13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2875 )     アニメ ( 2208 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    学校教育法

    政治 国際 学校 関連語
    0 . 1 . 2 . 3 .
  • ○■ ど自由社の教科書を使用させない運動を展開してきた 学校教育法では主たる

  • ○■ うこと 4食生活が自然の恩恵の上に成り立つものであることについての理解を深め、生。及び

  • ○■ し、適当な環境を与えてその心身の発達を助長する」上記の通り、保育園と

  • ○■ 題は、 医学研究を行う教授等がその一環として従事する診療の業務 これとはなんぞやになります

  • ○■ 配布していた問題で、 「新しい歴史教科書をつくる会」(藤岡信勝会長)が、 マニュアルの回収などを

  • ○■ 28日付で全中学校長に「採択教科書を必ず使用しなければならない」と指導を徹底する通知を出した浜教組は産経新聞の取

  • ○■ 含まれないものであること 「主として研究に従事する」とは、業務の中心はあくまでも研究の業務であることをいうものであり、具体的に

  • ○■ 講師が、学生を教授し、研究に従事することをいうものであること患者との関係のために一定

  • ○■ 廷は体罰の認定にあたり、目的、態様、継続時間などを考慮すべきだと指摘胸元をつかむ行為について

  • ○■ 争」など6項目について、浜教組の「学習のねらい」のもとに独自の授業例を提唱している 提唱された授業案はい

  • ○■ が義務づけられているまた、教科書を教育委員会の責任で決めるとした採択制度を骨抜きにされる恐れもあるだけに市教委も事態を重視浜教組の幹部を呼び、

  • ○■ みたのである それまでは、教授等が診療に従事した日については、裁量労働制を適用しないとの措置を講じていた大学も、その必要がなくなった診療の業務ではなく、臨

  • ○■ う)により行われるものは、教授研究の業務として取り扱って差し支えない」こう改正通達( 基発第

  • ○■ の診療活動 本医学部では、教員の勤務時間は原則として裁量労働制を適用することとなっています そもそも助教が裁量

  • ○■ 215002号)は述べ、従来の硬直的ともいえる通達の定義がある程度緩和されたことにより、落着をみたのである それまでは、教授等

  • ○■ 療の業務を分担するため、当該診療の業務について代替要員の確保が容易である体制をいう こんな体制の大学病院

  • ○■ 教授の労働時間については、小泉首相に提出された「規制改革・民間開放の推進に関する第1次答申(追加答申)」で解消(閣議決定) 2006年2月

  • ○■ れる診療の業務については、専ら診療行為を行う教授等が従事するものは、教授研究の業務に含まれないものであるが、医学研究を行う教授等がその一環として従事する診療の業務であって、チーム制(複数の医師

  • ○■ のために に、 また、大学の助教は、専ら人文科学又は自然科学に関する研究の業務に従事すると判断できる場合は、前記1.の業務として取り扱うことこの場合において、助教

  • ○■ に文書で警告するとともに、各校の校長に採択教科書の使用徹底を通知した問題になっているのは浜教

  • ○■ 生活との関連を重視し、勤労を重んずる態度を養うこと 三 正義と責任、

  • ○■ 務を行なう大学の教授、助教授又は講師は専門業務型裁量労働制の対象にならないものであること 基発第1022004

  • ○■ づく民主的な教育をうたい、六・三・三制導入などが盛り込まれており、小・中学校では翌日から実施された【エッフェル塔の日】

  • ○■ いものの1割程度以下であり、他の時間においては人文科学又は白然科学に関する研究の業務に従事する場合には、専ら人文科学又は、自然科学に関する研究の業務に従事するものとして取り扱って差し支えないこと

  • ○■ 職員組合(浜教組)」が、中学校の社会科で市教育委員会が採択した歴史教科書を使わない「授業マニュアル」を作成、市内の教員に配布、利用を促していたことが14日、分かった浜教組の“指令”は

  • ○■ 「患者との関係のために、一定の時間帯を設定して行う診療の業務は[教授研究の業務に——注]含まれない」

  • ○■ ところで第二次世界大戦中、パリ市を占領した ヒトラー がエッフェル塔に上がろうとしたところ、 エレベーター が故障やむなくヒトラーは、最上

  • ○■ して従事する業務であって、チーム制(複数の医師が共同で診療の業務を分担するため、当該診療の業務について代替要員の確保が容易である体制をいう)により行われるものは、

  • ○■ 業務に従事する場合に、その時間が、1週の所定労働時間又は法定労働時間のうち短いものについて、そのおおむね5割に満たない程度であることをいうものであること ここだって厳密にやれば

  • ○■ 見方も十分できたであろうし、この程度の定義の見直しに2年もかかるのは、そもそも異常というほかない 裁量労働制という本来

  • ○■ 」と文書で警告したが、「教科書を否定するものではない組合活動に対する干渉だ

  • ○■ けではない」と説明したが、「市教委の警告を真(しん)摯(し)に受け止め、回収も検討している」と対応に着手していることを明らかにした 【土・日曜日に書

  • ○■ 徹底する通知を出した浜教組は産経新聞の取材に、「資料集の1つとして作成した自由社の教科書を使わせ

  • ○■ 22:46 横浜市の小中学校の教員らで組織する日教組加盟の「横浜市教職員組合(浜教組)」が

  • ○■ の授業例を提唱している提唱された授業案はいずれも他社の教科書記述や資料集、独自文献の引用で、採択された自由社の教科書を使わずに授業をする構成になっている自由社の教科書は、従来

