High-Profile talking







newsplus 要約

Amazonレビュー 要約

価格.com レビュー 要約

アットコスメ レビュー 要約

食べログ レビュー 要約

楽天レビュー 要約

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約

Splog Filter


Amazon.co.jp: カスタマーレビュー: 海馬—脳は疲れない (新潮文庫)


池谷 池谷氏 池谷裕二 対談 裕二 脳科学 糸井氏 科学 池谷さんの 学者 本書 者の池谷 池谷さんが 記憶力 知識 科学者 である池谷 対話 形式 脳科学者 科学的 記憶 単行本 専門家 刺激 研究者 一冊 天才 部位 学的 神経細胞 勇気 素人 bsp 内容 海馬について 日常 納得 面白 機能 興味 解説 会話 対談形式 能力 氏の対談 読んで 興味深 理解 非常 との対談 重要 情報 方法 経験 体験 整理 部分 自分 勉強 自身 言葉 人間 説明 人生 意外 質問 十分 仕組みを 読者 元気 効果 必要 二人 研究して 発見 コピーライター 可能 普段 ーライ 関係 生活 上手 30 本当 世界 実際 ネットワーク 色々 先生 意味 対して 研究している 仕事 ネット テーマ 組み合わせ 出来 思いま 考える
大きい 6%     易い 11%     興味深い 8%     賢い 4%     やすい 27%     面白い 26%     難しい 8%     若い 4%     深い 6%     よい 18%     多い 14%     坐る 4%     せる 24%     読む 55%     過ぎる 9%     生み出す 4%     なく 8%     語る 6%     使う 14%     起こる 6%     しゃべる 4%     続ける 6%     なるほど 4%     むしろ 6%     どういう 4%     どんどん 8%     決して 4%     より 6%     そういう 9%     既に 4%     とても 14%     あまり 11%     当然 4%    

  • Total Integration
    • 0nbsp ; 専門家言葉 をフツーの言葉 に翻訳する名手、糸井 重里が東大首席卒業の新進気鋭 の脳研究家池谷 祐二に「脳を究める」について聞く対談 本です 本書 で明かされる脳の話だが、専門知識知らな いことばっかりで、それをここに書いたら「本」になってしまうくらいのもの 池谷 氏は、小さい頃、九九もできず、漢字も覚えられないという 現実にぶつかり悩んでいた時期でした 記憶 のメカニズムをしることで 「な〜んだ、そんなことだったのか」と思える ようになったのは私だけど、 脳は疲れないというのがおもしろい 脳の話なんて、普段会話 には、単なる暗記(WHAT記憶 )と方法 暗記(HOW記憶 )があるらしい 「頭がいい」とか「独創的である」あるいは「名人の極意」「センス」というのが、 この方法 暗記(HOWの記憶経験 メモリー)の組み合わせ でできているということで、 そくるか!」と楽しめたし「脳」とういうものもテクノロジーであって「学べる」ものだということには驚いた 発想力や想像力も方法 記憶 の話になるわけではない”という上の一文を読みながら、「自分 の年齢に関係 なく新しい 記憶ネット ワーク を つくることが、クリエイティビティということ、と言うくだりには唸ってしまった 大事なことは、幾つになってもどんどん 伸びるよなぁと思ってい たので、自分 にとって何が快適なのか」 「しあわせとはどういう ものか」ということを考えないと 「何が面白 のか」もわからない そう考えていくとボディと世界 観が初めてジョイントするという ただ、科学 のお勉強対談 集としてはすごく元気 と希望のでる話だ すごいな〜、人間 のポテンシャルって!!!

  • 001 &nbsp ; 池谷 氏 は 、 小 さい 頃 、 九九 もできず 、 漢字 も 覚 えられなかったというのがおもしろい

    • 001 &nbsp ; 発想力 や 想像力 も 方法 記憶 の 話 になるわけで 、 新 しい 記憶ネット ワーク を つくることが 、 クリエイティビティ ということ 、 と 言 うくだりには 唸 ってしまった

