13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2873 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2815 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2231 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 495 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 936 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 276 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 462 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1080 )     アート 芸術 ( 187 )     生活 ( 266 )  


    シューベルト

    音楽 アート 芸術 関連語 ブラームス ショパン ベートーヴェン 交響楽団 シューマン モーツァルト ハイドン 管弦楽団
    0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 .
  • ○■ 2006年、東京藝大を卒業

  • ○■ 1965年の録音とは思えないほどのクリア ーな音質に驚喜!

  • ○■ ~アンコール~ シューベルト/鳩の便りd965a シューベルト/月に寄せてd296

  • ○■ 2011年12月5日(月)

  • ○■ 最後は3曲連続で聴きましょう

  • ○■ 今回はその「始末の心」を液体スープに活かしたそうです

  • ○■ マエストロは詩人だなあ、と思う一方で、すぐれた実践家だと、あらためて思いました

  • ○■ ベートーベンは『テンペスト』

  • ○■ ピアノ五重奏曲イ長調d667作品114《ます》

  • ○■ シューベルト:歌曲集 [import] orfeo 1997-11-25 amazonアソシエイト by

  • ○■ ウイーンの夜は毎日、長くて楽しく夢のようだった

  • ○■ ということで音取り練習なう

  • ○■ でも、斎藤さんは全部の質問に笑って答えてくれました

  • ○■ でも見てて時々「あ、これ大泉洋だ」って我に帰る瞬間があったぞ

  • ○■ ちなみにこれはぼやき… 日本人の、とってつけたようなブラボーが嫌い

  • ○■ ちなみに、今朝の「めざましテレビ」の占いで 私の星座は最下位でした

  • ○■ それは犯罪だから、 決してやっていけない

  • ○■ しかし、毛○生えそろ○てない様な 男の子 のお○を見ながらの2 時間 弱

  • ○■ しかし、その飾らない自然さがシューベルトの歌曲などではとても魅力的だった

  • ○■ このコンサートは教会のオルガニストでもある吉田仁美先生(私のオルガンの先生でもあるので)が主軸になって、いろんな音楽家の方を招いて無料コンサートを開いて下さってるというもの

  • ○■ 【第二部】 パッヘルベルカノン j.s.バッハアリア「憐れみ給え、わが神よ」マタイ受難曲より スメタナモルダウ連作交響詩『わが祖国』より シューベルトアヴェ・マリア ホルスト木星組曲『惑星』 ドヴォルザークラルゴ交響曲第9番『新世界』第二楽章 ヴェルディアリア「慕わしい人の名は」歌劇リゴレットより サンサーンス序奏とロンド・カプリチョーソ

  • ○■ 『東京まででしたら…』

  • ○■ 「音楽」カテゴリの最新記事 ハプニング サイトウキネンフェステイバル松本 御礼のハガキ 音楽と出会えますか? 宮田大

  • ○■ 積極的には活動していませんが、ミクシィを始めたのも、今年なんですよね

  • ○■ オーソドックスなバウムクーヘンで、実に美味しうございました

  • ○■ ちなみに来年は何の本番の予定もありません

  • ○■ それにしても、楽器の演奏技術習得って、時間がかかるね

  • ○■ それと、演奏家の集客力って影響あると思います

  • ○■ [tweetlog]2011年08月29..

