13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2876 )     アニメ ( 2209 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2817 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2235 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1679 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1161 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    追加利下げ

    ビジネス 経済 関連語 日経平均 FOMC ナスダック 景気刺激策 リセッション 金融危機 欧州中央銀行 利下げ観測
    0 .
  • ○■ 追加利下げ

  • ○■ 邦準備理事会(frb)は 米連邦公開市場委員会(fomc)で追加利下げを決めるとみられるが、市場では政策決定後の外為市場

  • ○■ 下落する恐れがあるとの 見通しが示されたことを受け、イングランド銀行が追加利下げを実施するとの観測が強まっ

  • ○■ ト 米株安とリセッション 懸念を受けて強まる需要減退観測に圧迫された アルゼンチンの乾燥した

  • ○■ 26.11) cme 日経平均先物:8845(大証比△ 185) ドル/円(ny):97.

  • ○■ に 景気が加速度的に 悪化してる事や、frbがゼロ金利政策に踏み切った事を受けての追加利下げとの見解

  • ○■ 開が続いた <東京外 国為替市場> ドル/円(17時時点)1ドル=95円13—18銭前日比20銭 円安 (概況) 今日の東京市場は、世界的な景気後退リスクが高まる中でドル選好の動

  • ○■ の736.00ドル 追 加利下げの観測が高まっている中、ドル安がきっかけとなり上伸した 10月の米住宅着工件数

  • ○■ とも表明金融政策手段を金 利誘導から市場の資金量を調節する「量的緩和」に移すことも明らかにした

  • ○■ を推奨してきましたが、 先週の金利下げでも、あまり下方に勢いがつかないという事実を見るに、「安心の戻り

  • ○■ する一方、10月の 住宅着工件数も調査開始以来最低を記録し、住宅不況に一向に改善の兆しが見え

  • ○■ 況感指数が26年ぶりの 低水準に落ち込むなど、米国景気の急速な悪化に対する警戒感からドル/円売

  • ○■ の日公表されたfomc議 事録では、利下げ後も経済の下方リスクが残るとの見方を示し、追加利下げに含みを

  • ○■ b)はブリュッセルで理 事会を開き、政策金利を現行の年3・25%から0・75%引き下げ、2・5%にすることを決めた(読売新聞) [記

  • ○■ frbが市場の予想を 上回る利下げや追加の資金供給策を表明し、金融危機の緩和や景気の下支

  • ○■ ―1.0%の追加利下 げとなり、歴史的な超金利政策に踏み込んだ ff金利の誘導目

  • ○■ した米連邦準備制度理事会( frb)は16日開催した連邦公開市場委員会(fomc)で、政策金利であるフェデラルファンド(ff)金利の誘導目標を現行の1・0%から大幅に引き下げて、

  • ○■ ている米連邦準備制度理事会( frb)は16日、政策金利であるフェデラルファンド(ff)金利の誘導目標を引き下げ、史上最低の0〜0.25%

  • ○■ 国の景気悪化の深刻化や 財政赤字拡大懸念を背景に、ドル/円はじり安の展開となり、夕方にかけて95円台前半まで下

  • ○■ んだ ff金利の 誘導目標が年0.0―0.25%まで下がったことで、日米の政策金利は逆転ff金利は、日銀の無

  • ○■ は、日銀の無担保コール 翌日物金利の誘導目標(年0.3%前後)を下回った fomc終了後に公表

  • ○■ 米雇用統計は悪化となったものの 既に織り込まれている 米経済の悪さ を更に

  • ○■ 流れが継続する一方、 欧州中央銀行(ecb)のシュタルク理事が追加利下げに慎重な考えを示した事も、ユーロ

  • ○■ 3日(米国時間) < 株式市場> nyダウ9319ドル83セント前週末比5ドル18セント安 s&p500 966.30前週末比2.45ポイント安 ナスダック1726.33前週末比5.38ポイント

  • ○■ 界的な株安連鎖を眺めて 景気悪化懸念が一段と深まる中、エネルギー需要の減退を見込んだ売り圧力が強まり続落 10月の住宅着工件数

  • ○■ 圏経済は7−9月に 景気後退入りした見込みであることを明らかにする一方、今週にもecb理事会で追加利下げが決定されるとの見

  • ○■ 、政策委員会・金融政策決定 会合を開き、政策金利である無担保コール翌日物金利の誘導目標を0・3%から0・1%へ引き下げることを決めた日銀は10月末に7年

  • ○■ 、数四半期にわたり大量の 政府機関債や住宅ローン担保証券(mbs)を購入する」と表明 金融政策の手段を金利

  • ○■ に低下独仏伊などユーロ 圏も11月のインフレ率が2・1%と前月の3・2%から急低下してお

  • ○■ ら市場に潤沢に資金を 供給する「量的緩和」に移行することを示唆した米連邦準備制度理事会(frb

  • ○■ 者のスタンスです日銀の 政策金利0.2%の追加利下げも関係なし来週も毎週末更新予定の

  • ○■ 、かつて日銀が採用した ゼロ金利や量的緩和政策の復活を期待する声もある決定会合では、企業の資

  • ○■ リー取引が活発化 author : manekineco ny時間帯、外国為替市場では米ドルが3日ぶりに対ユーロで下落した

  • トリシェ 日銀 下支 議事 金利 強まっ 強まり 軟調 fomc議事 景況 強まる 大証 量的緩和 全会一致 小幅 示唆 緩和 四半期 指数 政策金利 優勢 概況 先物 反落 景気後退 踏み切った 総裁 議事録 供給 相場 動向 強まった 上昇 利下げは 急速 セント 下回った 安概況 大幅 会合 強まって 無担保 金利政策 銭円高概況 米連邦 要因 銭円 銀行 利下げの可能 物価指数 踏み込んだ 損失 物1バレル 実施 声明 主要 政府 慎重 株式市場 危機 %追加利下 円大証 圧力 欧米 現行 下落 外国為替市場 優勢となっ 米連邦準備 移行 回避 運用 %の追加利下 金融危機 銭前日 懸念 背景 原油先物 決定会合 欧州中央銀行 機関 リスク回避 深刻化 増加 示唆した 最大 金利の誘導目標 景気刺激 無担保コール翌日物金利の誘導目標 消費者物価指数 製造 平均株価 水準 優勢となった 政策金利である ゼロ金利政策 広がっ 下落した 市場 先行 中央銀行 事実 円高 継続 以来 悪化 日経平均株価 反発 逆転 11 日経平均先物12月物シカゴ 方向 示した 目標 nyダウ 円安 記録 政策決定 以降 連邦公開市場委員会fomc 一方 日経平均先物12月物 下がっ 下げた 金融政策 過去最低 今後 欧州中央銀行ecb 資金 米連邦公開市場委員会fomc 控えて 判断 予想 述べた 場面 米連邦準備理事会frb 外国為替市場ドル 経済の悪化 ポイント ny外国為替市場 事実上 影響 ドル円1ドル 対して 12 実施する 一部 以来最大 時間株式 れるとの見方 方向感 世界的な景気 控えている 終了 期待 上昇した 今週 10月末 表明 過去最大 日米国時間 展開 先週 fom ny市場 中国 世界 ムード 場面もあった 可能性 受けて 会frb 情報 個人 決めた 008年11 限定的 購入 場合 ユーロ 公表 続いており 展開となっ 最高 ユーロ円1ユーロ 終了後 ニュース %から 世界的 意味 採用 発表 必要 日ロイター s&p500 発表された 008 価格 時間 思います 25 500 明日

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発