      • 001 4&nbsp ; 池谷 氏 が 興味 深 い 脳 の 話 をして 盛 り 上 がってきたときに 、 糸井 さんの 「 俺 って 感性鋭 いでしょ 」 的 な 例 え ( 脳 って ハリウッド に 似 てますよね 、 みたいな・・ ) で 、 話 の 腰 を 折 るって パターン が 延々 つづく
        • 002 4&nbsp ; 池谷 氏 が 興味 深 い 脳 の 話 をして 盛 り 上 がってきたときに 、 糸井 さんの 「 俺 って 感性鋭 いでしょ 」 的 な 例 え ( 脳 って ハリウッド に 似 てますよね 、 みたいな・・ ) で 、 話 の 腰 を 折 るって パターン が 延々 つづく

      • 001 4&nbsp ; 本書 で 明 かされる 脳 の 話 だが 、 専門知識 は 知 らないことばっかりで 、 それをここに 書 いたら 「 本 」 になってしまうくらいのもの
        • 060 4&nbsp ; 難解 に 思 える 脳 の 話 だが 、 専門知識 がない 人間 でも 興味 深 く 読 むことができる

      • 001 4&nbsp ; 大事 なことは 、 幾 つになっても 「 自分 にとって 何 が 快適 なのか 」 「 しあわせとはどういう ものか 」 ということを 考 えないと 「 何 が 面白 いのか 」 もわからない
        • 028 4&nbsp ; あまり 難 しく 考 えないで 、 軽 い 読 み 物 として 時間 が 空 いたときにお 手軽 に 読 むのに 適 しています

      • 002 &nbsp ; 池谷 氏 も 自身そういう 稀有 な 才能 を 、 中身 の 薄 い 対談 本 やら 監修本 やらで 使 い 回 して 才能 の 無駄遣 いをしないよう 期待 したいですね

        • 002 &nbsp ; 池谷 氏 も 本心 からか 気 を 使 ってるのか イチイチ それに 感心 してみせて 、 読 むほうは シラ けてしまいました

          • 002 &nbsp ; 難 しい 脳 の 最先端 の 研究 を 聞 き 上手 な 聞 き 手 が 噛 み 砕 いて 聞 き 出 す 、 みたいな 対談 パターン を 期待 してる 人 は 、 無理 にこの 本 を 読 まなく ても 池谷 氏 の 他 の 著作 をお 勧 めします

            • 002 4&nbsp ; 著名人 と 科学 者 の 対談 の 組 み 合 わせとしては 、 最近 では 羽生善治氏 と 金出武雄氏 の 対談 を 収録 した 『 簡単 に 、 単純 に 考 える 』 が 知 られているが 、 本書糸井言葉 の プロ であることで 、 池谷 氏 は 上手 な 聞 き 手 なしでも 分 かりやすい 説明 する 科学 データ を 一般 の 出来 事 に 喩 えて 確認 する 作業 が 抜群 にうまいため 、 この 2 人 の 組 み 合 わせは 絶妙 である
              • 007 4&nbsp ; 著名人 と 科学 者 の 対談 の 組 み 合 わせとしては 、 最近 では 羽生善治氏 と 金出武雄氏 の 対談 を 収録 した 『 簡単 に 、 単純 に 考 える 』 が 知 られているが 、 本書糸井言葉 の プロ であることで 、 池谷 氏 の 説明 する 科学 データ を 一般 の 出来 事 に 喩 えて 確認 する 作業 が 抜群 にうまいため 、 この 2 人 の 組 み 合 わせは 絶妙 である

            • 003 4&nbsp ; 内容 の 一部 を 紹介 すると 、 30 歳程度 を 境 に 頭脳 の 発達 する 部分 がかわるため 、 30 歳以降 でも 十分能力 を 伸 ばすことが 可能 な 点 や 、 刺激 によって 海馬 の 細胞 が 増殖 することなど
              • 003 4&nbsp ; ↓ ・やっているうちに 興味 が 湧 いたり 興奮 したりして 側座核 ( そくざかく ) の 神経細胞刺激 を 受 け 、 次第 にやる 気 が 出 てくる

            • 003 4&nbsp ; つまり 、 何 も 行動 していない 状態 では 「 よーし 、 もっと 楽 しく 歳 をとってやるぞ ! 」 っていう 気 」 が 起 きないのは 当然 であり 、 何 かをやる 前 にやる 気 が 出 ないと 悩 むことはあまり 意味 が 無 いことになります
              • 046 4&nbsp ; むしろ 「 よーし 、 もっと 楽 しく 歳 をとってやるぞ ! 」 っていう 気 になってくる

