13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2876 )     アニメ ( 2209 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2818 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2238 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1679 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1161 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  



    天智天皇

    書籍 関連語 聖徳太子 万葉集 平安時代 平城京 日本書紀 水時計
    • 超訳万葉集(第2巻)[141〜55]
      ■天皇がみまかったとき、皇后(倭姫)のつくられた歌 [149] たとえ人が 思わぬようになっても いつまでも そのお姿やかたちが しのばれ わたしはけっして忘れません■天皇がみまかったとき、ある女官がつくった歌(姓名未詳) [150

    • 超訳万葉集[76〜84]
      ■御名部皇女(みなべのひめみこ[元明天皇の姉])が、それに応えての歌 [77] わが大君よ 何も心配はありません 皇神(すめらがみ)の末で 姉でもある私が しっかりとお守りします

    • 万葉集(第2巻)[114〜130]
      ■三方沙弥(みかたのさみ)が園臣生羽(そのおみいくは)の娘をめとって、それほどたたないうちに病に伏してつくった歌3首 [123] 束ねるには短く 束ねなければ長い 幼いあなたの髪 それをこのごろ 見ることができません ひょっとしたらだれかが その髪に くしをいれてしまっているのでしょうか(沙弥)

    • 超訳「万葉集」[11−21]
      ■天智天皇の時代 天皇が内大臣の藤原鎌足に、春秋のどちらがすぐれているかを論じさせたときに、額田王がそれについて判じた歌 [16] 冬ごもりが終わり 春がやってくると それまで鳴かなかった 鳥もきて鳴く それまで咲かなかった 花も咲くけれど 山が繁っているので はいっても行き着かない 草が深いので 取って見ることもできない それにくらべ 秋の山の 木の葉を見ると もみじ 葉を手に取り きれいだなと思ったり 青い葉を置いて いまひとつと思ったり 恋のように少しドキドキ だからわたしは 秋がすき

    • 超訳「万葉集」[34─44]
      ■持統天皇が 吉野 の宮に行幸されたとき、柿本人麿(660-720ごろ)のつくった歌 [36] あまねく国を治められる わが大君の すべられる 天下に くには 数々あれど 清らかな 山や川に囲まれた お気に入り の 吉野のくにの 花の散る 秋津の野辺に 宮柱も太く ご着座されると あまたの 大宮人が 船をならべ 朝夕 競うように 川を渡り 集まってきます この川が 絶えることなく この山が いつまでも高いように 水のたぎる 滝の都は 何度見ても 見飽きることがありません


最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発