13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2874 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2815 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2232 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 495 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    講談社選書メチエ

    書籍 関連語 新潮社 平凡社 中公新書 ファシズム 講談社学術文庫
    0 .
  • ○■ 講談社選書メチエ

  • ○■ この「矛盾」を解消する仕組みに人間精神の謎を解く鍵があるのではないでしょうか

  • ○■ 午前中は、『 統合失調症あるいは精神分裂病 精神病学の虚実 (講談社選書メチエ) 著者:計見 一雄 販売元:講談社 発売日:2004-12-11 おすすめ度: クチコミを見る 』を読んでいた

  • ○■ 同じ講談社選書メチエで『ゾロアスター教』を出している著者らしく、各民族の概観の後、その宗教についてかなりの紙数を割いているが、それもじっくり読めば初心者でもそれなりに有益

  • ○■ 初心者には少々厳しい内容ですが、やはり重要な本だと思いますんで、未読の方はこれを機に通読するか、もしくは品切になる前にとりあえず購入されては如何でしょうか

  • ○■ 言語もまた「図」と「地」からなっています

  • ○■ 「私は、今、ここにいる」

  • ○■ 作者: 高山 宏 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2000/10 メディア:

  • ○■ の概観の後、その宗教についてかなりの紙数を割いているが、それもじっくり読めば初心者でもそれなりに

  • ○■ 盾」こそ、無限を無限たらしめているもっとも根本的性質なのだと思いますこの「矛盾」を解消す

  • ○■ たちの自己意識の繰り返される再帰性の肯定に他なりません私たちはなぜその概念を「

  • ○■ 田稔『浜口雄幸と永田鉄山』(講談社選書メチエ) をまず勧める 第10章日独伊三国

  • ○■ ス・アクィナス「神学大全」』講談社選書メチエ 2009 池上俊一『魔女と聖女ヨーロッパ中・近世

  • ○■ 」と驚いてしまうが、 『新世界史』(山川出版社) では確かに「イラン系といわれる月氏は」と書い

  • ○■ 有限」に対する「無限」の概念もそうなのだと思いますこれが「以下、同様に・

  • ○■ 性質なのだと思いますこの「矛盾」を解消する仕組みに人間精神の謎を解く鍵があるのではないでしょうか 【参考】 ・柴田正

  • ○■ たと断言している川村湊『「大東亜民俗学」の虚実』(講談社選書メチエ、1996年)は日本を中心とした同心円的な民俗学の構想の

  • ○■ てきますどの部分をとっても、部分でありながら全体を含んでいるという逆説 無限への自己運動を

  • ○■ 肯定」できるのでしょうなぜ、繰り返すことができると信じずにいられないのでしょうか 「有限」の対の「

  • ○■ 両項は分離不可能であるのに、私たちの思考様式がその一方によって他方を排除してしまうのですこれが言葉のうちに内包さ

  • ○■ 、排他的なこれら両項は、同時にお互い相手から切り離せないものでもありますそれぞれ一方だけしか考え

  • ○■ 言葉を通して意味づけし、人間だけが世界を二重に分節して生きています 私たちは言葉によって

  • ○■ 一方だけしか考えないのなら、どちらも不十分な概念ですそして、ここにも大きな

  • ○■ されていなければならない本質、そのほんとうの構造といってもよいでしょう私の言葉の境界が、

  • ○■ 可能だと認められさえすれば、その作用を際限なく繰り返して考えることができると信じる理知の能力を私たちが肯定するところにある」と語っていますが、その「肯定」は私たちの自己意識の繰

