この 本 が 主張 していることは 、 「 コスト 削減 」 という テーマ が 、 「 現場 力 」 を 引 き 出 し 、 経営現場 の 距離 を 縮 めるための 絶好 の 「 触媒 」 となるということだと 思 う

            • 008 &nbsp ; 確 かに 「 コスト 削減 」 という テーマ は 、 あらゆる 組織 において 適用可能ある し 、 「 現場 」 の 裏 を 引 き 出 す 格好 の テーマある と 思 う
              • 008 &nbsp ; 確 かに 「 コスト 削減 」 という テーマ は 、 あらゆる 組織 において 適用可能ある し 、 「 現場 」 の 力 を 引 き 出 す 格好 の テーマある と 思 う
              • 066 &nbsp ; コピー の 裏 を 使 うのは コスト 削減 でなくて 、 省資源 なんだけどな 〜 あとは 当 たり 前 のことを 当 たり 前 に 書 いてある

            • 009 &nbsp ; 一人 でできる 削減 には 限界 があり 、 周 りの スタッフ を 巻 き 込 んで 初 めて 成 り 立 つものなのだと 改 めて 考 える 機会 となりました
              • 046 &nbsp ; 「 電力会社 との 契約内容 を 最適 なものにすると 大 きな 削減効果ある 」 という 指摘 は 参考 になりました

            • 009 &nbsp ; べて 見 る 今 まで 普通 に 行 っていた コスト 削減行動 が 逆 の 結果 を 出 すことには 驚 かされました ! コスト 削減 という 何 となく 『 めんどくさい 』 という イメージある テーマ に 対 して 、 わかりやすい 事例 を 使 っていて 非常 に 読 みやすかったです
              • 075 &nbsp ; 本書まさに コスト 削減 という 成功 体験 を 通 じて 、 社員業務 に 自発的 に 取 り 組 む 事例 を 複数描 き 出 しており 、 単 なる コスト 削減 の ノウハウ 本 に 留 まらず 、 社員 が 自発的 に 取 り 組 んだ 業務 改善事例 集 のような 趣 きになってます

            • 011 &nbsp ; 大企業 や 、 もっと 高 い 考 えの 上役 が 多 い 企業 は 簡単 にはいかないかもしれませんが 、 コスト 削減 で 純利益 確保 、 地球 環境 を 守 るために 恐 れず 行動 に 移 しましょう
              • 011 &nbsp ; 大企業 や 、 古 い 考 えの 上役 が 多 い 企業 は 簡単 にはいかないかもしれませんが 、 コスト 削減 で 純利益 確保 、 地球 環境 を 守 るために 恐 れず 行動 に 移 しましょう

            • 011 &nbsp ; 特 に 強 く 感 じたのが 、 タイトル にあげました 前任者 の 仕事 否定恐怖症候群 です

              • 012 &nbsp ; コスト 削減 が 面倒 や 暗 い イメージ行動 ではない 事例 を 証明 し 、 その 合理的 な プロセス を 明示 し 、 新 たな 価値観 ( ひいては 、 文化 ) を 提示 させれました
                • 006 &nbsp ; コスト 削減 が 面倒 や 暗 い イメージ行動 ではない 事 を 証明 し 、 その 合理的 な プロセス を 明示 し 、 新 たな 価値観 ( ひいては 、 文化 ) を 提示 させれました
                • 012 &nbsp ; コスト 削減 は 「 経営 」 と 「 現場 」 をつなぐ 最高 の ミッションある 、 という 部分 がとても 印象
                • 036 &nbsp ; やはり 、 本書 でのこういった 『 現場 力 』 は 、 コスト 削減 の 成否 を 握 りますね
                • 076 &nbsp ; コスト 削減 、 経費 削減 は 工場 の 永遠 の テーマ です

