High-Profile talking







newsplus 要約

Amazonレビュー 要約

価格.com レビュー 要約

アットコスメ レビュー 要約

食べログ レビュー 要約

楽天レビュー 要約

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約

Splog Filter


Amazon.co.jp: カスタマーレビュー: 海馬/脳は疲れない ほぼ日ブックス


池谷 池谷氏 対談 二氏 大脳 池谷裕二 脳科学 糸井氏 科学 本書 対話 形式 学者 物忘 刺激 一冊 対談形式 池谷さんの 誤解 科学的 研究 神経 内容 著作 納得 素人 研究者 勇気 人生 記憶力 読者 専門家 前向 説明 面白 解説 知識 脳細胞 ティブ 人間 我々 鍛える 理解 一般 睡眠 ヒント 読みやす 事実 文章 自分 興味 機能 記憶 読んで 日常 ポジティブ 情報 言葉 元気 関係 意識 年齢 成長 行動 出来 ューをすべて 勉強 読みやすい 可能 可能性 非常 部分 脳の機能 読むと 実感 個人 不思議 経験 今後 物足りな 紹介 気持 二人 大事 必要 生活 関する 30 上手 期待 レビューをすべて 脳について 大きい タイトル 読んでみ コピーライター 学生 間違 最新 糸井さん
賢い 4%     やすい 36%     物足りない 4%     おもしろい 8%     面白い 20%     深い 4%     明るい 6%     難しい 10%     楽しい 14%     良い 21%     欲しい 6%     引き出す 4%     始める 8%     鍛える 6%     読む 60%     励ます 4%     役に立つ 6%     取る 9%     働く 7%     出す 9%     はじめる 6%     する 84%     なるほど 4%     とにかく 8%     そういう 8%     もっと 10%     とても 12%     どの 4%     全く 7%     いっぱい 7%     あまり 7%     この 40%     やはり 6%    

  • Total Integration
    • 0本書 の帯や宣伝を見ると、売り手はこの 本を「面白 」、「明るくなれた」などと絶賛する 人はいく、対談 形式 ならでもいるだろうそれは間違 いではない朗報なのですが、そういう のもアリ、的なコメントは他の人に任せる 私は、類書がない」なんて思いこみが、実は間違 いだたという理由でもっと この 本の中にある情報 を、日本の労働環境改善のためにも広めたいと思うたとえば、やはり 睡眠 は8時間 必要 だということの論拠また「脳は30 歳を過ぎてから成長 する 脳は決して疲れないが、疲れているのは目だ」という意外な事実 多くのシロウトである読者この 本を読んで 、「もっと がんばれるぞ!」とやる気をみなぎらせたと思うしかしちょっと冷静になると思って いたしかし、理論整然と理解 したいと思って 考えて みて欲しい この 本を読めば、ほんとうに効率のいい働き方や生き方がわかってくるまた現代日本の労働環境がそれに反している事も そういう 意味この 本のコンテンツは、「楽しい から読んで みて」というノリで多く!はの読者 を引きつけるする だけではなく、「これは必読だ!」くらいの強さでアピールしてもいいと思う特に経営学や学生一般 教養などに取り入れてもいいくらい、実は重要な真実が隠されている

  • 001   特 に 経営学 や 学生一般 教養 などに 取 り 入 れてもいいくらい 、 実 は 重要 な 真実 が 隠 されている

    • 002   科学 の 本 を 何冊 も 読 んでしまった 人 には 物足 りなさもあるかもしれません が 、 自分 にとっては 、 海馬 や 扁桃体 の 機能 を 楽 しく 知 ることができる 本 でした

      • 002   シナプス をうまく 作 れない 神経 細胞 は 死 んでいく ( アポトーシス ) というのが 、 免疫 システム における 「 自己 」 を 識別 できない キラー T 細胞 が アポトーシス により 死 ぬのと 似 ていて 面白 いと 思 いました

        • 003   池谷 は 専門用語 を 避 けながら 最先端 の 科学 をわかりやすく 説明 しようと 勤 めてはいるが 、 やはり 糸井 による 平明 な 言葉 への 翻訳 が 、 この 本 で 極 めて 重要 な 役割 を 担 っている

          • 003   しかも 、 これがちょっとした 人生 論風 ( 嫌味 でなく ) になっているのが 、 糸井 の 懐 の 深 さだろう

            • 003   全体 として 気軽 に 作 られた 感 のある 本 であるが 、 実 のところ 池谷 の 持 ち 出 す 話題 は 、 ヘブ 則 、 フュータイル 回路 、 トップダウン 補完 など 高度 な 生物学 である

              • 004   ・ 新規 な 刺激 にさらされている 人 は 、 いつでも 入力 の 判断 をする 海馬 に 刺激 があるから 、 海馬 の 細胞 が 増 えていく 割合 と 消 えていく 割合 とでは 、 細胞 の 増 えていく 割合 が 加速 していく

