13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2874 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2815 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2232 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 495 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 462 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    日露戦争

    書籍 関連語 司馬遼太郎 坂の上の雲 旅順 日清戦争
    0 . 1 . 2 . 3 .
  • ○■ さて、これから国民生活を少しでも良くしようと思う発展途上国

  • ○■ この様な陸軍の作戦を取り上げる事、事態がバカの極みなのである

  • ○■ ▼歩いた歩数は帰宅までに1万6千歩だった

  • ○■ └--------

  • ○■ 横浜から「コレア丸」いう船に乗船し、ヨーロッパ目指して出発した

  • ○■ 殊にロシアのボルシェビッキが、アメリカを発生源としているように、日本に対する朝鮮人の反抗が、アメリカをその根拠地としたように、アメリカには各種の思想家が各種の企てをしている

  • ○■ 日露戦争で勝ったことは、朝鮮半島への日本の影響力を増大させました

  • ○■ 彼は近眼になってしまった

  • ○■ ジャーナリストの碧川企救男は、取材ののときもつねに着流しであったのでこれという洋服がなかった

  • ○■ やがて、この地域の高速輸送手段が考えられるようになったのである

  • ○■ そしてオクデンを遊覧する時間があったら、是非僕の家に遊びに来てくださいと言ってくれた

  • ○■ それにしても、七十年弱の平和を継続しているこの国に住む人々の中で、現在獲得している平和が当たり前のように感じられない人々は、どれほどいることだろう

  • ○■ この出発のとき、企救男の母みねと妹の豊は、横浜のメリケン波止場で見送ったあと、磯子の若尾山から彼の乗船した「コレア丸」が水平線の彼方に隠れるまで眺めていたという

  • ○■ 脚気という病気は 日本独特の病 でして、外国ではほとんど例がありません

  • ○■ 結果は、太平洋戦争での惨敗となり、日本は、塗炭の苦しみを味わいました

  • ○■ 残念ながら彼は1978年12月に、猟銃自殺によって43歳という短い生涯に幕を下ろした

  • ○■ 東郷平八郎像と三笠の勇姿です

  • ○■ 明治以降の日本がいかに大国と渡り合ってきたか を改めて知れば今抱えてる諸問題の解決の糸口が見つかるような気がします

  • ○■ 明治という時代背景や司馬サンが酷評していた乃木将軍について、さらには司馬サンが原作で訴えたかった主題、明治と現代、日露戦争の戦前と戦後の日本のふるまいの違いなどにもふれています

  • ○■ 日露戦争当時ロシアのバルチック艦隊と戦い見事打ち破った

  • ○■ 日本は日露戦争(1904年~05年)で大陸軍国 ロシア を陸海で破り、世界の一等国に躍り出た

  • ○■ 大東亜戦争は間違っていたという教育を受けた

  • ○■ 北方領土問題に進展がないまま経済、文化関係が深まることには、日露双方に警戒感はある

  • ○■ ロシアを応援していたのはシベリア鉄道に多額の投資をしていたフランスとドイツである

  • ○■ ロシアは自らの国益のため、日本と良い関係を築きたかったのである

  • ○■ もちろん復元建築として稀少である

  • ○■ にもかかわらず、各省庁の予算には口うるさい財務省主計局もここだけは見過ごしてきた

  • ○■ なぜならそれは、関東軍にとって満州国の建国を正当化する プロパガンダ としての最高の材料になるからです

  • ○■ とりあえず経済大国として浮上してきた中国と仲良くやれば、日本経済はそれなりに安泰とでも思っているのだろう

  • ○■ ところが大陸の中国、蒋介石の後にはアメリカがついていたのである

  • ○■ と言うことを外科の専門医の先生に聞くことに

  • ○■ そのためにもまず日中関係を強固にし、正三角形が築けるよう米国の問題を解決していくのが現実的プロセスだと思っている

  • ○■ そういえば前回の北ミサイルはスルーされていたようですが、次回は是非お願いします

  • ○■ さてはて、ご存知の通り、日本はこの戦争に敗戦して今日を迎えています

  • ○■ 「どうなる?機能不全の自民党」と<帯>に踊る

  • ○■ しかし、姪は、妙に小利口なので、つまらない

  • ○■ 11月12日(金)

