13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2874 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2815 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2232 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 495 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    三浦しをん

    書籍 関連語 箱根駅伝 直木賞 本屋大賞 風が強く吹いている 舟を編む
    0 . 1 . 2 .
  • ○■ コミック化に続いて、昨年、 映画 (実写)化もされました

  • ○■ なので、いろんな視点が出てきます

  • ○■ とりあえずは挫折しそうになりながらなんとか読み切ったかんじ

  • ○■ そこには小説を文学らしく読手に伝える技術が計算されていない

  • ○■ こんなに食べきれる?ってくらい欲張ってしまい、いくつも袋をぶら下げて乗り込みます

  • ○■ これを読むと、きっとあなたも走りたくなる

  • ○■ あとは既に読んでいたのでどれが来ても おかしくないなとは思ってましたが

  • ○■ 【風が強く吹いている】三浦しをん著

  • ○■ 「風が強く吹くとき」にいたく感動していたので、それなりに期待もしていました

  • ○■ 「アンタはいいかもしれんけど、こっちが困る」 って言われるけど

  • ○■ 是非、映画も見たいです

  • ○■ 主人公二人の男のキャラはよく立っている、のだが、しかし、謎めいた背景来歴が暗示されるのに、なかなか真相が見えてこない

  • ○■ そんなモヤモヤを書いてある話なんですけど、 14歳の少年たちの犯罪の話でして 上は、その犯罪を何故するまでに至ったのかっていう気持ちを 綴ってあるものですね

  • ○■ そして大人なお話で素敵な恋のお話です

  • ○■ 山田ユギさん のコミックを読んで、おもしろいんだ!と、また借りてきて、今度は最後まで一気に読んだ

  • ○■ シャンドスが去っていくの、正解

  • ○■ 「辞書は言葉の海を渡る舟だ」 「ひとは辞書という舟に乗り、暗い海面に浮かびあがる小さな光を集める

  • ○■ そして、起こる事件

  • ○■ でも、ページを進めるごとに読みたい本が 増えるって自分の首を絞めている気が しないでもない・・・・

  • ○■ だから私は妹のことを素直に心配してきた

  • ○■ 本の帯に「・・読み終えた翌日は思わず辞書の棚で玄武書房の『大渡 』を捜してしまいました」(朗月堂書店本店藤井郁さん)という感想がありましたが,私も思わずアマゾンで『大渡 』を注文しそうになりました

  • ○■ 主人公は真面目だけが取り得の青年

  • ○■ 「まほろば駅前多田便利軒」三浦しをん

  • ○■ 風が強く吹いている (新潮文庫 み 34-8)/三浦 しをん

  • ○■ よしながふみの対談集「あのひととここだけのおしゃべり」の三浦しをんとの対談の中に出てくるのだけど、よしながふみのお母さんはずっと先生になれと言っていたという

  • ○■ 3位「風が強く吹いている」三浦しをん

  • ○■ 最初は怖がったり、時には鬱陶しく思える同居人の幽霊に、次第に打ち解け、心を開くようになる入居者達

  • ○■ 原作を読んでから映画を見ると、やっぱり物足りなさを感じますね

  • ○■ 先日、三浦しをん著「まほろ駅前多田便利軒」を読みました

  • ○■ それぞれに、生きる悩みを抱えている、その部屋の住人達

  • ○■ しかし、辞書とひとくちに言ってもそれぞれ特徴があるようで

  • ○■ この後、ロマンス部門に疎くても名前は知っているサンドラ・ブラウンの『侵入者』を読んで、↑こちらの禁欲ぶりとは違う系統にちょっと疲れた

  • ○■ 「映画感想文」カテゴリの最新記事 ヒア アフター ステキな金縛り ブラックスワン モテキ 孤高のメス

  • ○■ 「ま行の作家」カテゴリの最新記事 森絵都「宇宙のみなしご」 皆川博子「開かせていただき光栄です−delited to me... 三浦しをん「私が語り始めた彼は」 森沢明夫「あなたへ」 町田純「ヤンの短編集小ネコちゃん言ってみナ」

  • ○■ 「なあなあ」というのは方言なのですが、これがほんとに味のある表現で、好きです

  • ○■ 2009-10-27 23:06 nice!(0)

  • ○■ 本屋大賞の作品は全て読んだが、どうもイマイチ小説ばかりなんだよね

  • ○■ というより、だらだら過ごしちゃったがために、この時間になったのですがw この話は、別に記事を立てるとして、とりあえず今は今日買ってきたもののメモでもしようかと思います