                • 004 4  ・ 脳自体 は 30 歳 や 40 歳 を 超 えたほうが 、 むしろ 活発 になると 言 われているんです

                  • 006 4  μ    ¬      ¨         ¬   '  a          -                      [        ° -   £                    a ¬                  -        §     ̄     o      ¨      o    §                    ° -   '   a        oo   a      §     ' 3   ±               -        oo  -      3             ̄      '           ¨         ¨                  '           o               ¨    。

                      μ           3a      o                3a           ° -   '  μ                  ¨     o       '         。

                      μ   ' °       ̄   a   ±    。

                           。

                        。

                       ¨         §  3a                 ¨   o       o        。

                      a      ¨  '       '    ̄         a                       ° -      a                 §          -      a            £                       ° -      o               ¨        ¨ 3           ° -      a                ̄               a             ̄         a      ¨           ° -      §   a      a          ¬ '      ±            §            §               ¨            -                     ¢         £             ̄   ¢        3   !  ̄  !     1   £               §   -               ̄        ¬      '                              £                    3   '         ¨  §          §               1      3   ¨  . . . '                   ̄     ° -         a         §          ¨             o       o          ̄   μ     μ        ¨         a            -                        ¨   ¨   -        oo       §      '            a   ¢                        o         §    ̄      ¬   §
                    • 006 4  μ    ¬      ¨         ¬   '  a          -                      [        ° -   £                    a ¬                  -        §     ̄     o      ¨      o    §                    ° -   '   a        oo   a      §     ' 3   ±               -        oo  -      3             ̄      '           ¨         ¨                  '           o               ¨    。。   μ           3a      o                3a           ° -   '  μ                  ¨     o       '         。。   μ   ' °       ̄   a   ±    。。        。。     。。    ¨         §  3a                 ¨   o       o        。。   a      ¨  '       '    ̄         a                       ° -      a                 §          -      a            £                       ° -      o               ¨        ¨ 3           ° -      a                ̄               a             ̄         a      ¨           ° -      §   a      a          ¬ '      ±            §            §               ¨            -                     ¢         £             ̄   ¢        3   !  ̄  !     1   £               §   -               ̄        ¬      '                              £                    3   '         ¨  §          §               1      3   ¨  . . . '                   ̄     ° -         a         §          ¨             o       o          ̄   μ     μ        ¨         a            -                        ¨   ¨   -        oo       §      '            a   ¢                        o         §    ̄      ¬   §
                    • 010 4  -   a   '      °   a      a        ¨         £            a      a              ° -      a      a         2      £   ¨   -                 ° -         §   a          ̄         3        - 2                     a            '  -。。   §         °      3  ' °            ¬   ¨              ¨                  '      £      '      £      ̄   1      ¨           £           £    ̄                     a                             -     - '                          ¬            °         ̄       a                            3   '                        ̄    ̄      a         ' 。。 μ      -            '                        a         '                   ̄        3  。。         3           μ    ¬    ̄  ¢ -               o  -      . . .  ±     - . . .            a      o                  3   1    ̄  £ ¨   '         3    ̄  - 2      a      -           °               - 2             ̄    ( /       )              §   . . .  ±    ̄   '                  -     -    ̄   . . .                   ̄                       ° -      a          ̄     ¶       。。     。。      !   !            -                 ¨      §        3   o            §      a   a         §                             a                ¬   ¨   a   £                  2  a      §      a      a              '         '                  §
                    • 030 4  3   £      ¬              °                    '            ¨         £      ¨          ̄         -     oo  -      ¨      a       a   £        a       -      -       (   ̄   -   -   13  °             1        §     )      3            ¨        oo     '      -      3   a          ¨   '  。。         £            -                  §               a               - . . .            °   £                        a  μ          '            -              3   ¨         -       ̄    。。   μ   ' °                        °         '      °   -           o '        §          £               §   -            a         §   ¨       。。   §       §                 §       '         3   ̄    -            ¨         '      °            '           ¨        §                   ̄             2  oo   a     o       -                  ¨  oo  -  - ¢            3                        §              ¬ '   -      -         ¨   ¬       a °                     '         a            a   ±     2¢  ± ±               -                  ̄               §   3      3   1   '  £ ¨                  3           !   !     §   -                           3   1                            ¨      '  2                          。。   ' -   §

                  • 009 4  大 ヒット したわけだ 。 厚 そうに 見 えるが 、 とても 読 みやすい から 半日 で 読 める
                    • 009 4  読 みやすい だけではなく 、 勇気 を 貰 える 、 励 みになる イイ 言葉 に 溢 れています

                  • 013一般 にそう 信 じられている 年齢 と 脳 の 関係 について 、 それは 全 くの 誤解 であることがこれを 読 むとよく 分 かります
                    • 059 4  そろそろ 忘 れっぽくなってるのを 年齢 のせいにしていた 今日 この 頃 ですが 、 『 そんなことはないんだ

