13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2875 )     アニメ ( 2208 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    振袖火事

    芸能 エンタメ 地域 関連語 江戸城天守閣 江戸時代 徳川家康 湯島天神 関東大震災 提灯 川平 築地本願寺
    0 .
  • ○■ 振袖火事

  • ○■ 江戸時代の「明暦の大火」(振袖火事)のあと、神田連雀(れんじゃく)町の一部住民がこの三鷹に新田開拓農民となって移住してきた時に、故郷の名を地名に付けたと説明されています

  • ○■ 振袖火事を起こしたという伝説の乙女3人の話も有名ね

  • ○■ ○前項連関:生臭の売僧を、理路の逆手を取った奇略で窮地に追い込んだ武士から、我儘な家来を、同じく理路の逆手を取った率先行動で困惑させて従属せざるを得なくさせた武士で連関

  • ○■ 1月18日は「振袖火事」と呼ばれる大火事のあった日だとか

  • ○■ そして、恋の病に臥せったまま明暦元年1月16日、16歳で亡くなってしまいました

  • ○■ その振袖は本郷元町の麹屋吉兵衛の娘お花の手に渡りましたが、それ以来お花は病気になり、明暦2年の同じ日に死亡しました

  • ○■ 神田明神、湯島天神、東本願寺、湯島聖堂も被災』、死者数 14700 人、行方不明者数 4060

  • ○■ 焼失するに至った大火災振袖火事・丸山火事とも呼ばれる』『この明暦の火災による

  • ○■ 火事のこと放火による和9( 1772 )年2月 29 日に目黒行人坂大円寺(現在の

  • ○■ 7年(明暦3年)に江戸城天守閣と市街のほとんどを焼失した「振袖火事」が起きた日現在の文京区本郷

  • ○■ 日( 1656 年2月 11 日)に死亡した振袖は再び質屋を経

  • ○■ 馬喰町に移り、さらに明暦3年( 1657 )の振袖火事の後、現在地に再興された』とある

  • ○■ へ売り払いましたその振袖は本郷元町の麹屋吉兵衛の娘お花の手に渡りましたが、それ以来お

  • ○■ 2日後の3月1日ウィキの「明和の大火」 によれば、『 29 日午後1時頃に目黒の

  • ○■ び質屋を経て、イクのもとに渡ったが、同じように明暦3年の1月 18 日( 1657 年

  • ○■ かれて恋をし、その振袖の紋や柄行と同じ振袖をこしらえてもらって夫。遊びに明け暮れたその紋

  • ○■ 、目黒行人坂大円寺(現在の目黒区下目黒一丁目付近)から出火(放火による)、『南西からの風にあおられ、

  • ○■ 失し、死者が10万人にもおよんだ明暦の大火が起きましたこの大火は「振袖火事」

  • ○■ 教徒の 振袖 は供養せず、質屋へ売り払ったその振袖はキノの手に

  • ○■ や瓦葺屋根を奨励したが「火事と喧嘩は江戸の華」と言われるとおり、その後も江戸はしばしば大火に見舞

  • ○■ 火が起きたこの大火は「振袖火事」とも呼ばれるこれは次の ような話

  • ○■ 深い者達であると評価し、老中に死罪も含めた罪一等を減ずるように上申して、実際に減刑が行わ

  • ○■ 中に投げ込んだ瞬間、突如吹いたつむじ風によって振袖が舞い上がって本堂に飛び込み、それが

  • ○■ 橋から九段一体に延焼し、江戸城は天守閣を含む大半が焼失』したそして3度目が来る

  • ○■ 暮れたその紋は桔梗紋、柄行は荒磯の波模様に、菊そして、恋の病に臥

  • ○■ り袖をしきたりに反して、本妙寺で供養してもらうことにしたしかし和尚が読経しながら

  • ○■ 姓を想い続けたそして、恋の病に臥せったまま明暦元年1月16日、 16歳で亡くなって

  • ○■ 美しい寺小姓を見初め、小姓が着ていた着物の色模様に似せた振袖をこしらえてもらい、毎日寺小姓を想い続けましたそして、恋の病に臥

  • ○■ もらうことにしましたしかし、和尚が読経しながら振袖を火の中に投げ込んだ瞬間、突如吹いたつむじ風によって振袖が

  • ○■ からの風にあおられ、麻布、京橋、日本橋を襲い、江戸城下の武家屋敷を焼き尽くし、神田、千住方面まで燃え広がった一旦は小塚原付近で鎮火

  • ○■ 本妙寺の墓参りの帰り、上野のお山に姿を消した寺小姓の振袖に魂を招かれて恋をし、その振袖の紋や

  • ○■ 兵衛夫婦もたまたま来ており、三家は相談して、因縁の振り袖を本妙寺で供養してもらうことにしましたしかし、

  • ○■ はキノの手に渡ったが、キノも 17 歳で、翌明暦2年の同じ日( 1656 年2月

