High-Profile talking







newsplus 要約

Amazonレビュー 要約

価格.com レビュー 要約

アットコスメ レビュー 要約

食べログ レビュー 要約

楽天レビュー 要約

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約

Splog Filter


Amazon.co.jp: カスタマーレビュー: 明日の広告 変化した消費者とコミュニケーションする方法 (アスキー新書 045)


広告業界 消費者本位 本書 事例 筆者 電通 代理店 媒体 門書 スラムダンク 一冊 用語 業界 説得力 口説 著者 ラブレター 広告代理店 提案 心構 新聞広告 マーケティング 佐藤 非常 メディア 手法 商品 全般 立場 感謝 ティブ 企業 ネット ディア 時代 デザイ 知恵 文章 キャンペーン 解説 素人 親切 理解 制作 方向性 発想 展開 新聞 ューをすべて 現場 クリエ 企画 ポジティブ 重要 スラムダンク一億 感動 イティ デザイン ティング ビジネス 関係 位置 大切 必要 クリエイティブ レビューをすべて 納得 効果 情報 戦略 仕事 ウェブ 効果的 コミュニケーションデザ 読みやす 未来 担当 言葉 ターネット 丸裸 読んで 個人 感謝キャンペーン また本書 思いま Web 一冊です 現在 テレビ 姿勢 表現 コミュニケーション・ 可能 参考 状況 是非 関係者 全員 可能性 感覚
わかり易い 4%     鋭い 4%     やすい 46%     興味深い 4%     大きい 10%     深い 8%     広い 6%     よい 17%     多い 14%     楽しい 10%     難しい 10%     なおす 6%     口説く 4%     しめくくる 4%     偏る 4%     携わる 8%     学ぶ 6%     届ける 4%     こなれる 4%     語りかける 4%     知る 21%     取り巻く 4%     とことん 8%     いかに 12%     まさしく 4%     たいへん 4%     なお 4%     ニコニコ 4%     なるほど 4%     単なる 4%     どういう 6%     あっという間に 4%     より 6%    

  • Total Integration
    • 0これまでの「広告は死んだ、これからはネット だ!」的な本は、過剰ともすると既存のディア の凋落を笑い、ネット での展開 を解決法とするような内容 を、ネット に偏りながら、難しい 技術用語 を並べて解説 したものが多かったしかし、この本は、さにあらず ネット登場 によって、何が変わったかと言えば、消費者が(企業 の)「ターゲット売りたい 」ではなく、一緒にブランドを作る「パートナー」となったというのは、まさにその通りだと思うそのパートナーに接触するためには、消費者本位コンタクトポイント 、ひいては最適なディア を洗い出すのが大切 であり、最初から「テレビ と雑誌とネット で」とか決め打ちして 読みましたが、対顧客コミュニケーションを作成するのは、全くナンセンス であるということは、安易にそういう道に進みやすい クライアント 側に対する痛烈なメッセージにもなっている 「AIDMA」に代わるという「AISAS」が万能ではない(適切である場合と無い場合がある)というポイント は、まさにその通りであり、「今からはネット時代 !」などと偏った意見を言う代理店マーケティング 担当 者への 皮肉ともとれた他にも、このスピードの早い現在 でこそ、一発短気勝負ではなく、三年くらいのコミュニケーションを考えて おくべきなのか、なぜそうなのか、とか、本当必要 なのは商品 理解 の前に消費者理解 であるとか、ごく当たり 前だけど、実践されていないポイント も挙げられている 今現在 の広告の課題と方向性 を、とても参考 になる コミュニケーションのプロが書いた だけあって文章非常 にわかりやすく 平易な言葉 で、とても簡潔に、しかもトータルなコミュニケーションの観点からか頼りなく客観的にまとめられた名著だと思うし、個人 的に「スラムダンク 1億冊 感謝 記念広告」の裏舞台が入っていた矢先に読んだ ので、☆は5つ「戦略 PR」と合わせて、広告業界 にこれほど洞察力のある人がいるとは驚きだった 広告の世界 にいる人はもちろん、マーケティング キャンペーン 、コミュニケーション等を仕事 にしているような人たちは必読(コミュニケーションの下地作りが「戦略 PR」、実際 のコミュニケーションが「明日の広告」)また、読むだけではなく、ここから何を実践に移すべきなのか、誰もが真剣に考えた ら、日本のマーケティング ・リテラシーは格段に上がる 、と思う