                  • 014   これをよめば 20 歳 から 脳細胞 は 急激 に 破壊 されていく 、 脳細胞 は 増 えないなどの 固定観念 を 変 えることができると 思 います

                    • 015 4  「 脳 はいつでも 元気 一杯 」 や 「 大人 に 物忘 れが 多 いのは 情報 量 が 多 い 中 から 探 すため 」 など 『 そうだったんだ ! 』 と 元気 づけられる 話 や 、 勝手 に 物事 を 合理化 する 脳 のしくみなど 、 読 んでいる 間中 『 ふう ~ ん

                      • 015 4  ほんとにおもしろい ! 脳 の 話 とはいえ 、 対談 形式 で 進 んでいくので 読 みやすく 理解やすい 内容 です
                        • 004 4  ・ものとものとを 結 びつけて 新 しい 情報 をつくっていくことが 、 脳 のはたらきの 基本 です

                      • 017   この 書 は 単 なる 生命 の 神秘 や 脳 の 働 きを 解説 する ような 、 ある ある 大辞典的 なものではない

                        • 018 4  もちろん 、 本題 の 海馬 についても 章 を 追 って 進 められていくのですが 、 その 周辺 にまぶされた 糸井池谷 両氏 の 「 つぶやき 」 が 面白 いんです

                          • 020   糸井 が 言 うところの 「 クリエイティブ な 発想 」 を 持 つ 人間 こそが 優 れた 脳 の 持 ち 主 であるといわんばかりの 内容 になっていることには 閉口 せざるを 得 なかった

                            • 020   読者 の 大半 は 、 糸井 の ファン としてではなく 、 「 科学 」 入門書 として 手 に 取 るものと 思 われるのに 、 「 クリエイティブ ( 既 に 死語 だ ) 」 を 自認 する 糸井 の 価値観 や 人生 観 が 前面 に 押 し 出 されすぎ

                              • 022 4  へぇ ~ としばし 感心 したあと 、 結局何 が 大事 なんだっけ 、 という 頭 を リフレッシュ する ためにも 、 各章 ごとにまとめがあるのはありがたい

                                • 022 4  脳 のはたらき 、 という 本来 お 堅 い 内容 について 、 単 に 解説する というのではなく 、 二人 がそれぞれの 価値観 をざっくばらんに 語 り 合 う 対談 形式 をとっている 点 が ユニーク
                                  • 037 4  若手 の 脳 の 研究 者 の 池谷 祐二 と 、 コピーライター糸井 重里 の 、 脳 に 関 する 対談

                                • 023   素人専門家 に アプローチ して 同 じく 素人読者知識 の 門 を 開 くという 本 では ありません ( 例 えば 「 免疫学個人 授業 」 のような )

                                  • 023   海馬 についての 話 は , 実 はそれほど 分量 がなく , また , 雑然 と 脈絡 なく 出 てくるだけなので 知的好奇心 は 満 たされないという 人 が 多 いのではないでしょうか

                                    • 023タイトル と 良 い 評判 につられて 本書 を 現物 も 見 ないまま 購入 し , 後悔 していますので , 見 たいな 事 を 見 て 、 早速 その 手 の 人 の 参考 のために レビュー を 書 きます
                                      • 023タイトル と 良 い 評判 につられて 本書 を 現物 も 見 ないまま 購入 し , 後悔 していますので , 他 の 人 の 参考 のために レビュー を 書 きます

                                    • 024   科学 そのものにはあまり 突 っ 込 んでいませんので 、 その 辺 さらに 知 りたい 人 は 池谷 さんの 著作 などに 進 まれるといいと 思 います

                                      • 025対話 形式文章 というのは 、 軽 い 読 み 物 としては 良 いのですが 、 話 がそれたり 、 突 っ 込 みが 自分 の 感覚 と ズレ たりしている 部分 がどうしても 気 になるし 、 理論整然 と 理解 したいと 思 って 読 んでいると 、 どうも 説明 が 足 りないような 、 もう 少 し 掘 り 下 げて 欲 しいような 、 そんな 気 になります

                                        • 026   そしてこの 本 の 作者 / 池谷 裕二 さんに 興味 がわき 、 『 海馬 』 という 本 が 面白 そうだったので さっそく 読 んでみました

                                          • 029 4  「 脳 のことってほとんど 知 らないけど 、 ちょっと 興味 がある 」 人 と 、 「 相手 の 「 脳 」 について 、 学術的 な 裏 づけのある 池谷 氏 の 話 を 糸井 が 様々 な ユニーク なたとえ 話 をつけて 膨 らませていく 、 対談 形式 ならではの 読 みやすい 内容 になっています
                                            • 037 4  「 脳 のことってほとんど 知 らないけど 、 ちょっと 興味 がある 」 人 と 、 「 相手 の 面白 さを 引 き 出 す 会話 を 知 りたい 」 人 にはお 勧 めの 本 だ