            • 004 &nbsp ; 人文学的糸井 重里 と 科学 を 考 える 池谷 祐二 の 対話 はかみ 合 わないのは 当然

              • 004 4&nbsp ; それが 素人 だから 仕方 ないということになるのかもしれないが 、 どこまでが 科学 を 知 った 人 だったら 的確 に 正 しいのか 話 を 聞 いているうちに 分 からなく なってきた
                • 004 4&nbsp ; それが 素人 だから 仕方 ないということになるのかもしれないが 、 どこまでが 科学 的 に 正 しいのか 話 を 聞 いているうちに 分 からなく なってきた

              • 005 4&nbsp ; 糸井 さんと 池谷 さんの ホワーン としたやりとりがなんともいい 感 じで 、 内容 的 にも 易 しく 噛 み 砕 いて わかりやすかったです
                • 005 4&nbsp ; 池谷 さんの 語 り 口 が 、 夢 があるというかとても キラキラ してて ステキ だなーと 思 いまして 、 ファン にな りました

              • 007 &nbsp ; 本書 でいう 海馬 ( かいば ) とは 、 脳内 の 記憶 を 制御 する 部位 を 指 す

                • 007 &nbsp ; ほぼ 全 てに 科学 的根拠 となる 研究 データ 、 または 引用文献 が 紹介 されていて 、 一般的 な 学習法 を 紹介 する 書 と 比較 しても 群 を 抜 く 完成度 であり 、 本書 の 中 にこそ 望 ましい 勉強 法 の ヒント が 満載 されている

                  • 007 &nbsp ; 人 の 思考 を 決定 している 因子 で 重要 なものが 、 記憶 情報 であるという 観点 から 、 これを 司 る 海馬研究 の 立場 から 述 べ 、 それをわかりやすく 他 の 言葉 に 置 き 換 えて 解説 している

                    • 007 &nbsp ; 海馬 についてさらに 詳細 に 学 びたければ 、 重複 は 多 いが 池谷 氏 の 『 記憶 を 強 くする 』 がお 勧 め

                      • 007 4&nbsp ; 池谷 さんの 切 り 口 も 面白 いけれど 、 それを 引 き 出 す 糸井 さんが 最高 ! この 二人 の ハーモニー でこんな 素敵 な 本 が 生 まれたのです
                        • 008 4&nbsp ; 池谷 さんの 切 り 口 も 面白 いけれど 、 それを 引 き 出 す 糸井 さんが 最高 ! この 二人 の ハーモニー でこんな 素敵 な 本 が 生 まれたのです

                      • 008 &nbsp ; 池谷 さんのほかの 著書 を 読 んだら 、 正直言 って この 本 ほどは 面白 くなかったので・・・

                        • 009 &nbsp ; この 章 が 、 この 3 年間 に 内容 が 陳腐化 していないことを 保証 する 役目 をして 、 この 本 を 前 にも 増 して 生 き 生 きさせた

                          • 009 &nbsp ; 1 ) 脳 の 研究者池谷 さんと 、 何 にでも 興味 を 示 す コピーライ ター糸井 という 異例 の ペア が 「 脳 」 について 語 りあったもの

                            • 009 4&nbsp ; 敢 えて 減点材料 を 挙 げるとすれば 、 糸井 がしゃべりすぎかなと 思 える 部分 や 少 し 脱線 している 部分 、 喩 え 話 が 的 をはずしている 部分 がある 点 か
                              • 007 4&nbsp ; 敢 えて 減点材料 を 挙 げるとすれば 、 糸井 がしゃべりすぎかなと 思 える 部分 や 少 し 脱線 している 部分 、 喩 え 話 が 的 をはずしている 部分 がある 点 か

                            • 009 4&nbsp ; 旅 が 脳 によい 、 とか 、 累乗 で 能力 は 上 がる 、 とか 、 30 から 頭 はよくなる 、 とか . . . 読 んでよかったです
                              • 006 4&nbsp ; 旅 が 脳 によい 、 とか 、 累乗 で 能力 は 上 がる 、 とか 、 30 から 頭 はよくなる 、 とか . . . 読 んでよかったです
                              • 040 4&nbsp ; と 思 う 点 もあったのだけど 、 脳 は 疲 れないというのは 本当 なのか ? というのは 気 になる

