13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2874 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2815 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 495 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    谷崎潤一郎

    書籍 関連語 三島由紀夫 細雪 川端康成
    0 . 1 .
  • ○■ ところが小学校の校舎は頑丈で倒壊などしていない

  • ○■ ちなみにお風呂だけの利用は一人1,575円である

  • ○■ そして、今の私たちが知るところとなっています

  • ○■ しかも心を揺さぶられる様子

  • ○■ しかし、この傲慢さ、生きていく傲慢さを、リア王と自分とで錯綜させながら読んでいくという

  • ○■ この作品は「bungo-日本文学シネマ-」というタイトルで、穴沢さんらが2年前に企画

  • ○■ 「海辺のカフカ」では、確か谷崎潤一郎訳の「源氏物語」を読んでいたと思うが、読み終えなかったとは聞いていない

  • ○■ 「あの人がこんな本を!」という驚きから、「この本をあの人がねぇ…」という呟きまで楽しめる

  • ○■ 谷崎は随筆のなかで、恋愛を平安朝の舞台に求めていました

  • ○■ 今日、本の解説ページを読んでいましたらば

  • ○■ 今回はダイスに切ってみました

  • ○■ だったか、私が生まれて 初めて、美しさに感心した文章 なんだけど、その

  • ○■ それは桜と共に僕の少年時代が交錯する、 僕の内心に起因する舞台だったからです

  • ○■ こんな私を、いつも待っててくれるみんな

  • ○■ この病気になって、たった一つ良い所ができました

  • ○■ 私はもっと本を読まなければならないと痛感しています

  • ○■ 本の最初のページには「1st'03,12,06」とだけ書かれてありました

  • ○■ 日本も中秋の名月であるらしい

  • ○■ 小鳥の鳴き声が少ないこの地域であるが、山の中に入れば、さすがに美しい声で楽しくなる

  • ○■ ちなみにこの時点で少し離れた席で顧問も爆睡していました

  • ○■ そんな物足りない小説を読んでると、

  • ○■ そして徳富蘇峰館の見学

  • ○■ 谷崎潤一郎賞受賞作で、テレビドラマにもなってたんですね

  • ○■ 来月新橋演舞場出演だって、楽しみが増えました

  • ○■ 本を読んでも、バイトをしても、車を運転しても、 眠気と紙一重な感覚

  • ○■ でも3時前から起きているから、きっとお昼寝するな

  • ○■ それに、実体がないみたい

  • ○■ これ、小津の好みらしいです

  • ○■ 谷崎潤一郎の随筆に「陰影礼賛」と言う一文がある

  • ○■ 自分の誕生日が谷崎潤一郎氏と同じであることが判明しました

  • ○■ ¥780 amazon.co.jp

  • ○■ 『out』で日本推理作家協会賞、『柔らかな頬』で直木賞、『残虐記』で柴田錬三郎賞、『東京島』で谷崎潤一郎賞を受賞

  • ○■ タグ: 読書小説書評詩歌

  • ○■ 「蘆刈」谷崎潤一郎角川文庫

  • ○■ 谷崎潤一郎も好きなはず

  • ○■ 谷崎潤一郎賞の受賞作ということである

  • ○■ 路上で客を集めているコンビニ、スーパは明けてあるビールを一。買って渇い

  • ○■ 毒書? と拍子抜けした方も多いのではないでしょうか結構、有名な名作揃いで

  • ○■ やり笑うデイサービス 強運の人?それとも実力? 花筏鳥越碧著 このブログのフォトチャ

  • ○■ て、あたかも、まるで・『「。。樓の記」』明代の文。。佑(くゆう 1341 ~ 1

  • ○■ の時間ドエス “ 父は夭逝した美男俳優・岡田時彦、名付け親は谷崎潤一郎、デビューは成瀬巳喜男作品その後も小津安二郎、

  • ○■ 〜ん=^_^=ちょっとお隣よろしいですか?