              • 013 &nbsp ; コスト 削減 と 一般 的 に 常識的 に 当然 に 言 われていることが 固定概念 となり 実 はその 裏 に コスト 削減 の 真実 が 隠 れているんだと 感心 した
                • 013 &nbsp ; コスト 削減 というと 、 あんがち ネガティブ な イメージ になりがちであり 、 実際 の 運用状況 もまたそうである ことが 現実 である
                • 026 &nbsp ; コスト 削減 のその 奥 にある もの 、 そこになかなか 気 づかない 会社 がきっと 多 いのだろう
                • 030 &nbsp ; さらに 、 コスト 削減活動 の 成果 を 、 「 現場 」 に 分配 するって 素晴 らしいですね

              • 013 &nbsp ; 確 かに 、 余力 のある ときに 行 うほうが 適正 な 判断 もできるだろうし 、 現実的 である と 思 う

                • 017 &nbsp ; コスト 削除 という 命題 が 、 経営 陣 と 現場 の 間 を 埋 めることのできる 、 楽 しい プロジェクト である という 2 点 が 、 スムーズ に 腹 にはまった

                  • 017 &nbsp ; 見 る コスト 削除 は 、 会社 が 辛 い 状況 になってからするものではなく 、 それ 自体 が 辛 いものでもなく 、 楽 しそうだと 思 わせてくれる
                    • 017 &nbsp ; コスト 削除 は 、 徹底 した 情報開示 と 、 現場 意識 と 、 情報 に 基 づく 交渉戦 なんだなと 知 った

                  • 020 &nbsp ; コピー 機 の 隣 には 失敗 した 紙 を 入 れる 入 れ 物 がある し 、 パソコン とかいらぬ 電気 もほとんど 一日中 つけっぱなしで 、 どのくらい 光熱費 だとかもろもろの 費用 がかかっているかとか 、 現。
                    胃 にはいっさい 知 らされていない 状態
                    • 020 &nbsp ; 費用 ( 数字 ) を 単 に 減 らす ( 良 く ) だけでは 、 結局 は 、 コスト 高 になってしまうのですね

                  • 021 &nbsp ; また 、 現場 に コストカット を 率先 して 取 り 組 んでもらうには コストカット の 効果 の 確認 、 コストカット に 取 り 組 んだ 人 へ の 評価 などを 絶 え 間 なく 続 ける 必要ある など 、 言 われてみれば 当然 だが 、 日 ごろ 仕事 が 忙 しい 中忘 れ 去 られている 大切 なことを 思 い 出 させてくれる 本 でした
                    • 040 &nbsp ; 「 できるだけ コスト 意識 を 持 とう 」 と 思 わせる 効果 は 、 少 なくともある はず

                  • 021 &nbsp ; をすべて 見 る タイトル面白 いので 読 んでみたけど 、 内容 はどこかで 聞 いたような 話 しが 多 かった 印象 です
                    • 028 &nbsp ; をすべて 見 る タイトル面白 いので 読 んでみたけど 、 内容 はどこかで 聞 いたような 話 しが 多 かった 印象 です

                  • 022 &nbsp ; 成果 が 見 えると コスト 削減 が 楽 しくなり 、 それを 企業 全体 の 文化 として 根付 かせる

                    • 022 &nbsp ; すべて 見 る コピー 用紙 の 裏 を 使 っても 、 たいした コスト 削減以上 にならないばかりか 、 裏表 がわからなくなって 無駄 な ミス が 発生 したり 、 そんなしみったれた 事 させられる 社員 の モチベーション が 下 がったり 、 いい ことないと
                      • 004 &nbsp ; この 著者 の 方 が 言 われている 意識 が 日本中 、 世界中 の 人 が 実践 出来 れば 、 コスト 削減以上 にすばらしい 事 が 起 きそうな 気 がします
                      • 022 &nbsp ; すべて 見 る コピー 用紙 の 裏 を 使 っても 、 たいした コスト 削減 にならないばかりか 、 裏表 がわからなくなって 無駄 な ミス が 発生 したり 、 そんなしみったれた 事 させられる 社員 の モチベーション が 下 がったり 、 いい ことないと
                      • 027 &nbsp ; 事例 を 踏 まえての 正 しい コスト 削減 の 手法 が 非常 にわかりやすく 書 かれています
                      • 077 &nbsp ; コスト 削減 の 話題 で 一冊 もたせるというのはそもそも 無理 がある ような 気 もした