                            • 009 4&nbsp ; 3 ) この 対談 は 、 研究者 である 池谷 さんは 、 「 脳 」 について 深 いところまで 研究 していろいろな 事実 を 知 っている
                              • 057 4&nbsp ; それがいろいろな 面 から 語 られるのですが 、 どれもこれも 思 い 当 たる 節 のあるような 話 ばかりです

                            • 010 &nbsp ; 今回文庫化 されて 、 さらに 気軽 に 読 める 、 お トク 感 の 高 い 一冊 になりました

                              • 010 4&nbsp ; 実際 、 私 も “ 『 年 を 取 ったからもの 忘 れをする 』 わけではない ” という 上 の 一文 を 読 みながら 、 「 自分 の 年齢 に 関係 なく 、 新 しいことを 始 めてみればいいじゃん 」 と 、 勇気 づけられたのを 覚 えています
                                • 010 4&nbsp ; 『 「 年 を 取 ったからもの 忘 れをする 」 というのは 、 科学 的 に 間違 いなんです

                              • 010 4&nbsp ; つまりこの 本 の テーマ は 「 脳 の 使 い 方 がわかると 、 もっと 素敵 に 生 きられるんじゃないか ? 」 ということ
                                • 057 4&nbsp ; 内容 のほとんどは 、 脳 の ソフトウェア としての 機能解説 に 費 やされています

                              • 011 &nbsp ; る 本書 は 、 池谷 氏 と 糸井対談 を 書籍 にまとめたものである

                                • 012 4&nbsp ; bsp ; 脳 の 話 というと 難 しそうな 気 がするけれど 、 著者 の 二人対談 形式 で 文章 ごとに 簡潔 なまとめが 進 んでいくので 、 とても 分 かりやすく 、 面白 いです
                                  • 033 4&nbsp ; 対談 集 なので 気楽 に 読 めますし 、 章 ごとに 簡潔 なまとめが 付 いているので 、 あとで 「 復習 」 するのに 役 に 立 ちます

                                • 013 &nbsp ; 頭脳 の 衰 えに 対 する 不安 が 消 え 、 むしろ 可能 性 は 無限大 だと 思 いました

                                  • 013 4&nbsp ; ・ 30 歳 を 超 えてから 、 つながりを 発見 する 能力非常 に 伸 びる ・ 脳細胞 は 一秒間 に 1 個死 んでゆくが 、 一生 かけても 使 い 切 れない 程 、 残 っている ・ 側坐核 の 神経細胞 が 活動 することでやる 気 が 出 る
                                    • 040 4&nbsp ; - 脳細胞 は 一秒間 に 1 個死 ぬといわれているが 、 海馬 の 細胞 だけは 成人 を 超 えても 増 え 、 その 容積 が 大 きければ 大 きいほど 賢 い

                                  • 013 4&nbsp ; 高度 な 内容 についても 、 池谷 さんが 専門外 の 糸井 さんに 分 かるように 説明 しているので 、 同時 に 読者 にも 理解やすい というのが 、 本書 の 特徴 だと 思 います
                                    • 035 4&nbsp ; そのずれをうまく フォロー しながら 最先端 の 科学 専門家池谷 氏 が 真摯 に 答 えていて 、 なかなかよい 言葉 の キャッチボール になっています

                                  • 014 &nbsp ; ・ 凡人 と 天才 の 差 より も 、 天才 同士 の 差 の 方 がずっと 大 きいというのは 、 方法 を 学 んでいく 学 び 方 の 進行 が 「 べき 乗 」 で 起 こり 、 やればやるほど 飛躍的 に 経験 メモリー の 繋 がりが 緊密 になっていくから

                                    • 014 4&nbsp ; だから 好 きなものを 覚 えやすい というのは 、 「 扁桃体 を 活性化 すると 海馬 も 活性化 する 」 という 方向 で 説明 できる
                                      • 035 4&nbsp ; 扁桃体 や 側坐核 なんて 聞 いたことなかったし 、 モーツァルト で 頭 が 良 くなるなんて 知 りませんでしたよ

                                    • 014 4&nbsp ; 既 に 知 っていることも 多 かったのですが 、 ドキドキ 感 が 途切 れることなく 、 最後 まで 読 めました
                                      • 015 4&nbsp ; 既 に 知 っていることも 多 かったのですが 、 ドキドキ 感 が 途切 れることなく 、 最後 まで 読 めました

