13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2873 )     アニメ ( 2206 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2814 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2231 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 494 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 936 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 276 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 462 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1080 )     アート 芸術 ( 187 )     生活 ( 266 )  


    カラヤン

    音楽 関連語 ブラームス ブルックナー ベートーヴェン 交響楽団 モーツァルト グスタフ・マーラー チャイコフスキー 管弦楽団
    0 . 1 .
  • ○■ このハロルド・ファーバーマン指揮ロンドン響の演奏は、1979年デジタル録音

  • ○■ 『〜 30 代の頃から、既にフルトヴェングラーの後継者として期待されるようになっていた〜』 30 代のカラヤン、すなわち戦前のことである

  • ○■ 玉木が立った指揮台は故ヘルベルト・フォン・カラヤン氏や、ウィーン国立歌劇場の音楽監督を務めている小澤征爾(73)ら名指揮者が立ってきた場所

  • ○■ ein heldenleben - rattle, berlin (i)

  • ○■ ps: バッタ屋さんで売っている怪しいcdで 無名指揮者の演奏でも、たまに スゴイのがあるんです

  • ○■ 第3楽章はオルガン的(管楽器中心)讃歌的な音楽

  • ○■ 第3楽章の哀。漂う調べは殊更有名だけど、終楽章の弾けた感じが妙にツボに入ってしょうがないんである

  • ○■ ブルックナーの8番に森羅万象や大自然を感じるとすれば、 世評が高いカラヤンやヴァント、ジュリーニやハイティンクなどではなく、 この演奏が一番

  • ○■ オーケストラもそんな詳しくないけど、

  • ○■ やっぱり普通は 意味わかんないと

  • ○■ この演奏は単売もされているはずですが、僕のは選集の中に含まれています

  • ○■ この曲は、 そのように小太鼓を配置するのです

  • ○■ 昨日、 注文 しておいたcdが届いた

  • ○■ メンデルスゾーン交響曲第3番「スコットランド」 序曲「フィンガルの洞窟」 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 ヘルベルト・フォン・カラヤン:指揮 1971年1月

  • ○■ ベートーヴェンの交響曲『運命』は一つですが、 小澤征爾が指揮するのと、カラヤン、バーンスタイン、 フルトヴェングラーが指揮するのとでは、 演奏時間も曲の強弱もまったく違います

  • ○■ ベスト・オブ・カラヤンの遺産 [dvd] 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル メディア: dvd プディング、真剣

  • ○■ ショスタコーヴィッチの「交響曲 第8番」

  • ○■ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 r h e

  • ○■ クレンペラーのように重厚感がないとか抉りに欠けるとか不満がないわけでもないけれども、 カラヤンの嫌味なくらいレガートを多用する粘着質な演奏はなんとなく 「スコットランド」のほの暗いロマンティシズムに合っている

  • ○■ しかし、安永さんのソロがあるだけでも聴いて、見る価値があります

  • ○■ この曲を聴きに行くときは、自分が演奏する訳じゃないのに、私は極度の緊張状態に陥ります

  • ○■ カセットテープは tdk sf 鮮明

  • ○■ 1987年2月22日 ムジーク・フェラインの大ホールでのオール・ベートーヴェン・プロのコンサート

  • ○■ まさにトイカメラ以下の値段ですから、気軽に使うことにしましょう

  • ○■ ヘルベルト・ヴァン・カラヤン…である

  • ○■ 」(詩74:10-11) 「神よ、立ち上がり/御自分のために争ってください

  • ○■ こんな日もある…

  • ○■ 第1楽章「大地(現世)の悲しみを歌う酒の歌」

  • ○■ マエストロ・ムーティは《コシ・ファン・トゥッテ》をカラヤンに依頼されて、ザルツブルク音楽祭で上演しています

  • ○■ ヘルベルト・フォン・カラヤン氏以来、約50年ぶりにオーストリア人が音楽総監督に就任させたウィーン国立歌劇場がウェザー・メスト氏に対する期待の大きさを感じさせます

  • ○■ クラシックcd好きのホルン吹きニョッキtopへ

  • ○■ 結構テンポも揺れますし、疾走する第2楽章も、オヤジを泣かせるタメもがあります

  • ○■ 「比較はできないのです

  • ○■ カラヤン=ベルリン・フィルの演奏を味わうつもりです

  • ○■ この演奏を初めて聴いた時、やや品のない言葉で言わせて頂きますと、もう~ぶったまげました

  • ○■ 2010年のお仕事における最初の週がやっと過ぎました

  • ○■ ベルリン・フィル恒例のジルベスター・コンサート」です

  • ○■ 詩編第74篇です

  • ○■ ◆知らない間に、オーケストラが夢中になっているのがよく分かる演奏の映像

  • ○■ カラヤン率いるベルリンフィルの力量は凄いですね~

  • ○■ 画面右下にボタンがあります

  • ○■ カラヤンの最悪の録音はショパンの ピアノ 曲を管弦楽に編曲した演奏

  • ○■ 【読者の皆様にお願い】 是非、 エンピツの投票ボタン をクリックして下さい

  • ○■ タグ: 詩歌短歌俳句

  • ○■ ブログを書くならblogwrite

  • ○■ カラヤン自ら音響アドバイスを行ったサントリーホール開館までのエピソードや、大阪のザ・シンフォニーホールでの振り間違い事件の真実など、日本の音楽ファンに興味深い記述も多い一冊です

