13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2874 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2815 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2232 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 495 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 462 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    光文社新書

    書籍 関連語 新潮文庫 勝間和代 内田樹
    0 . 1 .
  • ○■ 光文社新書

  • ○■ 京都は大好きで今までに何回も行ったことがあるが、行くたびに

  • ○■ 京の路地。案内 (らくたび文庫) 作者: 出版社/メーカー: コトコト 発売日:

  • ○■ ウチのシステムはなぜ使えないseとユーザの失敗学 (光文社新書)

  • ○■ もう少し、読んだ本のことを続けます

  • ○■ なんて、(器の)デカい方なんだ 自分のことではなく、自分の故郷のために・・・って

  • ○■ というわけで、また本棚の肥やしが増えました

  • ○■ そしてすべての人は、「死」という、あきらめ、断念に必ず至ることとなる

  • ○■ しかし「政治改革」をもっとも宣言をしながら実行に移した人物というと小泉純一郎が上げられる

  • ○■ ご覧頂き、ありがとうございます

  • ○■ こんな機会に大き目の本も頼もうかなと、こんな本が 我が家に届きました

  • ○■ 「講談社新書の創価学会のやつがいいー!」

  • ○■ 「消毒できる箇所だから消毒する」「消毒できない箇所だから消毒しない」という発想自体がおかしいと

  • ○■ 「日本で最も人材を育成する会社」のテキスト (光文社新書) 作者: 酒井穣 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2010/01/16 メディア: 新書

  • ○■ 「セイゾンショトク・・・・」

  • ○■ 雇用のあり方について,勝間和代は「会社に人生を預けるな」(光文社新書)の中で明快な主張を展開をしています

  • ○■ 4 時間も掛かってしまった

  • ○■ 私はヘルマンヘッセが大好きであるが、ゲーテもまた私にとっては大切な思想家である

  • ○■ まず、いいと思ったことは何かひとつでもすぐに実行に移していきたい

  • ○■ でも、これらの方が、実際に良いのである

  • ○■ 「私が今使っている価値の度量衡では計測できない価値」について知りたいと思うことはない

  • ○■ 「よくってよ、知らないわ」は明治時代の女学生の流行語だそうで ずっと肯定の意味だと思っていたら、“甘えを含んだ拒絶”なの

  • ○■ さらに本書では「出版は生き延びることができるのか」を論じます

  • ○■ ここに、私の手元にある本は1冊も入っていません

  • ○■ それよりも、暑すぎです

  • ○■ 残念ながら漫画を描く才能は全くありませんでした

  • ○■ この本を紹介している雑誌には

  • ○■ この本が発売してから2ヶ月半で

  • ○■ この本も最近発売された新書で建築の仕事をしている

  • ○■ 哈日族 -なぜ日本が好きなのか (光文社新書) 作者: 酒井 亨 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2004/05/15 メディア: 新書

  • ○■ この本をしっかり読めば、たいていの人はぼくと互角くらいに囲碁を打てるようになるだろうと思う

  • ○■ タグ: 長沼毅

  • ○■ ¥777 amazon.co.jp

  • ○■ ¥861 amazon.co.jp

  • ○■ 光文社新書)/麻生晴一郎¥861 amazon.co.jpこころ熱く武骨でうざった

  • ○■ 新書)/三砂 ちづる¥756 amazon.co.jp昔の人はどうしていたのか

  • ○■ )/京王百貨店駅弁チーム¥714 amazon.co.jp例えば 森駅の→“

  • ○■ カー : 祥伝社 発売日: 2009/02/27 メディア : 新書 新・ゴーマニズム

  • ○■ 著者:高田 明典 販売元:光文社 発売日:2009-05-15 おすすめ度: クチコミを

  • ○■ )」「「ニート」って言うな! (光文社新書)」松本伊智朗/札幌学院大学人文

  • ○■ メーカー: 致知出版社 発売日: 2009/05/25 メディア: 単行本 「戦う組織」の

  • ○■ 神谷秀樹 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2009/05/15 メディア: 新書 それは、

