13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2876 )     アニメ ( 2209 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2818 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2237 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1679 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1161 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    万葉集

    書籍 アート 芸術 関連語 古事記 平安時代 日本書紀
    0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 . 6 .
  • ○■ 今日は近所の幼稚園は運動会でした

  • ○■ 月は漏れ雨はたまれととにかくに賎が軒端を葺きぞわふらふ(西行)

  • ○■ でもでも、猫は奈良時代に唐からやってきたみたいだよ

  • ○■ 【記事転載元: 】

  • ○■ 「三歩会」:万葉の里を歩く

  • ○■ ■5月の薔薇⑩・・・薔薇は西洋のイメージが強いですが、意外にもバラの原種が多いのは東洋、とりわけ中国に多いです

  • ○■ サ385;雑歌,作者:。稲,。媛,。。枝,吉野,伝承

  • ○■ タグ: 食 洛外

  • ○■ ≪足で占う意≫ナド、意味が分かる人がいるのであろうか??

  • ○■ 万葉集に歌われた高の原の近くにある平城高校、勿論平城京の近くである

  • ○■ 万葉集に詠われた吉城川の水に依っていると言う事と、杜甫(とほ)の漢詩に「名園依緑水」という説がある

  • ○■ nhkラジオ深夜便から引用

  • ○■ <;`д´>変ニダ

  • ○■ 今日の誕生日の花ヨルガオ花言葉妖艶 今日の一句赤とんぼみな母探すごとくゆく細谷源二 nhkラジオ深夜便から引用

  • ○■ nikon デジタル一眼レフカメラ d700 レンズキット d700lk ニコン

  • ○■ [題詞](。。心緒)

  • ○■ ・学名 rhododendron pulchrum(大紫躑躅) rhododendron : ツツジ属 pulchrum : 美しい、優雅なrhododendron(ロードデンドロン)は、ギリシャ語の「rhodon(バラ)+ dendron(樹木)」が語源

  • ○■ 万葉集[10]「桜花時は過ぎねど見る人の―の盛りと今し散るらむ」

  • ○■ 万葉集を代表する女流歌人「額田王」、断片的には知っていたが、講演を見てその知識はきわめて少ないことを痛感

  • ○■ 万葉集の「見る」や「見れど飽かぬ」とあるのは、 おおむね魂振り〔たまふり〕の意味を持つ歌です

  • ○■ 万葉集・巻1・22 「ゆつ」は「神聖なる」の意味

  • ○■ ョウ(桔梗)の花の色素アントシアンというのを変色させるために紫の花の色が赤く変わるこの意味

  • ○■ … (後略) 小学館本 =大君の遠い政庁として (しらぬひ)

  • ○■ こでこう歌っている ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 葦原の瑞

  • ○■ 作られたつくられた品種 ・鹿児島県原産で、全国で栽培されている ・ふつう、種子(タネ

  • ○■ ストカード nikon デジタル一眼レフカメラ d700 レンズキット d700lk ニコン マルバハギ(丸葉萩)が、近くのお寺の境内の片隅で花をつけているのを見つけた猛暑の時期には衰えていたが

  • ○■ を守っている (キキョウサポニンと呼ばれる) ・昔から武士に好まれたようで、家紋に取り

  • ○■ に取り入れ られたり、江戸城には「ききょうの間」や 「桔梗門」の名前がある ・開花直前の丸

  • ○■ 草本 植物 山野の日当たりの良い所に育つ 日本 全土、 朝鮮

  • ○■ 末(うれ)を 秋とは言はむ」 万葉集 「狐火の 燃(もえ)つくばかり 枯尾花(か

  • ○■ り ・みかんの皮を干したものを「陳皮(ちんぴ)」と呼ぶ・別名 「温州蜜柑(

  • ○■ とをお薦めします みなさんはどのようにお考えでしょうか 次回も 時事エッセー

  • ○■ は漏れ雨はたまれととにかくに賎が軒端を葺きぞわふらふ(西行) なおなお(のおのお)