  • ○■ っています カラヤン/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 / マーラー:交響曲集【初回限定盤】 (

  • ○■ 響曲選集 第2週:チャイコフスキー&ブラームス交響曲選集 第3週:ミラノ・スカラ座のカラヤン

  • ○■ ヨーク・フィルハーモニック、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン・

  • ○■ j・s・バッハ:2つのヴァイオリンのための協奏曲bwv.1043より第2楽章 ピンカス・ズカーマ

  • ウィーン ベルリン コンサート フィルハーモニー オーケストラ 交響曲第 ピアノ ヘルベルト バーンスタイン 最後 聴いて ブルックナー ヘルベルト・ 作曲 交響楽団 ドイツ 自分 ヘルベルト・フォン オペラ ベルリン・フィルハーモニー 思います 時代 美しい 聴いた フォン・カラヤン テンポ ・フォン ベルリン・フィルハーモニー管弦楽 有名 全曲 ヘルベルト・フォン・カラヤン フルトヴェングラー 最初 印象 合唱 今回 初めて 発売 フォン・ 表現 ヴァイオリン ・フォン・ 冒頭 聴いてい 問題 晩年 広場 思って 全体 内容 ラトル 非常 組曲 面白 当然 奏者 終わり 美しく 指揮者 芸術 モノラル 歴史 映画 nhk 登場 シューマン 国立歌劇 ソプラノ カルメン 音質 楽しい 曲目 難しい 新しい 残念 第番 本来 決して 生涯 練習 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽 ショパン ウィーン・フィル 評価 感じる 年代 フランス 録音 かもしれません ライブ ロッシーニ ミュンシュ プッチーニ オーボエ カール ウィーン国立歌劇 オーストリア 同様 番組 名前 記録 大好 紹介 場合 メータ 女性 勝手 独特 迫力 思ってい dvd 画面 個人的 レクイエム 年前 以外 技術 美しさ 思った 聴いてみ 解釈 1楽章 メーカー 瞬間 右下 クラシック 圧倒的 初演 例えば レベル 原動力 フルート シュトラウス スケール 結局 自体 恒例 金管 バイエルン 生誕 書かれ チャイコフスキー 4楽章 聴いている 舞曲 ヴァンフォーレ レナード ショルティ karajan 予定 途中 音楽 フレーズ スタジオ 言われ 実際 想像 マエストロ 気分 名盤 機会 言える 考えて 枚組 ニューイヤー メロディー イメージ 分かる 買って ブログを書くならblogwrite 出来 サイモン カラヤンヘルベルト・フォン 第楽章 先週 当たり 言って 場所 作曲家 記念 随分 日本人 カラヤン指揮ベルリン・フィル シカゴ交響楽 ザルツブルク音楽 発表 バイオリン 勿論 良かった 唯一 完成 協奏曲第 昨年 決定 出版社メーカー 理解 安永 ブーレーズ テノール ソリスト サントリーホール アンネ 嬉しい ライナー フィルハーモニア 数年 思いますが music 好きな 皇帝 メディア cd amazon 人々 必要 年月 生まれ だと思います 常任 今度 演奏され プレイヤー 終了 ブログ 演出 一般 気がし 聴いていた 第1楽章 皆さん フィルハーモニー交響楽 購入 ・シュトラウス 使われ リヒャルト・ 大きく 発売され 〉題詞 実演 世界 第九 ジョン クリックして 00 勉強 入手 以降 思うの 比べる ロシア オーディオ 否定 今朝 選手 違和感 始まっ フランツ・ 立派 持ってい 対して 収録 結果 魔笛 疑問 開始 197 来日 弟子 バランス 分かれ 聞こえる 面白かっ 分からない クラウディオ・ 3楽章 ベートーヴェン交響曲 フィリップ 期待して 検索 エピソード ピアノ協奏曲第 本日 上手 放送 颯爽 曲集 連れて 久しぶりに 決まっ 感覚 見ると 第4楽章 評判 レパートリー 正直 洗練 常任指揮 特別 ドヴォルザーク サー・
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.038 0.147 0.540 0.028 0.495 0.196
    やや弱い僅かに強いやや弱い僅かに強い僅かに強い僅かに強い
    total 231626.40000013466

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発