                                    • 014 4&nbsp ; 見 る 勉強 なんて 嫌 いとか 、 自分記憶 ないからとか 、 そんなこと 言 ってる 人 はいませんか ? 何 かを 学 びたい 、 または 何 かを 学 んでいる 最中 である 、 あるいは 単 に 頭 をよくしたい 、 利口 になりたいという 人 には 大変有意義 な 1 冊 です
                                      • 017 4&nbsp ; 見 る 勉強 なんて 嫌 いとか 、 自分記憶 ないからとか 、 そんなこと 言 ってる 人 はいませんか ? 何 かを 学 びたい 、 または 何 かを 学 んでいる 最中 である 、 あるいは 単 に 頭 をよくしたい 、 利口 になりたいという 人 には 大変有意義 な 1 冊 です

                                    • 015 &nbsp ; すでに 、 川島隆太氏 と 茂木健一郎氏 の 本 を 十数冊読 んでいたので 、 それらの 本 での 知識 の 再確認 ができればと 、 本書 を 読 んでみました

                                      • 017 4&nbsp ; 他 にも 、 大事 なこと 忘 れたくないことを 寝 る 前 に 勉強 すると 、 寝 ている 最中 に 脳 が 勝手 に 情報整理 してくれたり

                                        • 019 &nbsp ; タイトル から 海馬 や 脳 の 新 しい 情報 は 常識 を 覆 してくれる 事 を 期待 してしまいますが 、 本書 は 海馬 の 研究者糸井 重里 の 雑談 が メイン の 本 です

                                          • 019 4&nbsp ; 読 みどころは 、 ・ 30 歳 になると 脳 が 変化 し 、 「 つながり 」 を 発見 する 能力 が 高 まる
                                            • 019 4&nbsp ; しかし 、 脳 についてわかりやすく 楽 しく 知 りたいと 思 い 購入 した 人 は 不満 を 感 じます

                                          • 020 &nbsp ; 池谷 さんの 、 研究分野 を 上手説明 する 能力 というのは 、 研究者 としてとても 珍 しいんですよ

                                            • 020 4&nbsp ; もし 、 池谷 さんがなにを 研究 しているのかについてすら 、 おそらくほぼ 知識 ゼロ の 考 える 、 海馬 とか 脳 とかの 話 を 知 りたいならば 、 別 の 池谷 氏 が 著 した 本 の 方 が 、 今 の 科学 のことが 分 かると 思 います
                                              • 021 4&nbsp ; もし 、 池谷 氏 の 考 える 、 海馬 とか 脳 とかの 話 を 知 りたいならば 、 別 の 池谷 氏 が 著 した 本 の 方 が 、 今 の 科学 のことが 分 かると 思 います
                                              • 053 4&nbsp ; 科学 者 の 池谷 氏 の 話 もわかりやすい のですが 、 その 上 で 糸井 のさえた 質問 が 笑 いさえ 誘 って 、 ぱらぱら 読 んでもきっと 夢中 で 読 み 終 えますよ

                                            • 021 4&nbsp ; もう 、 糸井 さんは 過去 の 人 ですから 、 相手 の キャパ を 引 き 出 せなく なっている 感 が 脱 ぎいきれません
                                              • 046 4&nbsp ; 糸井 さんは 脳 の 専門家 ではないから 、 私 たちと 同 じような 「 不思議 だねぇ

                                            • 022 &nbsp ; そして 、 この 池谷 裕二 さんって 科学 者 は 、 本当 に 純粋 に 「 科学 」 という 面白世界自分 だけでなく 、 他 の 一般 の 人 にも 知 ってもらいたい

                                              • 022 4&nbsp ; ※ 他 に 面白 かった ポイント : 夢 とは 何 か ? 夢 を 見 ている 時 、 脳 はどのような 動 きをしているのか ? ( ⇒ 本書 に 記載 されています )
                                                • 022 4&nbsp ; いったん 頭 を 休 ませて 、 勉強仕事 をする 事 が 、 実 は 脳 を 活用 する 上 ではあまり 効果 的 ではない

