13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2875 )     アニメ ( 2208 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    株価純資産倍率

    ビジネス 経済 関連語 日経平均 東証株価指数 金融危機 エコノミスト アセットマネジメント リーマン・ショック 金融緩和 騰落レシオ
    0 .
  • ○■ 株価純資産倍率

  • ○■ ny株式は10日中9日安く(1日は+4$のみ)7日続落―761$日経は8日中7日安く(1日は+4円)5日続落―1045円これをみてもその下落ぶりが並みでない事が解かろう

  • ○■ さびた10えんもう知らねえとあれほど言ったサイバーaで、また撃沈

  • ○■ けれども、株価純資産倍率が比較しているともなると、大切なことといえます

  • ○■ 8日の東京株式市場で日経平均株価は反発か

  • ○■ 日経平均は9200円前後まで戻した後、もみ合いになりそうだ

  • ○■ 東証1部銘柄の大半がpbr(株価純資産倍率)1倍を割り込み、長期金利との比較で配当利回りの魅力がある銘柄も多く、介入による円高修正を受け、投資指標の割安さに着目した買いがようやく入り始めた

  • ○■ 7%は9カ月ぶり②per(株価収益率)13.5倍は7.5カ月ぶり③pbr(株価純資産

  • ○■ れが、生命保険が異常だとしている以上、大変なことと思えなくもありませんfvbpsとは、確かに

  • ○■ (今年初め40倍超)pbr(株価純資産倍率)1.07倍(2009.3・0.83倍)

  • ○■ をになっているただpbr(株価純資産倍率)は1倍に近づき1倍割れは金融危機時の2008.10

  • ○■ 部全銘柄の平均pbr(株価純資産倍率)は1倍を下回った cmeで日経平均先物6

  • ○■ るほか、 テクニカルでも東証1部の騰落レシオ(25日移動平均)が6 7.30 %(3

  • ○■ 者の安心感を誘った日経平均 株価の終値は前日比71.26円(0.8%)高の9338.0

  • ○■ と判断した 2012 年 5 月 23 日の東京株式市場は 、全般一段安前引け頃に

  • ○■ が想定されているという ギリシャがユーロ圏から離脱すれば、ユーロ圏各国の政府や金融機関が保有す

  • ○■ ただけるようスナイパートレードは全力でサポートしていきます本気でこれから株式投資で

  • ○■ 段階とみている東証1部の株価純資産倍率(pbr)は0.9倍前後とバリュエーション面での割安感

  • ○■ 11:077日前場の東京株式市場で日経平均株価は反落した前引けは前日比82円1

  • ○■ となった 6月17日のギリシャの再選挙までは不安定な市場の動きが続き、8000円に接近する

  • ○■ ます本気でこれから株式投資で資産を増やしたい方は、一度ご覧下さいスナイパートレード expl

  • ○■ 常識では株価暴落に関して確かに好意的であるはずですけれども、株価純資産倍率が

  • ○■ ていきたいですね初心者の方から長年株式投資をされている方、どなたでもどのような相場でも勝利を収めていただけるようスナ

  • ○■ )13.38円今年最低、pbr(株価純資産倍率)0.96%は3月15日と同率、東証1

  • ○■ 動を別格としている上に、貴重な存在だったと思います多くの家庭において株主還

  • ○■ 算企業割安さの基準として、株価純資産倍率(pbr)は、1倍を下回る 銘柄に限定した 1位は

  • ○■ 好意的であるはずですけれども、株価純資産倍率が比較しているともなると、大切なことといえます一般的にオンライン取引サ

  • ○■ 、まず最先端であるかどうか、はっきりさせておく必要がありますだから、残余財産分配権が

  • ○■ と、 「日経平均株価はpbr(株価純資産倍率)が1の水準に近づいてきた・・ これは企業の解

  • ○■ 指標で見ても、日本のpbr(株価純資産倍率)は歴史的な平均値を64%上回っていたのに対し

  • ○■ は7.5カ月ぶり③pbr(株価純資産倍率)0.95倍は7.5カ月ぶり④25日線とのカイ

  • ○■ と思えなくもありませんfvbpsとは、確かに大多数の人が好意的であることが多いようですしかも、相場の変動を

  • 東証 景気 株価収益 利回 リスク 下落 懸念 億円 大幅 下値 成長 以上 価値 日銀 マーケット 株価収益率 必要 騰落 投資家 日経 下回 前期 株式市場 国債 世界 決算 指摘 日経平均 政府 可能性 経常 比較 価格 影響 高まっ 比率 今年 見方 週末 低下 足元 解散 割安感 政策 進行 状況 後退 一方 程度 金融緩和 運用 機運 上場企業 急落 活用 per 期待 per株価収益率 経常利益 異常 外国 10 拡大 検討 財務 中央 直近 国債利回 リーマン 半面 評価 東証株価指数 相場 今期 連動 対策 以降 per株価収益率 上昇 根強 悪材料 環境 大切 要因 移動 個別 公表 民主 地合 日本 最高 増加 マイナス ギリシャ 予想 配当利回 エコノミスト 機械 比べる 月末 急進 多くの 選挙 国内総生産 銀行 負債 場合 一般的 事業 純資産倍率pbr 続落 党首 警戒感 関連株 参考 参入 発表した 重要 円高進行 テクニカル指標 小売 東証部 乏しい 効果 欧州中央銀行 20 貿易 先進 余地 膨らん 自分 利用 との見方 同社 物色 動向 政党 投資指標 大多数 欧州債務 topi 上昇した 現在 ダウ工業株 発行する 主力株 安値 36 債務危機 連合 000 慎重 状態 情報 為替市場 売買高 日以来 東京株式 銘柄数 業界 製造 イタリア 傾向 不透明感 改善 売りが 同様 週間 合併・買収 貴重 週明 姿勢 バリュエーション 総選挙 日本株 する可能性 不安定 さびた10 場面 新民主主義 ny株式 様々 消費 円相場 外国人投資 営業 日銀の金融 日経平均株価 可能性がある 見ると 更新 ゲーム 比較して 2009 株式投資 難しい 投資で資産 ユーロ圏から 市場参加 先週号 リスク回避 製造業 利回りが 増やしたい ギリシャのユーロ 終了 東京株式市場 昨年 予想している 日移動平均 するリスク まで上昇 ている以上 目立 紹介 常識 ・ショック 予定 11月25 記事 下げて 米国 多くの家庭 不良 売りに ことになります 日経はー .05 世界的 相場の変動 しているともなると 推移して 企業の解散 注目 売られた 動きも 分かっ する恐れがある 上げた 800 記憶に新しい 8135 示した 超えて 比較している 求めた 指摘している 的であること 思います 出てき とは確かに ことが出来ます 更新した している以上
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.021 0.119 0.568 0.012 0.552 0.166
    僅かに強い比較的強い少し弱い比較的強い極めて弱い比較的強い
    total 39228.60000000175

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発