  • ○■ い(白水社) ●「バブル女は「死ねばいい」婚活、アラフォー(笑)」杉浦由美子(光文社新

  • ○■ き、ありがとうございますよろしければポチっとしてください タグ: サッカー

  • ○■ えたなと思ったあと就活のバカヤロー (光文社新書)/大沢仁¥861 amazon.co

  • ○■ 2009-05-15 おすすめ度: クチコミを見る 今日からまたブログを再開させようと思う一般的に昨日までが休みというところが多かったのだろうが、僕は昨日まで休みだったので、仕事の開始と合わせて

  • ○■ 生まれたのではないだろうか「ウェブはバカと暇人のもの」中川淳一郎光文社新書 多くの動物がやっているこ

  • ○■ ↓ 座右のゲーテ -壁に突き当たったとき開く本 (光文社新書)/齋藤 孝 ¥735 amazo

  • ○■ しゃったんだろう(笑)---------------- 「(犯罪を)一つもなくす」ことを求める

  • ○■ -------------- 「統計」を知らない編集者との人間関係がある間

  • amazon 出版 amazoncojp 言葉 cojp 本書 時代 メディア 経済 読んで 最近 出版社 社会 作者 光文社発売 理解 現代 結果 勝間 和代 関係 日本人 メーカー ウェブ 主張 今日 編集 書かれ 出版社メーカー 経営 出版社メーカー光文社発売 子ども 自身 考えて 新書作者 科学 視点 テレビ 結局 一郎 メディア新書 現場 方法 批判 場合 ブックス 東京 中川 雇用 思った 思想 面白 知らない 自分 女性 レビュー 書かれて 内田樹 個人 本です 淳一郎 本を読んで 残念 技術 購入 発売日 最後 実際 対して 大変 文春 言われ 機能 当たり 状況 変化 紹介 障害 男性 思ってい 高校 ¥amazoncojp 当然 疑問 印象 ケース 非常 小林 文庫 言えば 気持 時間 中川淳一郎 中国 改めて 市場 読んでみ 明らか 預けるな 共通 主義 派遣 一般 確かに 以上 学者 機会 例えば 家庭 身近 納得 運動 実践 広告 教授 作家 テーマ 反論 変える 予定 入門 テキスト バブル 政権 書かれている ウェブはバカと暇人 言って 祥伝社 読んでい 報道 言える 講義 効率 物語 才能 開発 基本的 php 全部 詳細 文春新書 集英社 異なる 光文社新書勝間和代 明確 進化 書いた 希望 大学院 皆さん 言及 様々 思っている 角川 宣言 ある程度 人事 要素 思える 知って イメージ 受けて 岡嶋 リスク・リテラシー 梅田望 発言 子どもの 具体的 幻冬舎 読んでいる 世界 福祉 日経 箇所 関連 海外 会社に人生 という言葉 頑張 ノート 必要 分かり 内容 グーグル 出てくる 最初 読みました 居場所 帰って :光文社 様子 読んだ 間違 ニーチェ 思いました 著者 個人的 東大 全然 調整 所得 クチコミ 終身 外国 面白かっ 被害 景気 政府 自覚 一定 結婚 分からない 読めば レベル 独立 早速 税込 何度 左右 以下 見つけ 気がする 私自身 使用 会社に人生を預けるなリスク・リテラシーを磨く光文社新書 取材 生活 インタビュー 引用 変わっ 姿勢 ランキング 仕方 出会 酒井 単純 続ける 教養 ノウハウ アラフォー 出来 先生 闘争 本来 正規 仕事をし 学問 反応 本書では 大量 コンビニ 観点 nhkブックス 集中 小泉 新潮文庫 記述 思うの 思いを ウェブはバカと暇人のもの 理解でき 人たち 提示 抜粋 国際 クラウド 領域 ユーザレビュー 官僚 にもかかわらず 見ると 言われて 年前 正直 多様 博士 中国人 素晴らしい 言っている 吉田 ガイド 何冊 医師 専門家 体制 悪化 売り上げランキング 教師 交代 勘違 固定 はないでしょう だと思います 土地 明治 思うん 限定 ざるを得ない 販売元:光文社 下記
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.034 0.151 0.557 0.027 0.524 0.194
    僅かに強い僅かに強いやや弱い僅かに強いやや弱い僅かに強い
    total 177565.30000000796

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発