                                              • 025 4&nbsp ; 読 み 手 としては 、 別 に 「 脳 」 そのものをこの 先研究 してゆくわけではないから 、 人間 にとってとても 重要 な 「 脳 」 をいかに 知 りいかにそれを 生 かして 人生 を 生 きるかについて 、 本書 でいろいろと 語 られる 話 がとても 参考 になる
                                                • 003 4&nbsp ; - レビュー をすべて 見 る 本書 を 読 んで 、 やる 気 を 生 み 出 す 方法 に 関 して 、 自分 が 誤解 していたことが 分 かりました

                                              • 026 &nbsp ; 本 の 内容 の 展開 は 糸井 さんと 池谷 さんの 会話 形式 で 読 み 易 く 、 私的 には ヘタ な ビジネス 書 より も 得 るところが 多 く 、 自分 の ステップアップ になるような 気 がしました

                                                • 026 4&nbsp ; 物覚 えが 悪 くなったのではなく情報 が 多 いので チョイス するのに 手間 がかかっていることです

                                                  • 027 4&nbsp ; この 3 年 で 、 「 脳 」 の 働 きにはたくさんの 可能 性 が、 「 脳 」 の 研究 が状況まり 進展 していないという 状況 を 物語 るとも 言る 事 や 年齢 で 衰 える 事 はないという 事 を 読 んで 、 やる 気 も 出 ました
                                                    • 009 4&nbsp ; この 3 年 で 、 「 脳 」 の 研究 があまり 進展 していないという 状況 を 物語 るとも 言 えるであろう

                                                  • 029 4&nbsp ; 普通 に 考 えると 誰 もが 頭 が 良 くなりたいと 思 っている そういう 人 にわかりやすく 脳 の 働 きによって 現在 解明 されていることを 教 えてくれる 本 第 1 章 〜 第 4 章 まで 糸井 の 合 いの 手 に 、 池谷 先生 の 掛 け 合 いが 妙 に 面白二人体験 談 も 脳 に 繋 げて 話 をうまく 転 がしてくれる
                                                    • 029 4&nbsp ; 普通 に 考 えると 誰 もが 頭 が 良 くなりたいと 思 っている そういう 人 にわかりやすく 脳 の 働 きによって 現在 解明 されていることを 教 えてくれる 本 第 1 章 〜 第 4 章 まで 糸井池谷 先生 の 掛 け 合 いが 妙 に 面白二人体験 談 も 脳 に 繋 げて 話 してくれる
                                                    • 060 4&nbsp ; 池谷 氏単独 の 著書 も 非常面白 いのだが 糸井 が 加 わることにより ベクトル が 色々 な 方向 に 向 けられることでさらに 面白 さが 増 している

                                                  • 030 4&nbsp ; 糸井自身 の 創作体験 などから 、 脳 のはたらきについて 感覚的 にはよく 知 っている
                                                    • 030 4&nbsp ; 脳 の 本 でここまで 、 元気 にさせてくれるのは めずらしいんじゃないんでしょうか

                                                  • 032 &nbsp ; この 本 は 、 池谷 さんの 若 くて 砕 けた 口調 と 、 糸井 さんの 普通 の 人 の 目線 での 質問 が 相乗効果 を 上 げていて 、 読 みやすく 、 とても 楽 しいものになっています

                                                    • 033 &nbsp ; なお 文庫本 には 単行本 発刊以後 に 収録 された 追加対談 ( 約 23 頁 ) が 収録 されています

                                                      • 033 &nbsp ; 他 の 池谷 先生 の 大脳生理学 に 関 する 本 ( 「 記憶 を 強 くする 」 「 進化 しすぎた 脳 」 ) を 読 みましたが 、 それらの 本 に 入 る 前 に 、 この 文庫本 で 軽 く ウォーミングアップ しておくといいかもしれません

                                                        • 033 4&nbsp ; ( ^ - ^ ) ) この 本 の 対談 も 、 いわば 「 組 み 合 わせの 妙 」 だと 思 います : 言葉意外 な 組 み 合 わせ ( = キャッチコピー ) の 効果 を 追求 し 続 けた コピーライ ター 、 かたや 、 脳 の 神経細胞 の 繋 がり 方 ( ネット ワーク ) とその 機能 発現 の 仕組 みを 追究 する 実験科学
                                                          • 033 4&nbsp ; つまり 「 ひょっとして アレ が コレ に 使 えるんじゃ ! ? 」 というような 「 組 み 合 わせの 妙 」 を 探 る 力 がある 人 が 「 頭 が 良 い 」 わけです