  • ○■ がって本堂に飛び込み、それが燃え広がって江戸中が大火となりました

  • ○■ 花は病気になり、明暦2年の同じ日に死亡しました振袖は再び古着屋の手

  • ○■ たつも同じように、明暦3年の1月16日に亡くなりましたおたつの葬儀に、十右衛門

  • ○■ 『明暦 3 年 1 月 18 日( 1657 年 3 月 2 日)から 1 月 20 日( 3 月 4 日

  • ○■ せったまま明暦元年1月16日、16歳で亡くなってしまいました寺では法事が済むと、

  • ○■ 月 18 日( 1655 年 2 月 22 日)、 17 歳で亡くなった寺では葬儀が済むと、

  • ○■ 、根岸を焼いた 30 日の昼頃には鎮火したかに見えたが、3月1日の午前 10 時頃馬喰町付近からまたもや再出火、東に燃え広がって日本橋地区は壊滅した』『類焼した町は 93

  • ○■ 169 、橋は 170 、寺は 382 を数えた山王神社、神田明神、湯島

  • ○■ )から 1 月 20 日( 3 月 4 日)にかけて、当時の江戸の大半を焼失するに至った大火災振袖火事・丸

  • ○■ 日 1657(明暦3)年のこの日、江戸城天守閣と市街のほとんどを焼失し、死者が10万人にもおよんだ

  • ○■ ス開業の日 1924(大正13)年のこの日、東京市営乗合バスが東京駅への2系統で営業を開始した ということで、都バス

  • 焼失 幕府 時代 元年 本郷 供養 江戸城天守閣 呼ばれる 明暦 読経 寺小姓 放火 江戸時代 大正 屋敷 質屋 記録 現在 葬儀 亡くなっ 明和 和尚 神社 類焼 言われ この大火 将軍 本丸 歴史 家綱 回向 本妙寺 死亡 尽くし 地名 系統 市中 都バス 乗合バス 夫婦 死者 大名 浅草 1657 営業 佃島 目黒行人坂 月日 東京都 亡くなった 秀忠 瞬間突如 埋葬 市街 由緒 多数 突如吹いたつむじ風によって振袖 大火事 二十 明暦三年 猛火 竹橋 小石川 底本 施餓鬼 本妙寺火元 発生 道路 振袖火事の日明暦 必要 上野 江戸城天守閣と市街のほとんどを焼失 耳嚢 振袖をこしらえて 以上 三年 京橋 中心 済むと 売り払った 代将軍 三大大火 二年 住民 丁目 着物 和尚が読経しながら振袖 名前 起こっ 残され から出火 徳川 本堂に飛び込みそれが燃え広がって江戸 牢屋敷 乾燥 最初 前項連関 その振袖 残って 松平 地区 再び古着屋 麻布の質屋 被災 反省 世界 そして恋の病に臥せったまま 人々 震災 事実 本妙寺で供養してもらうことにし 築地 創建 以降 言えば 一般 言われて 不受不施 保科正之 言って 丸山火事 文化 焼き尽くし 独断 以後 当然 処置 神田 阿部 営業を開始 大火となっ 武家 戻って 渡った 神田明神 女性 因みに 大半 起きた 寺では 本堂に飛び込みそれが燃え広がって江戸中が大火 五年 年1657 関係 乗合バスが東京駅への この大火は振袖火事とも 同じように □やぶちゃん 一月十 一旦 振袖火事とも呼ばれる 鎮火 ■やぶちゃん現代語訳 のこの日東京 思います 記念日 制度 系統で営業を開始 立派 本妙寺で供養してもらうことにした ウィキ 手に渡ったが 古着屋へ売り払った 完成 約束通 全員 変化 自分 地域 供養せず 十七歳 始まっ 非常 そ振袖は本郷元町麹屋吉兵衛のの おたつの葬儀に十右衛門夫婦と吉兵衛夫婦 不思議 有名 明暦三年1657 東京都交通局が制定 寺では法事が済むとしきたり通り振袖を古着屋 鈴木氏注 江戸市中 焼いた 営業を開始した 感謝 都バス開業 残っている のもとに渡ったが 御座った 被害者 八年 世界三大大火 死亡した 十万 結局 移った 言っていい たがおたつも同じよう明暦年の月日に しかし和尚が読経しながら振袖 十二 この大火は振袖火事とも呼ばれる 本堂に飛び込みそれが燃え広がって江戸中が大火となった 午前時頃 納められ 収載した 主張 使われ 地震 人以上 於いて 住んでい 今日 知られ 呼ばれるように 当時 数えた 存在 一つで ものと思われる 戻ってき 一日 良かった 持って これは次のような 言われています れるようになった 時間
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.029 0.161 0.538 0.018 0.512 0.156
    やや強い少し弱いやや強いやや強い少し弱い極めて強い
    total 44860.19999999986

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発