                    • 022 &nbsp ; そういう 間違 った コスト 削減 はやめましょう 、 ということから 始 まって 、 正 しい コスト 削減 の 方法 までが 書 いてある
                      • 048 &nbsp ; ここまで コスト 削減 の ノウハウ を 出 してしまって 良 いのか ? というのが 第一印象

                    • 023 &nbsp ; 一度気 づけば コスト 削減 も 楽 しく 、 そして 続 けられるってことをわかり 易 く 説 いた 利益 創出 の 指南書 です ョ !

                      • 032 &nbsp ; また 、 ムダ が 出 てくると 組織 は 弱 くなり 、 ムダ を 減 らすと 強 くなる ( 改善 意欲 が 湧 いてくる ) の 考 え 方 には 確 かに 「 納得 」 でした
                        • 057 &nbsp ; コスト という 概念 から 会社 全体 を 俯瞰 し 、 起業事態 のあり 方 まで 変 えようとする 意欲作 だと 思 います

                      • 033 &nbsp ; 多 くの 強 い 企業 は コストマネジメント成功 しており 、 それは 単 なる 節約 の 積 み 重 ねではなく 、 コスト の 本質理解 したうえでの 戦略的 な 業務 として コスト 削減 ( またはそのための 投資 ) を 推進 しているからだ
                        • 003 &nbsp ; 多 くの 強 い 企業 は コストマネジメント成功 しており 、 それは 単 なる 節約 の 積 み 重 ねではなく 、 コスト の 本質理解 したうえでの 戦略的 な 業務 として コスト 削減 ( またはそのための 投資 ) を 推進 しているからだ

                      • 035 &nbsp ; 我 が 社 でも コピー の 裏紙 は 使 っており 、 なおかつ 、 印刷 室 ( コピー 機 や 印刷 機 が 置 いてある ) が 2 箇所設置 されているので 、 それぞれに 裏紙 置 き 場 があります

                        • 036 &nbsp ; 経営 者 が 口 うるさく 一方的 に 分配 する・ 現場 を 巻 き 込 む 事 が ベスト 削減効果 を 叫 ぶのではなく 、 従業員 自 らがすすんで コスト 削減 に 取 り 組 める 環境 をつくるための 、 指針 になる 本
                          • 036 &nbsp ; 加 えて 、 その 削減効果 を 、 現場分配 する・ 現場 を 巻 き 込 む 事 が ベスト なのですね

                        • 039 &nbsp ; ここの 会社 さんの HP を 見 てたら 出版記念 シンポジウム の 案内 があったので 、 本日 、 行 って 来 ました

                          • 040 &nbsp ; もちろん 、 1 万円 の コストダウン のために 10 万円 を 使 う — — というのは 愚 かでしょう

                            • 041 &nbsp ; 本書企業 の コスト 削減 に 関 するわかりやすい 提言 をしているのですが 、 突 き 詰 めてしまえば ・ 電気代 は 10 % 以上 削減 できる

                              • 041 &nbsp ; 一番 削減 しなきゃならないのは 、 水増 しされている 本書内容 だと 声 を 大 にして 言 いたい

                                • 041 &nbsp ; どのくらい 繰 り 返 されているのかというと 、 この 感想 で 何度 も 何度 も 何度 も 何度 も 何度 も 何度 も 何度 も 同 じ 話 が 繰 り 返 されていると 書 きましたが 、 この 何度 も 何度 も 何度 も 何度 も 何度 も 何度 も 何度 もという 文章 を 読 むのが 当 ブログ の 読者 の 方々 は 嫌気 がさしてきているのではないかと 思 うのですが 、 そのくらい 何度 も 何度 も 何度 も 何度 も 何度 も 何度 も 何度 も 同 じ 話 が 繰 り 返 されています