                                                        • 034 &nbsp ; 分野 の 違 う 専門家 同士 の 対談 となると 、 とかくたとえ 話 の レベル でしか 両者 の 知見 が 重 なり 合 わないものであるが 、 本書 は 一味違 う

                                                          • 036 &nbsp ; 脳 の 経験 メモリー を 司 る 海馬 についての 池谷 氏 の 報告 を 軸 にした 糸井 との 対談

                                                            • 036 4&nbsp ; ただ 、 基本線 ( 脳 は 疲 れにくいし 、 可塑性 が 高 い 云々 ) は 納得 できたし 、 池谷 氏 が 示 す 数々 の 科学 関連 の テスト などは 興味 津津 で 試 すことも 出来

                                                              • 040 &nbsp ; 」 ( ” ” は 私 が 付 した ) 対談 という 形式 をとっているので カジュアル にこういったのだと 思 うけど 、 池谷 氏 は 「 本能 」 に 対 してどういう 考 えを 持 ってるのだろうと 疑問 に 思 う

                                                                • 040 &nbsp ; て 見 る コピーライ ター糸井 重里氏 と 実験科学 池谷 裕二 氏 の 対談

                                                                  • 040 &nbsp ; 脳 の 「 海馬 」 という 、 記憶 をつかさどる 部位 について 、 池谷 氏 が 糸井 に レクチャー し 、 それを 実生活 に 敷衍 させる 形 で 、 対話 が 進 められている

                                                                    • 040 &nbsp ; 脳疲労 は 本当 に 存在 しないの ? レビュー をしている 僕 も サイエンス をしていたことがあるゆえ 、 気 になったのが 、 池谷 氏 が 、 「 子 どもはまわりの 世界 に ” 白紙 のままに 接 するから ” 、 世界 が 輝 いて 見 える

                                                                      • 042 &nbsp ; をすべて 見 る 脳 の 一部分 である 「 海馬 ( かいば ) 」 の 研究者池谷 裕二コピーライ ター を 主戦場 に 様々 な シーン で 活躍 する 時代 の 寵児 、 糸井 重里 との 対談 書 「 コミュニケーション 能力 を 高 めるためには 、 どのように 脳 を 使 えばよい のか 」 という 糸井 の 疑問 を 、 池谷 は 決 してはぐらかさない まず 、 素人 の 視点 にたち 、 素人 の 意見 に 耳 を 傾 け 次 に 、 専門家 の 視点 にたち 、 専門家 ならではの 見解 を 、 静 かに 口 にしている そこに 、 池谷 の 優 しさがうっすらとにじむ 対 する 糸井 の 話術 もさすがだ 自分 と 、 相手 と 、 その 場 にいない 読者 の 「 気持 ち 」 を 把握 しつつ 糸井 でさえ 把握 しきれない 対談 の 行 く 末 . . 大 げさに 言 えば 少 し 先 の 未来 . . を 無邪気 に 楽 しんでいる 記憶 は 海馬 の 中 に 蓄 えられていているわけではないんです

                                                                        • 042 &nbsp ; 海馬 は 情報 の 要 ・ 不要 を 判断 して 、 他 の 部位記憶 を 蓄 えるんですね

                                                                          • 043 &nbsp ; すべては 「 海馬 」 の 産物 だったのか ! 海馬 については 以前 から 苫米地英人氏 の 講演 で 何度 となく 耳 にしており 興味 があったが 、 このような 通俗本 レベル で 解説 書 があるとは 知 らなかった

                                                                            • 043 &nbsp ; たとえば 、 いつも 通 っている 学校 の 校舎 が 巨大 な 要塞 となって 現 れたり 、 校舎内 が ダンジョン のように 壮大 に 入 り 組 んでいたり

                                                                              • 045 &nbsp ; 本書 は 脳 ( 海馬 ) について 研究 している 科学池谷 氏 と 、 糸井 重里氏 の 対談 をまとめた 物 で 、 素人 にも 非常 にわかりやすく 平易 に 書 かれています