  • ○■ 興味深く感じた ========================= さて、万葉文化館での話であるが

  • ○■ ===*====*====*==== またしばらく、花の写

  • ○■ 、怨恨,千葉[題詞](天平勝寳七歳乙未二月相替遣筑紫諸國防人等歌)[左注]右一首。波(い

  • ○■ ー百科事典『ウィキペディア(wikipedia)』 吉田のうどん

  • ○■ (うんしゅうみかん)」 誕生地は鹿児島県だが、市場に出回る名前として、中国江南地方の、柑橘類名産地の 「温

  • ○■ ばれているまめ科 ハギ属の落葉低木で、学名は「lespedeza cyrtobotrya」である

  • ○■ : 小学館 本= 天皇 (すめろき) の遠の朝廷と 韓国 に渡る我が背

  • ○■ @善峯寺 「夏の野の繁みに咲ける姫百合の知らえぬ恋は苦しきものぞ」大伴坂上郎女 夏歌と言えば

  • ○■ 」の意味 蟻が桔梗の花びらをかむと、蟻の口から 蟻酸(ぎさん)というのが出て、桔梗の花

  • ○■ ) この燃え盛る葉の下にはぎっしりと実が付いています 螺旋状に太いモール

  • ○■ ージが強いですが、意外にもバラの原種が多いのは東洋、とりわけ中国に多いです日本に古くから野生する

  • ○■ して貢献してきました万葉集にうたわれているノイバラをはじめ、日本人の祖先がバラを愛好していたことがわかります ←片山公園(吹田市)

  • ○■ まま膨れていくために、 つぼみのときは風船のようにふっくらして 見える、ということらしい プチュッとつまむと

  • ○■ みかん)は 実さへ花さへ その葉さへ 枝(え)に霜降れど いや常葉(とこは)の樹」 (万葉集 聖武(しょうむ)天皇)・蜜柑シリーズ 金柑

  • ○■ 水がはじけ出る (花がかわいそうなのでやめましょう♪) ・万葉集に出てくる「あさがお」は、この

  • ○■ したいですよね・・今日は良い日でありますように・・(^-^)おはようございます(^-^)今朝はゴミの日です・・(^◇^)綺麗いになって家の花を見るともう、駄目ですね・・母の命日の22日に延期した月

  • ○■ 」「写生論アラカルト」「総合誌・雑誌の特集や記事から」「作歌日誌」>をクリックして、

  • 天皇 解釈 中国 植物 今回 原文 最新 詠まれ 女性 時期 ブログ 歌人 神社 紹介 原文及 文化 思います 言われ 最近 最新記事 今日 カテゴリの最新記事 由来 枕詞 江戸時代 公園 大意 日本 原産地 日本書紀 古代 気持 人々 呼ばれ tabibito的解釈 文字 山上憶良 咲いて 古今和歌集 以前 登場 万葉集より抜粋 途中 説明 一言 以上 地方 的解釈 場合 書かれ 書いて 食べる 一緒 香具 アメリカ 年前 普通 変わっ 考える 不思議 大きく 防人 自分 持って 思ってい 題詞 一首 理由 綺麗 作者不明 思われる 読んで 非常 日本語 今朝 朝鮮 学者 全体 電車 奈良時代 鎌倉 本来 当時 対して 言って 歌われ 掲載 大変 時代から 花びら 見ると 小説 残って 地域 奈良 呼ばれる 分から 十二 生きて 作られ 気分 花言葉 確認 現実 生まれ 歌です 可能 入って 読んだ ヨーロッパ 自然 一度 咲いてい 京都 亡くなっ 各地 見れば 発見 美しく 立派 歩いて 習慣 詠まれた 意味 万葉集カテゴリの最新記事万葉集 状態 観光 画像 分かる 印象 想像 このブログ 特徴 分布 伝わっ 第一 音楽 信仰 遷都 実際 散歩 出来 料理 紅葉 時代には 発表 主義 著者 カテゴリの最新記事万葉集 土地 始まっ カメラ 季語 知らない 自生 知られ 大好 巻十二 作家 品種 難しい 編纂 藤袴 出てき 何処 次回 出かけ 00 日めくり万葉集 方法 朝廷 彼女 学校 咲かせ 仏教 気がし 例えば 変わり 行われ 岩波 現在 天智天皇 女郎花 同時 時間 初夏 大事 二月 大きい 左右 近所 詠んで 言える 回目 のかもしれない 伝承 建立 向かっ 不詳 恋人 大和 正式 特別 栽培 区別 呼んで 10 神武 写真 サクラ 北海道 日常 花弁 ホトトギス 奈良県 夕方 思想 現代 保存 関して 参加 読書 終わっ 使われて 言った 良かっ 午前 歌われて 外国 今まで 南部 放送 知らず 可愛 人たち 絶対 価値 似ている 初期 以来 以降 韓国 悲しい 登場する 様々 七草 助詞 近鉄 集まっ 待って 新古今和歌集 昨日 存在 流れる 植えられ 多かっ 安全 知識 分かっ 講演 息子 出身 最初 台湾 左注右 変わって 流れて 法師 名前 機会 生える 総称 親しまれ 地震 結婚 麻呂 日本人 属学名 種子 沖縄 立って 学生 考えて 詠われ 本州 分からない 辞典 貴方 ロマン 最後 病気 使用 全部 使って 古語 桜花 聖武天皇 行幸 見えない チャンネル
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.034 0.158 0.522 0.028 0.492 0.191
    total 704083.90000011

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発