13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2873 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2815 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2231 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 495 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 936 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 276 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 462 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 187 )     生活 ( 266 )  


    ベートーヴェン

    音楽 関連語 ブラームス ショパン シューベルト 交響楽団 シューマン モーツァルト チャイコフスキー 管弦楽団
    0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 .
  • ○■ ブラームスのヴァイオリン協奏曲は名曲

  • ○■ complete piano sonatas: fantasies & rondos wolfgang amadeus mozart rca 2003-11-25 by g-tools

  • ○■ <walhall> wlcd0351 2枚組 ¥1750 ヴェルディ:歌劇「オテロ」 マリオ・デル・モナコ(オテロ) レナード・ウォーレン(ヤーゴ) ポール・フランク(カッシオ) ジェイムズ・マクラッケン(ロデリーゴ) レナータ・テバルディ(デズデモーナ) フリッツ・シュティードリー指揮fritz stiedry メトロポリタン歌劇場管弦楽団、合唱団 1955年3月12日ニューヨーク、メトロポリタン歌劇場でのライヴ録音 多少、古めかしさを感じさせる音質です

  • ○■ <lso live> lso 0681(sacd-hybrid) 。。2180 ウォルトン: オラトリオ「ベルシャザールの饗宴」(1930-31)* 録音:2008年9月28 & 30日ロンドン、バービカンホール(ライヴ) 交響曲第1番変ロ短調(1932-35) 録音:2005年9月23日&12月4日ロンドン、バービカンホール(ライヴ) ピーター・コールマン=ライト(br)*ロンドン交響合唱団 * ジョセフ・カレン(合唱指揮)* サー・コリン・デイヴィス(指) ロンドン交響楽団 プロデューサー:ジェイムズ・マリンソン エンジニア:ジョナサン・ストークス&ニール・ハッチンソン 巨匠デイヴィスによるlso live最新アルバムはウォルトンの「ベルシャザール の饗宴」

  • ○■ <audite> au 95620 ¥1850 ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 op.125 「合唱」 矢野 滋(s) マルガ・ヘフゲン(a) フリッツ・ヴンダーリヒ(t) テオ・アダム(bs) ディーン・ディクソン(指) ヘッセン放送交響楽団,ヘッセン放送合唱団,南ドイツ放送合唱団 録音:1962年4月13日、フランクフルト・アム・マイン ヘッセン放送ゼンデザール(ライヴ・モノラル) auditeがまたまた貴重な音源を発掘してくれました!1962年にフランクフルト で収録されたベートーヴェンの合唱交響曲

  • ○■ 2楽章以降も絶妙なニュアンスの変化を見せながら進みます

  • ○■ 2楽章もやはり遅めで悲哀の大きさはフルトヴェングラーのようです

  • ○■ 第4楽章は重苦しく、ファゴットが沈痛な叫びを発す

  • ○■ 第1楽章アレグロ(速く)、第2楽章ラルゴ(ゆるやかに)-アタッカ(休みなく次に続く)、第3楽章ロンド・アラ・ポラッカ(ポーランド風/ポロネーズ風のロンド)

  • ○■ 演奏も素晴らしいが、彼の指揮を見ているのも楽しい

  • ○■ 彼の音楽性はイタリア・オペラに由来しており、今回収録された 「レクイエム」にも当時のイタリア教会音楽様式が垣間見えます

  • ○■ 以前にも読んだことがあるが、まと引き込まれてしまった

  • ○■ 交響曲第2番【復活】では死者の蘇りが高らかに叫ばれます交響曲第3番や交響曲第4番では天国への憧れが歌われます

  • ○■ テンポ設定ではウイーン・フィルとのemi録音が一番遅く、それよりも幾らか速めですが、これはやはり実演であったせいでしょう

  • ○■ チャイコフスキーを中心にラフマニノフ、ボロディン、グラズノフなどの作品もよく聴きます

  • ○■ しばらく聴かないと、こういうのを聴くことを忘れていたり、面倒になったりしますけれども、 最近、私はかなり意識的に聴いております 今更、ですが、私はこのようにブログの記事にするので多少は文字で埋めないといけないものですから、 分かったようなゴタクを並べてますが、カラヤンが、 音楽とは、音の流れの美しさ以外の何ものでもない

