13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2874 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2815 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2233 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 495 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    宮部みゆき

    書籍 関連語 東野圭吾 模倣犯 火車
    0 . 1 .
  • ○■ 宮部みゆき

  • ○■ 読んでて宙心丸のこと、ちょっと思いました^^ 宙心丸、もう少し成長したら、お旱さんみたいなタイプかも

  • ○■ 武士と町人の行き違いなんですかねぇ・・ そんな中にあって「器量のぞみ」は爽やかでした

  • ○■ 東野圭吾と宮部みゆき

  • ○■ 本を読んでいる間じゅう、そのときに見た 屋台のイメージが浮かんでいた

  • ○■ 本屋さんに行ったら、交換してくれたヽ(゚◇゚ )ノ そんなわけで読み終わりました

  • ○■ 少女の出生の秘密とか、最後になって明らかになった事実とかもあり、続編が出てもおかしくはない

  • ○■ 子どものお手本みたいな子ども書くんですよねえ

  • ○■ 久々に、読み返すかな�d(゚∀゚d)

  • ○■ 主人公は最初は半信半疑ながら徐々に少年の秘められた能力を認めるようになります

  • ○■ 一乗谷は大規模な戦国遺跡ということで、当時の生活を詳細に物語っている遺構や遺物が出ているといいます

  • ○■ または宮部みゆき作品を一冊読破してたりとか

  • ○■ まあ、ちょっと怖い話なんですが、実際にありそうな話でもあります

  • ○■ ちょっと目を引くのがちょっと前に話題になったというか 相当に物議をかもした吉本ばななのエッセイで「人生の旅をゆく」って本

  • ○■ それは男性がそういう目で見るからというのは大。正しいと思いますが、女性自身も外見というものを 重視することはあると思います

  • ○■ それはともかく本書ですが、おもしろかったです

  • ○■ それと、ミステリードラマとかで崖のシーンが出てくるようになったのはこの作品があったからっていう話にも驚きました

  • ○■ そして『ぼんくら』を知らなかった、まだ読んでいない私は、なんとぼんくらで あったことか

  • ○■ そしていろんな世界に連れて行ってくれる単行本や文庫本

  • ○■ そこでの予想外の事…

  • ○■ しかし彼のことを知れば知るほど周りの人間が殺されていく

  • ○■ こんなに厚い本だったけど全然長ったらしくなかった

  • ○■ これは私の部屋をあさったら出てきた本たち

  • ○■ この手法は、宮部みゆきの「理由」を思わせる

  • ○■ この作品を人間が書いたというのが信じられない

  • ○■ いいものはいい、と思える力が残っているかどうか、それを確かめたくて選んだ本が、宮部みゆきさんの「火車」である

  • ○■ ある夕方、帰ってくるはずの娘が帰ってこない

  • ○■ あとは宮部みゆきさんとか梨木香歩さんのを読んだなぁ

  • ○■ 「大河」という雑誌

  • ○■ この人は「不思議」とか「あやし」とかを題材にした作品が 多いですよね

  • ○■ えっ、これって一昨年のアラモアナscで買った物じゃない?! 大丈夫かしら…と思いつつ、塗り塗り

  • ○■ どうにも「杳子」論としてはうまく書けなかったが、この小説が古井作品のひとつの「単位」になっていることは疑いない

  • ○■ 登場人物の会話の部分部分に伏線、ヒントが挿入されていて、結末に近づくに連れ驚いた

  • ○■ 久しぶりの宮部みゆき本読みました

  • ○■ しかし、加賀様の身の内は人のままだ

  • ○■ 【読書記録の最新記事】

  • ○■ 『誕生日のできごと』加藤千恵

  • ○■ 宮部みゆきさんの「今夜は眠れない」を読み終えたよん

  • ○■ 元写真館だった古家に引っ越してきた一家の話

  • ○■ ■ [ 本 ]49 08:17

  • ○■ )ミステリとして読むなら有栖川有栖先生派ですけどね(爆)コカクチョウだぜ!?(金子一馬さんの悪魔絵を脳内に浮かべつつ)どすこい(仮)はしりあがり寿さんの絵もステキだし、こんなのもアリだなーと思えたのですが…ルー=ガルーが完全に肌に合わなかった(--;)■宮部みゆき「小暮写眞館」母が好きなのできっと買ってきてくれるだろうと予想(爆)

  • ○■ <!-- insertpr(); -->

  • ○■ 次の人は~いつも笑顔ののんちゃんで!

