13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2875 )     アニメ ( 2208 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  



    ヘーゲル

    書籍 関連語 マルクス 共産主義 弁証法 現象学 プラトン
    • 意識の内部という視座
      めにも、意識内部の巨大 構造という見方への反省は必要かもしれません デカルトやカント、フィヒテ、そしてフッサールなどによって常に哲学の根拠付けの枠組みとして一等大事な対象とされてきた「意識」 最近、私はますます、こういう意識内部の構造を問う、という問題が、果たして、本当に正しいのか、少なくとも、他の方法よりも確実なのか、と疑いを強めています それは、時間とは何か、空間とは何かというと問いとも共通するでしょうそもそも、意識とか時間、空間という言葉さえ、公的言語であり、概念のネットワークの綾(結構)の中でしか、実は理解できないのではないのでしょうか 意識という巨大な構造物に内部構造を見出し、そこにさまざまな能力を押し込める方法は、ローティー的にいえば、■焦点を実体と見誤っているだけかも知れません現代の生理学的認知論も脳科学も、意識の内部・外部構造の枠組みを、まさに無意識に踏襲している もちろん、近世・近代哲学すべてが、意識論的構造物を第一に考えてきたわけではないたとえば、スピノザ、ライプニッツ、ヘーゲル、ハイデガーなどは、意識を副次的に考えていたと思われる 最近、ランベルト研究を進める中で、私は、前よりもまして、我々の意識は情報や知識の体系の綾の中でしか理解できない「複合的存在」であると、考えるようになってきました逆の言い方をすると、カントは哲学をメタ科学として、矮小化させてしまった可能性が強い(カントはその意図はなかったにせよ) もちろん、こういう議論は、以前から、構造主義や言語哲学の側から、盛んになされてきました 現代の「哲学」の立ち位置を再考するためにも、意識内部の巨大構造という見方への反省は必要かもしれません

    • アメリカは間違いなくあと2年すれば、アメリカ人の9人に1人は職を失っている状態に突入するでしょう。そ
      0年、最新の資本主義 構造計算では、15年は最低要します当然、これはアメリカ自


最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発