13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2875 )     アニメ ( 2208 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    ワーグナー

    音楽 関連語 ブラームス ベートーヴェン 交響楽団 モーツァルト チャイコフスキー 前奏曲 ワルキューレ 管弦楽団
    0 . 1 . 2 . 3 .
  • ○■ ここに収録されているのは、ヴァイオリン協奏曲を中心とした 4つの作品です

  • ○■ おそらく誰が欠けてもダメだった

  • ○■ 詩編第134篇です

  • ○■ wlcd0352 2枚組 ¥1750 ベートーヴェン:歌劇「フィデリオ」 エヴァンゲロス・マルケロス(ドン・フェルナンド) コンスタンティーノ・エゴ(ドン・ピツァロ) ジュゼッペ・ザンピエーリ(フロレスタン) マルタ・メードル(レオノーレ) デジュー・エルンスター(ロッコ) ヤッシャ・ホーレンシュタイン指揮 アテネ祝祭管弦楽団、合唱団 1957年9月6日アテネ、イロド・アティコス野外劇場でのライヴ録音 良い音質です

  • ○■ 音楽家ワーグナーがこのカフェで作曲した場所

  • ○■ 第一部 j.シュトラウスⅱ:皇帝円舞曲 ヨーゼフ・シュトラウス&j.シュトラウスⅱ:ピチカート・ポルカ ブラームス:交響曲第3番より第三楽章 ブラームス:ワルツop.39-15 ワーグナー:オペラ「パルジファン」より『断章』 ワーグナー:歌劇「ローエングリン」より『結婚行進曲』 ヨンゲン:4本のチェロのための二つの小品

  • ○■ 第3幕はもう、涙が出そうなくらいの至福の時空の連鎖

  • ○■ 大晦日にワーグナーを聴くというのも何かちょっと不思議な感じがしないでもないが、「タンホイザー序曲」に始まり、「ニュルンベルクのマイスタージンガー前奏曲」、そして「ワルキューレの騎行」まで、ワーグナー音楽の魔力を凝縮したような曲を堪能した

  • ○■ ・1月17日(月)19:00サントリーホール

  • ○■ ベートーヴェンの協奏曲を練習なし、ヴァイオリンは借り物・・・だというから驚きです

  • ○■ ドイツ発♪ ワーグナー・ラヴ クリック~

  • ○■ ショスタコーヴィチ:交響曲第5番「革命」第4楽章 あんな事故があったのに、何とか演奏会を続けられる喜びをのせた演奏

  • ○■ まず、「アルルの女」

  • ○■ とりあえずは無事に隨に避難した楚の昭王は、忠臣の申包胥を秦に派遣し、哀公に救援を求めます

  • ○■ そして西本智実さんが美しくキレの良い指揮でカッコよかった! ワーグナーというのもあるかもしれないけれど

  • ○■ この日はmriを撮影する

  • ○■ 【合唱】新国立劇場合唱団(new national theatre chorus) 【管弦楽】東京フィルハーモニー交響楽団(tokyo philharmonic orchestra) 【指揮】大野和士(ono kazushi)

  • ○■ 「今日のcd」カテゴリの最新記事 嫌々ブラームス、その2 追悼、リチートラ 「ワルトシュタイン」と「テンペスト」 チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲 ワルターの「巨人」

  • ○■ 「ライブ報告」カテゴリの最新記事 大宴会です 島国の力 あばんせライブ楽しかった〜ありがとう! マキシムmerci★ 優姫の7月ライブスケジュール

  • ○■ 今日は、東ハトのキャラメルコーンを食す

  • ○■ クラシック音楽をテーマにした人気ドラマの映画版「のだめカンタービレ最終楽章」の撮影が、音楽の都、オーストリアのウィーンで行われた

  • ○■ もちろん、作詞・作曲とも一人の音楽家が担当することもあるし、印象的なワンフレーズだけが「詞先」にしろ「曲先」にしろ最初に浮かび、そのあとで相互ふくらませ合いながら作ってゆくこともあるから、両者に厳密な境界線があるわけではない

  • ○■ もうひとつは、「愛するがゆえに身を引く」恋人と、それを「心変わり」と誤解して悩む相手…という対位法的な「すれ違い」を使って、観客をやきもきドキドキさせる手練手管

  • ○■ まずは、この2作の簡単な紹介から

  • ○■ その理由はよく分からない

  • ○■ しかし、まさに「掌上の舞をもなし得つべき少女」(森鴎外『舞姫』)らの群舞というのは圧巻ですね

  • ○■ かくして(ベートーヴェンが夢見ながら果たせなかった)「作曲家がなし得る最高の表現形態としての音楽作品」へ到達したものの、ワーグナーの音楽には、ジャンプし過ぎから来る「負」の部分があって、それがこの作曲家の評価を二分させている

  • ○■ 2012年6月30日(土)14:00 日本生命日比谷ビル7階大会議室

  • ○■ 私は、クラシック音楽ファンであるが、オペラ愛好家とはいえないし、ワーグナー狂でもない

  • ○■ そして、聴き終わって、押さえきれない高揚感で一杯である

  • ○■ しかし私はどうしても、そういう見方に、どうしても納得出来なかった

  • ○■ 要するに「モーツァルトの音楽」というのは存在せず、そこにあるのはモーツァルトという才能に反射した「その時代の音楽のエッセンス」に過ぎない…というのが今回の暴論の趣旨である