                                  • 042 &nbsp ; この 本 の 売 り 上 げという 点 では 「 タイトル 勝 ち 」 ですが ( 自分 も 踊 ら された 一人 ですからね ) 、 内容 としては 「 タイトル 負 け 」 という 印象 でしたので 残念 です
                                    • 044 &nbsp ; この 本 の 売 り 上 げという 点 では 「 タイトル 勝 ち 」 ですが ( 自分 も 踊 ら された 一人 ですからね ) 、 内容 としては 「 タイトル 負 け 」 という 印象 でしたので 残念 です

                                  • 042 &nbsp ; また 、 一見 ムダ な 行為 のようでも 、 会社 の 風。
                                    醸成 のためには プラス になることもあります
                                    • 040 &nbsp ; また 、 一見 ムダ な 行為 のようでも 、 会社 の 風。醸成 のためには プラス になることもあります

                                  • 043 &nbsp ; これを 称 して 「 医療崩壊 」 と 言 っておりますが 、 医療従事者 ( 医者 ) は 得 てして 原因 は 「 官僚 」 や 「 社会 」 や 「 マスコミ 」 にありと 人 のせいにしています

                                    • 043 &nbsp ; マーケット が 無制限 に 拡大 する 業種 も 今 や 無 いとは 思 いますが 、 医療業界 はもっと 自 らの 足下 を 確認 するべきでしょう

                                      • 043 &nbsp ; 医療業界 は 厳格 な 統制経済 と 、 業界 の 社会的 アピール の 稚拙 さによって 、 深刻 な 麻痺状態 に 陥 っています

                                        • 046 &nbsp ; 著者 の 主張通 り 「 無駄 をなくすこと = コスト 削減 に 全員 が 継続 して 取 り 組 むことで 、 職場会社活性化 し 、 ますますやる 気 になる 」 という 点 は 全 ての 事業所 に 必要 な 考 え 方 でしょう
                                          • 071 &nbsp ; そしてその 利益社員 増 や 給料 に 振 り 分 けることにより 職場活性化 し 、 正 の 連鎖 が 続 く

                                        • 046 &nbsp ; 間違 いの 最 たるものが 「 ミスコピー の 裏紙利用 すると コスト 削減 になる 」 という 点 で 、 これに 要 するそれぞれの 労力 ・ 保管場所 ・ 運用面 を 考 えますと 確 かに 従業員無駄 な 努力 を 強 いているということになります

                                          • 046 &nbsp ; 必要 なのは 社員 の コスト 削減 に 対 する 正 しい 考 え 方 であり 、 その 意識 の 変化 こそが コスト 削減 の 源 」 ということであり 、 その 原則 を 理解 することが 、 本書内容 全般 の 理解つながる と 感 じました
                                            • 008 &nbsp ; 「 資料 は 両面 」 を 原則 にすることは 、 「 裏紙 を 使 う 」 こととは 違 うと 思 っている

                                          • 046 &nbsp ; 扇動的 な 書名 ではありますが 、 本書 には 長年 の コンサルタント 業務 の エッセンス が 詰 まっているように 感 じました

                                            • 046 &nbsp ; 調達改善 、 運用改善 、 設備改善 等 、 段階 を 踏 みながら 着実 に 一歩一歩目指 すべき 改善 すべき 目標 への 果敢 な チャレンジ が 急務 である ことを 理解 しました