  • ○■ そしてそんな人たちのことを品格と愛情をこめて書き上げた三浦しをんさんのことが 大好きになった

  • ○■ 箱根駅伝を舞台にした、陸上部の物語なのだ

  • ○■ 直木賞作家・三浦しをんの同名小説を原作に、…』と紹介していました

  • ○■ 昨日の夜は、真梨幸子の小説『殺人鬼フジコの衝動』を読んでいました

  • ○■ 「風が強く吹いている」を書いた、三浦しをん氏のデビュー作だそうです

  • ○■ 昨日はお雛祭りでしたね

  • ○■ 「船を編む」は現在38万部のベストセラーです

  • ○■ 読書備忘録

  • ○■ まほろ駅前多田便利軒 文藝春秋 三浦 しをん amazonアソシエイト by

  • ○■ 「読書備忘録美術映画」カテゴリの最新記事 本・平安寿子「コーヒーもう一杯」 本・恒川光太郎「金色の獣、彼方に向かう 」 本・恩田陸「夢違」 本・角田光代「森に眠る魚」 本・荻原浩「メリーゴーランド」

  • ○■ 「小説・漫画他」カテゴリの最新記事 「抱擁、あるいはライスには塩を」江國香織感想 「月魚」三浦しをん感想 「しずく」感想西加奈子 「ビブリア古書堂の事件手帖1」三上延感想 「歪笑小説」5つ★!感想東野圭吾

  • ○■ 「まほろ駅多田便利軒」は、原作が三浦しをんさんの小説なのですが、私にとっては初めて読んだ三浦氏しをんさんの作品で、そういう思い入れもあるので気になっています

  • 多田便利 ほろ駅前 駅前多田便利 ほろ駅前多田便利 便利軒 作家 文庫 自分 読んで 面白かっ 多田便利軒 原作 強く吹いている 吹いている 最近 日常 ブログ 仕事 駅前多田便利軒 ほろ駅前多田便利軒 辞書 登場 風が強く吹いて 漫画 時代 出版 カテゴリ 作品 最新 伊坂 作者 カテゴリの最新 amazon 高校 まほろ駅前多田便利 浦しをんさん まほろ駅前多田便利軒 今回 編集 読んでい 登場人物 恋愛 読みました 気持 神去なあなあ日常 先生 一冊 初めて 新潮文庫 新潮社 良かった 角田 書いて 読んでみ 展開 感想 有川 最初 個性 ドラマ amazoncojp cojp 仏果 紹介 描写 素敵 学生 印象 風が強く吹いている 浦しをんさんの シーン 結局 日々 文藝春秋 生きて 会社 東野 公開 万城目 詳細 書かれ 購入 変わっ 人々 こブログの エッセイ 小川 自身 木暮 玄武 気がし 小さな 小出恵 始まっ 読んだ 借りて 不思議 201 理解 松田龍平 過ごし 以上 辞書編集部 化され 予定 文春文庫 会話 一瞬 ネット 村上 入って 言われ 感じる 恩田 大人 浦しをんの 生まれ 国語 大渡海 直木賞作家 読みやすい 元気 大きく 現代 道尾秀 発行 買って 競技 監督 キャラ 思っていた この作品 脚本 直木賞受賞作 言って 今度 馬締 大好きな 経験 続編 講談社 結婚 時間 才能 思いました ファン 見える 文体 本人 言葉 以来 希望 有名 このブログの人気記事 普段 以下 行った 久々 基本 映画化 昨年 雰囲気 夢中 突然 おもしろかった 魅力的 勇気 主人公 タイプ 始まる 角川書店 辞典 気になっ 相変わらず 趣味 時期 川上 便利屋 陸上部 場面 当然 :三浦しを 山本 好きです 読みたく 書いた dvd 掲載 両親 勝手 青春小説 weblogカテゴリの最新記事 天春彦 文庫化 高野 映像 読書 非常 感情 場合 台詞 完成 このブログのフォトチャンネル 手元 天気 日間 仕方 同じよう 始めた 思っている 大丈夫 個性的 編集者 期待 何度 注目 ビブリア古書堂 楽しめる 描かれて 乙女 読んでいて 苦労 感じて 当時 最後まで 転がり込んで 整理 選ばれ 全国 上映 楽しん 感じです 可愛 角川文庫 メーカー 漢字 利用 姉妹 映画化され 小学館 運命 森見登 出てくる 思ったら 参加 関係 思われる 借りてき 結構 ノート 出会 町田 考えて 終わっ ブック 小さい 販売元 行って 新作 新参者 愛する 一度 聞いて メディア 実際 告白 学者 三重 走って コンビ 向かう 準備 山田 納得 文章 book ページ 分かっ 図書館 本です 人間関係 再会 正直 キャスト 亡くなっ 読んでみよ 確認する ハイジ 出版社メーカー 思える 世界 色んな 本当 データベース 作業 amazoncojpで詳細 面白そう 書いている 見てい 今週
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.042 0.164 0.525 0.037 0.485 0.189
    total 247084.00000018885

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発