13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2874 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2815 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 495 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    曽野綾子

    政治 国際 関連語 文藝春秋 三浦朱門 カトリック
    0 .
  • ○■ そして、曽野綾子著の「老いの才覚」は

  • ○■ この本は、だんなさんが「読んでみるといいかもよ」と図書館で借りてきてくれました

  • ○■ そういう本は他にも沢山あります

  • ○■ 今の高齢者には「生とか死とか、考えたことがない」という人もいますが、私は子供の時から死を見つめるタチでした

  • ○■ ここに立つ人たちは、死の直前でもまだ、目的を見失っていなかった

  • ○■ 「ヘブライ人への手紙」はこの後で、「信仰によって生きた」人たちを挙げる

  • ○■ (私)姥捨て山の様な民話を残しているのは、日本だけなのかも知れない

  • ○■ 「jalしてはいけない」という形でこの新語は使うのだ

  • ○■ 私の想起したのは、何かの想いがあって、日本を離れる必要があった

  • ○■ 今回は、昨日のブログに書いたように池上彰さんの宗教特番の影響もあり、president の中から曽野綾子さんの文章から感じたことについて書きたいと思います 曽野綾子さんは、「悪人をも癒す、心穏やかな生き方」と題しキリスト教徒のお立場からその宗教観を書かれておられます

  • ○■ 堀北さんは東京映画祭の頃からこの映画を「ひとごとと思わずに観て欲しい」と語っていました

  • ○■ それが決定的に違った」と語っている

  • ○■ 敬老の日に手にした本は曽野綾子の「老いの才覚」でした

  • ○■ 健康について 〇もの忘れ足腰の不自由など、言い訳しない 〇早い時期から健康管理に役立つ本を読む 〇乗りものの混む時に移動せぬ 〇荷物を持たぬ 〇食べ方は、用心し、配慮する 〇食事は、礼儀正しく 〇視力、聴力などの不自由は、一刻も早く手入れをする 〇口臭体臭に気をつける 〇不潔に平気にならない

  • ○■ しかし、「性悪説に立って、人とつきあう」という部分には改めて感銘を受けました

  • ○■ それにしても、最近のこの手読の本はそれ以前に読んだ本にどこか関連していて、それぞれで語られる問題の根っこは、実は一つである事を思わせます

  • ○■ 2010年10月11日

  • ○■ 曽野綾子著「弱者が強者を駆逐する時代」を鷲田小彌太氏が書評しております

  • ○■ 今朝の新聞に曽野綾子さんのエッセイが掲載されているが、このことに対してこの市長さんは何が悪かったのか分からなかったかもしれない、そして年代によって反応は様々だろうと言うようなことが書いてあった

  • ○■ 曽野綾子氏の本の行間には、老いの覚悟があって、うなずきながら背筋の伸びる思いがする

  • ○■ しかし勉強していない分野には黙っているのは礼儀だろう

  • ○■ しかし、政治の手法は、それが何であれ、血を流し、争いを生み、勝者と敗者を生み、不満を残し、更に、満足するものはいない

  • ○■ 曽野綾子氏自体が多作だから読者側も大変です

  • ○■ 曽野綾子編著『聖パウロの世界をゆく』 (講談社、1985年)

  • ○■ 困らない生き方 ・孤独と付き合い、人生をおもしろがるコツ ・老い、病気、死

  • ○■ 失ってしまったのか ・老いの基本は「自立」と「自律」 ・人間は死ぬまで働

  • ○■ 値は十分ある 「読書」カテゴリの最新記事 文化の日『悪人』再読 ちっぽけな邂逅だとし

  • ○■ ------------------11月28日付け産経新聞朝刊に時々おまけの連載もの【小さな親切、おおきなお世話 】 曽野綾子さんが言ってくれました(何と言っても郵政社外取締役ですからネ)【人間

  • ○■ 曽野綾子

  • ○■ u0026quot;Watering for youu0026quot; statement, stayed in the very heart

  • ○■ 「自分に水遣り」の文、とても心に残りました

  • ○■ Pleased to introduce today, Ayako Sonou0026#39;s u0026quot;but can live alone

  • ○■ 今日ご紹介するのは、曽野綾子さんの「孤独でも生きられる

  • ○■ Japan Post is in the boardu0026#39;s Ayako Sono. Even

  • ○■ 曽野綾子氏が日本郵政取締役に内。‎だって

  • ○■ 好んでいるのかもしれません興味のある方は、是非! ←参加しています ←

  • ○■ しく見る by g-tools ども、 うつを です 今日ご紹介するのは

  • ○■ ライ」でした<!-- google_page_amazon→日本財団9年半の日々著者:曽野綾子 発行:徳間書店(2005年7月)著者の作品は1つも読んだことはないのですが 日本財団が気にな

  • 曽野綾子さんの 言葉 綾子さんの 自分 社会 生活 読んで 日本人 問題 彼女 精神 子供 今日 持って 生きて 考えて 購入 相手 出来 ブログ 自身 綾子著 読んだ 他人 対して 個人 小説 今回 気持 結果 引用 面白 テレビ 現在 大人 思ってい 状況 出版 日常 老いの才覚 思っている 場合 大事 病気 最初 私たち 文庫 思った 新書 大臣 行為 以下 経験 興味 決して 知って 新潮 ボランティア 掲載 先生 読んでい 人物 人間 何度 説明 夫婦 幸福 文化 受ける エピソード 参考 気分 言えば 自由 体験 紹介 希望 講談社 例えば 少年 クリック 世代 自立 :曽野 政府 考えさせ 始末 友達 作者 上坂 悪かっ 過去 見える 自律 考える 議員 渡部 観点 構成 外国 語って 戒老 意見 のかもしれない 判断 命令 良かっ 楽しい 孤独 評価 生まれ 信じる 以降 依存 結婚 少なく 不幸 活動 考えさせられ 話題 以来 非常 印象 議論 冒頭 書かれて 左右 曽野綾子さんは 感謝 変える ある程度 作家の曽野 人もいる 思いました amazon 世界 感じた 与えられ 英語 同様 ページ 執筆 感じる 言ってい 気がし 神話 悲しみ 掃除 200 思うこと 少ない 難しい 出演 本屋 犯罪 本物 明確 発表 共同 起こっ 掲載され 不満 撮影 ではありません 書いてい 少なくとも 持ってい 理解 亡くなっ 正しい 平均 時間 内閣 感情 太陽 出版社 メディア 拡大 思います のかもしれませ 住んで 時々 参加 詳しく 見てい 老人 意味 協力 一番 時には 持たない 自体 ありがとうござい 瞬間 不安 決定 ホテル 言いたい 行われ 当たり 増えて 利用 仕事 与えられた 出てき 思われ 信じて 大切 人たち 嬉しい だと思います 見ている 昨日 思っています 死んで 受けて 知った 頑張って 掲載されて 満ちた 共感 最近 使って 自分の始末 数年 考えている 考えると カテゴリの最新 気がする 好きな 知らなかっ 慣れて なってしまった 向かって 当然 ありがとうございます 覚えて 勉強 歩いて 多くの 状態 一つは 掲載されてい 時代 必要 増えている たいと思います なかったのです ではないでしょ だと思って 記事
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.038 0.173 0.507 0.025 0.466 0.176
    やや強いやや弱い比較的強いやや強い比較的強い比較的強い
    total 119797.0999999586

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発