                                          • 029 4  高年 の 方 で 、 自分 の 能力 、 特 に 記憶 についての 自信 を 失 いかけている 方 には 特 にお 勧 めです
                                            • 063 4  前著 「 記憶 を 強 くする では 」 実用化 に 前向 きであったが 、 本著 では 否定的 になっていた

                                          • 033   よく 、 自分 を 客観視出来 る 様心掛 けなさいと 言 われますが 、 いざやろうとしてみても 「 どうやって ? 」 と 頭 を 抱 えてしまうのは 常日頃誰 もが 痛感 している 事

                                            • 033糸井 の 話 の 展開 のさせ 方 が 絶妙 な タイミング と 、 全体 としてまとまりはないが 、 非常面白内容 になっている
                                              • 033 4  絶妙 な タイミング と 、 絶妙 な ニュアンス の 言葉 で 彩 られた 、 皆 の 為 の 優 しい 本
                                              • 063糸井 の 話 の 展開 のさせ 方 が 絶妙 で 、 全体 としてまとまりはないが 、 非常面白内容 になっている

                                            • 034 4  いぢわるな 読者 としていく 池谷 氏 が 解説 し 、 もっと もっと 池谷 先生糸井 先生 の 話 の 中 で 、 不慮 の 「 交通事故 」 というか 「 食 い 違 い 」 みたいなのが 出 てくれた 方 が 楽 しめた 気 がする
                                              • 003 4  ゆとりある 糸井 の 胸 を 借 り 、 裸一貫体当 たりで 人生 哲学 ( ? ) を 構築 していく 池谷 は 、 この 一冊 で 養老孟司 を 越 えたのではとさえ 思 う
                                              • 043対談 者 の 片方 、 池谷 氏 は 東京大学薬学部 の 助手 であり 、 押 しも 押 されもせぬ 脳 の 専門家 である
                                              • 053 4  話 の 流 れは 脳 の 機能 や 仕組 みについて 池谷 氏 が 解説 し 、 それを 糸井 が 実際 の 生活 や 生 き 方 という 形 で 肉付 けしていくという 形式 でした

                                            • 035池谷 先生糸井 も 自身 のそういう 稀有 な 才能 を 、 中身 の が 薄 い 対談 本 やら 監修本 やらで 使 い 回 して 才能 の 無駄遣 いをしないよう 期待 したいですね
                                              • 035池谷 氏 も 自身 のそういう 稀有 な 才能 を 、 中身 の 薄 い 対談 本 やら 監修本 やらで 使 い 回 して 才能 の 無駄遣 いをしないよう 期待 したいですね
                                              • 067情報必要 か 不要 かを 判断 する ) の 研究池谷 裕二 と 、 コピーライター 糸井 重里 との 、 対話文章 化 した 本

                                            • 035池谷 氏 が 興味 深 い 脳 の 話 をして 盛 り 上 がってきたときに 、 糸井 さんの 「 俺 って 感性鋭 いでしょ 」 的 な 例 え ( 脳 って ハリウッド に 似 てますよね 、 みたいな・・ ) で 、 話 の 腰 を 折 るって パターン が 延々 つづく
                                              • 057 4  nbsp ; 池谷 氏 が 色々 な 脳 に 纏 わる 図像 や テストシート を 提示 しながら 、 具体的 に 脳 の 働 きについて 説明 してくれているので 納得 できてわかりやすい

                                            • 035 4  難 しい 脳 の 最先端 の 研究 を 聞 き 上手 な 聞 き 手 が 噛 み 砕 いて 聞 き 出 す 、 みたいな 対談 パターン を 期待 してる 人 は 、 無理 にこの 本 を 読 まなくても 池谷 氏 の 他 の 著作 をお 勧 めします
                                              • 043対談 者双方 は 、 異業種 の 交流 と 言 うことでお 互 い 大 いに 刺激 を 受 けたようだが 、 我々 、 少 なくとも 私 が 読 みたかったのは 、 脳 についての 話 で 、 雑談 ではなかった
                                              • 060 4  しかし 、 この 二人対談 は 、 脳 や 人間 について 、 それぞれが 専門 の 立場 から 鋭 くわかりやすく 話 している

                                            • 039糸井 重里 という フィルター を 通 してしまうと 、 どういうわけか 全 て 糸井 重里色 になってしまうところがある
                                              • 034糸井 重里 という フィルター を 通 してしまうと 、 どういうわけか 全 て 糸井 重里色 になってしまうところがある

                                            • 039 4  ただ 、 私 が 読 む 前 にいろんなこの 本 についての 情報 から 得 たよりも 、 「 糸井 さんは 若 い ! 」 ということに 気 がついてしまったのです

                                              • 039 4  まず 、 これを 友達 から 紹介 されたとき 「 ポジティブ になれるよ ~ 」 とかそんな 前向 き 思考 を インプット されてから 読 みました
                                                • 008 4  ポジティブ シンキング って 何 よ ? と 斜 めから 見 がちな 人 にもお 勧 め 出来 ます