  • 0014 4  その パートナー に 接触 するためには 、 消費者本位コンタクトポイント 、 ひいては 最適 な ディア を 洗 い 出 すのが 大切 であり 、 最初 から 「 テレビ と 雑誌 と ネット で 」 とか 決 め 打 ちして コミュニケーション を 作成 するのは 、 全 く ナンセンス であるということは 、 安易 にそういう 道 に 進 みやすい クライアント 側 に 対 する 痛烈 な メッセージ にもなっている
    • 014 4  ・とことん 消費者本位 に 考 える − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − うぅ 〜 ん

  • 0014 4  今現在 の 広告 の 課題 と 方向性 を 、 とてもわかりやす く 平易 な 言葉 で 、 とても 簡潔 に 、 しかも トータル な コミュニケーション の 観点 からか 頼 りなく 客観的 にまとめられた 名著 だと 思 うし 、 個人 的 に 「 スラムダンク億冊 感謝 記念広告 」 の 裏舞台 が 入 っていたので 、 ☆ は 5 つ
    • 001 4  今現在 の 広告 の 課題 と 方向性 を 、 とてもわかりやす く 平易 な 言葉 で 、 とても 簡潔 に 、 しかも トータル な コミュニケーション の 観点 からか 頼 りなく 客観的 にまとめられた 名著 だと 思 うし 、 個人 的 に 「 スラムダンク億冊 感謝 記念広告 」 の 裏舞台 が 入 っていたので 、 ☆ は 5 つ

  • 001   「 戦略 PR 」 と 合 わせて 、 広告業 にいる 人 はもちろん 、 マーケティング キャンペーン 、 コミュニケーション 等 を 仕事 にしているような 人 たちは 必読 ( コミュニケーション の 下地作 りが 「 戦略 PR 」 、 実際 の コミュニケーション が 「 明日 の 広告 」 )

    • 001   「 AIDMA 」 に 代 わるという 「 AISAS 」 が 万能 ではない ( 適切 である 場合 と 無 い 場合 がある ) という ポイント は 、 まさにその 通 りであり 、 「 今 からは ネット時代 ! 」 などと 偏 った 意見 を 言 う 代理店マーケティング 担当 者 への 皮肉 ともとれた

      • 001   これまでの 「 広告 は 死 んだ 、 これからは ネット だ ! 」 的 な 本 は 、 ともすると 既存 の ディア の 凋落 を 笑 い 、 ネット での 展開 を 解決法 とするような 内容 を 、 ネット に 偏 りながら 、 難 しい 技術用語 を 並 べて 解説 したものが 多 かった

        • 002   ステークホルダー 皆 が 幸 せになる Win-Win の 理想的 な 姿 を 見 せてもらった 気 がする

          • 002   ( 地頭 がいいっていう 陳腐 な 言 い 回 ししかできない 私 とは 大違 いである ) 第 5 章 の スラムダンクキャンペーン事例 紹介感動

            • 002 4  いつ ? どんな 方法 で ? どの 程度 ? その 辺 もたいへん 親切解説 してあるので どんな 立場 の 人 にも 参考 になるはず
              • 002 4  という 、 あたりまえのお 話 ですが 、 佐藤 さんは 親切 にもそのことも 忘 れないように 釘 を 刺 してくれているんですね

            • 003   さとなお さん 、 いや 、 佐藤 さんの 、 広告 を 志 す 、 或 いは 広告業界 に 入 ったはいいが 、 「 なんだかな 〜 」 と 思 っている 若手 に 対 する 真摯 かつ 優 しい 気持 ちが 目一杯詰 まっている

              • 003   前人未踏 の 地 = 知 を 、 その 恵 まれた 体力 はあるというものの 、 文字通 り 身体 を 張 って 頑張 ってきた 人 だ

                • 003   従来 のように 4 マス ( 新聞 、 雑誌 、 TV 、 ラジオ ) に 乗 せておけばいいだろうなんて 高 をくくってたら 大変 なことになる

                  • 003   若者 よ 、 おぢさんたちもこんなに 頑張 ってるんだから 、 あんらもがんばんきゃ ダメ よ 」

                    • 003 4  「 お 客様 ( それは 産業界 ) の 求 める 品質 のものを 安価 に 提供 」 という 世界 であっても 品質 、 広告 して 売上 が 増 えるわけじゃない
                      • 003 4  産業材 であっても 品質 、 コスト の 他 に 何 が 「 売 り 」 であるのか 、 ちゃんと イメージ をもって 商品 設計 したらうまくいくだろう

