13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2876 )     アニメ ( 2209 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2817 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2235 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1679 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1161 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    牽牛

    時季 関連語 アルタイル 短冊 七夕祭 織姫 彦星 織女星 棚機 天の川
    0 . 1 .
  • ○■ 「牽牛星」を左手にもつ人の配偶者運(中心星、左手)あなたの配偶者はプライド

  • ○■ 七夕とはお盆行事の一環でもあり、精霊棚とその幡を安置するのが7日の夕方であることから7日の夕で「七夕」と書いて「たなばた」と発音するようになったともいう元来、中

  • ○■ 川をわたって会うことを許された特別な日とされています 短冊に願い事を

  • ○■ 共有しましょう 中心星が、龍高星か玉堂星なら、あなたが指図したり理屈 で攻めると、うまくいきません

  • ○■ 斉明天皇・牽牛子塚... 4月6日談山神社〜飛鳥へ 記事追加 12月16日畝傍山〜磐余池跡〜桜井・。掛地蔵〜藤原宮...

  • ○■ 絡みつく」は草の蔓(つる)が巻きつく事が由来だそうです二つめのお花は ペンタ

  • ○■ 的になる【冷やし中華の日】 この日は二十四節気のひとつである小暑となることが多く、夏らしい暑さが

  • ○■ 星」を左手にもつ人の配偶者運(中心星、左手)あなたの配偶者はプライド

  • ○■ 87(昭和62)年に社団法人化されたことを記念して制定 この日が選ばれたのは

  • ○■ 制定 七夕に因んで意中の人にプレゼントをする日 サマーバレンタインデー

  • ○■ 願いします人気投票に、応援のクリックをお願いします

  • ○■ 七夕は牽牛と織女が年に一度出会う日ということから カルピスの日

  • ○■ わし座のアルタイル)が天の川をわたって会うことを許された特別な日とされています 短冊に願い事を

  • ○■ ある 七夕は星祭り 天の川で牽牛と織女が年に一度逢う日である 地上で祝って上げ

  • ○■ くからあったとされることから、全国乾麺協同組合連合会が1982年(昭和57年)に制定【竹・たけのこの日

  • ○■ NULL ブログネタ:七夕の予定は? 参加中 本文はここから七夕の予定は?未定で

  • ○■ 女に会うことができないの逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある

  • ○■ 、雑草のような「マイナスの木」の性質を持っています まじめで几帳面ですまた

  • ○■ そなえようと、冷やし中華の愛好家、料理人などが制定したもの 「ゆかたの日」

  • ○■ 帝は怒り 二人を天の川を隔てて引き離した しかし年に 1度、7月7日だけ会

  • ○■ 暦の七夕です七夕は年に一度、おり姫星(織女星【こと座のベガ】)と、ひこ星(牽牛星

  • ○■ 年運) (−)順行で5年立運 春期 初句00〜04歳・戊辰・司禄星・天南星10点・天中殺 夏期 1句

  • ○■ られる切石の外側には花こう岩を並べた跡があり、対辺約22メートルの八角形墳とみられるさらに外側

  • ○■ てきた[[カササギ]]が橋を架けてくれ会うことができたしかし7月7日に雨

  • ○■ 月7日には牽牛と織女が天の川で年に一度出会う日ということから【香りの日】 全国

  • ○■ 制定【竹・たけのこの日】 竹取物語のかぐや姫が生まれたのは7月7日との説から1986年(昭和61年)に全日本竹産業連合会が制定【 ギフト の日】

  • ○■ NULL 「牽牛星」を右手にもつ人のきょうだい(中心星、右手)中心星が、鳳閣星か調舒

  • ○■ は円満です 中心星が、龍高星か玉堂星なら、互いに自由を好み、常識 に縛られない新しい

  • ○■ っ ています 中心星が、車騎星か牽牛星なら、あなたはきょうだいの性 格や意見を受け入れ、

  • ○■ くしてくれます 中心星が、禄存星か司禄星なら、付き合い第一、家族は 二の次三の次、

  • ○■ いる織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった夏彦星(彦星、牽牛星)

  • ○■ に置いておく習慣があり、棚に機で織った衣服を備えることから「棚機」といいます 仏教が伝来すると、

  • ○■ 制定 健康的でさわやかで、女性らしさをアピールできる髪型のポニーテールはゆかたに似合うなどの理由からこの日に 「ラブ・スターズ・デー

  • ○■ いています女性の場合は、夫を育てる頼もしい奥さんになるでしょうまた、社交好きで、協調

  • ○■ ある小暑となることが多く、夏らしい暑さが始まるとされるそこで、清涼感のある冷

  • ○■ 織姫は機を織らなくなり、夏彦は牛を追わなくなったこのため天帝は怒り、

  • ○■ 長さ約60センチ、幅、厚さ各約30センチ)が敷かれているのを確認2か所の角の部分の

  • ○■ いう中国の故事に因み、ゆかたの美しさを見直し親しんでもらおうとの考えから作られました 「サマーバレン

  • ○■ 、月は夜半前には沈み、その後は天の川がくっきりと見える観察条件となりますこの機会に月や星を

  • ○■ )という別名があるまた、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる催涙雨は織姫と夏彦が

