13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2873 )     アニメ ( 2206 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2814 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2231 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 494 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 936 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 276 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 462 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1080 )     アート 芸術 ( 187 )     生活 ( 266 )  


    日本書紀

    ニュース 書籍 関連語 古事記 万葉集 天智天皇
    0 . 1 . 2 .
  • ○■ 「わしも連れて行ってくれ」 誰かがいった

  • ○■ 「どうか大業は大后にお授け下さい

  • ○■ 近江八幡の地図を出して、多賀を見付けてください

  • ○■ 梨は数少ない国産の果物で、詳しいルーツはわかっていませんが、「日本書紀」には梨の栽培技術が書かれています

  • ○■ 書かれたものがなければ、別の所から、考えるしかありません

  • ○■ 大海人皇子が吉野へいくことになった経緯は、 日本書紀 に記されています

  • ○■ 今朝話題にしたいのはここに記されている「徳」という言葉です

  • ○■ そして、唐は、百済の国民を奴隷として、日本へ連れて来たように思われます

  • ○■ このように、古事記も書いているのですよと

  • ○■ 日本書紀 を作った藤原不比等は元明天皇の岳父に当たり、 天皇 家の一員のようなものです

  • ○■ 残っているのではなくて、残されたのではないかと疑っています

  • ○■ ¥420 amazon.co.jp

  • ○■ (「戊辰戦争と戊辰の道 」より)

  • ○■ 文献によると、鬼の文字が日本で初めて使われたのは720年頃に書かれた日本書紀において

  • ○■ 当時の長安は世界的に見ても奇跡かと思えるほどの国際都市

  • ○■ 天照大神が剣を折って霧を出した時に、現われた、五男三女神のうちの1神で、「古事記」では市寸島比売命、「日本書紀」では市杵嶋姫命と表記される美しい神様です

  • ○■ 一説によると「新潟と島根は道が良い」と言われているそうで…竹下さんといえば、ご実家は竹下酒造という造り酒屋さんだそうで、お土産物屋さんで「出雲の誉れ」を発見

  • ○■ どうして、書き変えたのでしょう

  • ○■ それにしても、神社で神様に手を合わせるのは 日本の土着の信仰なので、ありとしても、 仏像に手を合わせるのは、どうなんだろう??? 手を合わせて『神様仏様

  • ○■ 角界が大変です

  • ○■ 1951(昭和26)年頃から復活の動きが見られ、1957(昭和32)年以降9回の議案提出・廃案を経て、1966(昭和41)年に、日附は政令で定めるものとして国民の祝日に追加された