                    • 004   個人 的 には TV とは 絶縁状態 で CM はもうその 役目 も 使命 も 終 えたと 思 っているが 、 広告業界 にこれほど 洞察力 のある 人 がいるとは 驚 きだった

                      • 005   専門用語必要 最低限 のみ & 解説 してあるので 、 素人 の 私 にもすんなり 理解 できました

                        • 005   ( ・・でも TPO によっては 自分 も 大差 ないことしてたりするんですよね

                          • 006 4  これを 自分 自信 の 経験 から 学 ぼうとしたら 、 どんなにたいへん なことか ! 著者 が 実例 として 上 げている 、 「 スラムダンク億冊 感謝 キャンペーン 」 の 話 なんか 感動
                            • 006 4  これを 自分 自信 の 経験 から 学 ぼうとしたら 、 どんなにたいへん なことか ! 著者 が 実例 として 上 げている 、 「 スラムダンク億冊 感謝 キャンペーン 」 の 話 なんか 感動

                          • 007   新 しい 感覚 が 惜 しみもなく 疲労 され 、 また 魅力的 な 実例 を 用意 し 読者 をあっという 間 に 自分世界 に 引 っ 張 り 込 む 手法 は 鮮 やかの 一言 です

                            • 007   第一線 で 活躍 する 広告 マン の 著者 が 、 広告対象 である 消費者 といかに 対話 していくのかが 述 べられる

                              • 009ユーザー と コミュニケーション をとるのを 仕事 としている 人向 け 全般 に 書 かれているので 、 その 広告 の 話 しをひとつの 事例 としながら 、 自分 自身 の 仕事 にあてはめる ステップ が 必要 とされると 思 う

                                • 009実際 に 、 広告 の 現場 にいる 人 には 、 入門書 として 、 新 しい 考 え 方 をするのに 、 読 みやすく 頭 に 入 りやすい 、 ああ 、 最近 変 わってきたの 、 こういう 事 ね
                                  • 025 4  さとなお さんの サイトファン でいつも 拝見 させていただいておりますが 、 その エッセイ の 筆力 の 高 さがこの 専門書 の 中 でも 生 かされています

                                • 012 4  広告 = ラブレターキャンペーン口説 きという 図式 で 語 り 、 広告 = ラブレター = 部品 だけで 「 口説 くことはできない 」 という 点 、 正直多 くの 人 が 忘 れている 大切部分 だと 思 います

                                  • 014   ・ネット の 出現 + 情報 洪水 + 成熟市場 これらが 消費者 を 根本的 に 変 えた

                                    • 014仕事 で 広告 に 関 わる 人 はもちろん 、 そうでなくても いろいろな 形 でこれからの 消費 に 関 わる 人 、 そして 、 本書事例 として 紹介 されている 「 スラムダンク億冊 感謝 キャンペーン 」 に 実際 に 参加 した 方 が もしここを 見 ていたら 、 是非 是非 、 読 んでみて 下 さい
                                      • 014 4  # 特 に 第 5 章 、 「 スラムダンク億冊 感謝 キャンペーン 」 は 必見 です

                                    • 014 4  − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − − ・ 広告 は 消費者 への ラブレター
                                      • 030ラブレター は 、 その 内容 も モチロン 大切 だけれど 、 渡 し 方 もまた 大切

                                    • 014 4  インターネット 登場 後 の 変化 した 消費者 の 現状 という 謳 い 文句 ではなく 、 今 の 時代 の コミュニケーション の 具体的 な 方法 を 過不足 なく 紹介 している この 本 の 著者 って 、 いったいどこの 誰 ? ? と 、 プロフィール を 見 たら 、 なぁ 〜 んだ 、 「 ジバラン 」 「 さとなお . COM 」 のさとなお さんじゃないですか
                                      • 014 4  インターネット 登場 後 の 変化 した 消費者 の 現状 と 、 今 の 時代 の コミュニケーション の 具体的 な 方法 を 過不足 なく 紹介 している この 本 の 著者 って 、 いったいどこの 誰 ? ? と 、 プロフィール を 見 たら 、 なぁ 〜 んだ 、 「 ジバラン 」 「 さとなお . COM 」 のさとなお さんじゃないですか
                                      • 043 4  一方的 な 「 この 商品 、 ここがいいよ 」 という 謳 い 文句 ではなく 、 消費者 の アイデア 、 口 コミ を 巻 き 込 んで “ コミュニケーション・ デザイ ン ” することが 大切 だと 言 う

