13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2875 )     アニメ ( 2208 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    調査捕鯨船

    ニュース 関連語 反捕鯨 調査捕鯨 オーストラリア シー・シェパード 海上保安庁 反捕鯨団体 調査捕鯨船日新丸 南極海
    0 . 1 .
  • ○■ 同本部によると、ベスーン容疑者は、海上保安官から容疑を示され、逮捕された直後の調べで「海上保安官が言われたとおり、私が第2昭南丸に侵入したことは間違いがない」と、侵入の外形的な事実は認めた

  • ○■ ベスーン容疑者は先月15日、南極海で昭南丸に水上 バイク で近づき、侵入防止用に張られた網をナイフで切って船内に入った艦船侵入の疑いが持たれている

  • ○■ 12日にも活動家の男逮捕へ=ssの捕鯨船...

  • ○■ 赤松広隆農相は15日、南極海の調査捕鯨船に反捕鯨団体「シー・シェパード(ss)」の男性メンバー1人が乗り込んだことを受け、このメンバーを海上保安庁に引き渡して国内の司法手続きにのっとり刑事処分できるかどうか、関係省庁と協議する方針を明らかにした

  • ○■ 14日午前からは第2昭南丸が停泊している横浜港に海上保安庁のダイバーが潜り、船底の傷の状況を調査

  • ○■ 報告書ほぼまとまる−経産省(時事通信) ・ <毎日新聞社>新潟日報社に印。委託安定輸送を実

  • ○■ タール・ドーハで始まった大西洋と地中海のクロマグロが大きな問題だが、シー・シェパード(ss)の

  • ○■ 部は14日、逮捕した抗議船「アディ・ギル号」の元船長ピーター・ベスーン容疑者(44)について、

  • ○■ > 環境保護を掲げる反捕鯨団体「シー・シェパード」の艦船侵入事件で、東京海上保安部は14日、逮捕

  • ○■ ター ・ ジェームス ・ベスーン容疑者(44)が逮捕された事件で、ベスーン容疑者が 東京

  • ○■ ロが大きな問題だが、シー・シェパード(ss)の問題で世界に鯨の保護をアピールしているそし

  • ○■ 侵入防止用に張られた網をナイフで切って船内に入った艦船侵入の疑いが持たれている13日の見分で

  • ○■ 鯨船団への妨害活動を展開してきた米国の反捕鯨団体シー・シェパード(ss)の抗議船が15日、地中海でのクロ

  • ○■ スーン容疑者(44)が、調査捕鯨船団の監視船「第2昭南丸」に侵入した事件で、海上保安庁は13日、

  • ○■ 活動家は、シー・シェパードの小型高速船「アディ・ギル(ag)号」のニュージーランド人の元船長で、ag号は今年1月、第2昭南丸と衝突し大破した

  • ○■ 日本の調査捕鯨船団の監視船・第2昭南丸の船長は15日、船内に侵入した米環境保護団体「 シー・シェパード 」のメンバーの身柄を拘束

  • ○■ 国際的に認められた調査捕鯨なので、日本政府は海上保安庁の艦艇やもしくは海上自衛隊の艦艇を現場に派遣し、海賊を取締リ、場合によっては撃沈すべきであると思います

  • ○■ シー・シェパードの活動家も自分が逆の立場だったらこの状況をどう思い、どう行動しているかを考えて欲しいと思います

  • ○■ オーストラリアの白人はかつて先住民を虐待し、カンガルーを虐殺してきたのではないのか

  • ○■ 水産庁に入った連絡によると、米国の反捕鯨団体「シー・シェパード(ss)」が日本時間11日午後から12日未明にかけ、南極海で調査捕鯨を行っている日本の船団に妨害活動を行った

  • ○■ 2010 年 2 月 16 日 6 時 55 分 【ウェリントン=中野渉】ニュージーランドのキー首相は15日の定例記者会見で、 南極 海で米国の反捕鯨団体 シー・シェパード のメンバーのニュージーランド人が日本の調査捕鯨船に侵入したことについて「このような行為は捕鯨を終わらせる助けにはならない