                                              • 040糸井 重里 と 池谷二氏 ( 科学 者 ) が 脳 についてお 喋 りをした 本 糸井 の 素朴 な 質問 は 尽 きる 事 が 無 い . 僕 は 彼 を ド 素人 の 達人 と 呼 びたい . これほど 身近 な 話題 から 科学 を 考 え 始 める 人 は , 中々 いないでしょう . 正直 , 私 は 「 この 場 は 大丈夫 なのか ? 」 と 心配 しました ( 笑 ) . が , 糸井この 姿勢 は , 最後 まで 続 く . これに 対 し 池谷 氏 は 科学 の 立場 から 的確 に 知識 を 提供 する 中 で , 糸井 との 会話 に 興奮 していく 様子 だ . 彼 の サービス 精神 , キラリ と 光 る 頭 の 良 さを 無 くして , この 対談 は 成 り 立 たなかったでしょう . 素晴 らしい 対談 なので , 皆様 も 是非 , お 試 しになってください .
                                                • 026 4  早 く 読 み 進 めたいので 速読 も 勉強 しようと 思 っています こんな 風 に 私 が 努力 をしていたせいなのか 子供 は 就職先 が 決 まりました 池谷 さんにお 礼 が 言 いたい 気持 ちでいっぱい です ちなみに 家 の 中 は 片付 いておりません ( ーー ; )

                                              • 043   しかし 、 本書 は 、 良 くも 悪 くも 新進気鋭 の 学者コピーライター との 対談 集 であり 、 それ 以上 の 物 ではない 事 を 、 強調 しておきたい

                                                • 043   そして 、 この 本 の 不幸 は 、 脳 に 関 しては ズブ の 素人 である 糸井 が 、 専門家 である 池谷 氏 の ” 聞 き 役 ” に 回 らず 、 頭 の 使 い 方 の 「 先輩 」 として 対等 な ” 話 し 手 ” になってしまったことにある

                                                  • 043   それだけならまだ 良 いのだが 、 困 るのは 読者 として 「 こういう 事 が 読 みたかった ! 」 という 話 を 池谷 氏 がし 始 めた 場面 で 、 たびたび 糸井関係 ない 話 をし 出 して 、 話 を 脱線 させてしまうことだ

                                                    • 043   著者 お 二人 の ファン の 方 にはお 薦 め 出来 るが 、 それ 以外 の 方 には 池谷 氏 の 書 かれた 脳 の 専門書 の 方 が 得 るところが 大 きいのではないかと 思 う

                                                      • 043 4  sp ; 「 脳 は 使 わなきゃいけないものだ 」 と 、 ため 息 まじりに 思 ってましたが 脳 は 決 して 疲 れることはあまり 無 い 脳 が 本当 に 活躍 しはじめる のは 30 代 から 脳 は 使 い 尽 くすことが 出来 る などなど 現場 の 研究 者 である 池谷 さんの 最新事実 に 裏打 ちされた 情報 と 、 それを 使 い 慣 れた 言葉 でまとめて 届 けてくれる 糸井 さんの 組 み 合 わせで 教 えてくれる 本書 を 読 んで 「 脳 を 使 うことが 楽 しくなった 」 ・・・というか 、 「 脳 を 使 いたくてしょうがない 」 といった 方 が 良 いかも
                                                        • 043 4  当然 、 学者 ではない 糸井 には 脳 について 話 すべきことはあまり 無 いので 、 池谷 氏 の 発言 を 気 の 利 いた 言葉 で 置 き 換 えてみたり 、 あるいは 池谷 氏 の 発言 を 自分人生 談 に 引 き 寄 せてみたりする

                                                      • 043 4  頑張 るのも 大事 だけど 、 少 し 肩 の 半分以上 を 抜 いて 軽 く 受 け 流 す 事 も 大事 なんだなと 本書 から 学 びました
                                                        • 043 4  詳 しく 数 えてはいないが 、 本書 の 半分以上 を 糸井 の 発言 が 占 めているのではないだろうか

                                                      • 045   ↓ ・やっているうちに 興味 が 湧 いたり 興奮 したりして 側座核 ( そくざかく ) の 神経 細胞 が 刺激 を 受 け 、 次第 にやる 気 が 出 てくる

                                                        • 045 4  つまり 、 何 も 行動 を 起 こしていない 状態 では 「 やる 気 」 が 起 こらないのは 当然 であり 、 何 かをやる 前 にやる 気 が 出 ないと 悩 むことはあまり 意味 が 無 いことになります
                                                          • 045 4  つまり 、 何 も 行動 していない 状態 では 「 やる 気 」 が 起 きないのは 当然 であり 、 何 かをやる 前 にやる 気 が 出 ないと 悩 むことはあまり 意味 が 無 いことになります