  • ○■ 経津主神は、 日本書紀 にのみ登場して、古事記には出てきませんと書きました

  • ○■ 日本人の心の覚醒を未然に阻もうとしたのである

  • ○■ 天孫降臨の郷、高千穂だそうです

  • ○■ 壬申の乱は、複雑な背景のために、これまで、 中国 と日本の戦争と書いた方は、田村誠一氏よりほかに居られません

  • ○■ 僕らと共に進みませんか?社会は既に行き詰まり閉塞感が漂っています

  • ○■ 中国の男は何か賞をもらって喜ぶようなことはしません

  • ○■ タグ: 読書歴史書評詩歌

  • ○■ もちろん、スラスラ読める訳でもないけどね♪

  • ○■ それにしても、最近ホントに 寒い と思いません

  • ○■ そもそも、dは赤いカードを引かなかった

  • ○■ しかし、続けて「無忤為宗」とあるのを知り、「どういうことだ?」と思った

  • ○■ これは史料批判の常識である

  • ○■ 「もののあはれ」ですね

  • ○■ 「うーん、じゃあ本当の自分で2点で」

  • ○■ 西暦675年、公出挙(くすいこ)に関する詔が発令されました

  • ○■ 承前 秦氏に関するメモその1『日本にあった朝鮮王国』白水社

  • ○■ しかしながら、政治家頼みでは能がありません

  • ○■ 『日本書紀』によれば、用明天皇2年に天皇が病気になられ、治療の為に蘇我馬子が内裏に豊國法師を入れたという記述がある

  • ○■ 「明治の賢人達」による『再構築』の試みも失敗して、昭和20年の惨劇に到った、と思っている

  • ○■ (鎌倉時代に真福寺で「古事記」は「発見」された

  • ○■ ヤマトタケルは、三船敏郎だったかな

  • ○■ 此の時、采配を振るったのは、蘇我氏です

  • ○■ とても広く、暑くて歩く気にはなりませんでした

  • ○■ これからの製品も気になり企業でもあります

  • ○■ 中大兄皇子が天智天皇になられたのですが、中大兄皇子は、舒明天皇の子供です

  • ○■ どうして、説明がつかないかと言いますと、 日本書紀 に書いてあることを信用したからだと思います

  • ○■ 田村 氏は、 イザ ナギは晩年、淡路島の多賀に行ったのではなくて、近江八幡の多賀に行ったのだと書いておられます

  • ○■ 日本書紀 は、古事記に「淡海の多賀」とありますから、淡海を淡路としたことになります

  • ○■ 聖徳太子もそういった当時の政治的な理由で創造された偶像であるという

  • 時代 神社 百済 当時 関係 九州 名前 文化 中国 朝廷 部分 有名 言われ 祭神 王朝 皇后 新羅 遺跡 朝鮮半島 今回 出土 古事記 政治 以上 万葉集 写真 勢力 思って 宗教 最後 発掘 信仰 大神 高句麗 応神天皇 出来 場合 問題 行われ 呼ばれる 白村江 書いて 想像 記され 文字 対して 持って 実際 政権 藤原 戦争 出雲 成立 明治 全体 江戸時代 大社 記紀 一番 皇子 太陽 当然 戦後 言われて 昨日 最大 大和朝廷 巨大 由緒 推古天皇 蘇我 大和 現在 壬申 一族 記載 地元 斉明天皇 平成 平定 古田 大化 皇位 起源 読んで 大阪 結果 登場する 古代 女神 思ってい 神武天皇 書かれてい 外国 残って 明らか 調査 伝えられ 一人 古事記日本書紀 本来 参拝 物部 思った 技術 初代 知って 持統 存在 正しい イメージ 先生 魏志 文章 記念日 途中 表現 紹介 考えて 生まれ 翌年 崩御 明日香 本殿 不明 中心 日本国 亡くなっ 具体 立場 始まっ 一部 前回 完成 入って 利用 建立 書かれている 倭人伝 文明 200 統一 改新 見られ 魏志倭人 漢字 聞いた 一度 平和 国内 例えば 一般 記憶 自身 文庫 元々 今年 奈良時代 出てき 意見 本当 アマテラス 遷都 疑問 書かれた 復活 知識 作者 記されている 何度 貴重 出身 記述 中国人 推測 仲間 納得 都合 黄泉 大きい 行われた 自分 征服 大事 皇室 日本最古 興味深 渡って 知らない 時代から 分かる 女帝 宿禰 藤原不比等 変わっ 関して 九州王朝 確かに 学問 具体的 本日 歴史的 伝わっ 神宮 現存 舞台 終わり ことになります 神々 事情 到着 史実 発見 否定 儀式 公園 外交 皆さん 同時 合わせ 受けて 100 独自 向かっ 後半 明確 大正 滅ぼさ 奉納 スポット amazon 見られる 福岡 直接 小さい 言って 舒明天皇 始まり 残っている 印象 推理 八幡宮 飛鳥 指導 使って 農業 女王 性格 皇極 指定 昔話 同じよう 貴族 続日 今後 祝日 簡単 集まっ 詳細 十月 のではないかと 昨年 思います 今でも 反映 昔から 遣唐使 銅鏡 古墳群 方位 主義 支持 伝えられて 上記 壮大 必要 我々 総称 残され 進出 支配 見解 仕事 世界 計画 広大 繁栄 持ってい 風習 報道 言った 交通 書きまし 広がっ 国譲 書かれています 景行 てしまいました 考えられて 行われて
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.031 0.161 0.524 0.025 0.490 0.175
    僅かに強いやや弱い僅かに強い僅かに強い僅かに強い強い
    total 505807.6000006483

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発