13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2875 )     アニメ ( 2208 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    栗名月

    時季 関連語 芋名月 仲秋 中秋の名月 豆名月 片見月 平安時代 十三夜 十五夜
    0 .
  • ○■ 栗名月

  • ○■ 「仲秋の月」と「中秋の名月」 ところで、タイトルに書いている「仲秋」と「中秋」の言葉の違いについてご説明します

  • ○■ 十五夜の月は「中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)」とも呼ばれます

  • ○■ どちらにしてもこの日に月を見るのは風流である

  • ○■ 9月1日防災の日

  • ○■ 十五夜の名月は月齢でいうと十五には少し足りず正確には満月でない

  • ○■ 十五夜も十三夜も肉眼では左程違いが出るわけではなさそうだが、あいにく、今夜も曇天の予想

  • ○■ かんげつ)とも言います月見(お月見)とは、旧暦の8月15日と9月13日に月を鑑賞

  • ○■ 要な食料でした そこで十五夜と十三夜の両方を祝ってこそ、 完全な畑作収穫の祭りになるとされ

  • ○■ から伝わったが、十三夜の月見は日本独特の風習であり、 平安時代 に 貴族 たちが集まっ

  • ○■ す どちらか一方の月見だけをすることは「片見月」といって、昔から縁起が悪いと嫌われたそうです

  • ○■ 薄(すすき)・葛(くず)・撫子(なでしこ)・ 女郎花(おみなえし)・藤袴(ふじばかま

  • ○■ うと旧暦八月十五日の十五夜がもっとも有名ですが、日本では古来もうひとつ旧暦九月十三日の十三夜もまた美しい月であると重

  • ○■ 中国で行われていた行事が日本に伝来したものですが、この十三夜の月見は日本独特の風習だそうで

  • ○■ なでしこ)・ 女郎花(おみなえし)・藤袴(ふじばかま)・桔梗(ききょう)のことです 月見にススキ

  • ○■ 感謝する習わしから、 「芋名月」とも呼ばれています 十五夜の「芋名月」

  • ○■ 呼ばれていますが十三夜は「栗名月」とか「豆名月」と呼ばれていますこれはお供えとして栗や

  • ○■ 後の月」と言われたり「小麦の名月」と呼ぶ地方もありますこれは旧暦九月十三日の晩

  • ○■ (まつよい)」十六日を「十六夜(いざよい)」と称して十五夜の前後も楽しむようだ日本の祭りも前夜

  • ○■ りといわれる十五夜の月は「中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)」とも呼ばれる だそうです でも、我

  • ○■ と賞したことが始まりとも、醍醐天皇の時代(延喜十九年:西暦919年)に開かれた観月の宴が風習化したものとも言われています

  • ○■ をお月さまに供えるので、豆名月・栗名月とも呼ばれております本当に栗の形にそっくり

  • ○■ お供えとして栗や豆を、神棚などに供えるからだそうです中秋の名月の後なので

  • ○■ 、「十三夜」の月には、栗や豆を供えることが多いため「栗名月」或いは「豆名月」とも呼ばれています なお、

  • ○■ に十五夜に月見をしたら、必ず十三夜にも月見をするものともされていましたこれは十五夜だけでは、「

  • ○■ 前者の夜を「十五夜」、後者の夜を「十三夜」と呼ぶ十五夜の月は、サトイモ

  • ○■ は日本独特の風習であり、平安時代に貴族たちが集まって、月を眺めて詩歌を詠んだのが始まりといわれてい

  • ○■ であることが多いのに対し、十三夜の夜は晴れることが多いようで、「十三夜に曇り無し」という言葉もありま

  • ○■ で、翌年の小麦の豊作、凶作を占う習慣から来ています十五夜はあまりすっきりしない

  • ○■ は日本独特の風習だそうで、一説には宇多法皇が九月十三夜の月を愛で「無双」と賞したことが始まりとも、醍醐天皇

  • ○■ と呼ぶ十五夜の月は、サトイモなどを供えることが多いため「芋名月」とも呼ばれる一方、十三夜の月は、

  • ○■ ましたこれは十五夜だけでは、「片月見」といって嫌われていたからです十五夜はサトイモなどを供

  • ○■ 一方の月見だけをすることは、「片見月」として嫌われたそうです十五夜の月を鑑賞する

  • ○■ 8月15日の月見は、「中秋の名月」と呼ばれます 「仲秋」とも書きま

  • ○■ 8月15日と9月13日に月を鑑賞することです前者の夜を「十五夜」

  • 風習 中秋 供える 日本 片見 中国 十三夜 十五夜 豆名月 芋名月 片見月 観月 有名 月日 呼ばれ 呼ばれる 片月見 独特の風習 中秋の名月 習慣 鑑賞 伝わっ 嫌われ 旧暦月 美しい 里芋 八月十五日 十三夜の月見 江戸時代 などを供える 日本独特の風習 十三夜にも 旧暦八月十五日 旧暦九月十三日 縁起 中国から 今日 延喜 呼ばれて 三日 サトイモなどを供えることが 平安 どちらか一方の月見 月見は日本独特の風習 満月 天気 両方 月見団子 貴族たち 豊作 9月13 十三夜の月見は日本独特の風習 晴れる 一般 夜を十三夜 中秋の名月ちゅうしゅうのめいげつ 片方 夜空 平安時代 サトイモなどを供えるこが多いため芋名月と 九月十三夜 10 称して 見るの 十六夜 中国から伝わっ 月は中秋 十五夜だけ 旧暦の月日 ことが多いため 風習があり 十五夜と十三夜 中秋名月の 中国では 収穫 芋名月とも したら必ず十三夜にも月見をする 今年 どちらか一方の月見だけをする 嫌われた 月見お月見 十九 栗名月とか豆名月 対して 楽しん 有名ですが セット 夜を十五夜 片見月として嫌われ 月見というと旧暦八月十五日の十五夜がもっとも有名ですが 作って 呼ばれています 栗や豆を供えることが多いため栗名月 言われて 庶民 必要 日本独特の風習だそう 日本では古来もう 世界 感謝 詩歌を詠んだのが 平安時代に貴族たちが集まって 豆名月とも 日本では されていました 地方 月を鑑賞する習慣 どちらか一方の月見だけをすることは 嫌われてい 昔から 言います 言葉 呼ばれている 月とさ ているそうです とも言われ てしまいました
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.027 0.124 0.589 0.020 0.561 0.257
    やや強い強い極めて弱いやや強い極めて弱い十分弱い
    total 28659.100000002312

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発