  • ○■ 最近、腰が痛くてあまりpcの前にいられない…… 良くなるまで静かに読書でもして過ごそうと思います

  • ○■ 昨日はグラン・トリノを鑑賞しました

  • ○■ 作者: 東野圭吾 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1991/11 メディア: 文庫

  • ○■ 今は、京極さんの本を読んでいて、次は、何をと思っていて、

  • ○■ この本を読み終えて、もうひとつ気づいた事が今現実にある様々なことがテーマとして取り上げられていたということ

  • ○■ 『人質カノン』『パーフェクトブルー』(宮部みゆき) 『ハリーポッターと謎のプリンス(上・下)』(j.k.ローリング)

  • ○■ 「楽園」は、あの「模倣犯」の前畑滋子が再登場する

  • 自分 文庫 面白 読んで 東野 ミステリー 主人公 読書 時代 今日 世界 図書館 言葉 一番 登場 作者 今回 読んでい 面白かっ 理由 購入 新潮 シリーズ 宮部さん 出版 思って 読める 文章 思います 楽園 amazon 興味 展開 途中 思った 火車 良かっ ラスト 犯人 京極 女性 読了 個人 原作 本当 漫画 新潮社 不思議 書かれ 出版社 書いて 英雄 テーマ 舞台 発売 ブログ amazonco 変調 正直 短編集 楽しい 久しぶりに 現在 実際 自身 模倣犯 読み終わっ 予定 読もう 出来 思ってい 読みまし 恩田 映画化 説明 一緒 一人 作品 会社 時間 読むの 人々 文庫本 読みたい 事件 基本 言われ 出てき 言える 読んでみ 変わっ 相手 奇妙 ブレイブ メディア 少ない 活字 個人的 キャラクター 以前 詳細 様々 何度 確かに 設定 レベル 感じる 非常 期待 読破 クロスファイア :宮部 ホラー 思える 友人 書かれて 以上 言えば 表題 殺人事件 失踪 読んだ 生きて 作家 当然 中心 場所 読後感 メーカー 言って シーン 先日 久々 三島 実家 描かれ 昭和 当時 経験 犯罪 夏休 読んでいて 人情 雑誌 引き込まれ 小暮写眞館 心配 改めて 始まっ 思っていた 一般 行動 写眞館 伊坂 季節 奥田 世にも 前畑 重松 始まる 気がし 模様 読み終えた 読み終わり ホント 読んでいた 後半 山崎豊子 分かっ 宮部作品 伏線 知識 受賞作 松本 苦手 名もなき 孤宿 心理 残念 読むこと 起こっ 満足 文春文庫 勉強 見事 好きな 今朝 新潮文庫 以降 再読 人物 著者:宮部 思いました 下町 ノベルス 三島屋変調 dvd 場合 素晴らしい 刊行 成長 本です 楽しかった ブレイブ・ 司馬遼 道尾秀 変調百物語事続 見つけ エピソード 分厚 新書 描かれて 何者 多かっ 出版社メーカー 先週 一気読 本人 俳優 活躍 更新 昨夜 イラスト 奥田英 場面 紹介 時期 好きなん カッパ 内容 チェック 先月 読みやすい 人たち 本を読んで 心霊 宮部氏 事情 物語 ブルー 感じて 関して 覚えて 一言 さすが宮部 コーナー 上手 個人的には 出かけ 集英社 基本的 読んでみたい 次々 読んでいない 相変わらず のかもしれない 明らか 読んでいる 大きい 魔術 読んでます 借りてき 魅力的 落とし 様子 天才 スポーツ 最近読 集中 講談社文庫 無かっ 多々 読み終わりました クラス 面白いです 失敗 殺され 血液 生まれ 読もうか 広がっ 真相 出会 夢中 堪能 感じです 人間模様 人間 病院 丁寧 見かけ 行って 気になっ 二冊 書かれている 楽しめ 向かっ 苦笑 メンバー 参考
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.044 0.165 0.527 0.043 0.483 0.193
    少し弱い少し弱いやや強いやや強いやや強いやや強い
    total 269105.2000002436

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発