  • ○■ 2011.09.27 tue | 音楽

  • ○■ 2009年8月29日il giornale l’intervista riccardo muti

  • ○■ 中学生の娘も、お休みの日は思いっきり寝坊しています

  • ○■ 一方のシューベルトは貧困と病気で人生真っ暗けと感じていた

  • ○■ ベートーヴェンは丸1年かかりました

  • ○■ これは二台のピアノようなので、連弾の会では無理ですが、すごくかっこいいし、弾いたことないタイプの曲なのでどうしてもやってみたい

  • ○■ 1991年5月9日ウィーン・コンツェルトハウス、これは多分オープニング・コンサートと思われる

  • ○■ <md+g> 60916742 3枚組 。。4160 cd1-2 ヘンデル:歌劇《アレッサンドロ・セヴェーロ》 cd3 ニッコロ・マンツァーノ:ドン・クレプスコロ メアリー=エレン・ネジ(メゾ・ソプラノ):マリタ・ソルベルク(ソプラノ) クリスティナ・ハマルストレム(メゾ・ソプラノ) イリーニ・カラヤンニ(メゾ・ソプラノ) ジェンマ・ベルタニョッリ(ソプラノ)ペトロ・マゴウラス(バス) 指揮:アルモニア・アテーナ 指揮:ジョルジュ・ペトルー 録音:2010年7月20-26日アテネ バロック・オペラで活躍する気鋭の指揮者ジョルジュ・ペトルーと、ピリオド 楽器オケのアルモニア・アテーナによるヘンデル・オペラ《アレッサンドロ ・セヴェーロ》

  • ○■ モーツァルトやハイドンなどだ けでなく同時代の知られざる多くのハルモニームジークための作品や編曲の発 掘、モーツァルトの偽作の調査と補筆などを行い、埋もれた傑作に新たなる命 を吹き込んできました

  • ○■ マーラーの交響曲の中で第7番は謎が多く、その演奏解 釈も難解であり指揮者の手腕が問われる作品

  • ○■ ちなみにこの日のフジコ・ヘミングさんは風邪を引いてたらしく、 演奏の合間に何度も鼻をかんでました

  • ○■ これは、私は、後年知りましたが、実に見事な表現力だと思います

  • ○■ このアルバムに収 録された3曲は、どれもベートーヴェン(1770-1827)のソナタの中でも最高峰に 位置する作品で、技巧、表現ともども、一筋縄ではいきません

  • ○■ <solo voce> sv 8553203 2枚組 。。4050 ヴェルディ:「トラヴィアータ」 ダニエラ・デッシ(s ヴィオレッタ) ファビオ・アルミリアート(t アルフレード・ジェルモン) クラウディオ・スグーラ(br ジョルジョ・ジェルモン) アンヌンツィアータ・ヴェストリ(s フローラ) キアーラ・ピエレッティ(ms アンニーナ) ルカ・コザリン(t ガストーネ) マルコ・カマストロ(br ドゥフォール男爵) アンドレア・カステッロ(bs ドビニー伯爵) アンジェロ・ナルディノッキ(bs 医師グランヴィル) ジョセプ・ルイス(t ジュゼッペ) フローラの侍従(bs アフルレード・ステファネッリ) グラツィアーノ・ダッラヴァッレ(bs 使者) ジョン・ネシュリング(指) パルマ・レージョ劇場管弦楽団,ピアチェンツァ市立劇場合唱団 録音:2010年1月,パルマ 今イタリアオペラ界で一番熱いコンビ、ダニエラ・デッシとファビオ・アルミ リアートがヴェルディの「トラヴィアータ」を録音、しかもライヴではなく セッション録音です

  • ○■ 春夏秋冬にあるピアノ発表会は、参加費用さえ払えば誰でも出演できますが、私が夏に決めているのは、参加人数が少ないからです

  • ○■ 今月始めに行ったイダ・ヘンデルのヴァイオリンリサイタルの時に書いて出したアンケートで当選し ご招待葉書きが2枚送られてきて家族4人で夕方から出かけた

  • ○■ sacd-1001(sacd-hybrid) ¥2080 ハイドン: 1-3.バリトン三重奏曲第63番ニ長調hob.xi:63 4-6.バリトン三重奏曲第87番イ短調hob.xi:87 7-9.バリトン三重奏曲第32番ト長調hob.xi:32 10-12.バリトン三重奏曲第66番イ長調hob.xi:66 13-19.バリトン三重奏曲第97番ニ長調hob.xi:97 フィンランド・バリトン三重奏団 録音2008年2月28日-3月1日konserttihovi of imatra ここで言う「バリトン」とは、声楽ではなく、18世紀頃まで使われていた弦楽 器の一種(baryton)です