  • ○■ この曲は、いままで聴いたことがないし、これからも聴くことはないでしょう

  • ○■ このアルバムに収録された2つのピアノ協奏曲は対照的 な音楽性を有し、彼を知るためにはとても興味深い作品でもあります

  • ○■ 「ピアノ四重奏曲変ホ長調k.493」モーツァルト作曲(24分19秒) (ピアノ)アンドレ・プレヴィン (バイオリン)堀正文 (ビオラ)佐々木亮 (チェロ)藤森亮一 〜東京・浜離宮朝日ホールで収録〜 <2010/11/2>

  • ○■ 今日は福岡にある某アマチュアオーケストラの練習見学に行ってきました

  • ○■ 23:52 from web rt @kagekineko : 苦しみから抜け出そうともがいても抜け出せない

  • ○■ ars 38501 ¥1550 リスト(1811-1886):ピアノ作品集 vol.1 ヘンデルのオペラ「アルミーラ」からのサラバンドとシャコンヌ s.181(**) パガニーニによる大練習曲 s.141(ブゾーニ版)(+) ダルゴムイシスキーのラタンテッラ s.483(#) モーツァルトの「フィガロの結婚」の2つの主題による幻想曲(*) ボリス・ブロッホ(ピアノ) 録音:1979年1月、ミュンヘン(ドイツ)、レジデンツ、ヘルクレスザール(*)、 2004年6月、デュッセルドルフ(ドイツ)、ローベルト・シューマン・ザール(+)、 2005年10月、ドゥイスブルク(ドイツ)、ヴィルヘルム・レーンブルック美術館(#)、 2007年10月、エッセン(ドイツ)、 フォルクヴァング大学、新講堂(**)、ライヴ(全収録曲) ボリス・ブロッホ(ブロフ)は1951年ウクライナのオデッサに生まれ、モスクワ 音楽院でドミートリー・バシキーロフに師事したピアニスト

  • ○■ 8.572737 ウィットボーン: 1-9.神の子のミサ(2001)/10.ウィンターズ・ウェイト(2010) 11.私たちに信仰の翼をください(2002) 12.ピーター・アベラールの短い話(ソプラノ・サクソフォンとオルガン編) (2006/2011) 13.南アメリカからの祈り(2009)/14.リヴィング・ヴォイシズ(2001) 15-19.レクイエム・カンティコルム(2010) 20.すべてはアーメンとハレルヤでなければならない(2009) ジェレミー・パウエル(ソプラノ・サクソフォン)…1.3.5.7.9.12.14-18 ケン・コーワン(オルガン)…1-12.15-20/ロン・キャロル(朗読)…14 ジョナサン・パルマー・レイクランド(ピアノ)…20 ヤコブ・エッツォ(パーカッション)…20 ウェストミンスター・ウィリアムソン・ヴォイシズ ジェイムズ・ジョーダン(指揮) このアルバムを再生してすぐ、聴き手は「あれ、これ宗教曲だったはず」と複 雑な思いに捉われるかもしれません

  • ○■ 第1番の最後の音を、ボンッ!と鳴らした後、拍手とチューニングを挟んで、指揮者が引っ込まずに始まった第2番の1楽章は、まるで1番の第5楽章のような素晴らしさ

  • ○■ 指揮ヤープ・ヴァン・ズヴェーデン 演奏ハーグ・レジデンティ管弦楽団 録音2003年3月

  • ○■ 以前書いた話題はココ

  • ○■ コンサート主催のおじいちゃまからは、来月のソロリサイタルの前に、ここで全部弾く?という提案でしたが、今月はコンサートは沢山あるし、ヴァイオリンの友人の卒業コンサートもあり、てんやわんやで、全部を弾くのは厳しい模様だったので、ソロとヴァイオリンの伴奏の2本立てにしてもらいました

  • ○■ エーリッヒ・クライバー指揮アムステルダム・コンセルトへボウ管(1953年録音/decca盤)当時のコンセルトへボウは非常に上手く、音色もウイーン・フィルの柔らかい音とはまた違う艶があって魅力的です

