13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2874 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2815 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2233 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 495 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    ヒッチコック

    映画 関連語 トリュフ ゴダール トリュフォー
    0 . 1 .
  • ○■ ヒッチコック

  • ○■ ちなみに、バナナジュースが入っているグラス

  • ○■ そして、日本を代表するサスペンスの「金田一シリーズ」であり、秀作です

  • ○■ そして、この日はまたもwowowのビデオ撮り が

  • ○■ そうそう!それから「他人の顔」のワルツも◎

  • ○■ しかし、そのおかげか、探しているニーナの顔をハッキリ思い出しました

  • ○■ さすがにツボを押さえた見事なスコアを映画に提供している

  • ○■ これはかなりのショックである

  • ○■ これは、「映画ゴースト」のパクリか、ヒッチコック並みのサスペンスかと思ったが、そうでもない

  • ○■ この頃は30過ぎだと思いますが、オジサンはこの作品が彼女を見た最初の作品だったせいか、この色気のある姿が強く印象に残っています

  • ○■ この映画の展開と意外なラスト、そして、思った以上にジョン・ギャヴィンを観れたこと、ジャネット・リーが思っていた以上に可愛く見えたことなどを楽しんだ「サイコ」でした(^−^)

  • ○■ この作品はヒッチコックの映画『三十九夜』がもとになっている、映画のこりにこったパロディ

  • ○■ う〜ん、じっとクルクル回して見てたら、 ヒッチコックの名画「裏窓」 を思い出しましたがな・・

  • ○■ スターウォーズおもしろ今夜な夜なヒッチコックの鳥見てた

  • ○■ 映画「カケラ」の満島ひかり

  • ○■ サム.ライミはこの作品でヒッチコック に追いついたかもしれない

  • ○■ そして英国の彼の家に戻り、家族に初めて面会するラリータを待って来たのは、お堅いお母様...

  • ○■ 「先生!」が、あまりに魅力的な話数だったので、つい語ってしまいました

  • ○■ 「 神山健治の映画は撮ったことがない~映画を撮る方法・試論 (studio voice books) 」

  • ○■ よく、ドキュメンタリーとそうでない映画の違いを問われるけれど、松江哲明さんの『あんにょん由美香』を見ていると、そうした線引きが無意味だと知らせてくれます

  • ○■ “アトム通貨”全国へアニメで地域活性

  • ○■ とにかく真央ちゃんが活き活きしている

  • ○■ と、いうよりも、 非常に映画向きの小説だったと思われます

  • ○■ そういう知識なしで見たので、 「ちりとてちん」のように 落語を志す女性の成長が描かれるのかと思っていた

  • ○■ そう、心理的・精神的恐怖だ! ホラーには、やはりこれが欠かせないところだと思う

  • ○■ これ、津川雅彦のための映画なんじゃないかってぐらいだった

  • ○■ このごろは、定説も崩れつつあるような気がしますが

  • ○■ 『クマよ』に写っていたのは、まさにこの親子なのだろう

  • ○■ 「面白い落語家を目指す」という志向はよいが、「笑われる」より「笑わせる」話芸を磨いてほしい

  • ○■ 2011年2月12日に開催の予定

  • ○■ 犯人は先に分かっている

  • ○■ ところで、ようやく読み終えました〜

  • ○■ The French New Wave veteran has died aged 80. We look back over his career with a selection of clips from his filmsAlong with François Truffaut and Jean-Luc Godard, Claude Chabrol ushered in the New Wave that washed over French cinema at the end of the 1950s. Like them a critic turned filmmaker, Chabrol shared their appreciation of classical genre form – to some, he appreciated it too much, exploring rather than subverting its strictures. But his prodigious output and technical mastery assure his place as one of the great figures of cinema's first century.Born in 1930 to a middle-class family, Chabrol studied law before joining Godard, Truffaut, Eric Rohmer and Jacques Rivette in making Cahiers du Cinema, the epicentre of auteurist celebration of 'low' Hollywood. In 1957, he and Rohmer published their influential study of Hitchcock – a director who would have an enduring influence on Chabrol's work behind the camera – and, the following year, an inheritance received by his wife allowed him to create his first picture.Arguably the first New Wave feature, Le Beau Serge takes a pared-down rather than radically experimental approach, plainly, sometimes roughly telling an often shocking story of a French provincial life suffused with despair. Jean-Claude Brialy plays François, returning from Paris to a hometown characterised by regret, anger, even depravity – yet lightened by the promise of redemption and presences such as Bernadette Lafont's Marie, seen in this (unsubtitled) clip getting to know François.Films like Les Cousins (1959), Les Bonnes Femmes (1960) and L'Oeil du Malin (1962) developed Chabrol's interests in youth, the city vs the provinces and modern morality, as well as his often ironic, detached style, but the mid-1960s saw him turn to more overtly commercial p フランスの新しい波のベテランは80歳で死去しています