                                              • 048 &nbsp ; トヨタ はなぜ 強 いのか ? 著者 の 言 う 通 り 、 経営現場 の 距離 を 縮 める ツール のひとつとして コスト 削減 を 活用 することは 、 強 い 企業 をつくる 第一歩 となる 事 は 間違 いない
                                                • 033 &nbsp ; コスト 削減 は 通常 の 業務 と 同 じくらい 大切 なことなんだと 気付 かせてくれました

                                              • 048 &nbsp ; 削減金額 = 純利益 ということを 考 えればこの 本 の 投資 に 対 する リターン は 凄 まじい

                                                • 049 &nbsp ; 従業員 の 育成 、 モチベーション UP 、 組織 活性化 に 頭 を 悩 ます 経営 者 ・ 経営 陣 に 読 ませたい 一冊

                                                  • 049 &nbsp ; 現在 の 会社 組織 において 、 「 最強 の 組織 」 作 りに 私 は 「 現場 」 サイド から 「 経営 ” と ” 現場 ” の 間 に ギャップ の 存在 しない 会社 組織 はどれだけある のでしょうか ? ” 現場現場 力 ” を 真 に 理解 できている 経営 層 がどれだけいるので オ ょうか ? ” コスト 削減 の 真実 ” それは 、 経費 を 抑 えることでも 、 利益 を 増 やすことでもありませんでした
                                                    • 049 &nbsp ; 現在 の 会社 組織 において 、 ” 経営 ” と ” 現場 ” の 間 に ギャップ の 存在 しない 会社 組織 はどれだけある のでしょうか ? ” 現場現場 力 ” を 真 に 理解 できている 経営 層 がどれだけいるので オ ょうか ? ” コスト 削減 の 真実 ” それは 、 経費 を 抑 えることでも 、 利益 を 増 やすことでもありませんでした

                                                  • 050 &nbsp ; だからこそ 、 正 しい コスト 削減 、 そして 、 それを 実行 していく 社員 のやる 気 を 刺激 する 必要 がとてもわかりやすく 書 いてあり 、 楽 しむ 事 が 肝要 である
                                                    • 050 &nbsp ; だからこそ 、 正 しい コスト 削減 、 そして 、 それを 実行 していく 社員 のやる 気 を 刺激 する 必要 があり 、 楽 しむ 事 が 肝要 である

                                                  • 050 &nbsp ; 正直 、 コスト 削減 は 、 根暗 な 感 じであったり 、 面倒 くさい 感 じがしました

                                                    • 051 &nbsp ; たとえば 、 ある 会社 では 、 重要 な 丸秘情報 の 印刷 された 裏紙 を 使用 してしまい 、 「 情報流出 」 につながったそうだ

                                                      • 052 &nbsp ; ) ・・・いつも 「 この 世 から 消 えて 欲 しい 」 、 とまで 発作的 に 思 っていた

                                                        • 055 &nbsp ; 経営現場 のちょうど 中間 にいる 自分 にとって 「 隙間 」 という 表現 にはただただ 納得 です
                                                          • 055 &nbsp ; 強 い 会社 をつくる 為 に 「 隙間 」 を 少 しでも 埋 めて 行 きたいと 思 います

                                                        • 059 &nbsp ; この 本 の 前書 きにあったとおり 、 コスト 削減 をはじめると 従業員 の 士気 が 下 がり 、 会社 の 元気 がなくなると 思 っていました

                                                          • 060 &nbsp ; 一番 の 答 えを 知 っているのは 現場 だという 事 、 会社 の コスト 削減 = 純利益企業 利益 になるという 事 を 踏 まえて 、 より 当事者意識 を 持 ち 、 まずは 自分 自身 のできる 範囲内 から コスト 削減 を 考 え 、 そして 取 り 組 んでいこうと 強 く 感 じました
                                                            • 046 &nbsp ; 著者 の 考 えで 大事 な 点 は 「 将来 の 発展 につながらない コスト 削減 などあり 得 ません

