13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2875 )     アニメ ( 2208 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    季節調整済

    ビジネス 経済 関連語 内閣府 商務省 金融危機 エコノミスト リーマン・ショック 年率換算 景気回復 プラス成長
    0 . 1 . 2 .
  • ○■ 季節調整済

  • ○■ つまり、状況次第では仕掛けるということ

  • ○■ 米失業率さらに悪化、8・5%で25年ぶりの水準 米労働省が3日発表した3月の雇用統計(季節調整済み)によると、失業率は85%と前月から04ポイント上昇し ̄983年11月以来25年4か月ぶりの水準に悪化した

  • ○■ 機関名 実質gdp成長率 (前期比年率) ヘッドライン 日本経済研究センター +1.0% (+4.0%) 輸出主導での景気持ち直し続くものの、内需への波及は未だ見えず 日本総研 +1.1% (+4.3%) 輸出の回復が続き、外需のプラス寄与が拡大 みずほ総研 +0.8% (+3.1%) 設備投資、在庫投資は成長率を押し上げた可能性が高いが、これらは、2次qe段階で大きく修正される可能性 ニッセイ基礎研 +1.0% (+4.1%) 日本経済は09年度入り後、3四半期にわたって潜在成長率を大きく上回る高成長を続けていたという姿が示される 三菱ufj証券 +1.1% (+4.5%) 輸出、個人消費の増加に加え、設備投資も持ち直し

  • ○■ 香港ハンセン22589.73+379.21 h株 13316.02+356.09 レッドチップ4200.70+58.65

  • ○■ 上海b261.238-0.371 深センb625.726-7.299

  • ○■ ナスダックは-10.82の2154.47で終了しています

  • ○■ 内閣府のサイト によれば、7-9月期のgdp統計1次qeは11月16日の公表予定ですから、近づいた時点でシンクタンクなどの予想を取り上げたいと考えています

  • ○■ もうひとつ私が注目したのは、これも四半期ごとに発表される達成率なんですが、上のグラフの通りです

  • ○■ 次に、企業物価の前年同月比上昇率は上のグラフの通りです

  • ○■ まず、日経新聞のサイトから関連する記事を引用すると以下の通りです

  • ○■ 本日、財務省から11月の 貿易統計 が発表されました

  • ○■ US retail sales rose a better-than-expected 0.5 percent in January, official data showed Friday in a report suggesting that consumer spending key to economic recovery is gaining momentum.The Commerce Department reported that seasonally adjusted retail sales totaled 355.8 billion dollars in January, a half percentage point higher than in December and 4.7 percent higher than the year-ago level.The increase in retail and food-service sales was better than the 0.3 percent expected by most analysts. 米国の小売売上高は、予想以上の公式データは金曜日に報告書は、消費支出が経済回復の鍵をmomentum.The商務省が高まっていることを示唆で示した0.5%増、1月の予定だったが、季節調整済み小売売上高は1月の355800000000ドルの集計報告で0.5%ポイント、12月に比べて4.7%と前年よりも高い前level.The増加小売、食品サービスの売上高は0.3%、ほとんどのアナリストが予想よりも良かった

  • ○■ 後方6か月移動平均ですいずれも左軸の単位は兆円です影をつけた部分は景気後退

  • ○■ 度の形で表していますいずれも季節調整済みの系列で、青い折れ線が経常収支、積上げ棒グラフは

  • ○■ 4月の失業率は19.7%、ポルトガルは同10.8%4月の失業者数は、ユ

  • ○■ ないような・・なんですけど米失業率さらに悪化、8・5%で25年ぶりの水準 米労働省が3日発表した3月の雇用統計(

  • ○■ :28産経新聞 欧州連合 ( eu )の統計機関ユーロスタットは1日、ユーロ圏(

  • ○■ りです 経済産業省が30日発表した4-6月期の鉱工業生産指数(速報値、2005年=100)

