13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2873 )     アニメ ( 2206 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2814 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2231 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 494 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 936 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 276 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 462 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1080 )     アート 芸術 ( 187 )     生活 ( 266 )  


    シューマン

    音楽 関連語 ブラームス ショパン メンデルスゾーン シューベルト ベートーヴェン 交響楽団 モーツァルト ラフマニノフ
    0 . 1 . 2 .
  • ○■ シューマン

  • ○■ とにかく、子供たち自身の演奏はお聴かせできないので、実際に昨日の「学外演奏会」で弾かれた曲 (いずれも、歴としたプロが演奏会で取りあげるような曲ばかりだ)を、プロの録音で聴いて頂きたい

  • ○■ そして何より、クララの一番の理解者

  • ○■ さすがにサブまで変えるのに議論する時間も楽譜を準備する時間もない、 ということでこの曲になったわけで

  • ○■ こんなに凄みのある演奏は他に絶対に皆無

  • ○■ この音源は、 シューベルト:楽興の時、ピアノ・ソナタ第19番 です

  • ○■ こういう国際的なレベルにまでなった芸術家に、もはや正解など無い

  • ○■ あまりにも、単純な単旋律から始まります

  • ○■ 「シベールの日曜日」 かなり昔のフランス映画で一度だけビデオで見て心に残った作品である

  • ○■ 「アレコ」は、ラフマニノフがモスクワ音楽院の卒業作品として作曲したもの で、当時まだ19歳でした

  • ○■ 個人的にはシューマンの「ダヴィッド同盟舞曲」を演奏したエフゲニー・ボジャノフの演奏が好きで、生で聴いてみたくなりました

  • ○■ なにしろこの基礎工事がしっかりしていたからこそ、その上に巨大伽藍を建てることが可能になったわけで、「音楽の父」という称号は伊達じゃない

  • ○■ 3月2日はショパン生誕200年記念番組がありますが、朝比奈隆指揮の 演奏が入っているのが印象深いですね

  • ○■ 最後は最初のピアノの形が華やかに回想されて、力強く曲を結びます

  • ○■ ショパンと同じく生誕 200 年のシューマンが飛んでしまっているのは残念だ

  • ○■ それと先生の持っている 古い小曲集(bloch) を貸していただきました

  • ○■ そのきっかけは nhk (?)が 1973 年の 8 月の末に放送したオットー=クレンペラー( 1885 〜 1973 )の追悼番組であった

  • ○■ そういえば、「スコットランド交響曲」が若き日の“グランド・ツアー”で得た最初の着想から完成までに10年以上を要したように、ニ短調交響曲も初稿から出版までに時間がかかり、決定稿の作成・出版は「スコットランド交響曲」よりあと& メンデルスゾーン の死後なわけですし、初稿を論じるのではなく決定稿をもとにこの作品を語るのであれば、着想から完成に至る時間の経過を問題にすべきでしょう

  • ○■ この詩は昔から上田敏の名訳によってわが国でも広く知られた詩である

  • ○■ 目、覚ましてよ

  • ○■ ◆冷静に比較して、子供達の演奏は、テクニックと音楽性において、プロの演奏に匹敵していた

  • ○■ <lso live> lso 0682(sacd-hybrid) 2枚組 。。3450 プロコフィエフ:バレエ「ロメオとジュリエット」op.64(全曲) ワレリー・ゲルギエフ(指)ロンドン交響楽団 録音:2008年11月21 & 23日ロンドン、バービカンホール(ライヴ) プロデューサー:ジェイムズ・マリンソン / エンジニア:ジョナサン・ストークス&ニール・ハッチンソン レーベル・スタートより10年目となる2010年に向けてのlso live最新アルバムは、 首席指揮者ゲルギエフによるプロコフィエフの「ロメオとジュリエット」

  • ○■ 非常に格調高く濃厚で、知的なミステリーでした

  • ○■ 画面右下にボタンがあります

  • ○■ ベートーヴェンみたいにグチャグチャーって感じじゃないです、当たり前だけど、、、

  • ○■ ドイツ音楽の大作曲家は「バッハ、ベートーヴェン、ブラームス」

  • ○■ クラシック音楽を生業とする者としての志を述べることが許されるのであれば、 いまいちど!!健全な音楽の楽しみを、和声の・ハーモニーの・宇宙の真理に基づいた抑揚に 皆で目が啓かれんことを!!!!

  • ○■ それはロマンティシズム(ロマン派)です

  • ○■ この曲は好きだけどなあ

  • ○■ この曲は結構人気があります

  • ○■ けれどもブラームスは、それに対し沈黙を貫いている

  • ○■ <cala> cacd 0119 。。2180 ロンドン・ハープ・サウンド —— ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲 エディット・ピアフのシャンソン集 — i. グリェーミ:ばら色の人生、ii. モノー:愛の賛歌、iii. デュモン:水に流して 伝承曲:茉莉花 j・s・バッハ:前奏曲へ短調 カーン/ドナルドソン:マイ・ベイビー・ジャスト・ケアズ・フォー・ミー ルグラン:風のささやき ブラームス:子守歌 ベルリオーズ:《幻想交響曲》より 第2楽章「舞踏会」 レクオーナ:アンダルシア シムコック:湖上の美人 ロイド・ウェッバー: 《オペラ座の怪人》より ミュージック・オブ・ザ・ナイト アンドレ:ラ・ラガッツァ ロンドンの16人のハープ奏者たち、ジェフリー・サイモン(指揮) ロンドン・ハープ・サウンドのためにロンドンのセント・ジュード・オン・ ザ・ヒル教会に集まった16人のハーピストたちは、首席奏者を務めるフランス 国立管のイザベル・ぺリンを筆頭に、lso、ルクセンブルク・フィル、ベルリ ン・ドイツ・オペラ、asmfなどで活躍する世界トップクラスの名手ばかり

