13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2875 )     アニメ ( 2208 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1679 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1161 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    レンブラント

    映画 アート 芸術 関連語 アムステルダム ピカソ 西洋美術館 国立西洋美術館
    0 . 1 . 2 .
  • ○■ のクラナーハ、17世紀、レンブラント、ルーベンス、ベラスケスと充実した作品をじっくり鑑賞しました

  • ○■ ています ホワイト君も、フェルメールの『真珠の耳飾りの少女』をぜひ見に行きたいと思っています 美術館

  • ○■ る作品 私に近い6人の他人【字幕版】 [vhs] # 2 パリにいきますが

  • ○■ ス・ファン・レインは、17世紀を代表するオランダの画家で単にレンブラントと呼ばれることもあります

  • ○■ こちらの方がフェルメールの「真珠の首飾りの少女」の顔が大写しにされているので、表情がよくわかる

  • ○■ ントの作品は、 非常〜に、光を反射するところに飾ってあり、撮りにくかった〜これが精一杯! ..

  • ○■ ージ」 「ヘア・スプレー」 「ペルセポリス」 「ホット・ファズ」 「ホテル・ルワンダ」

  • ○■ ル作品のシンボルといえる「真珠の耳飾りの少女」をはじめ、 レンブラント、 フランス・ハルス

  • ○■ ャピロ の 《無題》、フランク・ステラ の 《リュネヴィル》、清水九兵衛 の 《朱甲面》 の彫刻があったなお、美術館本館は

  • ○■ いつか本国オランダにある、「真珠の耳飾りの少女」を見てみたい2004年の映画「真珠

  • ○■ 花はバランスって難しい(>_<) アレンジし終わったら、頭がパンパンでした

  • ○■ 美術史美術館−kunsthistorische museum wien:wizさんの ... wiz ブリューゲル(

  • ○■ し安心する 「weblog」カテゴリの最新記事 北京紫禁城 潮干狩り 観劇オペラ座の

  • ○■ 宮殿からなる建物と、300万点を超える所蔵作品とが見事な調和を織りなす、世界有数の美術館

  • ○■ . ウィーン 写真 .... キリスト教世界の礎を築いた最大の指導者です 英語では、聖ポール

  • ○■ より御礼申し上げます<(_ _)>前説が長すぎましたねぇ(

  • ○■ 「ラストキング・オブ・スコットランド」 「ラスト、コーション」 「リトル・ミス・サンシャイン」

  • ○■ このブログで一番量の多い記事は映画感想なので、索引を作ってみました

  • ○■ 5.16世紀北イタリアの美術 /ヴェネツィア絵画の展開/北イタリアの諸派/

  • ○■ 体勢として少し苦しいと思いますが、サッシに映った体を見て見ましょう

  • ○■ フランドルというのは、現在のベルギーを挟んでオランダの西側とフランスの東側辺り一帯をフランドル地方と言っていた

  • ○■ でも、赤と白の糸の絡まりはしっかり見ましたよ

  • ○■ それにしても平日で、企画展はロスコだよ

  • ○■ その中で、心惹かれた絵です

  • ○■ この絵を観たとき、写真より鮮明な白と青の コントラストにひきこまれました

  • ○■ あまり広くない会場だったのでレンブラントの肖像画は迫力さえ感じさせました

  • ○■ だって、レンブラント(の展覧会)が来ているんだものッ!! まさか、肉眼でレンブラントが見られるとは思っていなかったので、この展示会を知った時から、「行きたいな、行きたいな」と心密かに思い続けていましたのよ

  • ○■ でも、どこかおかしい・・

  • ○■ 美術館の周りは静かで素晴らしい環境でした

  • ○■ 時間があれば、ゆっくりと見たかった

  • ○■ ミケランジェロの生皮自画像(システィーナ礼拝堂)もあわせて

  • ○■ フェルメールやレンブラントを知る前に、好きな絵がありました

  • ○■ オランダを代表する作品といっていいからだと思う

  • ○■ もちろん見ました! レンブラント ももちろんすばらしいけど、 フェルメール の方が好きです

  • ○■ とりあえず無理矢理押し込んでおいたが、近日中に分解し、交換・整備を実施しなければならない

  • ○■ それにしても、上半身にほてりがあるというのは、なかなかやっかいなことである

  • ○■ この絵もまるでスポットライトが当たっているかのようである

  • ○■ 今日は朝からワンコをお風呂に入れて、昼ぐらいから京都市美術館で行われているボストン美術館展に行ってきました〜(^-^)

