13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2875 )     アニメ ( 2208 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    法曹人口

    ニュース 政治 国際 関連語
    0 .
  • ○■ 法曹人口

  • ○■ ともあれ、日弁連執行部と多くの弁護士たちの愚かしい歴史を、こういう書物という形で残されたことは大きな功績だと思います

  • ○■ なぜ国民が税金を使ってでも法曹を育てなければならないのか、法曹とは何なのか、弁護士が裁判官や検察官と同様に司法の一翼を担う重要な存在であることを国民に実感を持ってもらえるよう説明すべきだったと思う

  • ○■ ただ、「お金持ちしか弁護士になれないの?」ということなら、「お金持ちでない人が弁護士になれるよう救済する制度をつくればいいでしょ

  • ○■ もっと法曹人口を増やすべきである

  • ○■ 松井康浩もと日弁連事務総長( 1973年、1974年度)は、自由と正義49巻8号「司法制度の改革と法曹一元制度」(1998年)で、我が国は「支配者」と「国民」に二分されており、法曹一元は司法を支配者から国民が奪取する行為であって、法曹一元が実現されれば、「誰が見ても違憲の」自衛隊は違憲となり、日米安保条約も当然破棄されると言う

  • ○■ 「適正な弁護士人口政策を求める決議」は、今のところ新聞などのニュースにはなっていないようだ

  • ○■ 後の司法改革推進を担った一人である宮川光治弁護士が編集長を務めた「自由と正義」は、平成 8年(1996年)1月号を皮切りに、「あたらしい世紀への弁護士像」に関する日弁連内外の論考を多数掲載した

  • ○■ の流れが決定し、かつ轟轟たる世論の非難を浴びる「それなら初めから100

  • ○■ 年(1995年)から平成9年(1997年)にかけて大敗北を喫するそればかりか、日弁連は

  • ○■ 会長と、これを支持した左翼系人権派弁護士と地方単位会の弁護士の目論見は、轟轟たる世間の非難を浴び、

  • ○■ の中弁連大会では「適正な弁護士人口政策を求める決議」を成立させる必要があると思う 中弁連会員の

  • ○■ 後の司法改革推進を担った一人である宮川光治弁護士が編集長を務めた「自由と正義」平成 8年(1996年)1月号以降数号にも

  • ○■ 中弁連大会で成立した「適正な弁護士人口政策を求める決議」についての記事へのアクセスもそこそこあるが、フィギュ

  • ○■ 平成8年3月号の特集「回顧と展望」で、土屋公献会長に対し、「(年800人とする関連決議案が平場から提案された

  • ○■ もある もちろん、「こんな日弁連に誰がした?」(小林正。弁護士著)も話題になりましたなにしろ、

  • ○■ び、年800名どころか、年1500名への流れが決定したため、敗北感に打ちのめされた左翼勢力が

  • ○■ 裂と迷走も一因となって、平成 7年(1995年)末には、司法試験合格者数年1500名への流れが

  • ○■ 表格である高山俊吉弁護士は、平成 8年(1996年)の法律時報 68巻3号に「丙案廃止に向

  • ○■ (1996年)初頭に、司法試験合格者年1500名を事後的に受け入れるため編み出された教義

  • ○■ 対して、土屋公献会長は、一言も発することができなかった 私はその後の文献等

  • ○■ けが通ったということであれば、その後の展開はかなり違ってきたのではないでしょうか」と追及したこれに対

  • ○■ 不要である』ということを、あの場ではっきりおっしゃっていれば、関連決議案はあのように大多数により賛成されなかったと思われますそして、執行部案だけが通

  • ○■ アクセス障害」を解消し、「法の支配」を実現するため「大きな司法」をめざすものとされたその結果

  • ○■ 自由と正義」平成 8年(1996年)1月号以降数号にも、規制緩和と自由競争促進の立場から

  • ○■ 知克弁護士は、平成 10年(1998年)度の日弁連会長に立候補し、小堀。弁護士(東弁)に30

  • 日弁連 問題 増員 司法試験 試験 国民 平成 弁護士 小林 事実 日本 増加 対して 結果 法科 意見 左翼 支持 決議 検討 今回 合格者 正義 本稿 高山 社説 主流 平成年年 考える 容認 宇都宮 存在 土屋 法曹一元 提言 疑問 執行部 目標 問題について 司法試験合格 土屋公献 自身 決定 削減 状況 宮川光治弁護士 説明 積極 主張 同時 検察 公認 十分 貸与 もと日弁連 人権擁護 正当 経緯 一定 味方 山本 支配 思います 成立 にもかかわらず 具体的 意思 言って 内容 非難 名への 言葉 採用 所属 依頼 会員 司法修習 執行部案 思って 年月 文章 少なくとも 出席 日弁連執行 危機 人物 経済的 解決 轟轟たる 本当 予定 掲載 対象 日弁連副 同様 回復 対策 以降 法律家 程度 東京弁護士 一元制 制度 企業 道筋 実現 発する 宇都宮氏 追及 共産 今年 少ない 志向 人口問題について 日弁連新 無能 多重債務 毎日新聞 言及 3000 民衆 以外 発表 抑制 主導 予備 最高 決議案 就職難 反執行 反映 配布 司法制度改革 想定 直面 必要がある 抵抗 司法改革関連 初めて 関心 自由と正義 背景 提案 目指 人権派 新司法 当初 交通 という言葉 ないでしょうか 反省 機関 様々 ダウン 民主党 作成 思ってい 一人 新聞 本来 変わら 抜本的 当時 弁護士東弁 名古屋 分かっ 最大 表現 分かり 単位会 韓国 非常 大会 感じる 音楽 予想 問われる 述べた 擁護と社会正義の実現 それにもかかわらず 大多数 中国 否定的 主張した する弁護士 展望 減らし 正当化 会社 法の支配 状態 推進 言ってい 裁判 第二 解消 自民党 これに対して 会では 事実上 年名への流れが 時点 大幅 のではないでしょうか 候補 提出 弁護士への 反対 求めた 委員 地方 政府 昨日 弁護士には 当選した ところでしょう かもしれないが 示した 201 行われ 性がある 書いた 決めた 発表した ことができなかった 自分 ということです だと思います たと思います たのではないでしょうか
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.024 0.140 0.542 0.011 0.511 0.163
    やや強いやや強い少し弱い比較的強い少し弱い比較的強い
    total 41649.80000000079

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発