                                    • 014 4  売 ってから ブランディング が 始 まるといった 発想 の 転換 ・コミュニケーション・ デザイ ン の 普及 で テレビ CM や 新聞 広告 等 の チカラ は 再認識 される

                                      • 015   r.biz ( 東京都中野区 ) - レビュー をすべて 見 る 久 しぶりに ビビ っと 来 た 本 です

                                        • 016   ユーザー の 事 を 考 えない 広告屋 がいるの ? 」 的 な 旧態依然 の 業界 人 の 認識 を 良 く 知 る 事 ができました

                                          • 016   特 に スラムダンク億冊 感謝 キャンペーン制作 ドキュメンタリー は 、 徹底的 な 消費者本位 で 素晴 らしい

                                            • 016 4  ( 決 して 筆者 の 事 ではない ) ネット 以外 の 広告屋 さんは 、 これを 読 んで 考 え 方 を 変 える 必要 があるでしょう
                                              • 003 4  僕 の 勤 める 会社 は イケ てない メーカー で 、 しかも 産業材 メーカー だから 、 広告 とは 最 も 遠 い 世界

                                            • 017   第一線 の クリエティブ ディレクター が 書 いたこの 本 も 、 そういう 読 み 方 が 可能 な 間口 の 広 い 1 冊 だと 思 う

                                              • 017 4  また 、 本書 の 後半 で 展開 される 「 テレビ 広告 は 崩壊 せず 、 それどころか 再 び 盛 り 返 す 可能 性 もある 」 という 予測 は 実 に 刺激的 で 、 広告 だけでなく ディア の 行方 を 大 きく 考 える 上 でとても 参考 になる

                                                • 018   文章 も 表面的 には 非常 に ユニーク かつ フランク で 、 読 む 側 の 心 をばっちりと 掴 んでくれる

                                                  • 018 4  あと 、 最後 に 、 ネット が 出 てきたからこそ エキサイティ ング で 楽 しいと しめくくったところに 感動 しました
                                                    • 018 4  装丁 からはちょっと 想像 できないくらい 、 エキサイティ ング で 興味 深 い 内容

                                                  • 018 4  でも 、 受 け 取 ってもらえず 、 疑 われ 、 友達 に 相談 されてしまうようになった
                                                    • 014 4  でも 、 受 け 取 ってもらえず 、 疑 われ 、 友達 に 相談 されてしまうようになった

                                                  • 018 4  まさか スラムダンや ラー 」 の 話 は 、 よけいな 気 がしますが 、 こういう 方法 もあると 言 うことで 書 かれたのだと 思 います
                                                    • 008 4  「 スラムダンク 」 の 話 は 、 よけいな 気 がしますが 、 こういう 方法 もあると 言 うことで 書 かれたのだと 思 います

                                                  • 021   「 めちゃめちゃ 閉 じた 新聞 広告 」 「 めちゃめちゃ 不親切ウェブ サイト 」 「 めちゃめちゃ 限定 して 告知 した イベント 」 の セット で 展開 した 、 「 スラムダンク億冊 感謝 キャンペーン 」 の 事例 は 、 読 んでいてちょっと 感動 した

                                                    • 022 4  この 状況 を 大 きく 変 えた 「 インターネット 」 と 、 昔 から 影響力 のある 「 広告業界 」 の 両方 をよく 知 る 筆者言葉 にはやはり 説得力 があります

                                                      • 023   消費者本位 を 愚直 に 貫 き 通 しつつ 、 あらゆる ディア や ツール を ニュートラル に 扱 っていくと 、 マス 広告以外 をいかに 扱 うかということに 結局 はなるのですが 、 マス 広告 の 力 を 過小評価 はしていません

                                                        • 023   ネット の 出現 で パワーバランス が 逆転 してきた 消費者 との 関係 に 、 マス 広告 にとらわれすぎていた 広告業界 は 、 過剰 ともいえる 反応 を 示 してきました

                                                          • 023   むしろ 、 認知 という 本来 得意 とすることに マス 広告 は 注力 することが 可能 となるので 、 本来 の 力 が 発揮 でき 、 他 の ディア と 組 み 合 わせることでより パワフル で エキサイティ ング な コミュニケーション が 可能 になると 言 っています