  • ○■ 4.5724月29日の香港市場は続落しました 香港ハンセン2077

  • ○■ ドラインに関する記事を引用すると以下の通りです 労働統計 雇用情勢の

  • ○■ 因分解したものです輸出額は引用した記事にもある通り、前年同月比で▲6.2%減まで回復しています

  • ○■ 増を大きく上回って、季節調整済みの前月比で+10.5%増となりましたこの結果を受けて、内

  • ○■ ている米国債の一部を 国際通貨基金 ( imf )債に交換する可能性があることを明らかにしたことを

  • ○■ 以来、最悪水準 eu 全体(27カ国)は9.7% eu の3月の失

  • ○■ ス4.6%でした全米リアルター協会(nar)が23日発表した9月の中古住宅販売戸数は前月比

  • ○■ ドル00セント(+4ドル00セント)で終了しました5月25日の上海総合指

  • ○■ み切っており、財政政策を平時に戻す「出口戦略」を探るだが、 景気 回復は

  • ○■ 軸の単位は兆円ですを付けた部分は景気後退期を表していますが、直近の谷は今年2009年

  • ○■ 上のパネルの赤の折れ線グラフは非農業部門雇用者数の前月差増減、下のパネルの水色の折れ線は失業率

  • ○■ ませんまた、下のグラフは季節調整していない原系列の非農業部門雇用者数の対前年同月差を産業別に見たも

  • ○■ する非農業部門の就業者数は前月比66万3000人減少した景気後退が始まった200

  • ○■ 見方が有力だが、雇用は依然厳しい状況が続いている 就業者数が前月を

  • ○■ 企業物価の前年同月比上昇率は上のグラフの通りです赤い折れ線が国内物価

  • ○■ 感を強めている 失業率は15歳以上の働く意欲のある人のうち、職に就いていない人の割合

  • ○■ 働省が同日発表した5月の有効求人倍率(同)も0.44倍と前月から0.02ポイント下がり、過去

  • ○■ たことになるリアルティトラックの最高経営責任者(ceo)は「7月の差し押さえの数字は、過去5

  • ○■ 表した4月17日終了週の新規失業保険週間申請件数(季節調整済み)は 前週から2万4000件減少し、45万6000件(予想4

  • ○■ )速報値は、 物価変動の影響を除いた実質で前期比0.9%増、年率換算で3.7%増となっ

  • ○■ が31日発表した6月の完全失業率(季節調整値)は5.4%と前月から0.2ポイント上昇し、直近

  • ○■ い 同日発表した11月の全国消費者物価指数(cpi、生鮮食品を除く)は9カ月連続でマイナスと

  • ○■ る まず、コア機械受注のグラフは以下の通りです青の折れ線が毎月の

  • ○■ 2010年4月22日のアメリカ市場は ダウは9ドル37セント高の11134ドル29セント

  • ○■ 、経済産業省から11月の 鉱工業生産指数 が発表されました季節調整済みの生産指数が

  • ○■ が発表した8月29日に終わった1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は57万件と、前週の57万4000件(速報値

  • ○■ ギリシャは4月は未公表だが今年1~3月期では19・0%だったスペインの4月の失業率

  • ○■ が分かった英国立統計局が23日発表した第3・四半期の実質国内総生産(gdp)伸び率は、季節調整済みで前期比マイナス0.4%、前年比マイナス5.2%前期比では6四半期連続マ

  • ○■ 下回り、労働市場の改善が緩やかであることを示唆した。アナリスト予想は44万5000件だった。

  • ○■ 2月の 企業物価指数 が、それぞれ発表されました相変わらず、どちらもプラ

  • ○■ まず、日経新聞のサイトから関連する記事を引用すると以下の通りです 機械受注統計 内閣府が

  • 景気 統計 前月 前年 市場 予想 水準 連続 年率 指数 雇用 前月比 seasonally 投資 前期比 政府 後退 労働省 見通 可能性 速報 大幅 percent 月連続 上昇 景気後退 悪化 月期 政策 発表され 危機 設備投資 大きく 結果 中国 減少 サイト 前年同期 The 本日 系列 安定 寄与 以降 日銀 上回 現在 成長率 上方 said 増加 保険 改善 機関 全体 内閣府 内需 業績 gdp December 基調 下方 景気回復 改定 影響 本格 デフレ 総生産 日本 ヘッド 万人 推移 引用すると 日発表 工業 日経新聞のサイト 収益 修正 引用すると以下の通りです 発表されました ショック 為替 者数 対象 株価 更新 通りです 国内総生産 先行 今回 統計局 グラフ ガソリン 個人消費 期待 可能性がある 公表 拡大 000 先物 前年同月比 記録 month 新規失業保険 メーカー グラフは以下の通りです 重要 米労働省 総生産gd 新興 経済 欧州 減少した 事前 percentin 東証 指摘 利益 大きい 少なくとも 金利 戦略 製品 受け止めて 考えて 情勢 続いて year プラス 調整済み年率 金融危機 ポイント 年月 輸出 背景 新規 単位 兆円 大きな Wednesday 記事を引用すると以下の通りです 不動産 上回った 場合 比べる 鉱工業生産指数 輸出入 経常 建設 受注 いつもの日経新聞のサイト 反動 gdp統計 順調 局面 決算 予定 億ドル 財務省 経営 中央 景気対策 earlier 鮮明 商品 国内総生産gd increase Japan 供給 下回った マイナス 終了 支出 本格的 前週 投入 07 述べた 転じた 雇用統計 競争 まずいつもの日経新聞のサイトから 過去最大 受給 始まっ リーマン・ショック マザーズ January 下落 非農業部門 かもしれません 内外 強まっ Commerce 前月から ・ショック 反落 統計のヘッド 総合指数 受け止めています 部分 日経平均 高水準 エネルギー 名目 脱却 目指 契約 実質成長 上のグラフ 示して 占める 鈍化 中小 就業者数 時点 %低下 収支 企業 水色 昨夜 年末 expected 上昇率 変わら 寄与度 従業 サービス 市場予想 経験 反映 公共 増加した 1000 最後 シカゴ日経平均先物 削減 決定 考えています saidin 強調 ロシア 年率換算 機械 必要 改訂 在庫調整 世界 いつものグラフは以下の通りです 失業率 継続 内容 歯止 大統領 速報値年 中心 段階 除いた reporton 人員 続いている 下方修正 annualrate 残高 一方 市場の事前 上方修正 時間 住宅価格 申請件数季節調整済 昨日 増となった released 薄れる 通期 戸数 底入 単月 jobless %増加 たと発表 専門 ina 38 着実 月次 data 厚生労働省 統計によると economy 厳しい状況 なる可能性 連動 向かっ 統計が発表 原則 非常 既存 見解 シンクタンク
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.015 0.109 0.627 0.008 0.610 0.187
    僅かに強い比較的強い極めて弱い比較的強い極めて弱い僅かに強い
    total 91037.4999999774

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発