  • ○■ ウィルヘルム・フルトヴェングラー指揮ベルリン・フィル(1954年録音/audite盤)ベルリンのティタニア・パラストでのライブです

  • ○■ ところで一度も話題にしたことは有りませんでしたが、4月末に神奈川県に引っ越ししました

  • ○■ そして女子の集団にめっさ弱い

  • ○■ そして、ピアノの蓋を半開にして弾いてみたら、驚くほど楽に弾けるようになりましたよ

  • ○■ そういうことってアリなんですね

  • ○■ しかし、メータさんのように、一月(ひとつき)の内に演奏会の準備を整えて

  • ○■ さて、12月となれば、好きも嫌いも世の中、第九ばかり

  • ○■ このcdは、1994年の1月か2月、ウィーン在住時の末期に、この曲を含む演奏会の予習のために買ったものだと思います

  • ○■ この曲は僕も昔から大好きですが、特に素晴らしいのが第1楽章です

  • ○■ 【日時】 2011年1月20日(木)開演18時30分/開場18時00分 【会場】 リーデンローズ小ホール 【チケット】 一般:3,000円学生(高校生以下):2,000円ペア:4,000円 【演奏曲目】 。垣 友子さん(tomoko hogaki) ベートーヴェン作曲ピアノ三重奏曲第7番変ロ長調op.97 《大公》第1楽章 村上 瑞枝さん(mizue murakami) ベートーヴェン作曲ピアノ三重奏曲第3番ハ短調op.1-3第1楽章 上村 佳之さん(yoshiyuki kamimura) シュターミッツ作曲ヴィオラ協奏曲第1番ニ長調第1楽章 西奈那子さん(nanako nishi) ドヴォルザーク作曲ピアノ五重奏曲イ長調op.81第1楽章 松下 智子さん(tomoko matsushita) ショパン作曲ピアノ協奏曲第2番ヘ短調op.21第1楽章 羽原 久美子さん(kumiko habara) シューベルト作曲ピアノ五重奏曲イ長調d.667 《ます》第4,5楽章 小林 絵里さん(eri kobayashi) ショスタコーヴィチ作曲ピアノ五重奏曲ト短調op.57全楽章 ■特別出演 溝入 敬三さん(keizo mizoiri) ドヴォルザーク作曲弦楽五重奏曲第2番ト長調op.77第2楽章

  • ○■ 「音楽」カテゴリの最新記事 休息中のカルガモ 白梅 コリア庭園の甕 放飼場で 実物大の縫いぐるみ

  • ○■ cd/国内盤/1995.7.21/srcr-9885 1963年ザルツブルグ音楽祭でのライヴ収録

  • ○■ しかしポゴレリチは私の中では、もう「ベスト5」など超越した存在だ

  • ○■ 「生きている」「生命感に満ちている」というバーンスタインの創り出す音楽は、やっぱりカッコいい

  • ○■ <regis> rrc 1377 ¥680 ショスタコーヴィチ: 交響曲第5番 ピアノ協奏曲第2番 バーンスタイン(pf) レナード・バーンスタイン指揮、 ニューヨークフィルハーモニー管弦楽団

  • ○■ 本当に少しずつだが、アジカンは確実に成長して来た

  • ○■ ちなみに先ほどの岡山弁は「あなたは、ホルストを聴かれるのですか

  • ○■ この演奏はライブなので、1楽章のオケによる美しい序奏部分が大幅に短縮されてるのが大きなマイナスです

  • ○■ 16:06 from keitai web 「いくら練習しても弾けない〜!!」と思う所、ちょっと落ち着いて、冷静に、「指使い」を確認し、音型(ポジション)がどうなっているかを確かめ、理解すると、あら不思議!?けっこう弾けちゃったり!?することがあるかもしれません

  • ○■ 11:36 from keitai web ゆっくり練習する意味は、その部分を奏者の脳が処理できる速さまで落として、着実に把握するためのもの 11:37 from keitai web ゆえに、たとえちょっとゆっくりにしたところで、まだ脳の処理が追い付かないようだったら、その「ゆっくり練習」は意味がないということに・・・ 11:38 from keitai web 自分の脳が、その物事を把握している!!という実感を得ながら事が進められたら、それが「上手」ということなのかもしれません 11:43 from keitai web 逆に、中途半端なゆっくり練習で(あるいは、弾けていないままの状態で弾き続けて)、脳の処理が追い付いていない状態を放置し、それに慣れてしまうことは、練習しながらも「上手」になる道を外れてしまうという恐ろしい結果になってしまうのかもしれません・・・ 11:46 from keitai web ちなみに、さきほどのツブヤキは、人を批判して言ったつもりでは全くありません