                                                            • 023時代 の 変化 と 広告 コミュニケーション の 対応 の 方向性 について 、 こんなに コンパクト に 、 しかもこんなに ポジティブ に 楽 しく 読 める 本 は 他 にないような 気 がします

                                                              • 024いかに 目 に 留 まる・ 読 んでもらえる・ 興味 をもってもらえる 広告 をつくるか 、 という 問 いの 答 えは 勿論 そう 簡単 に 見 つかるものではありません
                                                                • 024いかに 目 に 留 まる・ 読 んでもらえる・ 興味 をもってもらえる 広告 をつくるか 、 という 問 いの 答 えは 勿論 そう 簡単 に 見 つかるものではありません

                                                              • 027   もっとこんな 枠 を 取 り 払 った 面白 い コミュニケーション 戦略 を 考 えられる 人 が 増 えていくと 、 マーケティング 世界面白 くなるだろう ! 願 わくば 、 限 られた 予算 の 中小企業 担当 者 にも 愛 の 手 を ( 使 える 知恵 ・ 実例 を ) !

                                                                • 027   る 中小企業マーケティング 担当 者 として 働 いていると 、 TVCM や 大規模 な プロモーション 活動 などは 最初 からあきらめてしまう

                                                                  • 027電通 や 博報堂 などの 大手広告代理店 の 話 を 聞 くと 、 “ それは 予算 があればできますけどね ” 、 とどうしたって 否定的 に 捕 らえてしまうことが 多 かったし 、 CM の クリエ ティビティ がどうのとか 、 様々 な 場 ( 4 マス + α ) をうまく 使 って ディア ミックスコ がどうのとか 、 そういうものは 一部 の 潤沢 な 資源 ( カネ ) を 持 つ 大手企業 のやり 方 だと 思 っていた
                                                                    • 009 4  また 、 最近 仕事 がうまく 進 まない 、 とれない 、 仕事 の 行 く 末 に 悩 める 広告代理店 の 人 とか

                                                                  • 027 4  また 、 消費者 との コミュニケーション を 広告 だけでなく 、 商品 そのものや アフターサービス に 至 るまで 広 く 捉 えており 、 くちこみなどにより 商品丸裸 にされてしまう 時代 においては 「 ありのままの 自分商品 ) をだすこと 」 「 買 ってくれた 人 をもてなすこと 」 といったことも 重要 視 している 点 も 、 とても 共感 がもてました
                                                                    • 027商品 力 はもちろん 、 コミュニケーション をいかに うまく ( 大手 に 負 けないだけの 発想 力 で = 消費者 を 想 う 気持 とも 言 えるか ? ) で 作 っていけるか 、 が 鍵 だろうか

                                                                  • 027 4  皆 がそこに 気 づいてしまった 状況 が 訪 れたとき 、 それでも 豊富 な 予算 を 持 つ 大手企業 がどんな 戦略 で 広告 を 使 ってくるのか ? は 、 中小企業 にとっては 脅威 である

                                                                    • 029 4  その 時 にこの 本 が カバン に 入 っていたので 「 この 本 『 明日 の 広告 』 はすごくわかりやすい ですよ 」 と 紹介 してみた
                                                                      • 032 4  広告初心者 の 私 にとっても 非常 にわかり 易 く 事例 なども 挙 げてあり 読 み 易 かったです

                                                                    • 029 4  であり 、 今日 、 新 しいお 客 さんのところに 一緒 に 行 った 営業部長 と 少 し 話 していて 、 「 Web とか IT とかを 勉強 しないといけないと 思 ってるんだけど … 」 と 話 を 振 られた
                                                                      • 038Web ディレクション が 得意 な プラン ナー であり 、 ディレクター であると 思 っています

                                                                    • 030   90 年代後半以降急速 に 発展 し 、 今 や 私 たちの 生活 の 基盤 ともいうべき 位置 を 占 めている インターネット

                                                                      • 030   そんな 時代 に 「 広告 なんているの ? 」 なんていう 悲観論 が 語 られがちな 今日 この 頃 に 、 筆者 はいたって ポジティブ に 「 明日 の 広告 」 をとらえ 、 企業 と User との 間 に WinWin な 関係 を 模索 しています

