13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2875 )     アニメ ( 2208 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    玉三郎

    芸能 エンタメ 関連語 女形 獅童 歌舞伎座 福助 三津五郎 坂東玉三郎
    0 . 1 . 2 .
  • ○■ そんな娘の様を見て、おとくは呆れかえる

  • ○■ それほどこの舞台は素晴らしかったからです

  • ○■ それは、おそらく誰某というのでなく、全体的に歌右衛門の様な漸層的に盛り上げる勿体を付けた演技をしなくなった(出来なくなった)ためではないかと、僕は思っています

  • ○■ それでいて二人とも綺麗に回していてもう感心、感動

  • ○■ そして、酔った勢いで玉三郎さんに抱き付き

  • ○■ しかし、舞台上では相手の芝居に対して、実に真剣に答えている

  • ○■ しかし、狂ったバランスだからこそ、生まれる美もある

  • ○■ いやいや、今年もやります!イヤホンガイド!

  • ○■ 2011年3月11日に発生した、 東日本大震災チャリティポストカードを販売します

  • ○■ 先月の末に行った玉三郎さんの公演

  • ○■ 歌舞伎座前でチラシをゲットしました

  • ○■ 海老蔵さんもこれに懲りて精進してもらいたいところ

  • ○■ タグ: 團菊祭 松竹座 菊五郎 時蔵 三津五郎 團十郎

  • ○■ とても良く理解出来ました

  • ○■ さて、今日の誕生石は グリーン・ガーネット

  • ○■ 『道行初音旅』での静御前は玉三郎

  • ○■ 今月25日には国立劇場での歌舞伎を予約していましたが、やはり歌舞伎座も名残つきなくて・・・

  • ○■ 雀右衛門の政岡は嫋々とした女らしさ、乳人の母性を備えながら、金襖の御殿に相応しい大きさ、コックリした味わいが体に備わっているのが実に結構でした

  • ○■ 歌右衛門の常盤は。格が大きく、十二単衣姿が歌舞伎座の大舞台を圧するような立派さでしたが、セリフが小音で、何を言っているのか分からないのには困りました

  • ○■ ただ、ドラマの終盤で井伊がお静を抱きしめ、まだ一緒に生きたいという様なセリフを言う所では、現実の歌右衛門と今生の別れを惜しんでいるようで、観ているこっちの感情が高ぶり、我ながら困りました

  • ○■ この曲は華やかさがあり、大。舞踊としてうってつけ

  • ○■ nhkというのは、 歌舞伎 にしても相撲にしても、癒着する

  • ○■ 坂東玉三郎(井筒屋おえん)

  • ○■ 吉右衛門当たり役の知盛がとにかく圧巻

  • ○■ 今日も玉三郎レポートです

  • ○■ 玉三郎さんはもう、病でしたーって感じがすごくあって、 やらかい夕霧って感じがしました

  • ○■ 今日は歌舞伎見物でした

  • ○■ 22 日 19 : 00 常盤津一巴太夫の会 (国立劇場大劇場)自由席( 2f1 列上手寄り) 夜の部は一巴太夫さんのリサイタル

  • ○■ もっとも睨むのは一瞬で、すぐに下手に顔を向ける

  • ○■ しかし、三婦内の芝居は実に良かった

  • ○■ 歌右衛門の累に与右衛門は海老蔵(現団十郎)、辰之助(故三世松緑)、福助(。梅玉)の3人が日替わりで勤めました

  • ○■ 最近の画像つき記事 [ 画像一覧へ ]

  • ○■ 今回は、待ってました!の

  • ○■ その後は、都内の実家へ2人で向かったという

  • ○■ ルテアトル銀座のお正月2012

  • ○■ 「その他いろいろ(歌舞伎)」カテゴリの最新記事 三月秀山祭大歌舞伎の演目と配役 二月花形歌舞伎の演目と配役 勘九郎襲名披露の演目が出ました シネマ歌舞伎『天守物語』『海神別荘』『高野聖』 新春浅草歌舞伎の配役

  • ○■ 2012.06.03“京都・南座「玉三郎 美 の世...

