13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2876 )     アニメ ( 2209 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2818 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2237 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1679 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1161 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    万葉集

    書籍 アート 芸術 関連語 古事記 平安時代 日本書紀
    0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 .
  • ○■ ・やまとたけるのみこと) 歴史の散策をお薦めします 次回も 時事エッセー

  • ○■ 「*万葉集」カテゴリの最新記事 万葉集#11.2598-11.2600 万葉集#11.2589-1

  • ○■ の花. 萩の花 尾花葛花 なでしこが花 をみなへし. また藤袴 朝顔が花. 山上憶良(万

  • ○■ 城京の時代でも法隆寺、大仏、万葉集、古事記、日本書紀といった素晴らしい文化遺産を数多く残した <律令体制><公地公

  • ○■ を強くお薦めします みなさんはどのようにお考えでしょうか 次回も 時事エッセー

  • ○■ 、びっくりした 用明天皇の皇子に<厩戸王>という人物は確かに実在したでも「日本書紀」や法隆

  • ○■ あん過去の記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ↓ ※「京男雑記帳1」へは、この文字列をクリックすると移動しますtwitter→@kyo_

  • ○■ とは、ウグイスなどの巣に自分の卵を産み付けて、お任せしてしまう事 んで、ウグイスの

  • ○■ 大化改新」「長屋王家木簡と奈良朝政治史」の著書もある 実は「大化改新」「

  • ○■ あり、天武・持統の子で異母兄となる皇太子、草壁皇子と皇位を競っているかのようにみえたしかし天武天皇の亡くなっ

  • ○■ 寺>を建立したこの二つは考古学的にも確認される<史実>だそうですただ厩戸王(聖徳太子?

  • ○■ ) * お帰りは、このバナーから「本館」へどうぞ

  • ○■ NULL [思考] ブログ村キーワード 先月3月26日の深夜(午前)にeテレ

  • ○■ ) 2011年10月4日(火) 2011年10月3日(月) 2011年10月2日

  • ○■ ----------------- どうも,複雑に道が交差しているようで,

  • ○■ ュウ(温州) citrus は、レモンの木に対する古い呼び名 これが属名になった・も

  • ○■ )科 ・学名 citrus unshiu(温州蜜柑) citrus : ミカン属(シトラス)u

  • ○■ s aurantium citrus : ミカン属(シトラス) aurantium : 橙黄色の citru

  • ○■ ケイスケ) 「weblog」カテゴリの最新記事 燕帰る シシウド 烏瓜 撫子 処暑

  • ○■ しつつ寐ねかてぬかも [tabibito的解釈] 夕暮れ時にあの方は一人で島熊山の山道を

  • ○■ 誠実、変わらぬ愛情 -----------------------------------------by 中根重吉----------------

  • ○■ _.:*.:*~*:._.:*~*:._.:*~*:出逢いに遅いも 早いもない例えもっと早く

  • ○■ の最新記事 万葉集#12.3033-12.3035 万葉集#12.3030-12.3032 万葉集#12.3024-1

  • ○■ -12.2869 万葉集#12.2864-12.2866

  • ○■ 万葉集

  • ○■ 人麿が逢いたいという 昔の人 …とは誰だろう

  • ○■ 人麻呂はこれを知っていて、 十六社 などという判じ字を使ったのだろうか

  • ○■ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 日本列島の古代人には、荒木博。氏が「もの」という言葉の本質として説くような「恒。。変の原理」などという概念はなかったのです

  • ○■ テキストにも書いてありますが、この歌は大伴家持が大宰府で詠んだ歌で、大宰府着任後に愛する妻を亡くしています

  • ○■ アヤメ(文目)は古くから「万葉集」や「古今集」に詠われている

  • ○■ もう少しで新しい家族が増える

  • ○■ では、わたしの立場から…

  • ○■ ただ、この場合の「常」は、「永遠」という意味ではない

  • ○■ しかし人麻呂が読者に 期待 したもの、それは 大友皇子の悲劇 へと人々の心を導くことだった…

  • ○■ これを 第一次近江京 とすると、天智天皇のそれは 第二次近江京 となる

  • ○■ これに、天照大神が居られるお宮を、「日山本」と書き、国名は二字ということで「日本」となった

  • ○■ 「う」と発声するとき、息がまっすぐ腹まで降りてゆくような心地がする

  • ○■ この話では白鳥は出てこないけれども、最後が白鳥にカンケイ或るオイナリさんっぽい名前で終わるのも気になる

  • ○■ ▲「 (続き、八月) 大唐の軍将、。船一百七。艘を率いて、白村江に。烈 (つらな) れり

  • ○■ 旧大系本 =都から遠く離れた朝廷であるとして、人々が常に往来する瀬戸内海の。門を見ると、この島々の生み出された神代の国。創成のころのことが思われることである