                                                                        • 031 4  ( 当時 が 思 い 出 されて 、 感謝 で 涙 が 出 ました ; ; ) 「 とことん 消費者本位 に 考 える 」 ということが どういう ことなのか 、 きっと 肌 で 実感 できると 思 います
                                                                          • 011 4  ( 当時 が 思 い 出 されて 、 感謝 で 涙 が 出 ました ; ; ) 「 とことん 消費者本位 に 考 える 」 ということが どういう ことなのか 、 きっと 肌 で 実感 できると 思 います

                                                                        • 031ラブレター です 著者 が 伝 えてくれる 「 広告 は ラブレター 」 はまさしく 、 想 いを 寄 せている 人 に 確実 に 伝 えることが 一番大切 で 、 新聞 テレビ など 少 し 前 までは 、 世 の 中 の 人 が 全員 目 にしていた 物 が 、 最近 は 、 イン ターネット
                                                                          • 031ラブレター は 、 想 いを 寄 せている 人 に 確実 に 伝 えることが 一番大切 で 、 新聞 テレビ など 少 し 前 までは 、 世 の 中 の 人 が 全員 目 にしていた 物 が 、 最近 は 、 イン ターネット
                                                                          • 031 4  広告 は ラブレター です 著者 が 伝 えてくれる 「 広告 は ラブレター 」 はまさしく 、 広告 の 持 っている 意味 を 伝 えてくれる 言葉 だと 思 います

                                                                        • 031 4  広告 は 、 新聞 等 を 安 くするための インフラ であり 、 消費者 も 楽 しくなるために どうしたらいいかを 提案 してくれる 一冊 です
                                                                          • 022 4  未 だに ユーザー の 力 、 ネット の 力 を 実感 していない 方 には 是非 とも 読 んでいただきたい 一冊 です

                                                                        • 032 4  読 みやすさとは 裏腹 に 、 現在 の 消費者 の 分析 、 そこから 考 えられる 今後 の ディア アプローチ 、 そして 最 も 効果 的 な ディア アプローチ の 方法 ・ 手段 はどんな 物 なのか ? という 形 で 順 を 追 って 説明 されていて 、 まるで 目 の 前 で プレゼン されている 気分 でした ( 笑 ) 実際内容 も 共感出来部分 や 、 筆者 の 考 えに 対 しての 鋭 さを 感 じることもでき 充実 した 書物 です
                                                                          • 032 4  特 に 、 現在 の 消費者 の 分析 、 そこから 考 えられる 今後 の ディア アプローチ 、 そして 最 も 効果 的 な ディア アプローチ の 方法 ・ 手段 はどんな 物 なのか ? という 形 で 順 を 追 って 説明 されていて 、 まるで 目 の 前 で プレゼン されている 気分 でした ( 笑 ) 実際内容 も 共感出来部分 や 、 筆者 の 考 えに 対 しての 鋭 さを 感 じることもでき 充実 した 書物 です

                                                                        • 033   従来 の 家族 で テレビ を 囲 むお 茶 の 間 に 対 して 「 ネオ 茶 の 間 」 と 名付 けた その ネーミング センス に 脱帽

                                                                          • 034   実体験 に 基 づいた 文章 で 、 現場 の 雰囲気 や 1 つの キャンペーン を 行 う プロセス がわかります

                                                                            • 034 4  広告素人 で 日 ごろあまり 本 が 一般 ビジネス パーソン にもよく 読 まない 私 にもとてもわかりやすい 丁寧 な 書 き 方 でかかれています
                                                                              • 034 4  広告素人 で 日 ごろあまり 本 を 読 まない 私 にもとてもわかりやすい 丁寧 な 書 き 方 でかかれています

                                                                            • 035   そして 、 消費者本位 の コミュニケーションデザイ ン を 行 うための 方法論 や 組織論 、 そして 、 その 想 いの 原点 となる 「 スラムダンク 1 億冊 感謝 キャンペーン 」 についても 解説 されている

                                                                              • 035   広告 の 基本 スタンス は 、 「 消費者 への ラブレター 」 であり 、 消費者 の 環境 変化 は 、 「 ネット の 出現 + 情報 洪水 + 成熟市場 」 から 生 じており 、 その 変化 に 対 しては 、 とことん消費者本位 」 で コミュニケーション を デザイ ン することだとされている

                                                                                • 035 4  ここ 数年 の 日本 の 消費者 の 環境 変化 を 広告表現 の プロ の 立場 から 大局的 に 捉 えている

                                                                                  • 035 4  消費者環境 の 変化 を 明 らかにするための 市場調査 の 役割 や 、 消費者本位 の コミュニケーション を 実現 する Web 作 りのための システム 開発 をする 僕達 の 役割 は 、 まだまだ 可能 性 は 広 がっているなあと 感 じました