                                                          • 061 &nbsp ; レビュー をすべて 見 る 筆者 は 「 コピー 用紙 の 裏 は 使 うな ! 」 を メモ 用紙 に 切 り 揃 えるのは “ 無駄 ” と 断言 して 逆説的 に 、 「 何故紙 に 印刷 するのですか ? 本当 にそれは 紙 に 印刷 しなければならないのですか ? 」 を 印刷 する 前 によく 考 えよう
                                                            • 061 &nbsp ; レビュー をすべて 見 る 筆者 は 「 コピー 用紙 の 裏 は 使 うな ! 」 を 通 して 逆説的 に 、 「 何故紙 に 印刷 するのですか ? 本当 にそれは 紙 に 印刷 しなければならないのですか ? 」 を 印刷 する 前 によく 考 えよう
                                                            • 074 &nbsp ; 「 コピー 用紙 は 使 うな 」 っていう タイトル の 部分 に 、 思 わず 、 手 が 伸 びてしまいました

                                                          • 065 &nbsp ; 企業 や 官庁 の 総務部門関係 者 のみならず 、 家庭 の 主婦 が 読 んでも 面白 い 本 だと 思 います

                                                            • 067 &nbsp ; コスト 削減 から 環境 問題ひいては 、 様々 なのは 、 工夫 して 、 社会問題 は 、 既成概念 を 疑 い 、 再考 し 、 本質 を 追求 すれば 、 自 ずと 王道 が 見 えてくるんだなあと 、 強 く 感 じました
                                                              • 036 &nbsp ; コスト 削減 から 環境 問題ひいては 、 様々 な 社会問題 は 、 既成概念 を 疑 い 再考 し 、 本質 を 追求 すれば 、 自 ずと 王道 が 見 えてくるんだなあと 、 強 く 感 じました
                                                              • 067 &nbsp ; コスト 削減 から 環境 問題ひいては 、 様々 な 社会問題 は 、 既成概念 を 疑 い 、 再考 し 、 本質 を 追求 すれば 、 自 ずと 王道 が 見 えてくるんだなあと 、 強 く 感 じました

                                                            • 068 &nbsp ; 私自身 は 経営 に 携 わってはいないので 、 コスト 削減 を 主導 する 立場 ではありませんが 、 やはり 経営 者 ではなくても 経営 者 と 同 じ 目線 で 物事 を 考 ていく 当事者意識 がより 必要 だということを 痛感 しました
                                                              • 030 &nbsp ; コスト 削減 における 間違 いが 沢山 ある 事 を 、 本書 で 初 めて 知 りました
                                                              • 043 &nbsp ; にもかかわらず 、 本書ある ような 「 間違 った コスト 削減 」 を 叫 ぶ 医療経営 者 や 事務長 がいまだに ウジャウジャ といるのです
                                                              • 045 &nbsp ; - レビュー をすべて 見 る 会社 経営 者向 け コスト 削減 マニュアル である
                                                              • 057 &nbsp ; コスト を エネルギー 、 オペレーション 、 オフィス に 分 け 、 それぞれに 具体的 な 削減策 を 提示 しています
                                                              • 060 &nbsp ; 私自身 は 経営 に 携 わってはいないので 、 コスト 削減 を 主導 する 立場 ではありませんが 、 やはり 経営 者 ではなくても 経営 者 と 同 じ 目線 で 物事 を 考 ていく 当事者意識 がより 必要 だということを 痛感 しました
                                                              • 068 &nbsp ; 社員 が 一体 となって コスト 削減 に 取 り 組 むなんて 、 今 はちょっと 想像 できないけど
                                                              • 081 &nbsp ; 本書 は コスト 削減 について 具体的 に 述 べられているといい たいが … 、 ほとんどありきたりというしかない