  • ○■ まるでヒッチコックの映画のよう

  • ○■ ヒッチコック監督は映画で見せる風ぼうそのままの姿で現れた

  • ○■ この映画の重さは、テーマのみならず、この手数の多さにあるのは否めない

  • ○■ <img height=50 alt=ペタしてね src=

  • ○■ 【。形の座】 山。。。耶捌

  • ○■ ヒッチコック+007という路線を目指して書いてみました

  • ○■ ヒッチコック監督が「サイコ」撮影に入る前、記者から「次はどんな映画を撮るのか」と質問され、「ハラァじゃよ」と答えたという話がありまして

  • ○■ ヒッチコック作品にも共通するような、かなりの名シーンといっていいでしょう

  • ○■ だアメリカは、怖いな性犯罪者が、近所に住んでいる過去に、逮捕されたことは

  • ○■ ケイリー・グラント主演の「北北西に進路を取れ」(1959)で強烈な印象を残しています「

  • ○■ 「 マーニー 」「 引き裂かれたカーテン 」「 トパーズ 」「 フレンジー 」「

  • ○■ 為、人間は恐怖のあまり、新幹線、飛行機、車を利用しなくなるでしょう 線路の小石は拾って

  • ○■ 基地と化し、手始めに、一万羽のカラスに、其々300グラムの小石を持たせ、猛スピードで走る、新幹線の線路へ一万個の小石を落下させ、波状攻撃 新幹線は、小石の山

  • ○■ 事でしょう 一万羽単位で、カラスの編隊を組み、地球上の各ゴルフ場へ基地として集結させ、上空300メートルから、ホールを狙って、小石を落下させる訓練をします ゴルフボールは、訓練用

  • ○■ 、目ん玉飛び出させ、「カラスの野郎!、ブッ殺してやる!」、と喚き散らす、じだんだ姿が目に浮かびます カラスの大統領は、

  • ○■ 日(金)白い恐怖(東京12)4点 7月17日(日)トリュフォーの思春期

  • ○■ ushered in the New Wave that washed over French

  • 作品 アルフレッド アメリカ シーン 主演 時代 サイコ 彼女 登場 脚本 生活 ストーリー ブログ ジョン 小説 面白 今回 ファン 人間 演技 ドラマ 当時 東京 本当 タイトル 編集 思った この映画 テーマ 代表 ハリウッド 鑑賞 最初 印象 二人 面白かった 必要 主人公 部屋 同様 最高 出来 何度 映画館 子供 以上 ビデオ 一人 久しぶり 結婚 終わり 場所 イメージ 人生 演じる 状態 飛行機 昨日 レベッカ フランス 自身 場合 後半 メイク 表現 思ってい ジェームズ・ 想像 この作品 予定 アカデミー 良かっ レンタル 短編 記念 alt height width 人気 遺作 名前 素晴らしい 以前 実行 カラス 放映 雑誌 ロバート 不気味 ベスト 見える 存在 的には 以降 知らない 見てい 素敵 方向 苦手 マイケル・ 共通 気分 多数 旅行 現在 知って 怖かっ ジャン ハワード 当然 時間 bordergt 保安 チャップリン 実際 突然 言われ 人々 リメイク メール 北西に進路 映画化 生きる 放送 ltimgheightaltヒッチコック 悠々 進路 ミュージカル 一緒 会話 リチャード 意外 緊張 見知らぬ 恐怖 落下 感心 使って 受賞 独特 公開 保安官 子ども 瞬間 勝手 向かっ 先日 担当 予想 特集 非常 セット 日本 大事 興味 収録 認知 思える dvd 北北西に進路 状況 中身 集まっ 発生 黒澤 成功 開催 ・オブ オープニング セリフ 政治 十分 ニューヨーク 期待 原因 読者 以来 ではありません 評判 始まっ 出演者 住んで 管理 感じる ハート チェック 自分 ジャケット 人種 日曜日 アメリカ映画 ltimgheightaltペタしてね 見つけ 豪華 映画評論 出演 民家 出来事 変わっ 出版 楽しめる 乗客 完全 バーナード・ハー デビュー 懐かしい 行って 奇妙 道路 待って 一方 オリジナル 大統領 美しい 好感 amazon 驚いた 自己 国境 世界的 裏窓 思います 山本 特別 意識 ロンドン 日本映画 馴染 ジャー 好きな 自慢 魔法 機会 作品です 目当 文庫 真実 メートル 英国 生きて 戦況 難しい 最終 新幹線 ガラス 複雑 言うと 参加 巨大 気になっ 馬鹿 ヒット 大丈夫 予算 思わせる 好きに パクリ 可能 不明 メディア 同時 二十 楽しみ 行った チケット 生まれ 並んで 実家 用意 安心 続いて 共演 リチャード・ 演じた 経済 エピソード ビリー・ 到着 夕方 問題 書かれ 監督 久々 意味 知れない 浮かびます という言葉 サム・ 戦争 好きで 羽目 仕事 欲しい かもしれません 描かれて 移動 利用 線路 ありがとうございまし 思い出した
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.039 0.149 0.526 0.035 0.487 0.215
    少し弱い僅かに強い僅かに強い僅かに強い僅かに強い少し弱い
    total 179613.40000000785

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発