                                                                                    • 036著者 は マス を 相手 にしてきた 大手広告代理店 社員 だが 、 昔 から 有名個人 サイト を 運営 していることもあって 、 ネット への 理解 も 深 い
                                                                                      • 040 4  その 意味 で 、 代理店企業 で 広告 に 携 わる 人間 には 是非 読 んでいただきたい

                                                                                    • 037   広告業界 でない 人 にとっても 、 楽 しく 読 めて 、 仕事ヒント が 詰 まっています

                                                                                      • 038   コミュニケーション・ デザイ ナー という 職種 が 認 められるとするならば 、 僕 が 目指 すべきところはまさにそれなのです

                                                                                        • 038   媒体 だけでなく 、 生活 の 中 にある コンタクト ポイント を 創造 し 、 うるさい 広告 ではなく 、 楽 しくためになる 広告 を 制作 していくこと

                                                                                          • 038   専門性 に 特化 したような ○ ○ ディレクター や × × プラン ナー という 呼 び 名 に 抵抗 があり 、 ずっと 、 自分方向性 ややっている 仕事 に 適 した 職種名 を 探 しています

                                                                                            • 038Web仕事 が 僕 の 仕事 を 大半 を 占 める 中 で 、 方法 と 目的 が 入 れ 違 った 気 がしてきたのです

                                                                                              • 038 4  ほんの 少 し 前 までは 「 Web中心展開 」 という 提案 内容 が 受 け 入 れられてきました
                                                                                                • 043 4  それを 基盤 に “ 感動 ” させる サービス提案 、 モノ 作 りができたら … …

                                                                                              • 039 4  中小 ・ 零細企業 の ホームページ 運営 を アドバイス する 立場 として 読 みましたが 、 対顧客 コミュニケーション などについて 、 いちいち 納得 しながら 読 むことができました

                                                                                                • 040   生活 者 を 取 り 巻 く 環境 は インターネット登場 を 境 に 大 きく 変化 しました

                                                                                                  • 040   まず 、 わかり 易 さで 言 えば 、 生活 者 との コミュニケーション を 「 ラブレター 」 に 例 えた 例 、 今 の 生活 者 には ラブレター が 渡 しにくくなっていて 多 くの 魅力的 な ラブレター が 日々投函 されるなかで 受 け 取 ってもらえたとしても ラブレター内容 も 疑 われるようになってきていて それを 、 友人同士 で 評価 ・ 相談 しあう 、 という 例 は 非常 に 分 かりやすく 、 今 の 生活 者 の 情報 接触 の 仕方 を 表 しているように 思 います

                                                                                                    • 040   また 、 本書 は 、 上述 の ディア ・ニュートラル の 考 えに 基 づき 、 その 重要 性 は 認 めながらも 、 過度 に インターネット に 偏 ることなく 展開 されている 点 でも 、 バランス が 良 いと 思 います

                                                                                                      • 040   専門用語 も 多 くなく 、 今 の 広告 の キーワード もまとまっており 、 広告関係 を 目指 す 学生 にもお 勧 めです

                                                                                                        • 040本書 は 、 インターネット に 偏 ることなく 、 広告全般 において 、 生活 者 との コミュニケーション をどう 考 えるか ( コミュニケーションデザイ ン ) について 、 生活 者 にどのような 変化 が 起 きていて 、 どんな 考 え 方 が 必要 なのか 、 非常 にわかりやすくバランス 良 く 書 かれています
                                                                                                          • 029 4  そう 、 この 本 は 広告 や マーケティング 、 販売 などなど 、 消費者 ( 生活 者 ) を 相手仕事 をしている 人 は 「 読 まなきゃ 」 な 本 だと 思 います

                                                                                                        • 040相手自分 の 思 いを 伝 えようにするには どういう 風 な 手紙 にするかや 渡 す タイミング はどうしようとか 、 考 えると 思 います
                                                                                                          • 020相手自分 の 思 いを 伝 えようにするには どういう 風 な 手紙 にするかや 渡 す タイミング はどうしようとか 、 考 えると 思 います