                                                        • 045 4  結果 として 、 本書 は 全編 を 通 して 、 痒 いところに 後少 しで 手 が 届 かない 、 という ストレス に 満 ちた 物 になってしまった 気 がする
                                                          • 043 4  結果 として 、 本書 は 全編 を 通 して 、 痒 いところに 後少 しで 手 が 届 かない 、 という ストレス に 満 ちた 物 になってしまった 気 がする
                                                          • 045 4  - レビュー をすべて 見 る 本書 を 読 んで 、 ああそうだったのかと 納得 しました

                                                        • 046   本書 の 主題 は 、 脳 のしくみの 解説 ではなく 、 ( 脳 の 性質 になぞらえて ) 我々どの ように 生 きるべきか 、 という 部分 であると 思 います ( その 意味 では 、 自己啓発書 ですかね ? ) 「 脳 は 疲 れない 」 「 やりはじめないと 、 やる 気 はでない 」 など 、 すぐに 役立 つ ヒントいっぱい です

                                                          • 046   この おかげで 僕 たちも 、 池谷 氏 の 脳 についての 知識 をより 深 く 理解 できるようになっています

                                                            • 046 4  ( この ような 入門知識 であれば 、 同 じ 池谷 氏 の 『 進化 しすぎた 脳 』 の 方 がよいでしょう ) むしろ 、 本書 の 魅力 は , 脳 の 機能 にも 似 た 、 一見異 なる 事象 がつなぎ 合 わされていく 様子 を ライブ に 感 じられることでしょう
                                                              • 035 4  ( ちなみに 対談 中 に 糸井 は 、 その 手 の 対談 本 にする つもりはなかったと 自己弁護 ? してます ) その 方 が 中身 も 濃 いし 、 池谷 氏 は 上手 な 聞 き 手 なしでも 分 かりやすい 説明 が 天才的 にうまい 人 ですから
                                                              • 046 4  ( この ような 入門知識 であれば 、 同 じ 池谷 氏 の 『 進化 しすぎた 脳 』 の 方 がよいでしょう ) むしろ 、 本書 の 魅力 は 、 脳 の 機能 にも 似 た 、 一見異 なる 事象 がつなぎ 合 わされていく 様子 を ライブ に 感 じられることでしょう

                                                            • 048内容 は 、 対談 方式 をとっていますが 、 科学 専門家池谷 センセイ の エッジ の 効 いた シンプル な 素顔 が 、 所々 にあらわれて 、 糸井先生 の 意図的 なのか 、 たまたまなのか
                                                              • 037 4  それは 、 池谷 祐二 の 学者 らしくない キャラクター によるところもあるが 、 多 くは 、 糸井 重里 の 合 いの 手 や 言 い 換 えによるところが 大 きい

                                                            • 052 4  『 人間 は 、 30 から 頭 が 良 くなる 』 『 脳細胞 が 入 れ 替 わっていると 人間 の ネットワーク について 』 『 頭 がよいと 言 うことはどういうことか ? 』 等 、 脳 について 、 今 まで 考 えていた 既成概念 が 崩 れていきます
                                                              • 052 4  『 人間 は 、 30 から 頭 が 良 くなる 』 『 脳細胞人間 の ネットワーク について 』 『 頭 がよいと 言 うことはどういうことか ? 』 等 、 脳 について 、 今 まで 考 えていた 既成概念 が 崩 れていきます
                                                              • 058この 本 で 、 情報 の 選別 を 担当 している 海馬 だけは 、 細胞 が 入 れ 替 わっていると 知 りました

                                                            • 053 4  読 み 終 わったあと 、 「 脳 は 安定化 の 方向 に 向 かうから 、 自分 はこう 思 い 込 んでいるみたいだぞ 」 とか 、 自分 の 心 の 動 きと 脳 の 作用 を 結 びつけてみたりして 、 これはこの ような 本 の 魅力 にはまってしまった 証拠 なのでしょうか ・ ・ ・
                                                              • 053 4  読 み 終 わったあと 、 「 脳 は 安定化 の 方向 に 向 かうから 、 自分 はこう 思 い 込 んでいるみたいだぞ 」 とか 、 自分 の 心 の 動 きと 脳 の 作用 を 結 びつけてみたりして 、 これはこの 本 の 魅力 にはまってしまった 証拠 なのでしょうか ・ ・ ・

                                                            • 055 4  それはそのまま 読者 であるひとりひとりの 脳 に 新 たな 刺激 を 与 えてくれているような 、 からだで 感 じるはじめての タイプ の 脳 に 効 く 本 かもしれません
                                                              • 028 4  本 を 読 むときも 、 仕事 で 人 に 何 かを 伝 えようとする ときも 、 これまでと 違 った 脳 の 使 い 方 ができるかもしれない
                                                              • 032 4  生 きていく 上 でいかに 脳 の 機能理解 した 上 で 効率的 に 使 うか 面白 いほどわかりました