  • ○■ されているが、アディ・ギル号への損害賠償を要求しているという 海保関係者らによると男

  • ○■ 3管区海上保安本部の東京海上保安部が身柄を拘束し、取り調べる 【写真特集】シー・シェ

  • ○■ た、岡田氏は在京ニュージーランド大使館の領事が18日夜に外務省を訪れ、日本の調査捕鯨船「第2

  • ○■ 男性船長は、11日の酪酸とみられる液体入りの瓶を撃ち込んだ妨害行為も自身がやったことを認めて

  • ○■ の調査捕鯨船を妨害した米国の反捕鯨団体シー・シェパード(ss)のボブ・バーカー号の船籍を剥奪(

  • ○■ 、男は1月6日に第2昭南丸と衝突し大破した抗議船「アディ・ギル」号のニュージーランド人船長

  • ○■ できます しかし抗議船を日本の調査捕鯨船団の監視船にぶつけてまで反対するのは命知らずです シー・シェ

  • ○■ 害活動を繰り返していた反捕鯨団体「シー・シェパード」の抗議船「スティーブ・アーウィン号」が6日朝

  • ○■ 9日午後の記者会見で、オーストラリアのラッド首相が日本の南極海での調査捕鯨を外交交渉で中止させ

  • ○■ べている」と強調環境保護を標榜(ひょうぼう)する米団体シー・シェパード(ss)の抗議活動について

  • ○■ 昭南丸に近づき、酪酸入りの瓶を投げつけたことも認めており、海上保安庁では一連の調査捕鯨妨害についても

  • ○■ ゴ政府が船籍を剥奪(はくだつ)したことを明らかにした日本政府がトーゴ政府にし

  • ○■ おり、海上保安庁では一連の調査捕鯨妨害についても調べる方針同船は東京港に今月12

  • ○■ 活動家の男を艦船侵入容疑で逮捕する方針を固めた同船は12日にも東京港

  • ○■ も良好で、同船に乗ったまま日本に移送されることを望んでいるという」「トーゴ、反捕鯨団体

  • ○■ シェパードの活動家が侵入した問題で、海上保安庁は同船で身柄を確保している活動家について、艦船

  • ○■ している日本の調査捕鯨船「第2昭南丸」に反捕鯨団体シー・シェパード(ss)の活動家が侵入した問

  • ○■ シー・シェパードの小型高速船「アディ・ギル(ag)号」のニュージーランド人の元船長で、ag号は今

  • ○■ 破した 元船長は先月、水上バイクで第2昭南丸に近づき、侵入防止用の網をナイフで切って船

  • ○■ 大使館の領事が18日夜、日本の調査捕鯨船「第2昭南丸」に侵入した同団体メンバーと電話で話したと発表した

  • ○■ んでいるという」「トーゴ、反捕鯨団体の船籍はく奪=公海上での臨検容易に2010年2月19日

  • ○■ トーゴとオランダに対し、「しかるべき措置」を取るよう要請していた」オーストラリアのラッ

  • ○■ したことを明らかにしたまた、「スティーブ・アーウィン号」の船籍はく奪に向け、オランダ政府も手続きを進めているというこれにより、公海上で両船

  • ○■ 23:32 jst日本の調査捕鯨船団の監視船・第2昭南丸の船長は15日、船内に侵入

  • ○■ 08:05産経新聞岡田克也外相は19日の記者会見で、南極海で日本の調査捕鯨船に妨害行為を行った

  • ○■ =公海上での臨検容易に岡田克也外相は19日午後の記者会見で、米国の反捕鯨団体「シー・シェパード」による南極海での日本の調査捕鯨船への妨害行為に関し、トーゴ政府が同団体の船舶「ボブ・バーガー号」の船

  • ○■ への臨検が容易になる国連海洋法条約は、軍艦や海上警備艇が公海上で臨検を行う際に船籍国の同意を得ることを義務付けているが、船籍登録のない船や海賊船に対しては、こうした手続きを経ずに実施できる日

  • ○■ けるクジラと人間 作者: 渡邊 洋之 出版社/メーカー: 東信堂 発売日: 2006/09 メディア: 単行本 鯨と捕鯨の文化史

  • ○■ 反捕鯨」の悲劇 作者: 森下 丈二 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2002/03 メディア: 単行本 クジラを追って半世紀

