13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2874 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 495 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    万世橋

    地域 関連語 鉄道博物館 中央線 総武線 神田川 秋葉原駅
    0 . 1 .
  • ○■ 日本初のモダンな駅【万世橋駅】は大正12年関東。震災で崩壊しましたが その名残がありタモリは南に万世橋を渡り神田川沿いの中央線沿いに建っている高いビルの8fへと

  • ○■ 今や日本では、公衆便所の密度と普及率は世界でも

  • ○■ 彼らが戦争から帰ってみると、彼らの就いていた仕事は女性達に占領され、仕事がないのである

  • ○■ そしてバーに入ってみると、男の客が半分、女の客が半分という割合である

  • ○■ 秋葉原クロスフィールドのひとつである udx ビル の脇を抜けると秋葉原ダイビルに戻ります

  • ○■ 洋行する企救男が着るものもなく困っているのを見かねた、義理の息子で詩人として著名になった三木露風(企救男の妻かたの前夫の子)が、洋服を見つくろってくれた

  • ○■ ebatopeko 碧川企救男の欧米見聞記(46) (子だくさんの話) (はじめに) 鳥取県米子市ゆかりの人物で、日露戦争に対しても敢然と民衆の立場から批判を加えたジャーナリスト碧川企救男は、1919(大正8)年第一次世界大戦の講和条約取材のためパリに赴いた

  • ○■ 中央新聞の記者であった企救男は、社長の吉植庄一郎に同行したのである

  • ○■ 大西洋を横切ってアメリカ大陸に通うフランスの船は、すべてこの港を中心にしているだけに、ハーブルの港は繁華であった

  • ○■ 子どものことでは、碧川企救男は面白いことが最近あった

  • ○■ 背の低かった企救男にぴったりの洋服であった

  • ○■ 万世橋署から東に神田川に平行して進み和泉出張所手前のあたりの公園に注目すると 木が多い茂り木陰がたくさんある

  • ○■ 横浜から「コレア丸」いう船に乗船し、ヨーロッパ目指して出発した

  • ○■ ジャーナリストの碧川企救男は、取材ののときもつねに着流しであったのでこれという洋服がなかった

  • ○■ 碧川企救男はコレア丸で太平洋を横断しアメリカ西海岸に着いた

  • ○■ 三木露風は、企救男の長男道夫と一緒に万世橋の近くの柳原に行って、吊しの洋服を買った

  • ○■ 、2トントラックが、西側の神田明神下交差点方面から赤信号を突っ切り、横断中の歩行者5人を

  • ○■ 川企救男は、アメリカの広さを感じざるを得なかった 一人の若い紳士

  • ○■ の頃よく行ったなあしてそのまま歩いて日本橋へ行きます

  • ○■ が結審・東京地。東京・秋葉原の無差別殺傷事件で殺人罪などに問われた元派遣社員加藤智大被告(28)

