13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2874 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2815 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 495 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    米食品医薬品局

    医療 健康 関連語 治験 臨床試験 テキサス州 サルモネラ菌
    0 .
  • ○■ 米食品医薬品局(fda)は、2006年、子宮頸がんを予防する世界初のワクチン「ガーダシル」(商品名)を承認しました

  • ○■ 」と声明は述べている

  • ○■ 「我々は、一体どのようにスパイスが菌汚染されたかを判明させ、このようなことが再び起こらないことを確実にするつもりだ

  • ○■ 1月3日日経新聞)京都大学の山中伸弥教授が開発した新型万能細胞(ips細胞)を使う臨床試験(

  • ○■ ・ジェントル粉状ベビーフードをリコールしていることを発表したガーバー社は、リコール

  • ○■ 米食品医薬品局

  • ○■ 彼は今回のケースが「例外的である」と言い、彼の会社は今回のリコールに関連した苦情では、他の2件のささいな(ペットが下痢をしたという報告)のみを受けているという

  • ○■ 同社はまた、製品を受領済みの店舗に同社が直接連絡をとり、店舗の棚から製品を撤去するよう要請した、という

  • ○■ 」と、彼は言い足した

  • ○■ consumeraffairs.comのサイト2009年10月15日付

  • ○■ newsreleasewire.comのサイト2009年12月13日付

  • ○■ fd c blue no.1』(「ブリリアント・ブルーfcf」、通称「青色1号」)は、米国の食品医薬品化粧品法(fd c法)に基づく食品添加物で、ごく普通に利用されている合成着色料だ

  • ○■ を提出してはいるものの、実際の発症例は報告されていないという以上

  • ○■ ーには他に鉛、クロロホルム、コーヒーなどが含まれる 調査チームは、より

  • ○■ ラブ 科学面にようこそ詳細は、リンクを参照してください -------

  • ○■ を食べずに、購買した店舗に返品するようアドバイスしている質問のある消費者は1-

  • ○■ ェブサイトに掲示しても、リコール当該製品が自宅にあるかもしれない顧客に通知する最も効果的な方法

  • ○■ き起される場合があるサルモネラ菌に感染した場合ほとんどの人々は、ごく軽いかまたは中程度の症

  • ○■ 時に致命的ともなる感染力を引き起こす場合がある有機体だ健康な人々が感染した

  • ○■ 9月以来収穫のすべての生のピスタチオナッツをリコールしているfdaによると、それらの

  • ○■ ★★★ap通信のサイト2010年8月22日付(見出し)鶏卵リコール

  • ○■ と神経膠腫(グリオーマ)と呼ばれる脳腫瘍のリスク増加との間に因果関係が示されたと述べた 携帯電話の発がん性

  • ○■ の使用とがんの関係を示す明確な証拠はないとの見解を示していた iarcのチームを

  • ○■ ルa(bpa)について、米食品医薬品局(fda)は「胎児や乳幼児、子どもの脳、行動、前立腺

  • ○■ 成るiarcのチームは、携帯電話が健康に与える影響について入手可能な全ての科学的証拠を調査その結果、携帯電話の使

  • ○■ )などの他の規制当局は、携帯電話の発がん性を示す十分な科学的証拠はないとしている、と述べた 英国の携帯電話事業者協

  • ○■ 科学的証拠を調査その結果、携帯電話の使用について、5段階で示される発がんリスクのカテゴリーで、上から3段階目となる「発がん性が疑われる(possibly carcinogenic)」に位置づけたこ

  • ○■ の)影響を軽減するなど、実際的な取り組みを行うことが大事だ」と述べた 一方、業界団体はi

  • ○■ 幼児、虚弱体質者、高齢者、免疫機能が低下している人々に対しては重大で時に致命的ともなる感染力を

  • ○■ 話の頻繁な利用について、一段の調査が行われることが重要と指摘「さらなる調査結果が明

  • ○■ コーヒーも含まれているとし、「(iarcの判断は)携帯電話ががんを引き起こすということを意味しない」と述べた ウォールズ氏は、i

  • ○■ との見解を示していたiarcのチームを率いたジョナサン・サメット氏は電話会見で、原則的に関連する全ての証拠を調査した結果、携帯電話の電磁波について発がん性が疑われるとの判断を下したと説明一部の

  • ○■ コーヒーなどが含まれる調査チームは、より明確な答えを得るには長期間にわたる詳細な研究が必要とした上で、今回の判断を受けて、whoが携帯電話の使用に関するガイドラインを見直す可能性があるとの見