  • 昭南 活動 シーシェパード 衝突 問題 アディ 日本 団体 シー・シェパード 逮捕 団体シー 第2昭南丸 必要 団体シー・シェパード 南極 被害 船内 アディ・ 乗組員 反捕鯨団体 アメリカ 反捕鯨団体シー・シェパード 大破 船第2昭南丸 日本の調査捕鯨船団 抗議 調査捕鯨船団の監視船 会見 監視船 侵入 関係 15 シー・シェパードss 公海 赤松 対して 記者会見 アディ・ギル 高速 提訴 攻撃 米国の反捕鯨団体 方針 日本調査捕鯨船団の 日本人 支援 日本の調査捕鯨船団の監視船 海域 求める 要求 活動家 国内 妨害 場合 船アディ・ 時事通信 船舶 派遣 思います 要請 措置 改正 政府 妨害活動 船籍国 ベスーン 赤松広隆 船員法 年月 現在 明らかにした 人間 船に対して 公海上 身柄を拘束 水産庁 自衛隊 違法 防止 社会 地域 米国の反捕鯨団体シー・ 影響 酪酸 非難 環境保護団体 南極海で日本の調査捕鯨 東京海上保安部 12 バイク 調査船 午前 委員会 テロ行為 団体シー・シェパードss 捕鯨問題 実施 初めて への妨害 以上 人々 勝手 運動 抗議船 行為 侵入容疑で逮捕 過去 インテリジェンス 座礁 船籍はく 臨検 晴海 考える 入った オーストラリア 訴える 代表 スティーブ・アーウィン 一連 理由 調査捕鯨船第2昭南丸 絶滅 反捕鯨団体シー・シェパードss 刑事 水産庁によると 捕鯨船への ラッド ことを明らかにした 産経新聞 国連海洋法 ニュージーランド 具体 今年 高速船アディ・ギル 国際捕鯨委員 科学 オランダ政府 先住民 持って 抗議船アディ・ 農林 鳩山 同時 艦船侵入容疑で逮捕 南極海の調査捕鯨船 鯨肉 調査捕鯨船団の監視船第2昭南丸 海上保安庁 シー・シェパードの小型高速船 水上バイク メディア 船の乗組 歴史 始まっ エスカレート 同船 した問題 環境保護団体シー 今月 個体 捕鯨船への妨害 侵入した問題 非常 南極海で日本の調査捕鯨船団 米国の反捕鯨団体シー・シェパード 事件 合法 沈没 状況 ネット 法廷 たことを明らかにした 捕獲 200 過激 述べた 乗り込んだ 記者会見で南極海 昨年 クジラ ピーター 第2昭南丸に侵入 トーゴ政府 拠点 再発防止 発表 示した 結果 人種 各国 正当 同日 日南極 可能性 調査捕鯨妨害 考えを 船が衝突 横浜港 日午前 条約 オランダ船籍 強調 シンガポール=岡崎哲 13 犯罪 積極 大使館 世紀 表明 国際司法裁判所 抗議船アディ・ギル 領事 貴重 規制 真剣 容疑者 次第 例えば 逮捕され 報道 捕鯨船の乗組 妨害して ナイフ 第昭南 防護ネット 家庭 反捕鯨団体シー・シェパードの小型高速船 事業 検討 人たち 捕鯨船に侵入 団体グリーンピース 食文化 感覚 違法性 する方針 入りの 国連海洋法条約 シー・シェパードの小型高速船アディ・ 分かっ 日本の船員法 感じる 当然 日本当局 以下 日本における 鯨と捕鯨の文化史 船第2昭南丸に反捕鯨 絡んで 米環境保護団体シー・シェパード 活動家の身柄 南極海で調査捕鯨 出来 船第2昭南丸に侵入 岡田克也外相は19 液体入りの 活動を妨害 衝突大破し ボブ・ 日本の調査捕鯨船への妨害 具体的 結局 日本の調査捕鯨船第2昭南丸 鯨を食べる しかるべき措置 毎日新聞 受けて 良かっ 科学的 近づき ナイフで切って船内 言葉 南極海で日本調査捕鯨船団の 意味 ・ベスーン容疑者44 死者 侵入容疑で逮捕する方針を固めた 思って 船団への 記者会見南極海で 接近 行った 手続きを 記事 したことを明らかにした 船内に入った 国の同意 15日南極 痛みを 最後 思えない 先月 する考えを 大臣 日の記者会見 考えを示した 反対 向かって 理解 年前
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.021 0.139 0.545 0.011 0.521 0.167
    やや強いやや強いやや弱い比較的強いやや弱い比較的強い
    total 33978.8000000028

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発