13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2876 )     アニメ ( 2209 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2821 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1207 )     政治 国際 ( 2240 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1679 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1161 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1444 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1161 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    はくちょう座

    学術 科学 関連語 プラネタリウム 土星 アルタイル 日の入り 織姫 彦星 天の川 わし座
    0 . 1 . 2 . 3 .
  • ○■ はくちょう座の星の間を北から南の方角へ、星と全く同じような小さな光点がツーっと動いていく

  • ○■ (投影開始前の案内とともに新投影機の紹介も)

  • ○■ (コンソール手前に置かれ、投影中の河原氏を撮影していた小型ビデオカメラ)

  • ○■ (スペースゆうの主催するイベントの会場にもなるプラネドームエントランス)

  • ○■ ペルセウス座流星群は、ことし12日が極大日なので、星の見えるところを彷徨いました

  • ○■ 続く星座解説では、夏の大三角を手持ちポインタでたどる~特定の季節の星座は時間をずらせば別の季節にも見られること(一例として12月に見える夏の大三角)~ベガ・アルタイル・デネブからなる夏の大三角(線あり、星座絵とともにディジタル機から出力)~こと座(星座絵あり)~わし座(星座絵あり)~はくちょう座(星座絵あり)~2つの鳥の星座に輝くアルタイル・デネブ(手持ちポインタで指示、以下同様)~ベガ~アルタイル~デネブ~はくちょう座の星をたどる~アルビレオ~別名北十字を紹介、月があるため夜空が明るく星座はかすんで見えるとして月をdim、さらにbgmをonしディジタル機の光源の輝度を最小までdim、合わせてシャッタもclose

  • ○■ 七夕の日に見えなかった、こと座のベガとわし座のアルタイルを東の空に探しました

  • ○■ 最後にふたたび光学機をonしエレベータを上昇させ、23:00の星空で夏の大三角(線)とこと座・わし座・はくちょう座の星座絵を出力、日周を開始し方位灯をon、木星→ペガスス座(星座絵は光学機から)→スカイライン(夜景)on→bgm切り替え→ディジタル機から薄明on→スカイラインを昼景に切り替え→光学機off→ディジタル機・光学機から同時に朝焼けon→光学機から太陽on→bgmさらに切り替えのシーケンスで日の出を演出し、ややあって日周を停止させたところで投影終了

  • ○■ bgmをon、さらに金星が沈むタイミングで恒星を点灯させ、日没から1時間ほどかけて1~6等星が順に肉眼で見えるようになってくることを説明しつつ、ドーム照明・夕焼け灯をoff、合わせてディジタル機の青色出力もoffしディジタル機自体はスタンバイ(光源on/シャッタopen)

  • ○■ ドーム照明をoff、17:00の太陽(オレンジの着色あり)を光学機から出力、さらに光学機のドーム灯をonにしまずは方位を説明

  • ○■ (プラネドームエントランスでもやたらと目を引く「眼」)

  • ○■ はくちょう座・わし座・こと座方面だと思うのですが、まるで分かりません

  • ○■ 7/10(土)のamは、 前日 に引き続き今年度内のリニューアル(厳密には少年科学館と名を変え新複合施設へと移転)が予定されている施設のひとつである 佐世保市児童文化館 を初訪問

  • ○■ タグ: ms-10-at 000:コニカミノルタプラネタリウム 051:一方向水平 081:科学館併設 030:プラネタリウム(和歌山県)

