13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2875 )     アニメ ( 2208 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    清少納言

    書籍 関連語 紫式部 源氏物語 平安時代 枕草子
    0 .
  • ○■ 清少納言

  • ○■ エビズル(海。蔓)にまつわることは、平安時代中期の女流作家、清少納言により執筆されたと伝わる随筆

  • ○■ きざみネギを乗せて焼いたのが美味い

  • ○■ 紫式部と清少納言の確執のエピソードも登場し、中々面白かった

  • ○■ ここでは雌花といっているが、雌花にも雄蕊が5本あり、中央には雌蕊が1本

  • ○■ ここで、謙譲と尊敬が一度に出てきてややこしいですが、『候ひ』の主語は清少納言

  • ○■ 私も驚きました(笑)

  • ○■ 社会の授業中に清少納言の絵の隣に清少納言の絵を描いた

  • ○■ 本当にお祝いが始まるのかというドキドキ感

  • ○■ 「藍少納言先生は、『1日1句チワワな俳句を詠むことこそわが人生そのもの 』とコメントしています 」

  • ○■ きのうは、 「みどりの日」 でしたね

  • ○■ nikon デジタル一眼レフカメラ d700 レンズキット d700lk ニコン

  • ○■ 因みに「三人の臼」と書いて、「舂」と書く

  • ○■ 巻き髭に葉が対生してつき、他の植物などに絡みついている

  • ○■ と言ったのは清少納言ですが、オープンカーに関してもそうですね

  • ○■ 枕草子では、冬についての記述は下記の如しである

  • ○■ 父清原元輔が国司として赴任した防府時代の、清少納言の童女姿が見られるっていうんで、ぜひとも!って感じだった

  • ○■ 清少納言(966?-1025?)の細やかな感性と溌剌とした発想を体験しようと思ったわけではありませんが、昨日は夜半に目覚めてしまったお陰で、久し振りに厳冬の日の出前後の街並みを散策した宇治家参去です

  • ○■ 清少納言も幼少期、父親の赴任に伴って防府で国で暮らしていたそうです

  • ○■ のそら音ははかるとも世に逢坂の関はゆるさじ」(清少納言)夜の明け

  • ○■ (ずもん)する人(※) ---------------------------

  • ○■ の書です「ただ過ぎに過ぐるもの帆かけたる舟人の齢春・夏・秋・冬」オホホホ・

  • ○■ デリーで劇場アニメ『 マイマイ新子と千年の魔法 』を観てきました マイミクさん大おスス

  • ○■ 「冬はつとめて、雪の降りたるはいふべきにもあらず、霜のいとしろきも、またさらでもいと寒きに、火な

  • ○■ 春はあけぼの・・・・・紫だちたる雲の細くたなびきたると、言っているが近頃の

  • ○■ 白くなりゆく山際、少し明りて、 紫だちたる雲の細く たなび きたる・・・云々 確か、春

  • ○■ るに、からすのねどころへ行くとて三つ四つ、二つ三つなど飛びいそぐさへあはれなり」と記している ちなみに俳句

  • ○■ なり、やみもなほ蛍の多く飛びちがひたる、また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くも

  • ○■ 無い フリー百科事典『ウィキペディア(wikipedia)より みなさんは人生の中でライバル(

  • ○■ 「マイマイ新子と千年の魔法」dvdで見る 父清原元輔が国司として

  • ○■ (海。蔓)にまつわることは、平安時代中期の女流作家、清少納言により執筆されたと伝わる随筆「枕草子」の第

  • ○■ もあらず、霜のいとしろきも、またさらでもいと寒きに、火などいそぎおこして、炭持てわたるもいとつきづきし

  • ○■ 、いとつきづきし昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も白き灰がちになりてわろし --清少納言(池

  • ○■ 花 (アーコさんから、「アジサイ」のお題を頂きました)

  • ○■ いたでしょうけど」^^写真:京都写真ギャラリーより お借りしています (お寿司も、江戸時

  • ○■ 笑っていてくれているようにと願いながら眠りにゆこうかな良い日を!

  • ○■ NULL 清少納言の「枕草子」の一節に「寺は壷阪、笠置、法輪」とあるように、

  • ○■ タル一眼レフカメラ d700 レンズキット d700lk ニコン 昨年は、この花の季節にうまく巡り合えなかったエビヅル(海。蔓)だが、ようやく花に巡りめぐり合えた雌雄が異なる株だが、近くに並んで

  • ○■ 07/23 amazon.co.jpで詳細を確認する 物語は昭和30年代

  • 紫式部 意味 言葉 季節 現代 自然 源氏物語 時間 子供 写真 江戸 文学 昨日 人々 東京 今回 思います 古典 紹介 中宮 日記 有名 名前 一緒 相手 平安 最後 福沢 和歌集 自由 作家 記憶 植物 部分 知って 場合 同様 風情 必要 無料 興味 言えば 説明 先生 古今 次々 三十 平安時代 伝承 アジサイ 思って 千年 先日 例えば 実感 ページ 小学校 直径 目立 注目 生まれ 以降 思われる 舞台 機会 過去 機嫌 面白 綺麗 鮮やか 吉田 人気 勉強 清少納言の枕草子 体育 落ちて 昔から 保存 立派 紫だちたる 田舎 思ってい 次第 予定 出かけ カード 知らず 話題 ブログネタ 効果 風呂 始まっ 体験 白くなり 知られ 日本 今朝 到着 見ると 確認 更新 残念 100 大変 問題 好きだ 頑張 思ったら 感じた 一本 書いてい 遊んで 書かれ 出てき 読んで 付いて 描かれて 社会 今より 参加 待って 良かった 知られて 気がする 見てみ 見るの 言って たいと思います 感じが かと思います 思いました
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.043 0.167 0.518 0.039 0.478 0.177
    やや弱いやや弱いやや強いやや強いやや強い強い
    total 81413.89999997645

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発