  • ○■ としている、と述べた英国の携帯電話事業者協会(moa)のエグゼクティブディレクター、ジョン・クック氏も声明で、iarcは危険性がある可能性を指摘したに過ぎないとの見方を示し、「一段の科学的な調査が

  • ○■ が示されたと述べた携帯電話の発がん性をめぐる調査では、これまで明確な因果関係が示されていなかったが、今年2月の米国の研究では、携帯電話の使用が脳細胞の活動に影響を与えると指摘している ia

  • ○■ 大事だ」と述べた一方、業界団体はiarcの報告に反発している 米移動体通信産業協会の

  • ○■ 味しない」と述べたウォールズ氏は、iarcの調査チームは既存の研究結果を調査しただけで新たな研究を行っていないと指摘米食品医薬品局(fda)

  • ○■ [ロンドン31日ロイター]世界保健機関(who)の専門組織、国際がん研究機関(iarc)は31日、携帯電話の頻繁な利用によって特定の脳腫瘍が引き起こされるリスクが高まる恐れがあるとの見解

  • ○■ bloombergのサイト2009年4月4日付(見出し)韓国、米

  • ○■ 発が増えるかもしれない--------------------------------------- 遺伝子の配列は、わ

  • ○■ quality ocean international, yaquina bayという各ブランド名で

  • ○■ 医薬品局 (food and drug administration、fda)に es細胞(胚性幹細胞)を

  • ○■ nd settlements.comのサイト2009年5月8日付(見出し)サルモネラ・リ

  • ○■ を参照して下さい --------------------------------------- 米食品医薬品局(fda)は21日、 たばこの

  • 発表 fda米食品医薬品 調査 使用 問題 場合 サルモネラ 見出 リコール 感染 消費者 食品医薬品局fda 症状 発症 サイト 理由 結果 声明 日付 可能性 述べている 医療 利用 出荷 我々 関する オンス 非常 発表した リコールしている 含まれ 人々 重大 一般 種類 汚染され 店舗 禁止 兆候 購買 プラスチック 同様 環境 以上 サンプル 効果 回収 述べた 販売 パッケージ 実際 リコールされ 業界 増加 ことが判明 引用 サルモネラ菌汚染 障害 テキサス 指摘 大量 損傷 市場 中毒 致命 一方 程度 詳細 以来 リコール対象 訴訟 発がん 対して 過去 確認 農務 upc 開始 商品 疾病対策センター ペット 電話 証拠 深刻 内容 期限 コード 一般的 低下 施設 最近 分子 因果 処理 委員 米国内 大学 細胞 投与 臨床試験 免疫機能が低下 発見され 野菜 引き起こし 規則 foods 連邦 製薬会社 今回のリコール 同日 含まれてい 活動 北米 以外 当局 該当 結局 サイト20 報告されて 場合がある 販売されて 自主 適切 昨年 確認されて 見つかっ 菌種 汚染の可能性 仕組 会見 食べて 悪化 受けて 自発的 複数 以内 提出 記者 製造され 段階 このリコール 行われ 色々 州内 連絡 経済 時間 リンク 掲載 2009 変化 000 明らかに 試験では ロット たことが判明 チーム 大事 自宅 ラット 予想 対応 説明 及ぼす 行って フードをリコール れるリスク 日本 治療薬 嘔吐 購買した 具体的 科学的 ことが判明したと した場合 エグゼクティブディレクター 同社 警告 使った 臨床試験では 者免疫機能が低下 思います 米国の研究 通知 恐れが 疑われる 特定 懸念 ていないという 相当 月以来 ある消費者 含んで 関連する 患者 免疫機能が低下している 引き起こす場合がある 高齢者 製品 ないとしている カリフォルニア 生産され 提供 comのサイト リコールした との見解 重要 研究者 影響 以下 場合もある 判明して 行われる ニュース 要請している 示されて サイト2009 状態 悪くなって 示して 示した 時から 意味 性があり 含まれている ている可能性 関係 201 知られて 含まれていた たと述べた 出荷されていた 調査した 調査では 発表している 考えている 出して 研究では たと発表 確認した れていなかった していることを
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.023 0.129 0.588 0.015 0.574 0.208
    僅かに強い僅かに強い十分弱い強い非常に弱い僅かに強い
    total 47579.49999999511

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発