  • ○■ の四辺形~星座名ではペガスス座(星座絵あり)~類似例であるヘラクレス/ヘルクレス座~ペガスス

  • ○■ 座解説パートがスタートカイライン(昼景)と方位灯をonし方角の説明をしたのち、木星(手持

  • ○■ gを投影しその実験内容をごく簡単に紹介したところで日の出の演出へ最後にふたたび光学機をo

  • ○■ がよく見えました これにはくちょう座のデネブを加えれば夏の大三角ですね・ 夏の大三角(アル

  • ○■ ~北斗七星をポインタでたどる~おおぐま座(星座絵なし)~夏の大三角を囲む~夏の大三角

  • ○■ でもこの雰囲気に酔っていたいと思わせる不思議な魅力が溢れていた(投影終了直後の河原氏、

  • ○■ 解説で、まずはおおぐま座~北斗七星の星をたどる~北斗七星を紹介、さらに方位を北→西→南

  • ○■ む~ししの大がまをたどる~しし座の星をたどる~デネボラ~しし座(星座絵あり)とそのモデル

  • ○■ 神話に描かれたおとめ座~しし座(星座絵あり)~金星~恒星と惑星の距離の違いについて説

  • ○■ 座を囲む~アンタレス~さそり座(星座絵あり)~誕生月と見頃の時期のずれについてそれぞれ説明し

  • ○■ の位置をポインタで指示~こと座・ベガと別名~北斗七星~北極星について、まずはそれぞれ簡単に

  • ○■ 替え、春の星座から非常にゆっくりとした日周を開始、楽曲の最後のフレーズに合わせ夏の星座

  • ○■ い座(星座絵+テキスト表示あり)とそのモデル~医者のトレードマークとしてのへび~アンタレス~さ

  • ○■ ん座・おとめ座・みずがめ座の星座絵を同時on~流れ星onの順に星座を紹介、日周を開

  • ○■ り)~さそりを狙ういて座(星座絵あり)とそのモデル~誤ってヘルクレスの放った矢に当たり命を

  • ○■ ル後に現在の投影機を展示する計画は残念ながらないようだ11/28で一時休館と

  • ○■ の輝度を上げる)~天の川の成り立ち~天の川を南へとたどる~アンタレス~さそり座

  • ○■ ~デネボラとその意味~土星(アイコン表示あり)~火星の順に紹介し、やや唐突にmelotte

  • ○■ 目印となる秋の四辺形を囲む~秋の四辺形(線の代わりにポインタでたどり続ける)~秋の

  • ○■ る昼の風景)→bgm切り替え→太陽on→速めの日周開始→夕焼け灯on→薄明灯on

  • ○■ 今晩見える星空 」で全編ライブによる投影で、客入りは自分を含め3組6名ほどドーム外

  • ○■ として復活上映を果たした全天周映画「 hayabusa 」と、小惑星探査機はやぶさを月の話題として取

  • ○■ から、bgmに合わせて光学機を正面が南となるよう時計回りに回転、bgmはそのままにレグルス~火

  • ○■ ーへの見立て~こと座・わし座・はくちょう座の星座絵を同時on→全天の星座絵~デネブ~はくちょう

  • ○■ 仕組みを知ろう」で、ライブ投影による今夜の星空解説にオート化した神話物語とテーマトークを加

  • ○■ 日見たのはいつものごとく全編ライブ投影による一般番組「 移り変わる北極星 」プラネ番組や特別投影

  • ○■ ラクレス/ヘルクレス座~ペガスス座の星をたどる~鼻先にあるm15~m15の拡大写真をin-pl

  • ○■ ~みずがめ座~木星~ペガスス座~みなみのうお座~フォーマルハウトの位置を指示、ディジタルプラネの

  • ○■ では、みなみのうお座~ペガスス座~アンドロメダ座~アンドロメダ銀河~カシオペア座~くじら座~

  • ○■ の位置で日周停止)~ベガ~アルタイル~はくちょう座~天の川に触れつつ、しばしの音楽タイムが

  • ○■ 型プロジェクタは3台のプロジェクタを組み合わせたもの分割線が少なくブレンディ

  • ○■ よる探査と環の構造、スピッツァー宇宙望遠鏡による新たな環の発見、15年周期で変化する環の開き

  • ○■ トゥルスの意味~白色のスピカ~おとめ座(星座絵はコンソールから手動出力)~おとめ座のモデル