                                                            • 056   さらにつっこんだ 知識 を 望 むのであれば 、 池谷二氏 や 大木幸介氏 の 科学 に 関 する 本 を 読 むとよいと 思 われる

                                                              • 056   ュー をすべて 見 る 科学 の 最前線 にいる 医学者 が 実 は 落 ちこぼれであったというような エピソード や 、 睡眠大事 さ 、 モチベーション の 維持方法 など 、 大脳 の 大枠 の 話 として 十分 に 楽 しめた

                                                                • 057   でも 、 この 本 の 特筆 すべきところは 、 この 2 人 の 対談 者 の 個性 から 出 てくる 前向 きな 考 え 方 だと 思 う

                                                                  • 057池谷 氏 が 頭 の 良 くなる 薬 を 発見 しいそうになって 、 政治的倫理的 リスク が 高 とか 、 「 30 歳 いから 研究 を ストップ した 話 や 、 自然界 では 朝鮮人参 がそれに 似 た 働 きをする なんて 話 も 面白 いが 、 糸井自分 でも 語 る 手塚治虫氏 や 宮崎駿氏 ( 1 日 19 時間 休 みなしで 働 くそうな ) 突 き 抜 けた 天才 の 話 も 興味 深 い
                                                                    • 021 4  著者 の 一人 、 池谷 さんは 東大 の 先生 なのに 中学 1 年生 まで 劣等生 で 、 今 でも 度忘 れが 激 しいそうで 親近感 ! 「 年齢 とともに 脳 は 衰 える 」 という 通説 は 大間違 いとか 、 「 30 歳 から 人間 はますます 賢 くなる 」 など 、 楽 しくて 励 まされる 本
                                                                    • 057池谷 氏 が 頭 の 良 くなる 薬 を 発見 しそうになって 、 政治的倫理的 リスク が 高 いから 研究 を ストップ した 話 や 、 自然界 では 朝鮮人参 がそれに 似 た 働 きをする なんて 話 も 面白 いが 、 糸井 が 語 る 手塚治虫氏 や 宮崎駿氏 ( 1 日 19 時間 休 みなしで 働 くそうな ) 突 き 抜 けた 天才 の 話 も 興味 深 い

                                                                  • 058   本論 とは 関係 が 薄 くなります ! が 、 糸井 さんが 自 らの 「 聞 く 技術 」 について 語 る 部分 も 参考 になりました

                                                                    • 058脳細胞 の ネットワーク での 「 適切 な 刺激 」 を 考 えられたら 楽 しいな 、 ヒト の ネットワーク も 、 ただ 材料 があるだけではだめなのですね
                                                                      • 058 4  その ネットワーク での 「 適切 な 刺激 」 を 考 えられたら 楽 しいな 、 と 思 いました

                                                                    • 060   往々 にして 、 異分野 の 人 どうしの 対談 だと 、 話 がかみ 合 わず 、 消化不良 になる

                                                                      • 060 4  暗記 のときは 、 手 で 書 き 、 声 に 出 しながらやった 方 が 効果 があると 、 よく 言 われるが 、 なぜそうすべきなのか 、 よくわかった

                                                                        • 061   私 はまだ 40 だがまだ 勉強 し 、 旅行 し 、 新 しい 遊 びに 挑戦 して 海馬 を 増大 させ 、 普通 の 人 のせいぜい 20 万倍 くらい 頭 がよくなりたいものだ

                                                                          • 062   大脳 だけが 脳 か ? 実 は 末梢神経 まで 含 めるべきじゃないのか ? なんか パソコン の CPU だけ 見 て 「 優 れた PC ですね 」 と 言 ってるよう

                                                                            • 063   素人 相手 の 対談 であるため 、 「 記憶 」 について マクロ な 視点 から 語 られるが 、 その 分本質的 な 部分 が 見 えやすくてためになる

                                                                              • 063   その 過程 で 重要 なものとそうでないものを 自動的 に 峻別 し 、 重要 なものを 側頭葉 に 送 り 記憶 する

                                                                                • 063 4  これまで 個人 的 に 読 んだことのない 分野 でしたが 、 かわいい イラスト とわかりやすい 対談 形式 で 、 楽 しく 読 めました
                                                                                  • 063 4  「 記憶 」 そしてそれを 生 み 出 す 「 海馬 」 を 中心 に 、 対談 形式人間 全般 について 語 られる
                                                                                  • 066 4  これまで 個人 的 に 読 んだことのない 分野 でしたが 、 かわいい イラスト とわかりやすい 対談 形式 で 、 楽 しく 読 めました

                                                                                • 067 4  海馬 を 始 めとする 、 脳 のいろいろについて 、 いわば 読者 代表 のような 糸井 重里 が 、 専門家 である 池谷 裕二 と 対話 し 、 おもしろい 話 を 引 き 出 している
                                                                                  • 039 4  逆 に 、 池谷 さん 、 もう 少 し 糸井 さんのような 見方 もしてね ! というような 感 じもしました
                                                                                  • 081 4  とは 言 えみな 日常 に 近 い 話題 が 多 く 、 又 、 糸井 さんが 身近 なものに 言 い 換 えようとしているので 、 頭 に 入 りやすかったです