  • ○■ 人 生年:26番己丑癸生月:05番戊辰戊生日:32番乙。己 天空命(−) 人を愛するた

  • ○■ うことができたしかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない星の逢引であることから、

  • ○■ 】 日本遊技機工業組合が1995年(平成7年)に制定【 吉野 ・蛙とび

  • ○■ 【川の日】 建設省(現在の国土交通省)が、近代河川制度100周年にあたる1996年(平成8年)に制定七夕伝説の「天の

  • ○■ 品 協会が1987年(昭和62年)に社団 法人 化されたことを記念して制定この日が選ばれたのは、

  • ○■ 牽牛

  • ○■ がち刺激剤が必要になる今日のドラマチック カラー=サーモンピンクに黒白チェック、 方位=南南西真

  • ○■ =13時〜15時ッカンスポーツ・0学占星術から32番乙未日 4月20

  • ○■ 10句95〜104歳・。寅・司禄星・天将星12点 11句105〜114歳・。卯・禄存星・天

  • ○■ 21番甲。日 4月9日のワンポイントアドバイス 人々の力を結集して頭脳的にあれこれが進んでい

  • 織女 彦星 織姫 日本 タイル アルタイル 旧暦 時代 結婚 夫婦 生活 今年 梅雨 一度 二人 書いて 禄存 牽牛子塚 歴史 月日 意味 織姫と彦星 季節 七夕です 昨日 有名 夜空 機織 乞巧奠 江戸 調舒 天帝 短冊 斉明天皇 紹介 世界 禄星 見える 思います 織女星 出来 愛情 恋人 一般 座のベガ 一年 玉堂 節気 催涙 鳳閣 会うことを 明治 牽牛と織姫 中心星 江戸時代 記事 龍高星 昭和 今日は七夕 日本書紀 天気 美しい 先生 七夕祭 天智天皇 石門 習慣 伝わり 本来 二十 デネブ 生まれ 名前 中国 見上 イメージ 時間 最近 こと座のベガ 以下 言われ 思って 年に一度 制定 伝わっ 準備 協同組合 発掘 小暑 月遅 貫索 伝来 上達 七月七 今日 日本では 許され 気持 感謝 隔てて 文字 カルピス 逢瀬 織姫と牽牛 星なら 楽しく 塚古墳 始まっ 呼ばれる 過去 現在 子ども 方法 本日 写真 星織女星 見つけ 行われる 思ってい 年一 記念 咲いて 太陽 文月 五色 七夕まつり 意見 であることから 年に度月日 発展 今夜 環境 真面目 平静 星座 織姫星 二十四節気 かもしれません 彦星牽牛 カササギ 各地 配偶 ヒルガオ 節句 性格 天空 遺跡 上手 天の川の水かさが 見られ 確認 記述 能力 行われて 祖先 物語 中心星が鳳閣星か調舒星なら 健康 中心星が禄存星か司禄星なら 元気 めでたく夫婦 感じる 季語 一緒 発見 夫婦生活 協同組合連合会 今回 ことを許され 起源 星と牽牛 裁縫 協会 会うことを許され 朝顔 星合 催涙雨は織姫と夏彦 仙台 日本古来 架けて 咲いてい 二つの 考えられ 中心星が車騎星 空間 飾りを 現代 様々 考えて 終わっ 明日 調査 今日は七夕です 中心星が龍高星か玉堂星なら 織女星と牽牛 撮影 情報 会うことが 人たち ではありません 方向 牽牛子けんご 織姫星織女星 乙女 七夕伝説 星ならあなた 人を天の川を隔てて 竹取 旧暦の月日 再会 楽しん そもそも七夕 わし座のアルタイル 織姫は天帝娘で機織の 雨が降ると天の川の水かさが 夏彦星彦星牽牛星 二人の結婚 右手 中心星が車騎星か牽牛星なら 使って という言葉 棚機 天報星 牽牛と織女 伝統的 牽牛の伝説 愛好家 牛を追わなくなっ 講座 仕事 結局 巨大 言われて 全国乾麺協同組合連合会 周囲 求めて 月遅れの 田舎 上記 制度 天中 この日に降る雨は催涙雨とも 夫婦生活が楽しく織姫 運中心星 ストーリー 良かっ ケース 無駄 明日香村 国内 同じよう 行事 来年 同様 機を織らなくなり 牽牛けんぎゅう 願って 七夕ですね 的七夕 多かっ 思ったら 聞いて 星合い星合という別名 変化 方々 以降 夏彦は牛を追わなくなった 奈良県 夏彦もまた 問題 書かれ 人気 七夕って プレゼント 知られて といわれている 向いて 盆行事 大きい 記憶 対して 用意 行われてい 流す涙といわれている ラクトー 合わせ 行事の一環 種類 二人を天の川を隔てて 表現 といわれています 部屋 催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている 眺めて 言った 可能性 誕生 大正 電話 天帝は怒り二人
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.034 0.157 0.526 0.031 0.492 0.188
    僅かに強い少し弱い僅かに強い僅かに強い僅かに強い僅かに強い
    total 127311.89999995899

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発