  • ○■ 8.572460 ショパンの弟子たちによるヴァイオリンとピアノのための作品集 1-4.ミクーリ(1819-1897):大二重奏曲 イ長調 op.26 5-8.テレフセン(1823-1874):ヴァイオリン・ソナタ 第1番 ト長調 op.19 9-11.テレフセン:ヴァイオリン・ソナタ 第2番 ホ短調 op.37 12.フィルチ(1830-1845):アレグレットと変奏 ヴォイテク・プロニエヴィチ(ヴァイオリン) アレクサンドル・ヤコビツェ=ギトマン(ピアノ) 既にリリースされている「ショパンの弟子たち」(8.572344)は、ショパンの後 継者たちのしられざるピアノ作品を集めたアルバムでしたが、こちらはもっと 珍しい、彼らのヴァイオリン作品を集めたものです

  • ○■ 2010年7月20日までに審査会スケジュールを発送いたします

  • 交響曲 音楽 ピアノ 楽章 ソナタ 作曲 協奏曲 作品 モーツァルト 録音 コンサート 長調 ヴァイオリン ブラームス 短調 ショパン クラシック 交響曲第 指揮者 シューベルト ホール 最後 ピアノ協奏曲 世界 ピアニスト 全集 記事 序曲 合唱 チェロ フィルハーモニー ドイツ シューマン 楽器 日本 時代 オーケストラ 第番 組曲 収録 思います 放送 マーラー チャイコフスキー 初めて 変奏曲 全曲 奏者 主題 聴いて リスト ハイドン 最新記事 ドビュッシー カテゴリの最新記事 ワーグナー ブログ シュトラウス 自身 ・ソナタ アンサンブル 伴奏 意味 関係 小品 劇場 ヴァイオリン協奏曲 カラヤン 幻想曲 非常 合唱団 フィルハーモニー管弦楽 変ホ長調 開演 編曲 ホルン フルトヴェングラー メンバー 解説 独奏 言われ ラヴェル シリーズ 重奏曲 アルバム ヴィオラ 機会 来日 イタリア 名演 変ロ長調 bwv 枚組 クラリネット 記念 1楽章 内容 舞曲 状態 以外 人間 以上 ライヴ スタイル 悲愴 テーマ 書いて 基本 2楽章 拍手 スタジオ 何度 英雄 弦楽器 前奏曲 長調op 思った レッスン 後半 美しく 出演 ヘンデル 必要 nhk 聴かせ 一人 トランペット 偉大 問題 技巧 ショスタコーヴィチ 演奏され 3楽章 初期 フルート 演奏会 第1楽章 弾いて チェンバロ バリトン 管楽器 番組 イギリス アメリカ 以下 第楽章 ロマンティック タイトル 巨匠 この演奏 作曲家 モノラル beethoven レクイエム 思ってい 自然 教会 トーク 音楽祭 ニューヨーク 編成 個性 勉強 主題による 形式 コンサートマスター オーボエ アレグロ 途中 レーベル 短調op 難しい 写真 良かっ 四重奏団 天才 一緒 実際 バーンスタイン 書いた 普通 ブルー 定期演奏 聴ける てしまいました 第九 メヌエット トスカニーニ ストラヴィンスキー 個人 今回 入って 聴くこと 繊細 最初 聴いた dvd 音符 番変 開催 言って 使用 子供 五重奏曲 声楽 本日 聴いてい 可能 交響曲第番 ノクターン 聴こえ 年月 変わっ 例えば 終了 物語 バランス 年前 セレナード コントラバス ヴァイオリニスト 人々 当然 同様 全部 学生 こブログの 行われ スケール 民謡 ジャズ 時期 監督 伝統 小さな 練習 アバド コンサートホール ロッシーニ ではありません 楽団 完成 影響 ・フィルハーモニー管弦楽 言える 二人 分かり 日記 結婚 トッカータ 皆さん ロマンス デュオ 注目 演奏です バルトーク 明日 作品集 確認 人気 瞬間 三重奏曲 記録 ギター 簡単 協奏曲第 フォーレ トロンボーン sacd 奏法 ステレオ 聴いてみ 時間 伝わっ 皆様 出来 学校 説明 情報 による変奏曲 中心 クリック 月日 センター 知られ パガニーニ 和声 ヴィヴァルディ 価値 気がし だと思います 激しい 戦争 主義 弦楽四重奏団 満足 思いまし 再現 絶賛 このブログの人気
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.033 0.134 0.564 0.024 0.526 0.214
    total 885927.999997624

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発