  • ○■ ただし、大衆文化での「親和性」は、余りないといったほうがいい

  • ○■ それは、聴く人の音楽観や世界観(そして「ひねくれ方」)と同時に、時代や社会の風潮にも大きく左右されるようだ

  • ○■ しかし、これは当時の彼の音楽のファンにとっては「不協和音で曲を書き始めた」みたいなものだったらしく、あっと言う間に人気急落

  • ○■ まあ、生産工場が稼動できませんので、ちょうどいいでしょう

  • ○■ ですが、二人の時間は長くはありませんでした

  • ○■ <haenssler> 98 631 ¥2080 日本語解説書&帯付 日本のピアノ曲 諸井三郎:ピアノソナタ第2番(1940) 武満徹:雨の樹素描 池辺晋一郎:大地は蒼い一個のオレンジのような 藤。溪子:水辺の組曲(全12曲) ゲルハルト・オピッツ(pf) [録音:2011年3月/ノイマルクト] 驚くべき企画が実現しました

  • ○■ 最近の画像つき記事 [ 画像一覧へ ]

  • ○■ 作曲家や編曲家の中には、「トロンボーン3番や4番」と書く人と「バストロンボーン」と書く人がいます

  • ○■ 今回は久しぶりの2プロです

  • ○■ ヴァイオリン協奏曲 第1番はワーグナーや後期ロマン派とプロコフィエフらのロシアの民族性を折衷 したような美しい作品

  • ○■ ルートヴィヒ�世は生涯のうちに三つの城の建造に関わったが、そのうちのヘレンキームゼー宮殿は聞くところによるともっと内部装飾が凄いらしい

  • ○■ ブラームスやマーラーから音楽を学んだこともあるそうだ

  • ○■ フルトヴェングラーの踏み込んだ力強さがあるわけでもなく、c・クライバーの官能美があるわけでもなかった

  • ○■ オペラ座での光景としては、いいものだ

  • ○■ オペラは総合芸術だから

  • ○■ イタリア・オペラは短くて楽だ——ワーグナーに比べると

  • ○■ もちろん鑑賞に長時間が必要だということは有りますが、バッハの大作などの鑑賞をしているのですから、余り理由にはなりません

  • ○■ でも、そんな毎日にも飽きてきてしまいました

  • 指揮 交響曲 作曲 ドイツ 作品 ベートーヴェン ピアノ ブラームス 録音 協奏曲 序曲 日本 ヴァイオリン 合唱 モーツァルト マイスタージンガー クラシック 前奏曲 有名 劇場 今日 短調 イゾルデ ワルキュー ジーク 公演 イタリア マーラー チャイコフスキー 素晴らしい 世紀 ホール 芸術 意味 長調 収録 リスト 交響曲第 ソナタ 最初 本当 ソプラノ 組曲 テノール シューマン 合唱団 メンデルスゾーン 聴いた チェロ 楽器 関係 第番 弦楽 編曲 最近 全集 記事 カラヤン 歴史 最高 トリスタン 音楽祭 聴いて ショスタコーヴィチ 可能 フォン アンサンブル フィルハーモニー管弦楽団 期待 ライヴ マリア 作曲家 変奏曲 ニュルンベルクのマイスタージンガー 小品 行進曲 ロシア オペラ 以外 ブログ チケット シベリウス 重奏 評価 感動 良かっ 一人 曲目 ピアニスト 聴衆 演奏 ヴァイオリン協奏曲 昨日 教会 ルートヴィヒ 黄金 dvd 機会 思って アルバム ハイドン 状態 練習 ストラヴィンスキー オランダ 結果 決して 定期 話題 感じる 思った 美しさ 壮大 国立歌劇 タイトル 騎士 ワルツ かもしれません 実際 オーストリア ・フィルハーモニー管弦楽団 クラシック音楽 ラヴェル 戦争 ニーベルング スタジオ 独奏 今回 誕生 考える ワルキューレ 解釈 不思議 言えば レクイエム ヴィオラ ロマン 入って バロック 協奏曲第 黄昏 聴かせ 重奏曲 基本 言える 購入 ラフマニノフ リング 大きく 記憶 イメージ プロコフィエフ 騎行 自体 年月 可能性 ミュージック ワルキューレの騎行 圧倒的 迫力 スタイル 事実 首席 バーンスタイン オーボエ 書かれ nhk 楽劇 タンホイザー 過去 歌唱 日本人 トランペット イギリス 例えば オルガン 一般 大変 アンナ ジョン・ ローエングリン 言って 大学 最後 スペイン ベルリオーズ コンサートホール bwv 日本語 先日 間奏 時期 入手 ニューヨーク バイロイト音楽 場合 何度 メンバー ・ソナタ 楽譜 最終 リヒャルト・ワーグナー への前奏 文学 ホルン 偉大 変わっ 制作 弦楽器 二人 拍手 アレクサンドル ファウスト 思ってい フィルハーモニー交響楽 ブルー 上演 同様 ベスト 金管 天才 皇帝 以上 満足 楽しむ 最新記事 長調op 知らない 前回 技術 最大 合奏 行って トスカニーニ シェーン アダージョ sacd チェンバロ 出来 ピアノ協奏曲第 コンサート 時代 音源 象徴 ペーター・ 案内 カテゴリ 生誕 行われ クリスティ フルート 変ロ長調 得意 作品集 への前奏曲 今度 のかもしれませ 魔笛 大きい フーガ アカデミー 生まれ 交響曲第番 マリー ・フォン ワルター コントラバス クリストフ アルト 短調op さまよえるオランダ 復活 知られ 見える 聴いてい 熱狂 ライン 神々 海外 枚組 フランス 椿姫 装置 感じさせる 先生 カテゴリの最新記事 作家 幕への前奏 この作品 終了 久しぶり 四重奏団 年前 モーツアルト ホルスト マイヤー スケルツォ ジョヴァンニ 情報 フォン・
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.032 0.132 0.562 0.024 0.526 0.220
    total 632846.0000003963

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発