13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2876 )     アニメ ( 2209 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2818 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2238 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1679 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1161 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    万葉集

    書籍 アート 芸術 関連語 古事記 平安時代 日本書紀
    0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 .
  • ○■ 「たらちねの」のタラチはタラシの転化したもので、満ち足りた意を表すほめ言葉、ネは女性に対する親愛の気持ちを表すという説がかなり広く行きわたっているが根拠はないそうです

  • ○■ 日本人はよく「偶然も何かの縁」と「縁」に引っ掛けて偶然性を用いることがあります

  • ○■ 万葉集の歌に詠われた中に挽歌---死者を悼む歌---その万葉集に詠われている挽歌のほとんどは、いろいろな階層の人の挽歌です

  • ○■ ちょっと思い出して口の中に残したりすることがためらわれるような残酷なイメージを、伴うのです、「屍」という言葉にはあるのです

  • ○■ この中に、日本が雄々しく堂々と世界に打って出るヒントがあるのではないか

  • ○■ この言葉には続きがあって「それがそのまま現れているのが分裂症である」と今では統合失調症

  • ○■ 開花期は翌年の6〜7月になります

  • ○■ 過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓ ※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します

  • ○■ 花言葉は思案、前向きな恋、想い、内気、物思いなどである

  • ○■ 秋の野に咲きたる花を指(および)折りかき数ふれば七種(ななくさ)の花山上憶良

  • ○■ 江戸時代には江戸幕府が置かれた江戸に近いため、幕府直轄地や旗本領が大部分を占め、藩は小規模な六浦藩(金沢区)のみがおかれた

  • ○■ 属名のセロシアはギリシャ語“燃える”

  • ○■ 天武天皇は9月9日に崩御

  • ○■ 大伴家持・書持らも参席し、万葉集にはこの時の歌が十一首収められている

  • ○■ 以下は元明天皇時代の歌を集めたものです

  • ○■ 今日も素敵な一日を

  • ○■ 今日の番組では、その特集をやっていた

  • ○■ 中国では、織姫が天の川にかかる橋を渡って、

  • ○■ 万葉集巻八には「紀。鹿女郎」ともある

  • ○■ イワヤツデ(岩八手)ユキノシタ科イワヤツデ属学名:mukdenia rossii別名:タンチョウソウ、イワヒメヤツデ原産地:中国東北部、朝鮮半島

  • ○■ つまり、夕顔は、「私のことはともかく、娘にだけでも会いに来てほしい」って歌ったのだ

  • ○■ しかし、日本に於ける朝鮮からの仏教伝来は、仏像とともに行われました

  • ○■ 『万葉集略解』の宣長説では「由比」を「。礼」の誤りと見てコトハタナシレと訓み、「さやうに心得たまへ」の意とする

  • ○■ 」(斎藤茂吉著、岩波新書「万葉秀歌・上巻」より)

  • ○■ 今日4月10日の花は、山桜花言葉は「あなたに微笑む」

  • ○■ 今日の一句:終戦日妻子入れむと風呂洗ふ秋元不死男

  • ○■ twitter→@kyo_otoko

  • ○■ 秋の七草は 萩(はぎ)、薄(すすき)、桔梗(ききょう)、撫子(なでしこ)、葛(くず)、藤袴(ふじばかま)、女郎花(おみなえし) 万葉集の山上憶良の歌に詠まれて、今に至っているとのこと

  • ○■ 山道超良無 やまぢこゆらむ

  • ○■ 人目難為名 ひとめかたみすな

  • ○■ キキョウ(桔梗、platycodon grandiflorus)はキキョウ科の多年性草本植物

  • ○■ まずは「界」の中にあるpaoで、黒米ランチを頂きました

  • ○■ それでは、頭頂部にあたります

  • ○■ 「藍花」(あいばな)、

  • ○■ 「万葉集」の中の山上憶良(やまのうえのおくら)の歌である

  • ○■ 327回目のブログです

  • ○■ ところで、 日本の「国花」は、法律で決められているわけではありませんが二つ あると言われます

  • ○■ となっています(岩波古語辞典)

  • ○■ ところが兄は、弟がもっと美味しいものを食べていると思いこみ、寝ている弟を刺し殺してしまった

  • ○■ この歌は最近の万葉集研究で教えているのだろうか?(勿論)