  • ○■ ム灯と方位灯をon、コンソール上のビデオプロジェクタから注意事項や館オリジナルのマスコットキャラクタ

  • ○■ 探査機はやぶさとそのcg、イトカワへのタッチダウンのイメージイラストと6/13の帰還予定、tcmの計画

  • ○■ 投影開始時刻に施設のhpをコンソール上のビデオプロジェクタで出力しながら番組構成を簡単に紹介ドーム照明

  • プラネタリウム 彦星 天体 大三角 プロジェクタ 投影 位置 天文 夏の大三角 コンソール 三角形 太陽 望遠鏡 紹介 写真 木星 訪問 撮影 照明 投影機 出力 時間 観測 光学機 土星 演出 ~はくちょう 火星 星座絵 dim 開始 神話 一般 回転 内容 ~わし bgm 天頂 配置 ~こと 前半 オリオン 日没 off 正面 現在 距離 流星群 スカイライン 観覧 座席 掲示 同様 夜景 全天 アルクトゥルス プラネドーム 関係 指示 手持ちポインタ 座のベガ 意味 表現 再訪問 アンタレ 非常 併設 日没→ 移動 周囲 スタート 投影開始 部分 ~ベガ 惑星on 薄明灯 展示 シーケンス 構成 ドーム照明 ペルセウス 大きく 日周を開始 夏の大三角形 アルタイル 物語 ペガスス ヘルクレス 思われる 比較的 クレス 星座絵あり 日の入りを演出 ~夏の大三角 タイプ on 世界 星をたどる 予定 明かり 十字 わし座のアルタイル 投影による アンドロメダ 全編ライブ 理由 専用投影 日の入りの 太陽系 実際 公転 見たのは 線あり 以下同様 ~おおぐま 手持ちポインタによる指示あり以下同様 座席配置 別名 ~アルタイル ~さそり 輝度 秋の四辺形 番組終了 説明 灯on 恒星 恒星・惑星 オレンジ 座流星 座星座絵あり 生物 ライブ投影による 時代 この日見 座にまつわる神話 ~土星 感じる 状態 条件 備える →薄明 光源 コニカミノルタ 安定 関して 冒頭 惑星on→ 詳細 自分 ~おとめ 想像 ~北斗七星 ~アルクトゥルス 二重 ~秋の四辺形 変更 ~ペガスス 点灯させ 光学機から 地球 過去 ちょう座星座 デネブ pm バランス 薄明灯on 主投影機光学機 この日見たのは 見ることが 固有 ベガとアル 中心 ~しし →薄明灯 →スカイライン シーケンスで日の入りを 北極星 利用 構造 灯dim 明星 座の星座 ~アンドロメダ 見つけ 宵の明星 ~やぎ 少ない 子供 ~いて わし座星座絵 火星~ 機材 一方向水平 現れる 配慮 座~わし ~ヘルクレス 文化 ディジタル ~はくちょう座星座絵あり 曲線 白熱色 →恒星・惑星 副投影機 惑星off 座席配置は一方向 今年 月ぶりに サイズ 光害 少なく on→ドーム 最初 した状態 恒星・惑星off→ →夕焼 恒星球 ストーリ 日周停止 太陽on スカイライン昼景 衝突 日の出を演出 ~みなみ 肉眼 ベガ~ ~みずがめ ちょう座の星をたどる 何度 以上 補足 ~うしかい 形成 スタイル 明日 ブログ 見えます 七夕 極端 ハッブル hayabusa 組み合わせ →恒星on 変わら ~わし座星座絵 拡大 さそり座星座 シーケンスで日の出を演出 地上 大まか ~へびつかい 表面 重視 解像度 見上 ごく簡単 全編ライブ投影による ~こと座星座 アルタイル~ 座星座絵ありとそのモデル 科学館併設 不思議 はくちょう座の星をたどる~ 最後 ~こぐま ビデオプロジェクタ →朝焼 影響 という印象 こと座のベガ 範囲 →ドーム照明 on恒星・惑星off→ 座~はく ビデオ 具体的 五藤光学研究所 ~みなみのうお 個人 ユニーク 人間 金星 放出 その意味 全天周映画 呼ばれる 銀河 客入 ~こと~わし座 放射 王家 消灯 →星座絵 方位 ~からす ~ペルセウス 描かれ 掲示され 再現 自身
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.033 0.142 0.598 0.028 0.575 0.153
    total 124953.89999996194

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発