  • ○■ 2011年は大震災で、人々の気持ちも含めて、色々なものがリセットされました

  • ○■ 昨日は米子ユースオーケストラの演奏会でした

  • ○■ 今回のオペラ、本来最後は大団円で終わることになっているのだが、そうしなかったという話

  • ○■ マーラー歌曲の難しさの1つが「上も下も要求される」 シューベルトでも要求されるのだが、声楽家の「声の負担」がより大きい

  • 音楽 交響曲 ベートーヴェン モーツァルト 作品 コンサート 楽章 長調 歌曲 バッハ ブラームス 短調 ショパン 今日 シューマン ホール 協奏曲 ヴァイオリン 録音 ドイツ ピアニスト ピアノ チェロ 収録 時代 シュトラウス 初めて ハイドン メンデルスゾーン 合唱 重奏 マリア 有名 交響楽団 楽器 曲目 組曲 チャイコフスキー 交響曲第 表現 序曲 幻想曲 第番 リスト ソプラノ 歌劇 モーツアルト 変奏曲 公演 東京 アヴェ 奏者 アンサンブル 編曲 最新 ピアノ協奏曲 仕事 重奏曲 聴いて フィルハーモニー 一番 舞曲 オーケストラ 午後 全曲 感動 ヴィオラ 変ロ長調 現代 合唱団 発売 アリア ワーグナー 予定 ラフマニノフ 関係 マーラー 機会 良かっ 自身 存在 劇場 書いて nhk 記念 アルバム 歌曲集 活動 素敵 以上 四重奏曲 ライヴ ソナタ 思った フーガ 前奏曲 教会 最新記事 開演 民謡 変ホ長調 アヴェ・マリア 小品 ラヴェル ・マリア bwv 人気 レーベル 演奏する 解説 ロシア 問題 弦楽四重奏曲 トーク 作曲家 二人 テレビ 新しい タイトル 来日 五重奏曲 セレナーデ セレナード 影響 評価 音楽祭 バイオリン 技巧 参加 弾いて 年月 最後 協奏曲第 コンサートホール 四重奏団 状態 短調op 話題 今回 何度 ベルリン 歴史 長調op カテゴリの最新記事 場合 合奏 ショスタコーヴィチ 魔王 昨年 歌声 楽曲 指揮 聴かせ フォルテ 三重奏 レコード 枚組 天才 フランツ 以来 思ってい 大切 フォン 未完成 即興曲 書いた グノー ロンドン 今後 本番 書かれ メロディー ギター 終了 結局 番組 演奏され 全部 ストラヴィンスキー チェンバロ ヴィヴァルディ schubert ホルン 監督 高音 イギリス ミュージック 午後〜午後分 一度 簡単 伝統 第楽章 コントラバス ディースカウ マエストロ メヌエット ・シュトラウス 披露 開催 言えば ありがとうござい 作品集 感情 amazon ピアノ協奏曲第 練習 気がし 編成 かもしれません マズルカ 的には 音源 収録され 才能 元気 今まで 風景 発見 トランペット スタジオ 嬉しい 年前 偉大 皆様 説明 シベリウス maria 選曲 dvd 残念 ・ソナタ 時間 魅力的 vol バルトーク 向かっ jsバッハ 月日 行われ 弦楽四重奏団 スケルツォ 楽劇 過去 聴いてい 始まっ 変わっ 聞いて スタイル フィルハーモニー管弦楽団 一日 全員 和音 完全 ピアノ三重奏 素晴らしかった 聞こえ 個人的 活躍 emi カラヤン トッカータ レクイエム 少なく 生誕 公開 聴いた 聞いた 大きく 亡くなっ 実感 言える 左手 上手 普段 分から ネット 聴いてみ 楽しかっ 同時 合わせ 圧倒的 毎年 ハープ 企画 知って 聴くこと 伝説 右手 piano 2楽章 紹介 ・リサイタル レベル 去年 ハンス ではありません シューベルトの交響曲 ザルツブルク シンフォニア hob
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.033 0.132 0.565 0.025 0.529 0.224
    total 811567.8999986375

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発