                                                                                • 045 &nbsp ; 普段 全 く 意識 していませんでしたが 、 あらゆる 事柄 が 脳 に 関係 していて ( 感情 でさえ ! ) 、 自分 の 意識 の 持 ちよう ( 脳 の 使 い 方次第 ) でどうにでもできる 、 とある 種 の 勇気 が 沸 いてくる 感 じです

                                                                                  • 046 4&nbsp ; 糸井 さんと 池谷 さんが 世間話 をするがごとく 、 海馬 というとても 大事 な 働 きをしてくれている 部分 に ついて 話 し 合 っているのを 、 横 で 聞 いている 気分 である
                                                                                    • 021 4&nbsp ; 誰 かも 言 っている 通 り 、 糸井 しゃべりすぎってか 、 ” 糸井糸井 自身 に 対 して 、 気 になっていること ” を 、 池谷 さんに 聞 いて 安心 しているって 感 じですね

                                                                                  • 047 4&nbsp ; ニーズ が 脳 を 知 りたいであれば 、 池谷 さんの 近著 「 進化 しすぎた 脳 」 の 方 が 、 その 意味 で 、 形式 、 組 み 合 わせともに バッチシ です

                                                                                    • 050 4&nbsp ; nbsp ; 若 い 脳学者池谷 さんの 新 しい 挑戦 と 糸井 さんの 柔軟 な 発想 の 掛 け 合 いが 面白対談 本 です
                                                                                      • 021 4&nbsp ; この タイトル で 、 この 本 を 購入 する 方々 が 欲 している 情報 ならば 、 糸井池谷 氏 の 立場 が 、 まったく 逆 ですね

                                                                                    • 051 4&nbsp ; しかし 、 勉強出来 る 人 が 頭 がいいわけではなく コミュニケーション上手 にとれる 方 が 頭 がいいという 議論 に 入 り 、 しかも 頭 がいい 、 悪 いという 極 めて 漠然 とした 話題 のなか 糸井 の 発言 がずっと 続 いてしまっている

                                                                                      • 053 4&nbsp ; そのほか 「 旅 は 脳 を 鍛 える 」 「 寝 ることで 記憶整理 される 」 とか 、 具体的 な 頭 を 良 くする ( = 脳 を 鍛 える・より よく 生 きる ) 方法 が 書 かれているのも 、 自分 にはためになりました
                                                                                        • 001 4&nbsp ; 脳 には 、 単 なる 暗記 ( WHAT 記憶 ) と 方法 暗記 ( HOW 記憶 ) があるらしい

                                                                                      • 054 4&nbsp ; 決 して 池谷 が 悪 いわけではなく 、 そもそも 「 天才 が 何 でも 答 える 」 という 感 じの 設定 に 無理 がある

                                                                                        • 055 4&nbsp ; うーん 、 経験 を 積 んで 、 生 きてくことって 脳 からみてそれなりの 意義 があるのだ 、 と 自信 をもったのは 私 だけではないと 思 う
                                                                                          • 055 4&nbsp ; 弱弱 しく 病弱 に 甘 んじているわたくしは 、 それ 程脳 を 酷使 していいものかと 心配 してしまった

                                                                                        • 057 &nbsp ; タイトル は 海馬 ですが 、 海馬 そのものに 関 する ハードウェア 的 な 解説 はほとんどありません

                                                                                          • 059 &nbsp ; 専門分野 について 、 池谷 に アカデミック に 語 らせず 、 時 に スリリング に 、 時 に 熱 く 、 糸井 が 縦横無尽 に 絡 んでくる

                                                                                            • 061 &nbsp ; マーケティング に 必要 な “ ひらめき ” や “ 創造性 ” を 得 るために 具体的 に 何 をすべきか どんな トレーニング が 必要 かということについて 、 科学 的 な アプローチ で 迫 ってみたい という 私 の ニーズ に 随所 で 満 たしてくれました

                                                                                              • 061 4&nbsp ; また 、 「 脳 は 30 歳 を 超 えたほうがむしろ 活性化 する 」 というくだりも 、 30 をとうに 過 ぎている 私 を 勇気 付 けてくれました ( 笑 ) 今 は 、 同 じ 池谷 さん 著 の 「 進化 しすぎた 脳 」 を 読 んでますが 、 これもいいですよ ! あと 、 茂木健一郎 さんの 「 ひらめき 脳 」 も オススメ です

                                                                                                研究 開発