                                                            • 069 &nbsp ; コスト 意識現場 の 人 がきちんと 把握 していなければ 、 「 少 し 面倒 だけど 、 こうした 方 が コスト 削減 に 通 じるから 、 こっちをやろう 」 などといった 自主的 な 動 きに 繋 がるのかな 、 なんて 思 いました
                                                              • 045 &nbsp ; 当 たり 前 の 事 だが 、 それぞれの コスト と 改善 余地 に 対 し マトリックス 化 を 行 い 視覚的 に 削減 の 可能 性 を 分 からせてくれる
                                                              • 069 &nbsp ; コスト 意識現場 の 人 がきちんと 把握 していれば 、 「 少 し 面倒 だけど 、 こうした 方 が コスト 削減 に 通 じるから 、 こっちをやろう 」 などといった 自主的 な 動 きに 繋 がるのかな 、 なんて 思 いました

                                                            • 070 &nbsp ; たくさんの 例 が 掲載 されていますが 、 本書 の ウリ はその 考 え 方 、 捉 え 方 にある といって 良 いと 思 います
                                                              • 018 &nbsp ; 当然 の 事 ではありますが 、 本書 で 再認識 というか 、 考 えるきっかけが 出来 ました

                                                            • 071 &nbsp ; もちろん 、 内容 について 重箱 の 隅 をつつくことも 可能 ですが 、 職場活性化 をしたいならば 一読 しても 良 いのではないでしょうか

                                                              • 072 &nbsp ; bsp ; 「 これからは ミスコピー の 裏紙 も 有効活用 だ ! コスト も 削減出来 るし , 環境 にもやさしい 」 — そんな トップ の 鶴 の 一声 で コスト 削減 に 取 り 組 んだは 良 いが , どうも 上手 く 行 かない , というのはよく ある

                                                                • 072 &nbsp ; 優 れた 企画 や 提案 も 始 まりはひらめきや 思 いつきなので , ひらめきや 思 いつきを 否定 するわけではないが , 実践 する 前 には , 物事本質 や 計画性 の 観点 から 熟考 して , そのひらめきや 思 いつきが 正 しいか 分析 してみる 必要ある ということを 気 づかせてくれる 良書 である

                                                                  • 072 &nbsp ; 先頃 , 大手製紙会社 が 「 100 % 再生紙 は 実 は 環境 に 良 くない 」 と 発表 して 物議 をかもしたが , 何事 も 目先 のことにとらわれず , 本質 を 的確 にとらえて 計画的 に 取 り 組 むことが 大事
                                                                    • 024 &nbsp ; 実際 に 「 見直 す 」 といっても 目先 のことにとらわれて 「 根本 」 を 直 すことが 出来 ない

                                                                  • 073 &nbsp ; この 本 に 書 かれていることはいい と 思 いますが 、 本来 はもっと 削 るべき 費用ある のに 書 いてないね … まずは 上層部 の 既得権 を 奪 うこと ( 笑 ) 次 に 仕事 しない 給料取 りを … ( おっと ! ? 失礼 ) コスト 削減 の 話 って 、 何故 か 弱者 ( 従業員 ) とか 微々 たる 費用 の 小手先 テクニック に 目先 を 変 えられちゃうんですよ … 大局 を 見 ることなく 、 ちまちませこく コスト 削減 を 実施 しようとする 会社 に 未来 はありませんよ
                                                                    • 079 &nbsp ; この 本 に 書 かれていることはいい と 思 いますが 、 本来 はもっと 削 るべき 費用ある のに 書 いてないね … まずは 上層部 の 既得権 を 奪 うこと ( 笑 ) 次 に 仕事 しない 給料取 りを … ( おっと ! ? 失礼 ) コスト 削減 の 話 って 、 何故 か 弱者 ( 従業員 ) とか 微々 たる 費用 の 小手先 テクニック に 目先 を 変 えられちゃうんですよ … 大局 を 見 ることなく 、 ちまちませこく コスト 削減 を 実施 しようとする 会社 に 未来 はありませんよ