  • ○■ まで差し込んできた太陽が低くなっている証拠である 小鳥の鳴き声が

  • ○■ 無』や『歎異抄』や『失われた時を求めて』や『善悪の彼岸』や『海底二万里』にはそれが

  • ○■ =^_^= 「本」カテゴリの最新記事 兄いもうと鳥越 碧著 私のこと、好きだ

  • ○■ に昇り始めた渋柿が、城壁の迫って黄色く熟れてきている一般路の街路樹にはイチョ

  • ○■ 谷崎潤一郎

  • ○■ 外とすきですけどねあの文章 谷崎潤一郎はかの子のお兄さんと仲良かったんだが 谷崎てのは口が悪かったもんでかの子のことを 「あ

  • ○■ ロンの社会講座はこれから 毎週、演劇の方は「別冊谷崎潤一郎」と「ドン・キホーテ」を観劇予定 それで

  • ○■ ワケですよ女優、黒 木瞳(48)とタレント、劇団ひとり(31)が28日、東京・渋谷のnhkで行われた時代劇スペシャル「母恋ひの記」(12月13日放送、後9・0)の試写会に出席した

  • 小説 時代 文庫 舞台 今日 読んで 読んだ 読書 人生 自然 日本人 主人公 美しい 当時 漱石 文化 作者 以前 龍之介 今回 太宰治 乱歩 出来 精神 写真 思って 日記 新潮 不思議 最近 本当 仕事 江戸川乱歩 書いて 夏目漱石 初めて 発表 鴎外 原作 問題 現在 感覚 内容 子供 京都 村上 直哉 興味 記事 印象 細雪 図書館 原稿 何度 相手 楽しい 買って 生きる 書かれ 春琴 先日 ブログ 有名 志賀直哉 思った amazon 気持 読んでい 途中 好きな 文体 潤一郎原作 説明 源氏物語 美しさ 状態 メール 手紙 桐野 思います 季節 アメリカ 少ない 以上 陰翳礼 芸術 女優 痴人 共通 生きて 思ってい 新潮文庫 結局 井上 期待 非常 入って 一般 永井 久しぶり 監督 老人 泉鏡花 生まれ 評価 著書 風景 引用 撮影 環境 イメージ 坂口 言える 以下 勉強 見つけ 外国 見える 読みたい 様々 本来 掲載 最後 会話 少なく 日常 amazoncojp 個人的 山田 dvd 初期 時間 活躍 場合 背景 子ども 大事 今年 単純 分から 映画 一日 新刊 持っている 空間 活動 物語 完全 演劇 樋口 川端康成 実感 綺麗 今度 読んでいる 同様 学生 一緒 言えば 設定 企画 年前 表題 言っても 登場人物 てしまいました 美術館 失格 注意 面白かった 態度 周囲 合わせ 毎年 十年 寂しい 難しい 思わず 変わっ 解説 全部 予定 劇場 柔らか 素敵 単行本 実際 メディア 考えて 満開 数年 知って 因みに 知れない 書かれて 良かっ 浮かぶ ビール 役者 尊敬 半分 出かけ 結果 関係 描かれ なければならない 仲間 かもしれません 現代語訳 出会 出かける 傾向 鉄道 秘密 思われる 批判 苦労 語って 開催 電話 面倒 立派 先生 知らな 年生 かも知れない 失われ 集まっ のかもしれない 自信 描いて 参考 出版社 次第 一方 可能性 感じた 名作 作った 挨拶 書いている 住んで 早速 案内 決まっ 国民 続いて センター 残って 歩いて 楽しく 言った 昨年 最新記事 思いますが 自分 意味 だと思います 更新 思いました 使って 眺めて 開いて 関しては 携帯 分からない 知らなかっ 購入 11 呼ばれる 考える 同じよう 著者 言うこと 暮らして になってしまっ 気がします 訪れた 言えない 気がする 掲載され ではありません 言われた 求めて 知られ 感じが 話題 入ってい 出てき 語っている 影響 存在 話して 発表され 言うと 待って 多くて 読んでも 世界 名前
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.039 0.157 0.522 0.034 0.481 0.188
    やや弱いやや弱い僅かに強い僅かに強い僅かに強い僅かに強い
    total 183091.50000001834

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発