  • ○■ 葉は光沢のある淡緑色で葉脈のはっきりした卵形で、周囲は鋸歯状

  • ○■ 秋の7草のハギ(萩)である

  • ○■ 目の前には木曽川の流れが広がっていま す

  • ○■ 属名の「lespedeza」は1784-1790のフロリダのスペイン人総督セスペデスの名前 にちなみ、種名の「homoloba」は「同。裂片の」を意味している

  • ○■ 古事記や万葉集にも名を連ね、源氏物語では主人公が最初に恋した

  • ○■ 人麻呂や赤人みたいに、宮廷での立場が与えられていた人ではない

  • ○■ 万葉集の冒頭に有名な歌がある

  • ○■ まるで自分の寿命を知っているかのように飛び回っていたのだが、一休みのようだ

  • ○■ また、この薬用成分のサポニンというものは昆虫にとっては有毒なため、昆虫からの食害から自らを守っている

  • ○■ ところが史跡碑は門前に建っていました

  • 天皇 解釈 中国 植物 今回 原文 最新 詠まれ 女性 時期 ブログ 歌人 神社 紹介 原文及 文化 思います 言われ 最近 最新記事 今日 カテゴリの最新記事 由来 枕詞 江戸時代 公園 大意 日本 原産地 日本書紀 古代 気持 人々 呼ばれ tabibito的解釈 文字 山上憶良 咲いて 古今和歌集 以前 登場 万葉集より抜粋 途中 説明 一言 以上 地方 的解釈 場合 書かれ 書いて 食べる 一緒 香具 アメリカ 年前 普通 変わっ 考える 不思議 大きく 防人 自分 持って 思ってい 題詞 一首 理由 綺麗 作者不明 思われる 読んで 非常 日本語 今朝 朝鮮 学者 全体 電車 奈良時代 鎌倉 本来 当時 対して 言って 歌われ 掲載 大変 時代から 花びら 見ると 小説 残って 地域 奈良 呼ばれる 分から 十二 生きて 作られ 気分 花言葉 確認 現実 生まれ 歌です 可能 入って 読んだ ヨーロッパ 自然 一度 咲いてい 京都 亡くなっ 各地 見れば 発見 美しく 立派 歩いて 習慣 詠まれた 意味 万葉集カテゴリの最新記事万葉集 状態 観光 画像 分かる 印象 想像 このブログ 特徴 分布 伝わっ 第一 音楽 信仰 遷都 実際 散歩 出来 料理 紅葉 時代には 発表 主義 著者 カテゴリの最新記事万葉集 土地 始まっ カメラ 季語 知らない 自生 知られ 大好 巻十二 作家 品種 難しい 編纂 藤袴 出てき 何処 次回 出かけ 00 日めくり万葉集 方法 朝廷 彼女 学校 咲かせ 仏教 気がし 例えば 変わり 行われ 岩波 現在 天智天皇 女郎花 同時 時間 初夏 大事 二月 大きい 左右 近所 詠んで 言える 回目 のかもしれない 伝承 建立 向かっ 不詳 恋人 大和 正式 特別 栽培 区別 呼んで 10 神武 写真 サクラ 北海道 日常 花弁 ホトトギス 奈良県 夕方 思想 現代 保存 関して 参加 読書 終わっ 使われて 言った 良かっ 午前 歌われて 外国 今まで 南部 放送 知らず 可愛 人たち 絶対 価値 似ている 初期 以来 以降 韓国 悲しい 登場する 様々 七草 助詞 近鉄 集まっ 待って 新古今和歌集 昨日 存在 流れる 植えられ 多かっ 安全 知識 分かっ 講演 息子 出身 最初 台湾 左注右 変わって 流れて 法師 名前 機会 生える 総称 親しまれ 地震 結婚 麻呂 日本人 属学名 種子 沖縄 立って 学生 考えて 詠われ 本州 分からない 辞典 貴方 ロマン 最後 病気 使用 全部 使って 古語 桜花 聖武天皇 行幸 見えない チャンネル
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.034 0.158 0.522 0.028 0.492 0.191
    total 704083.90000011

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発