                                                                  • 073 &nbsp ; コスト 削減 に 悩 まされている 患者 の 方 は 、 是非 、 良薬 として 服用下 さい

                                                                    • 073 &nbsp ; 但 し 、 良薬 ですので 、 今 までの 間違 いに 気付 く “ 苦 い ” 思 いはしますが・・・

                                                                      • 073 &nbsp ; 詳 しくは 、 本書 を 読 めば 分 かりますが 、 単 なる ハウツー 本 を 遥 かに 超 える 学問的要素 を 含 んだ 内容 です
                                                                        • 008 &nbsp ; 「 裏紙 」 を 使 うことの デメリット は 、 本書 で 指摘 されているとおり

                                                                      • 074 &nbsp ; 著書 にいうように コピー 用紙 の 裏 を 使 わないほうがもろもろ 考慮 して コスト 削減 になる 場合 も 確 かにある
                                                                        • 074 &nbsp ; きっと 、 著書 はそういった 生 き 字引 きの 方 だかこそ 、 こういった 本 が 書 けるのでしょうね

                                                                      • 075 &nbsp ; 会社 の 一体感 や コスト 管理問題 意識 を 持 つ 管理 者 、 経営 者 、 経営 指導者 にとっては 時間 ・お 金 とも 無駄 にならない 本 です

                                                                        • 078 &nbsp ; タイトル の 【 コピー 用紙 の 裏紙 は 使 うな 】 について 、 記載 されてないので 、 注意事項 として 補足 しますと 、 既 に パンチ で 穴 あけされた 用紙 です

                                                                          • 078 &nbsp ; 企業現場 ( 工場 ・ 店舗等 ) で 、 コスト を 削減 する 際 の ヒント が 、 豊富 に 記載 された ノウハウ 集 なので 、 利用 価値 は 、 多 いにある と 思 います

                                                                            • 078 &nbsp ; nbsp ; 本 の タイトル からして 、 会計学 の 本 で 、 コスト 『 現場 ( 工場 ・ 店舗等 ) 』 の 削減 についての 考 え 方 が 、 詳細 にわたって 述 べられています

                                                                              • 080 &nbsp ; その 精神 には 非常 に 学 ぶべきところが 多 く 、 単 なる 削。
                                                                                例 を 掲載 している 類書 を 凌 いでいると 感 じました
                                                                                • 080 &nbsp ; コスト 削減 は 私 たち 自治体 にとっても 非常重要 なことなんだけど 、 現場 にとっては 、 結局 他人事

                                                                              • 080 &nbsp ; というか コスト 削減 に 関 わらず 、 一般 の 自治体職員 にとって 自治体経営 は 無関係 なのだ

                                                                                • 081 &nbsp ; そしてその 利益従業員経営 者 ・ 株主 に 還元 することである ので 、 地球 環境よく なるという 利害関係ある にはある が 、 ほとんどないといっても 過言 ではない

                                                                                  • 081 &nbsp ; コスト 削減 ( よく 言 えば コスト 最適化 ) は 企業 利益 のためのものである ので 、 それが 地球 環境 が 良 くなるということに 結 びつけるのは 筋違 いではないかと 私 は 思 う
                                                                                    • 040 &nbsp ; コストダウン のためだけなら 「 いい 本 」 ですが 、 会社 経営もっと 大 きく 言 うと 地球 環境 のことを 考 えると 、 やや 疑問符 を 付 けざるを 得 ません

                                                                                  • 081 &nbsp ; 私 が 最 も 疑念 を 抱 いたのが 、 「 コスト 削減 すると 地球 環境よく なる 」 ということである

                                                                                    • 081 &nbsp ; 私自身 、 環境 問題 、 それの 対策 にかなり 批判的 な 立場 をとっているので 、 それについても 述 べたいが 、 さすがに 本筋 に 外 れるので 割愛 させていただく

                                                                                      研究 開発