                                                                                                        • 040 4  レビュー をすべて 見 る 広告 = ラブレター とするわかりやすい 比喩 ではじまる 本書 は 、 難 しいことをなるべくわかりやすく 伝 えよう ! という 姿勢 が 終始透徹 されていて 、 非常 に 読 みやすく 、 「 さすが コミュニケーションデザイ ナー というだけのことはあるなー 」 と 思 わされました
                                                                                                          • 009 4  この 10 年 の 時代 の 変化 を 、 どのように ユーザー との コミュニケーション にこめるかというのがお 題
                                                                                                          • 030 4  レビュー をすべて 見 る 広告 = ラブレター とするわかりやすい 比喩 ではじまる 本書 は 、 難 しいことをなるべくわかりやすく 伝 えよう ! という 姿勢 が 終始透徹 されていて 、 非常 に 読 みやすく 、 「 さすが コミュニケーションデザイ ナー というだけのことはあるなー 」 と 思 わされました

                                                                                                        • 041   コミュニケーションデザイ ン を 行 うためには 、 広告会社 内部 だけじゃなく 、 取引先 すべてを 巻 き 込 み 、 今 の 常識 を 変 えていく 必要 がありますよね

                                                                                                          • 041 4  - レビュー をすべて 見 る 消費者 を 見 つめ 、 コンタクト ポイント を 探 し 、 良質 な クリエティブ で コミュニケーション する

                                                                                                            • 041 4  とても 長 い 道 のりだと 思 うけれど 、 今 の 給料 を 捨 てることになったとしても 未来 のために 力 を 尽 くす 気概 はありますか ? 広告 「 代理店 」 のみなさん

                                                                                                              • 042   広告 マン のみならず 広告 を 出 そうと 思 っている クライアント さんは 大企業 、 零細企業 に 関 わらず 読 むべき 本 だと 思 います

                                                                                                                • 043   しかも 商品 の 優劣 を 消費者 が 丸裸 にできる 時代 となった 今 、 売 りたい 相手 と 良好 な コミュニケーション をとるためには まず 売 り 手側 の 広告 の 表現 を 変 えるべきと 唱 える

                                                                                                                  • 043   そして 消費者 が ターゲット から パートナー となればこの 上 なく 幸 せじゃないだろうか

                                                                                                                    • 043 4  ここのところいくつか 出版 された 本 、 例 えば 、 「 キット 勝 つ マーケティング 」 「 WEB キャンペーン のしかけ 方 」 すこし 前 だが 「 インサイト 」 等 の 中 で 語 られた エッセンス のまとめ 版
                                                                                                                      • 043 4  ーをすべて 見 る 現役 のみならずこれから 広告 や プロモーション に 携 わりたい 人 をはじめ 、 商品 や WEB 開発者 、 経営者 も 読 んで 損 はしないであろう 本書

                                                                                                                    • 043 4  そして 何 より 、 その モノ を 買 ってくれそうな 消費者 のことを リアル に 想像 し 、 行動 を 調査 することが 効果 的 な 広告 へと 導 く
                                                                                                                      • 043 4  平成 17 年度現在 、 その 10 年前 と 比 べ 情報 量 は 410 倍 にもなり 、 消費者 は 広告 を 完全 スルー

                                                                                                                    • 044   2008 年 1 月 に 出版 された 本書 ですが 、 著者 の ポジティブ さは 、 2009 年 の 今読 むと 、 より 心強 いです

                                                                                                                      • 044 4  1 . 初動 の 段階 でいかに 時間 をかける 2 . 伝 えたい 相手 になりきる 3 . 商品 は 消費者 のもの 4 . おもてなし 5 . 伝 えたい 相手 にだけ 伝 える 6 . 相手 を 捲 き 込 む ディア の 種類 が 、 増加 し 続 けることを 考 えると 、 やはり 職域侵犯 するのが 、 効果
                                                                                                                        • 011 4  当時 、 企画 の 初動 の 段階 でいかに 心 を 砕 いていたか 、 キャンペーン 対象者 ( = 読者 ) にどうやって 、 言葉 ではない 「 ありがとう 」 を 伝 えるか 、 とことん 考 えに 考 え 抜 いた 結果 のあの 形 なのだと 分 かりました

                                                                                                                      • 045ネット登場 する 前 と 後 で 、 消費者 の 購買行動 がまったく 変 わってきた 、 というのは 、 初 めて ネット マーケティング を 学 ぶ 人 にとってはとてもわかりやすい 内容 です

                                                                                                                        研究 開発