  • ○■ 途中で読むのを数年、止めたぐらいでした

  • ○■ 歴史的には、大事件なので、もう少しクローズアップしても良いのでは?と感じた

  • ○■ 桜の花は平和が似合います

  • ○■ 明治の高等教育が始まり 30 年が経過していた

  • ○■ 明日は時間があれば、阪神jfの追い切り評価でも載せます

  • ○■ 日本は第二次世界大戦(1941~45)で米国・英国・中国の大国と戦争を始めた

  • ○■ 日本がなにを目指したか、

  • ○■ 太平洋戦争終結後に解体の危機がありましたがなんとかそれを回避

  • ○■ 司馬遼太郎はしばしば明治人達のリアリズムの徹底に触れますが、公文書に残されている記録からも、少なくとも伊藤博文は全く日本海海戦や奉天会戦での戦果に浮かれることなく、日本の置かれている状況を冷静に見ていたことがわかります

  • ○■ 午後二時半より、永田町の村上正邦事務所にて、『日本の司法を考える会』開催

  • ○■ 世界を知る力 (php新書) ★★★★☆日本はアメリカを通じてしか世界を見なくなっているとの指摘は激しく同感

  • ○■ アメリカは、昭和天皇を。追しない方針であり、陸軍の。政方面を中心に罪を問うストーリーを組み立てており、結果そのとおりの判決となったことが描かれている

  • ○■ それにしても、両方ともとても力が入っているという印象です

  • 国家 日本 海軍 明治 陸軍 現在 中国 政治 意味 言葉 存在 事件 列強 結果 大きな 事実 経済 日清 有名 今日 対して 植民 明治維新 ロシア 同盟 ドイツ 今回 昭和 当時 参謀 戦前 実際 イギリス 当然 外国 理解 民族 活躍 占領 世紀 侵略 大臣 戦闘 一人 革命 初めて nhk 清戦争 最初 天皇 主張 言われ 以前 一部 正岡子規 一般 背景 バルチック 秋山真之 以降 時期 フランス 紹介 行われ 第一 教科書 面白 言って 大きく 鉄道 先生 読んで 兄弟 平八郎 首相 軍艦 発展 政策 日清戦争 東郷平八郎 生活 軍隊 アメリカ 文化 なければならない 事変 犠牲 大東亜 名前 個人 兵士 乃木 秋山好古 原作 機関 日本人 以来 高地 結局 司馬遼太郎 生まれ 太郎 戦勝 以下 万人 展示 意見 大河ドラマ 以上 期待 開始 次世界 博文 戦場 機会 引用 考えて 簡単 文庫 中心 混乱 成立 終わり 多数 日英同盟 大量 拡大 進出 当初 残って 分から 明らか 憲法 内閣 第二次世界 戦争後 第二次世界大戦 共同 公園 見事 制度 満州 書いた 本当 勃発 交渉 視点 起こっ 解放 政治家 変わっ 始まっ 政府 委員 大変 自由 亡くなっ 放映 裁判 言われる 朝鮮 知って 発言 家族 清日 勝利 終了 印象 第一次世界 出来 気持 戦時 生きて 指摘 伊藤博文 大阪 建物 総理 海外 発表 映像 日本国 思ってい 自体 イメージ 北海道 露戦争後 受けて 支那 長官 感じる 靖国神社 テーマ 平和 日中戦争 関しては 書かれて 将来 初期 例えば 勿論 留学 発生 東洋 見学 西南戦争 決して 向かう 卒業 聞いた 想像 土地 役割 呼ばれ 軍国 児玉 人々 二十 感情 言える 明治政府 整備 戦後 龍馬伝 日韓 少ない 移動 メディア 帰国 布告 同様 使って 国会 史実 直前 現地 薩摩 松山 主導 坂本龍 人たち 米軍 象徴 参加 時代 司令官 読んだ 言われて 死者 末期 宣戦布告 西洋 変化 正当 呼ばれる 開国 予想 描写 論文 干渉 数年 時点 英語 日本海軍 道路 190 交通 反応 同じく 提督 彼女 大正 地方 戦った 気がし 資源 関心 多額 素晴らしい 出来事 長期 市内 首脳 後半 その結果 俳句 かもしれません 分かっ 今でも 士官 進んで 一度 関係 同じよう 確かに 戦争時 という言葉 冒頭 授業 思われ
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.031 0.162 0.532 0.020 0.494 0.157
    僅かに強い少し弱い僅かに強い僅かに強い僅かに強い非常に強い
    total 615924.8000007767

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発