  • ○■ 服を買った既製服会社の現在の「タカq」だという背の低かった企救男にぴ

  • ○■ 黄砂限りなしであるまったく人も森も山も見えないそして所々の砂の上に

  • ○■ いたこの若紳士は、名前はジムニー・スコリュスコレフ君といった 最近の日本では、

  • ○■ いそして所々の砂の上に白く浪の紋が付いているそれは砂にまじる塩が吹

  • ○■ 彼は縞の洋服に大きな近眼鏡をかけていた彼との話は夜が明け

  • ○■ ・職業不詳、加藤智大(ともひろ)容疑者(25)を逮捕した調べに対し、暴力団員

  • ○■ フを捨てた男性を非番でたまたま居合わせた蔵前警察署の警察官とともに取り押さえたこれらはおよそ5 10分

  • ○■ は災害での出動が予想され記念行事等を行うのに都合が悪いため、天候が安定する11月1日を記念日としました今日の誕生

  • ○■ 、この男は奇声を上げながら周囲の通行人を次々に刺して逃走。事件発生後まもなくして万世橋警察署秋葉原交番から駆

  • ○■ 商会の主人の歓迎を受けてオクデンのキャノン(谷)を自動車で見物した 例の玉置君に聞

  • ○■ のトラックは交差点を過ぎて対向車線で信号待ちをしていたタクシーと接触して停車。周囲の人々は最初

  • ○■ かけていた彼との話は夜が明けるまでつづき、夜が明けるとこの紳士もオクデンで降りたそして碧川企救男ら

  • ○■ を発行 1973年巨人が日本シリーズで南海ホークスを破り、日本シリーズv9を達成 1974年気象庁の地

  • ○■ カq」だという背の低かった企救男にぴったりの洋服であった 横浜から「コレア

  • ○■ 海岸からさらに大西洋を越えてパリの講和会議を取材したそのあとイギリスに渡った

  • ○■ 外国旅行であった『中央新聞』に載せた紀行文を紹介したい 彼のジャーナリストと

  • ○■ に預けた荷物の始末や、駅長に色々手違いがないように話をしてくれた そしてオクデンを

  • ○■ いる 汽車の旅は、青々とした牧草の丘をいつまでも走ったそのうち日が暮れたが、

  • ○■ で秋葉原に歩いて行き、買い物を しながら万世橋万世でランチ、懐かしい

  • ○■ く困っているのを見かねた、義理の息子で詩人として著名になった三木露風(企救男の妻かたの前夫の子)が、洋服を見つくろってくれた 三木露風は、企救

  • ○■ は半年間の休暇を出し、給与も支払わざるを得なかった アメリカは自由の

  • ○■ たそのうち日が暮れたが、碧川企救男の希望は早くロッキー山脈を見ることであったしかしこれを見るには、今

  • ○■ 年(1919)五月十三日、横浜を出て十八日の航海のはて桑港(サンフランシスコ)に着いた 当時のアメリカも

  • ○■ らが戦争から帰ってみると、彼らの就いていた仕事は女性達に占領され、仕事がないのである彼らの不満をなだめるため

  • ○■ 目指したこの出発のとき、企救男の母みねと妹の豊は、横浜のメリケン波止場で見送ったあと、磯子の若尾山から彼の乗船した「コレア丸」が水平線の彼方に隠れるまで眺めていたという 碧川企救男はコレア

  • ○■ ヨーロッパのスイスのように、アメリカには随分いかがわしい連中が入り込んで、色々なことをやっている 殊にロシアのボ

  • ○■ るには、今夜汽車に寝て、また明くる夜も汽車に寝てからでないというのでウンザリした 車掌をつかまえて強

  • ○■ 出発したこのときの航路は、まず太平洋を横断しアメリカの西海岸サンフランシスコを目指したこの出発のとき、企救男

  • ○■ えとして、資産家のせがれは、どうしても神のためにある年限外国に伝導に出なければならないということであった東京に出向いたこの若紳士

  • ○■ (はじめに) 鳥取県米子市ゆかりの人物で、日露戦争に対しても敢然と民衆の立場から批判を加えたジャーナリスト碧川企救男は、1919(大正8)年第一次世界大戦の講和条約取材のためパリに赴いた

  • 博物館 交通博物館 場所 東京駅 須田 途中 最後 入って 立場 結果 上野 記憶 公園 発見 以上 見える 東京 御茶 使用 言って 歩いて 横断 取材 開業 安全 生活 外神田 柳原 付近 到着 利用 食事 思った 自動車 対して 容疑 ebatopeko 出来 隠れる 一人 記者 現行犯 工事 開発 懐かしい 大宮 時間 メイド 警視庁万世橋 道路 神田川 逮捕 仕事 歩行者 大変 現在 神田須田 殺傷事件 見つけ 誕生 てしまいました 入った 手前 店内 終わり 展示 人間 目指 現行犯逮捕 新聞 情報 ガード 見られる 使って 容疑者 次世界 目的 碧川企救男の欧米見聞記 何度 日露戦争 200 考える 仕方 保存 指定 次々 部分 眺めて 開催 から秋葉原 残念 設置 書いて 内容 フランス 関する 考えて 参考 検査 大量 山手線 気持 判断 残って オープン 分かっ 作られ 以降 安心 見物 機会 紹介 近辺 担当 派遣 良かった ランチ 無差別殺傷事件 長男 予想 以下 対策 放送 説明 背の低かった企救男にぴったりの洋服であった 横浜 調べに 一緒 日本 応援 処分 今日 中央新聞記者であった企救男は社長の 被害者 付いて アルコール 場合 行きました 観察 無視 久しぶり 眺めてい 同じく 市内 第二 入ると 彼にとってはじめての外国旅行であった 委員 既製服会社の現在のタカqだという 質問 復活 時点 逮捕され 出発した 庄一郎に同行したのである 見学 000 連続 自体 自宅 生まれ 変更 人たち 勝手 知れない 以下今回 始まっ 感動 決定 合わせ 屋さん 開いて イメージ 当然 今回 地元 存在 分から 引用者 入ってい 面白 肉の万世 中心 色々 見ると 思ってい 午前 行って 思えば 知った 行われて 残ってい 運転して 子供 不満 向かって 聞くと 走行 飲んで 用事 昭和 使われ 降りた 出来事 建物 言ってい 日本では 売って 政府 分かった 逮捕された 逮捕した 覚えて 年前 しているという 続いて されていました 購入 知りました 供述しているという 通って 初めて 着いた 買い物をし 思うん 持ってい 受けた 行った 出てき 言うのは 出てい だと思います ということになっ なってしまいました 思いました 思ったの
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.033 0.165 0.548 0.026 0.512 0.165
    やや強い少し弱い少し弱いやや強い少し弱い比較的強い
    total 93311.39999997224

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発