  • ○■ って無限を考えてゆくとき、そこにどうしても避けることのできない「矛盾」を抱え込むことになります実はこの「矛盾」こそ

  • ○■ 己言及性、再帰性」であり、これは「おしまいのない」自然数という概念を生み出します 繰り返し考える

  • ○■ 不十分な概念ですそして、ここにも大きな矛盾が現れるのですそれぞれの両項は分離不可能

  • ○■ への自己運動を内在させ、いつまでも自分自身を生成し続ける生命体私たちは、有限の公理

  • ○■ 「過去」と「未来」、「背後のあそこ」と「前方のあそこ」、つまり来し方と行く末を差異化・差延化します人間は言葉によって「今

  • ○■ .09.15 ・浜田寿美男、「私」とは何か、講談社選書メチエ、1999.11.10 ・マクルーハン、エンカルタ、荒俣宏&情報考学のペ

  • ○■ 「眼に見える空間」、「無限定の空間」と「限定された空間」、そして「生」と「死」、この二つの姿を

  • ○■ れ、「約束する動物」、「嘘をつく動物」となりました「有限」に対する「

  • ○■ 」の対の「無限」動物のなかで人間だけが、いわゆる五感に代表される自然の道具に加え、シンボル化する能力である言葉を持っています人間は世界を言葉を通

  • ○■ 風景でさえみえないのですフラクタル図形が私たちに与える、不思議な印象は何なのでしょうフラクタルの集合を見て

  • ○■ 概念を生み出しますフランスの数学者アンリ・ポアンカレ(1854~1912)は、その著「科学と

  • ○■ ある」と語っています「その次を考える」という考えが、私たちの意識に起こるのならば、その考えは私の意識を反映しているはずですその特徴は、「自己言及

  • ○■ 0/08 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入 : 2人 クリック : 2

  • ○■ 現代新書、2001.12.20 ・河田直樹、世界を解く数学、河出書房新社、1999.05.25 ・岩田慶治、カミと神アニミズム宇宙の

  • ○■ エ)/中沢 新一¥1,575 amazon.co.jpタイトルの「純粋な自然

  • ○■ 想い/斎藤 三郎¥1,470 amazon.co.jp世界の測量 ガウスと

  • ○■ /マルセル モース¥1,260 amazon.co.jp本書に収録されているものは

  • ○■ 病 精神病学の虚実 (講談社選書メチエ) 著者:計見 一雄 販売元:講談社 発売日:200

  • 政治 本書 文庫 可能 言葉 記憶 イギリス 印象 勢力 思想 現在 活動 多数 にほんブログ 部分 同時 時期 名前 世界史 成立 初心者 内在 中公新書 イメージ 学術 近世 場合 可能性 指導 日本人 裁判 対して 感じる 当然 異なる 抽象 他方 背景 非常 上記 この時期 後世 現代 条約 フランス 記事 結果 メディア 出版社 講談社学術 位置 逆説 文字 精神 国民 生まれ 浜田寿美 全体 文学 記され 紙数 持って 確認 独自 一方 思います 認められ 民主 具体的 積極 存在 インド 傾向 与える 現代史 起こっ 批判 記述 主張 必要 侵攻 本来 参加 動物 文芸 包括 ナショナル 結婚 高校世界史 最大 二つの 勃発 行なっ 以下 占領 代表 見える 新潮 肯定 中心 相手 考察 古典 二重 末期 面白 両者 矛盾 宗教的 避ける 一種 経緯 amazoncojp 押さえ 本質 数学 進出 見えて 書いて 強烈 解消 建設 江戸 共同体 拒否 宣言 近代政治 性格 理解する 第一 抽象的 例えば 聖性 注目 向かう 意識 思ってい 記されている ではないでしょ かもしれません 生きて 展開 身体 有名 不思議 チェック 過去 移動 限定 その背後 知って 完全 書かれている ¥amazoncojp 積極的 無限 気分 触れられ 期待 存在して 私たちは 一貫 記して 的なもの 概念 科学 形成 軍事 自分 仕組みに 発売日 だと思います 出てき 思考 言っても 起こし ことになります ではないでしょうか 載って 思っていた 語って 加えて 人間は言葉 運動 自己 続けて 当時 考える 基本的 にも関わらず 問題 のかもしれない 状態 言葉を持って 今ここ 以上 入った 参加して てしまうのです ないのでしょうか のだと思います のではないでしょうか
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.029 0.139 0.532 0.015 0.506 0.176
    僅かに強い僅かに強い僅かに強い強いやや弱い強い
    total 46676.39999999704

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発