  • ○■ 僕は今回の匂宮を見ながら、吉右衛門は先代勘三郎の匂宮を如何にして自分のものとして咀嚼するか、という観点で役づくりをしているように感じました

  • ○■ このように、この時の舞台は、歌・羽それぞれの芸の長所が相手の芝居を活かしあっていた

  • ○■ 玉三郎の魅力を存分に堪能できる舞台に思わずうっとり

  • ○■ 歌舞伎ファンなら常識のうちだろうが、銘板を屈んで読んで、阿古屋の潔白ぶりがわかった

  • ○■ 玉三郎は、東京にいる頃から、「玉三郎!」っと呼ぶと必ず、返事をする行儀のいい猫でした

  • ○■ 玉三郎様の舞台『仮名手本忠臣蔵』「七 段目」を四・六日に鑑賞し、感涙の涙を流し ました

  • ○■ 玉三郎様の素晴らしさは、「人間国宝」という枠などで評価しきれるものではない

  • ○■ サーフィン部blog→ n.u.o.b 野球部blog→ tf9.bbc

  • ○■ 「相撲」カテゴリの最新記事 稽古に精進、お願いします

  • ○■ 歌舞伎チャンネルに加入して依頼、めぼしいものをコツコツと録画していた私には 手持ちのものがた~んとある♪

  • ○■ 「全国各地」カテゴリの最新記事 山鹿市の豊前街道 山鹿市大宮神社 熊本県山鹿市への一泊旅行 草枕温泉の映画の看板 山鹿市鞠智城跡公園

  • ○■ ←自転車ブログならココ 明日は自転車で行けるかな 天気を確認

  • ○■ このブログの人気記事 初場所は鶴竜に期待−横綱総見観戦 美しや玉三郎様−海外公演座談会と舞踏のひととき 若山弦蔵のこだわり

  • 仁左衛門 役者 海老蔵 演目 坂東 吉右衛門 最後 三津五郎 今日 本当 勘太郎 上演 七之助 思って 最近 作品 染五郎 演じる 歌舞伎 明日 東京 菊之助 團十郎 舞台 阿古 思ってい 良かっ 配役 坂東玉三郎さん 平成 先代 富十郎 江戸 演舞場 気持 昨日 雰囲気 共演 綺麗 思った 拝見 女房 鑑賞 最新記事 口上 道成寺 大きく 最初 天守 感動 歌舞伎座 義経 期待 玉三郎さんが 歌舞伎役者 歌舞伎座さよなら公演 演じて 大きな 興行 尾上 助六 記念 一緒 相手 カテゴリの最新記事 美しく 新橋演舞場 後半 演劇 台詞 面白かった 昨年 一幕 市川海老蔵 芸術 確認 歌右衛門 亀治郎 天気 予定 披露 坂東玉三郎特別 言われ テレビ 気分 途中 中村獅童 思いまし 秀太郎 錦之助 三味線 残念 対して 無理 納得 胡弓 嬉しい シーン 勘三郎 別荘 入って 堪能 このブログ 何度 個人 休演 文楽 夫婦 考える 説明 鏡花 劇団 権十郎 十八番 チャンネル 出来 行ける イベント 立派 有名 千本 非常 泉鏡花 圧巻 前半 感情 見せて 気がし 花形歌舞伎 娘道成寺 彦三郎 忠臣蔵 揚巻 段四郎 芝雀 芸風 重忠 雀右衛門 亀蔵 以来 参加 若手 野球 満足 芝居 歌舞伎界 義経千本 見てい 理由 海神別荘 購入 持って こブログの hellip 夏祭浪花 思うの 関連 何とも 南座 確かに 菅原 言えば レポート 萬次郎 通し狂言 京鹿子娘道成寺 皆さん 午後 ドラマ コンサート 番組 歌舞伎十八番 正直 実感 意識 結局 かもしれません 以下 独特 見せる このブログのフォトチャンネル 思います 終了 空気 菅原伝授手習 発売 変わっ 構成 十七 上手 上演され 夏祭 安心 決まっ 一言 翫雀 素晴らしかった 身体 blog 感じられ イメージ 普段 今まで 中央 言っても 野球部 dvd 完全 襲名披露 楽天自転車カタログ 初めて 不思議 演じてい 登場 藤娘 淡路島 所作 見物 ニュース 第三 楽しかった 充実 ラスト 派手 使って 玉三郎さんは 中心 場合 体調 上がっ 圧倒的 楽しん 三代目 回忌 読んで 演技 思わず 外郎 大詰 幕切 序幕 我當 梅枝 福助 笑三郎 静御前 俊寛 助六由縁江戸 細かい 比べる 出演 00 違和感 時間 美味しい 二代目 全員 機会 博多 自分 ホント 成長 正月 見つけ 体験 浦兜 勉強 王丸 玉三郎さんの 政岡 行って ステージ 始まっ 奮闘 男性 大丈夫 役柄 タイトル 見まし 分かっ 本人 片岡愛之助 二人 一度 母親 性格 結構 背中 観劇 新作 このブログの人気 度目 終わり 壇浦兜 舞踊公演 藤十郎さん 言葉 妖艶 数年 聞いた
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.042 0.159 0.526 0.039 0.479 0.181
    total 323374.7000003676

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発