                                                                                • 069   本 の タイトル から 一見難 しく 見 えますが 、 実 は 日常出来 事 を 取 り 上 げ 、 本当 に 読 みやすい ! そんな 本 です

                                                                                  • 070 4  なんとなく 考 えている 脳 に 対 する イメージ とは 違 った 事実 も 多数 でてくるので 、 目 から ウロコ なこと 間違 い 無 しです
                                                                                    • 009 4  毎日 、 ちょっとした 気遣 いが 脳 を 鍛 える 、 それを 知 ることが 出来 たのはとても 良 かった

                                                                                  • 071 4  脳研究 の 原始的 な 実験 / 調査例 がのっていて 、 それに 関 して 糸井 と 池田氏 の 対談 が 進 むのだが 、 なるほど ? という 感 じのものもあるが 、 なんと なく 腑 に 落 ちない 点 もだいぶあります
                                                                                    • 071とにかく 切 り 口 は 斬新 な 感 じを 受 けましたが 実験 / 調査例 が 原始的 なものだけに 何 かが 足 りないんですよ

                                                                                  • 073   「 似 ているけれど 、 因果関係 は 分 かりません 」 とでも 言 うべではないだろうか 、 とぼくは 思 う

                                                                                    • 073   もしかしたら 池谷 氏 は 、 この 本 の 企画意図 ( 糸井 重里氏 の 投 げかけに 対 して 、 脳研究 の 成果 の 中 から 肯定的 なものを チョイス して 当 てはめるということ ) に 、 過剰 にとらわれてしまったのではないだろうか ? 読 んでいる 間 、 ずっと 違和感 がぬぐえない 本 だった

                                                                                      • 075 4  あとは 、 海馬 ならびに 右脳 を 鍛 えるには 見知 らぬ 土地 で 知 らない 人 と 話 たりする など 新規開。
                                                                                        性 のある 行動 だとありましたので これから ドンドン 新 しい 出会 いを 創 り 右脳 を 活発 にして 直観力 を 鍛 えたいと 思 います
                                                                                        • 034 4  老化 を 感 じつつある 人 、 毎日 ツマラナイ と 思 っている 人 、 一読 をおすすめします
                                                                                        • 075 4  脳 はべき 乗 に 良 くなっていく ( 海馬 ) ・・・それでいて 疲 れ 知 らずときたもんだ ! いくらこれから 年 を 重 ねていくにしても 。老化 する だけではないんだな 、 と

                                                                                      • 077   」 などと 言 った 自己啓発本 が 溢 れていますが 、 それらの 人達 がやって 来 た 事 、 習慣 としている 事 などを 科学 的 に 証明 してくれたと 思 う

                                                                                        • 077   ュー をすべて 見 る 世 の 中 には 多 くの 「 成功 する ための ○ ○ 、 成功者 の ○ ○ 、 成功 する 人 は ○ ○

                                                                                          • 080 4  」 と 反省 しているのは 、 脳細胞 はありあまっている ・ 年 をとるほど 、 頭 は 良 くなる ・やりすぎが 天才 を 作 る ・ 人 は 足 し 算 ではなく 、 かけ 算 で 天才 になる などなど 、 脳 に 対 する 誤解 を 解 き 、 新 しい 可能 性 を 開 いてくれそうな キーワード がたくさんです
                                                                                            • 058 4  ; 二日酔 いで 苦 しい 思 いをしているとき 、 毎回 「 ああ 、 これでまた 脳細胞 が 10 万個死 んでしまったな
                                                                                            • 080 4  ・ 脳細胞 はありあまっている ・ 年 をとるほど 、 頭 は 良 くなる ・やりすぎが 天才 を 作 る ・ 人 は 足 し 算 ではなく 、 かけ 算 で 天才 になる などなど 、 脳 に 対 する 誤解 を 解 き 、 新 しい 可能 性 を 開 いてくれそうな キーワード がたくさんです

                                                                                          • 081   科学 は 発展途上 の 学問 で 、 体系 と 呼 べるものが 何一 つできていないこと 、 「 意識 」 に 関 する 科学 的知見 は 全 く 固 まっていないこと 、 を 頭 に 入 れて 注意 しながら 読 めば 、 日常 で 役 に 立 つ 好著 と 言 えるでしょう

                                                                                            • 081   内容 は 錯視 、 海馬 、 扁桃体 、 人参 に 対応 する 神経 、 可塑性 など 、 一般 的 な 内容 + α で 、 手軽 な 「 脳本 」 の 中 では 本格的 な 説明 がついた 骨 のある 本 と 言 える

                                                                                              • 081   逆 にまだわかっていない 事柄 を 糸井 さんが 聞 くと 、 池谷 先生 の 口数 が 減 り 慎重 になっているのがわかるので 、 変 な 誤解 、 妄信 は 招 かないようになっていたと 思 います

                                                                                                研究 開発