  • ○■ <一言> 毎日鳴いていたホトトギスが或る日から突然声を聞かなくなったので家持は寂しくなったのでしょうね

  • ○■ [昨日の読書] 古井由吉 『明けの赤馬』 (1985)『槿(あさがお)』(1983、『自撰作品 五』所収) [昨日の音楽] エルヴィス・コステロ &ジ・インポ スターズ 『ザ・デリヴァリー・マン』(2004)

  • ○■ (羈旅発思) 巻十二・三一四八 作者不明

  • ○■ 今日も暑い一日でございました

  • ○■ 万葉集では秋の季語として使われてたそうな

  • ○■ [題詞](譬喩)

  • ○■ 美しい明日へ心をこめて歌っています

  • ○■ 『甦える万葉集—天智暗殺の歌』も借りてきた

  • ○■ 「人は物語をつくる」 人間だけができる物語作り

  • ○■ それにしても日本人のdnaって、千年以上経っても変わってないのねえ☆

  • 天皇 解釈 中国 植物 今回 原文 最新 詠まれ 女性 時期 ブログ 歌人 神社 紹介 原文及 文化 思います 言われ 最近 最新記事 今日 カテゴリの最新記事 由来 枕詞 江戸時代 公園 大意 日本 原産地 日本書紀 古代 気持 人々 呼ばれ tabibito的解釈 文字 山上憶良 咲いて 古今和歌集 以前 登場 万葉集より抜粋 途中 説明 一言 以上 地方 的解釈 場合 書かれ 書いて 食べる 一緒 香具 アメリカ 年前 普通 変わっ 考える 不思議 大きく 防人 自分 持って 思ってい 題詞 一首 理由 綺麗 作者不明 思われる 読んで 非常 日本語 今朝 朝鮮 学者 全体 電車 奈良時代 鎌倉 本来 当時 対して 言って 歌われ 掲載 大変 時代から 花びら 見ると 小説 残って 地域 奈良 呼ばれる 分から 十二 生きて 作られ 気分 花言葉 確認 現実 生まれ 歌です 可能 入って 読んだ ヨーロッパ 自然 一度 咲いてい 京都 亡くなっ 各地 見れば 発見 美しく 立派 歩いて 習慣 詠まれた 意味 万葉集カテゴリの最新記事万葉集 状態 観光 画像 分かる 印象 想像 このブログ 特徴 分布 伝わっ 第一 音楽 信仰 遷都 実際 散歩 出来 料理 紅葉 時代には 発表 主義 著者 カテゴリの最新記事万葉集 土地 始まっ カメラ 季語 知らない 自生 知られ 大好 巻十二 作家 品種 難しい 編纂 藤袴 出てき 何処 次回 出かけ 00 日めくり万葉集 方法 朝廷 彼女 学校 咲かせ 仏教 気がし 例えば 変わり 行われ 岩波 現在 天智天皇 女郎花 同時 時間 初夏 大事 二月 大きい 左右 近所 詠んで 言える 回目 のかもしれない 伝承 建立 向かっ 不詳 恋人 大和 正式 特別 栽培 区別 呼んで 10 神武 写真 サクラ 北海道 日常 花弁 ホトトギス 奈良県 夕方 思想 現代 保存 関して 参加 読書 終わっ 使われて 言った 良かっ 午前 歌われて 外国 今まで 南部 放送 知らず 可愛 人たち 絶対 価値 似ている 初期 以来 以降 韓国 悲しい 登場する 様々 七草 助詞 近鉄 集まっ 待って 新古今和歌集 昨日 存在 流れる 植えられ 多かっ 安全 知識 分かっ 講演 息子 出身 最初 台湾 左注右 変わって 流れて 法師 名前 機会 生える 総称 親しまれ 地震 結婚 麻呂 日本人 属学名 種子 沖縄 立って 学生 考えて 詠われ 本州 分からない 辞典 貴方 ロマン 最後 病気 使用 全部 使って 古語 桜花 聖武天皇 行幸 見えない チャンネル
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.034 0.158 0.522 0.028 0.492 0.191
    total 704083.90000011

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発