  • ○■ .クリシュナムルティ)応援クリックのためのバナー

  • ○■ の使用徹底を通知した問題になっているのは浜教組の機関誌「教文ニュース」の4月1日号として発行した「中学校歴史資料集」で、1万人以上の教師に配布された市教委が昨年度に市内8

  • ○■ 教組、教科書不使用を指示自由社版中学歴史…学校教育法抵触の冊子配布」という記事がある教科書を使わなくても独自

  • ○■ ている自由社発行の「新編新しい歴史教科書」について、「多くの内容上の誤りが指摘されている」などと批判「江戸時代の身分制度」

  • ○■ けてがんばってみませんか? ---------------------------------------------------------- 【pr】 単

  • ○■ 日、分かった浜教組の“指令”は学校での教科書使用義務を定めた学校教育法に抵触するだけでなく、教科書を教委の責任で選ぶとした採択制度の根幹を揺るがす恐れもある市教委では浜教組に文書

  • ○■ 加える改正告示(平成15年厚生労働省告示第354号)が施行されたときも、これに同調してアクションを起こした私

  • ○■ 解消(閣議決定) 2006年2月 教授の研究範囲についての解釈拡大が基発第0215002号で行われる 国立大学の独法化に伴

  • ○■ 立(10月施行) 2004年1月 独法化される国立大学での裁量労働制導入のために労働 基本法 (労基法38条の3)の対象業務に加える改正告示(平成15年厚生労働省告示第354号及び基発第1022

  • ○■ 間に合うよう 、2004年1月に「大学における教授研究の業務」を専門業務型裁量労働制(労基法38条の3)の対象業務に加える改正

  • ○■ series 10-j-017「現場からみた労働時間制度改革−国立大学法人の例を中心に−」 (小嶋レポート) 8/6の法務業の末

  • ○■ 日】 1947年(昭和22年)のこの日、戦後の新学制の基本となる教育基本法・学校教育法が公布されたことに由来する教育の機会均等、新憲法

  • ○■ の日】 1889年(明治22年)のこの日、パリ万博に合わせて2年2か月と5日間の月日をかけて建設されたエッフェル塔の落成式が行なわれた 設計 は フランス

  • ○■ 5年以上程度の臨床経験(救急以外でも可)を有すること 業務範囲 救急部及び

  • ○■ 学校教育法

  • 必要 授業 社会 基本 学習 日本 児童 文部科学 文科省 実施 機関 施行 対して 理解 義務 責任 私立 説明 全国 定める 今回 昭和 環境 以外 考える 作成 一般 組織 行為 特別 当然 利用 国家 先生 担当 分かっ 適用 経験 教職員 基づき 教育基本法 意味 在籍 確認 報告 最近 適切 方針 状況 情報 範囲 世界 外国 本来 家庭 事実 大切 中学 法施行 認められ 指摘 申請 歴史 企業 否定 部分 発達 以前 批判 対象 単位 今後 市内 自己 同様 精神 落成 指示 基礎 以降 導入 教室 方法 認識 無償化 負担 全体 事例 中心 機会 万円 学術 公共 条件 思って 経緯 記事 採択 福祉 受けて 男性 科目 特別支援 与える 時間 最初 出席 引用 定められ 定義 初めて 場合 小学 昨日 育成 戦後 目的 一番 分かった 小中学校 視点 合わせて 学年 一定 異なる 特定 分析 特殊 教員 評価 子どもたち 国会 建設 教授 該当 自身 一条 制定 行われる 公的 指定 行うこと 基本的 今年度 課題 設立 システム 年齢 具体的 協力 廃止 記録 相当 掲載 自体 重視 文部科学省 内容 現在 始まっ 法定 労働 中等教育 設計 分からない 旅行 記載 態度 事務 発行 何度 男児 並びに 都内 影響 卒業生 傾向 侵害 職務 容認 事態 解説 思われる 初等 達成 戦争 直前 年生 エッフェル 言って 優先 市民 小学生 産経新聞 大学 各種学校 名前 努力 同時 教育基本法・学校教育法公布 途中 人権 委員会 登校 可能性 生徒 コメント 特別支援教育 少なく 先日 社会科 教育法第 自治体 マニュアル 従来 一般的 教育委員会 注意 徹底 臨時 的には 効率 強制 難しい 分野 実践 ことを目的 言えば 免除 附属 最高裁 歴史教科書 ないということ 計算 思います 変わっ 所在 記者会見 上記 目指 都合 適当 尊重 継続 電話 多数 例えば 宣言 健全 朝鮮総連 義務づけ 高校無償化 担当者 法など 基づい 知的 時点 幼稚園 判断 答弁 クラス 含まれ 関与 養成 検定 教科書 平成 行なわ 見ると 様々 場所 存在 安全 例外 明治 開設 容易 推測 本人 抵触 数学 全員 多様 健康 思っている 水準 緩和 決まっ 原則として 承知 上告審 行って 示した 厚生 思想 話題 前提 考慮 関係 役員
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.025 0.150 0.546 0.015 0.520 0.158
    やや強いやや強いやや弱い比較的強いやや弱い非常に強い
    total 150029.4999999476

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発