  • ○■ <第2部> �ラヴェル:夜のガスパール +�シューマン:ソナタ第二楽章

  • ○■ 最後にふさわしい作品だった

  • ○■ 昨日レッスン行ってきました

  • ○■ 昨日はアンサンブル・シリーズでした

  • ○■ 前半最後はブラームスのピアノ三重奏曲第三番で、これは初めて聴く曲

  • ○■ 初めて聴くセレーネのクラリネット、静かに、しっとりと心に響いてきます

  • ○■ ロベルト・シューマン:アベッグ変奏曲 op. 1

  • ○■ メンデルスゾーンやシューベルトはもう少し長生きすれば可能性はあったかもしれない

  • ○■ プログラムは前半に生誕200年を記念してシューマンのアイヒェンドルフの詩による「リーダークライス」全12曲

  • ○■ ブラームス:悲劇的序曲 ブラームス:ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲 シューマン:交響曲第1番「春」 (マーラー版)

  • ○■ ブラームスの作品32の9曲はプラーテンとダウマーの詩により、内容的にまとまった歌曲集ではないが、暗鬱な雰囲気に始まり、最後には心が溶けていくような流れが感じられ、私の大好きなブラームス歌曲群である

  • ○■ バッハ~ブゾーニ:半音階的幻想曲とフーガ

  • ○■ シューマン邸を訪問して間もなくブラームスはピアノ三重奏曲第1番ロ長調を完成させる

  • ○■ クララ・シューマンはブラームスからたくさんの曲を贈られているし、その子供たちも「子供のための14のドイツ民謡」を贈られている

  • ○■ やはりキースが弾くクラシックを聴くよりも、ジャズ・ピアニストとしてのライブを聴いたほうが、強く魅かれる

  • ○■ まずは電子ピアノで1曲目、「やしの実」

  • ○■ ところで、先週金曜日、ドイツ在住の小松先生のリサイタルに行ってきました

  • ○■ その「ずれ」を厭うのであろうか、その後の世代は縦を揃えて回避しているとすら思える

  • ピアノ ショパン ブラームス 楽章 ソナタ 作曲 協奏曲 ピアニスト 歌曲 ベートーヴェン 今回 ホール クラシック 練習 バッハ シューベルト 自分 短調 録音 長調 メンデルスゾーン クララ ラフマニノフ 日本 音色 一番 リスト 生誕 チェロ 曲目 チャイコフスキー 序曲 有名 交響楽団 芸術 聴いて 楽しい ハイドン 演奏 変奏曲 時代 クララ・ ソプラノ ラヴェル 東京 場所 交響曲第 何度 演奏会 第番 以前 最後 時間 弾いて スケルツォ 部分 良かった 奏者 大好 組曲 ポロネーズ 前奏曲 言われ 劇場 公演 素敵 歌曲集 編曲 友人 四重奏 構成 全曲 フランス 以上 プログラム 全体 途中 実際 面白 開催 非常 自然 書いて コンサート 思ってい 発売 公開 作曲家 皆様 気分 ロベルト・ ライヴ 明日 リサイタル 人生 持って 写真 ・ソナタ 二人 全部 皆さん 午後 言って 天才 ヴァイオリン協奏曲 一人 感じる 入場 入って 詩人 本番 ウェイ 知って 行って ヴィオラ ロッシーニ ベルリオーズ 終わり 今度 書いた 昨年 監督 聞いて 生誕年 テクニック 緊張 久しぶりに 前半 ドヴォルザーク 仕方 元気 思いまし 結果 1楽章 充実 出版 シリーズ 出来 かもしれません ペーター 場合 弦楽四重奏 無料 感じた 魅力的 定期演奏 フレーズ 感想 発表会 聞こえ 終了 方々 シンフォニー 美しく 国立 形式 学生 行ってき 2楽章 ハンガリー 素晴らしい演奏 bwv 回目 子供 メロディー 変わっ 気がし 的には nhk 聴かせて 変ホ長調 アルゲリッチ サントリーホール 歴史 男性 大切 入賞 説明 美しさ センター 年月 偉大 無理 一応 音符 ロマンティック 大きい 協奏曲第 ありがとうござい 第部 生まれ スタイン 是非 演奏して チャーシュー ジャズ アリア 久々 素晴らしかった 聴いた 受講 今日 スクリャービン アダージョ der 短調op 同様 関して 納得 行ってきまし てしまいました 演奏でし 少なく 映像 感じられ スタインウェイ 様子 演出 出身 初めて 第楽章 マリア 以降 フィル 客席 月日 昨夜 思うの 物語 聴くこと 言えば 若干 対して 比べる 番組 cd 行ってきました 長調op 準備 見つけ 出てき 分から 年前 特別 ピアノリサイタル 英雄 ピアノ協奏曲第 上手 だと思います ヘンデル 本当 家族 過ごし 専門 テノール スタジオ 考える 聞こえる 意図 伝わっ 記事 感じて 意識 始まっ ギター ・シュトラウス 時半 モーツァルト 聴いてい 課題 ・ショパン 優勝 のかもしれない 続いて 本来 独特 以下 音大 プロコフィエフ バーンスタイン ハープ ストラヴィンスキー schumann 聞いた 弾いてい 使って 個人的 余裕 愛好 30 中学 楽しかっ 週末 願いいたし 珍しく 手紙 客様 書いてい 中では 可能
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.039 0.148 0.550 0.032 0.505 0.200
    やや弱いやや強いやや弱いやや強いやや弱いやや強い
    total 379015.4000004109

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発