13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2876 )     アニメ ( 2209 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2818 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2237 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1679 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1161 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    万葉集

    書籍 アート 芸術 関連語 古事記 平安時代 日本書紀
    0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 .
  • ○■ 9/26 「天の川相向き立ちて吾が恋ひし君来ますなり紐解き設けな (山上。憶良が七夕の歌1/12首 #8.1518)」 「天の。隔てて立ちて好きな人やって来るから帯解き待とう()」

  • ○■ (悲別離) 巻十二・三一八七 作者不明

  • ○■ サ7 1195;雑歌,作者:藤原房前,藤原麻呂,羈旅,和歌山

  • ○■ ちなみにこんな花らしい

  • ○■ 「日記」カテゴリの最新記事 退屈すそれが夏ならなおのことあきオジ 提灯を見てきたように語るひとあきオジ 夕焼けにカサブランカがごあいさつあきオジ

  • ○■ 「weblog」カテゴリの最新記事 2011.10月取材旅行「延方〜息栖神社〜利根川大... 2011.10月取材旅行「延方〜息栖神社〜利根川大... 2011.10月取材旅行「延方〜息栖神社〜利根川大... 2011.10月取材旅行「延方〜息栖神社〜利根川大... 2011.10月取材旅行「延方〜息栖神社〜利根川大...

  • ○■ 万葉集をモチーフにしているのも何となくわかった

  • ○■ ・学名 rosa multiflora rosa : バラ属 multiflora : 多花の、多数花の rosa(ローザ)は、 ギリシャ語の「rhodon(バラ)」や ケルト語の「rhodd(赤色)」が語源

  • ○■ しかし、神戸新聞newsの9月18日付コラム「正平調」によると、万葉の時代には、本当に「てふてふ」と言っていたらしい

  • ○■ 万葉集の1番目に出てくる、21代雄略天皇の歌です

  • ○■ 8/7 「この頃の秋の朝明アサケに霧隠り妻呼ぶ鹿の声のさやけさ(鹿鳴シカを詠める1/2首 #10.2141)」 「この頃の秋の朝明けに霧隠れ妻呼ぶ鹿の声がさやかだ()」

  • ○■ ■添え歌 [80] あおによし 奈良の家に いつまでも 通ってきます けっして忘れませんから

  • ○■ [そのとき]修行者が、 『大修行の人でも、やはり因果に落ちますか

  • ○■ *「片緒(糸)」は、2本の糸をより合わせて1本にするときの、その片方の糸

  • ○■ 万葉集の歌に詠まれる「もみじ」は、「黄葉」と書かれているものが圧倒的で、 「紅葉」はごくわずかなんだそうです

  • ○■ 万葉集にも穂を噛む記述がある

  • ○■ ■皇極天皇(642-45)の時代、皇族の額田王(ぬかたのおおきみ)がつくったとされる歌 [7] 秋の野の チガヤを刈り取り 屋根を葺いて 宿りした 宇治のほとりの 仮屋がなつかしい

  • ○■ 「万葉集」<人麿歌集>の2首

  • ○■ *「吾が大主」は左大臣橘諸兄を指す

  • ○■ 最近の画像つき記事 [ 画像一覧へ ]

  • ○■ ちなみに当時の平均月収は5万円程でした

  • ○■ 巻十八・四一〇四 大伴家持

  • ○■ 万葉集にこだわるのもいいですし、西行に夢中になるのもいい、いろいろありますね

  • ○■ 7/2 「朝日さす春日の小野に置く露の消ぬべき吾(あ)が身惜しけくもなし(#12.3042)」 「朝日さす春日の小野に置く露が消えると同じ身は惜しくない()」 「露霜の消やすき我が身老いぬともまた変若(をち)かへり君をし待たむ(#12.3043)」 「露霜が。易いわが身老いたとて若返りしてあなたを待とう()」 「君待つと庭にし居れば打ち靡く我が黒髪に霜そ置きにける(#12.3044)」 「あなた待ち庭にいたれば打ち靡くわが黒髪に露がついたり()」

  • ○■ このブログも4月の桜の季節から始めて、 はや7ヶ月

  • ○■ 万葉集全20巻朗唱の会が行われている水上舞台での演奏です

  • ○■ 巻十四・三四一四 上野国歌作者不明

  • ○■ 万葉集より山部赤人が書いた富士山の賛歌の歌に曲を付けました

  • ○■ <大意> 霞立つ天の河原に君待つとい行き帰るに裳の裾濡れぬ

  • ○■ 「weblog」カテゴリの最新記事 ナマと冷凍 もといッ! 歳の初めに万葉集であそぶ 万葉集で遊ぶ 年の修めに万葉集で遊ぶ

  • ○■ [tabibito的解釈] 霞が立っている天の河原であの方が来られるのを行きつ戻りつしながら待って居たものだからスカートの裾がもうグッショリ!