  • ○■ そして夕方4時の夕陽です

  • ○■ 5月17日(日) 朝6時起床

  • ○■ 2011.04.05(tue) 03:21 | あたま | c:/0 | tb:/

  • ○■ <!-- function commentwinopenb(commentid){ window.open(' 'commentform', 'scrollbars=yes,resizable=yes,width=430,height=675','return false'); } -->

  • ○■ 美術館をゆっくり見た後は上野公園からお散歩

  • ○■ 続いて人気のルーブル美術館展へ

  • ○■ 今回は息子と二人での デート 先月はパパと訪れ今回は私となので息子は2回目

  • ○■ 今回旅行したのは、アメリカ東部です

  • ○■ オーストリア、ドイツ、イタリア、ベルギー、オランダの各地の

  • ○■ オランダの気候は一日目は激寒くて、歯ががちがち

  • ○■ ちなみにこの写真撮るのに、3回はかわったな、信号

  • ○■ この人とブロともになる

  • 画家 世紀 ゴッホ 鑑賞 時代 展覧 西洋 今日 ヨーロッパ 自分 夜警 少女 展覧会 有名 絵画 紹介 印象 部屋 展示され 当時 表現 風景 昨日 ルノワール セザンヌ 最初 ブログ 興味 フェルメール 一緒 美術館 描かれ 歴史 初めて 良かっ オランダ 仕事 フランス 行って 今回 展示されて 一番 本当 最近 予定 彫刻 真珠 人気 上野 素晴らしい 途中 雰囲気 美しい 行ってき 素敵 ファン・ モナリザ 至宝 思ってい 意味 公開 以外 思います 企画 ブリューゲル ミュージアム レイン 構成 彼女 ネット 時間 開館 感動 作家 見える 開催 技法 電車 ・ファン・ 実際 日本 持って 作者 デルフト 映画 広場 教会 仕方 マウリッツハイス カテゴリ 探求 行ってきまし 館内 真珠の耳飾りの ミレー ルーブル 言われ 牛乳 ルーベン 気分 イメージ 見つけ 見られ ヤン・ 書いて 言って 午前 カテゴリの最新 登場 行列 一枚 開催され 移動 構図 チェック ゴッホ美術館 ルーベンス ・ファン・レイン 学者 堪能 ローマ 天使 先生 画集 展示室 肖像画 フランドル絵画 変わっ 情報 様子 個人的 展示されてい 以前 無料 油彩 トゥール 何度 カフェ 階段 出来 知らない 行われ 一人 ラファ 多かった 思っていた 目玉 思いました 世界 かもしれません レース 話題 描かれて 黄金 皆さん ベルギー マリア 豪華 更新 コロー ダイク ハーグ 京都市美術館 レンブラント・ファン・レイン 描かれた 真珠の耳飾りの少女 英語 展示して 分から 出発 展示されている 集まっ ポスター 国立 画家たち 考える 自画像 チューリップ マウリッツハイス美術館展 勝手 散策 食べる ニンフ 重要 非常 時期 ポスト 光の探求 セット 真珠の首飾 参加 対象 関して ボストン美術館 メトロ 開催されて 来日 影響 事実 作業 入った 本展 早速 タイム 年前 スペイン ・ハル 行動 向かっ 眺望 この作品 種類 一部 場合 終わり 実感 革命 土曜日 アムステルダム国立 中心 販売 当然 museum 言えば 向かう 楽しかった 建築 自体 昼食 国立新 回目 ベラスケス 亡くなっ ナショナル 最後 珍しく ・フェルメール 以上 書かれ 価格 ホント 興味深 普段 天気 楽しむ 注意 アンネ ダヴィンチ ヨセフ 昨年 メーカー エジプト ポール 動物 人たち 個性 描かれている 購入 入って グループ 半分 綺麗 好きです 青いターバン メトロポリタン 残念ながら 見えて 舞台 和紙 ルーブル美術館展 年頃 巨大 ブラック 楽しん メディア 面白かった 名前 同時 学校 システム 見ることが 月日 大丈夫 工芸 出版社 のかもしれない レンブラントのモナリザ 聞いて 沢山 藤田嗣治 色彩 メイン 入れる 滞在 分かっ 混んで 置いて 呼ばれ 真珠の首飾りの少女 歩いて
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.038 0.156 0.528 0.029 0.486 0.194
    total 293287.3000003216

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発