  • ○■ [庭から見た文学館]

  • ○■ <原文及び読み> (悲別離) 巻十二・三一九四 作者不明 。緒尓 いきのをに

  • ○■ な一日になりますように 美しい明日へ心をこめて歌っています洋司 「weblog」

  • ○■ 、 昨日は、目黒、東京倶楽部で、モーメント・ストリングスのリクエスト・ライブが開催され、僕も、急遽、

  • ○■ み生(おほ)し 実になるまでに 君をし待たむ」 万葉集 犬蓼よりも、通称、

  • ○■ 月12日(木) 今日の出来心2012年7月11日(水) ライブの予定をさらに今日の

  • ○■ 915-12.2917 万葉集#12.2900-12.2902 万葉集#12.2897-12.2899 万葉集

  • ○■ 持ち帰り用袋ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(その2)このブリザー

  • ○■ けです ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ここで少々話を変えます 「わくらば

  • ○■ 出すもの、3月中旬から咲き出すものなど、さまざまあり、また、桜とちがって、咲き方も散り

  • ○■ スポットです最近の画像つき記事 [ 画像一覧へ ] kobe colle&

  • ○■ もゆっくり ・木の花がほとんど咲いていない冬に、「ついに梅が咲き出したか♪」という、う

  • ○■ に次いで多い・幹がゴツゴツしているのが梅の特徴 花を見ただけでは

  • ○■ ていたら、大伴坂上大嬢(おおとものさかのうえのおおいらつめ)という女性が『万葉集』で詠った一首が目

  • ○■ ()」 「*万葉集」カテゴリの最新記事 万葉集#12.2979-12.2981 万葉集#12.2976-1

  • ○■ 」(野茨の花) 「無意識の美」(野茨の実) ・「道の辺(べ)のうまらの末

  • ○■ オ深夜便から引用) 「weblog」カテゴリの最新記事 木瓜(ぼけ) 寒椿(かんつばき) 梔子(

  • ○■ いぶんたったな()」 「*万葉集」カテゴリの最新記事 万葉集#11.2760-11.2761 万葉集#11.2757-

  • ○■ となんか味気ないな過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓ ※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動します タグ: 京都 和菓

  • 天皇 解釈 中国 植物 今回 原文 最新 詠まれ 女性 時期 ブログ 歌人 神社 紹介 原文及 文化 思います 言われ 最近 最新記事 今日 カテゴリの最新記事 由来 枕詞 江戸時代 公園 大意 日本 原産地 日本書紀 古代 気持 人々 呼ばれ tabibito的解釈 文字 山上憶良 咲いて 古今和歌集 以前 登場 万葉集より抜粋 途中 説明 一言 以上 地方 的解釈 場合 書かれ 書いて 食べる 一緒 香具 アメリカ 年前 普通 変わっ 考える 不思議 大きく 防人 自分 持って 思ってい 題詞 一首 理由 綺麗 作者不明 思われる 読んで 非常 日本語 今朝 朝鮮 学者 全体 電車 奈良時代 鎌倉 本来 当時 対して 言って 歌われ 掲載 大変 時代から 花びら 見ると 小説 残って 地域 奈良 呼ばれる 分から 十二 生きて 作られ 気分 花言葉 確認 現実 生まれ 歌です 可能 入って 読んだ ヨーロッパ 自然 一度 咲いてい 京都 亡くなっ 各地 見れば 発見 美しく 立派 歩いて 習慣 詠まれた 意味 万葉集カテゴリの最新記事万葉集 状態 観光 画像 分かる 印象 想像 このブログ 特徴 分布 伝わっ 第一 音楽 信仰 遷都 実際 散歩 出来 料理 紅葉 時代には 発表 主義 著者 カテゴリの最新記事万葉集 土地 始まっ カメラ 季語 知らない 自生 知られ 大好 巻十二 作家 品種 難しい 編纂 藤袴 出てき 何処 次回 出かけ 00 日めくり万葉集 方法 朝廷 彼女 学校 咲かせ 仏教 気がし 例えば 変わり 行われ 岩波 現在 天智天皇 女郎花 同時 時間 初夏 大事 二月 大きい 左右 近所 詠んで 言える 回目 のかもしれない 伝承 建立 向かっ 不詳 恋人 大和 正式 特別 栽培 区別 呼んで 10 神武 写真 サクラ 北海道 日常 花弁 ホトトギス 奈良県 夕方 思想 現代 保存 関して 参加 読書 終わっ 使われて 言った 良かっ 午前 歌われて 外国 今まで 南部 放送 知らず 可愛 人たち 絶対 価値 似ている 初期 以来 以降 韓国 悲しい 登場する 様々 七草 助詞 近鉄 集まっ 待って 新古今和歌集 昨日 存在 流れる 植えられ 多かっ 安全 知識 分かっ 講演 息子 出身 最初 台湾 左注右 変わって 流れて 法師 名前 機会 生える 総称 親しまれ 地震 結婚 麻呂 日本人 属学名 種子 沖縄 立って 学生 考えて 詠われ 本州 分からない 辞典 貴方 ロマン 最後 病気 使用 全部 使って 古語 桜花 聖武天皇 行幸 見えない チャンネル
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.034 0.158 0.522 0.028 0.492 0.191
    total 704083.90000011

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発