13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2876 )     アニメ ( 2209 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2821 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1207 )     政治 国際 ( 2240 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1679 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1161 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1444 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1161 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  



    殺害予告

    ニュース 政治 国際 関連語 常盤貴子 松本人志 富士通 上戸彩 殺人予告 景気回復 酒井法子 宅八郎
    • 理想論から空想論へ
      実があることを知り、日 本教育を主宰している文科省に詐欺をされたと思った 」と、2ちゃんねるのコピペかと疑うようなことをおっ

    • 大学で学びながら「教科書が何たら…」なんて言うのか…
      ある ことを知り、日 本教育を主宰している 文科省に詐欺をされたと思った 」なんて、何という ネットの一部ではその存在がかなり知られていた東大(法?)卒のネットストーカーみたいな男が逮捕された ( 以下は、朝日新聞 ) ブログに文科省幹部の殺害予告脅迫容疑、25歳男逮捕2008年11月29日18時51分文部科学省幹部の殺害を予告する書き込みをブログに載せたとして、警視庁は、東京都文京区本駒込1丁目、無職○○容疑者(25)を脅迫容疑で29日に逮捕し、発表した容疑を認め、「詐欺教育に対する天誅(てんちゅう)だ」などと供述しているという捜査1課によると、○○容疑者は今月20日朝から昼ごろにかけて自宅のパソコンで、「文部科学省官僚への殺人予告をしているのは私です1週間以内に順次、自宅で刺殺する」などと、自分が開設したブログに書き込んだ疑いがある同省初等中等教育局の局長や課長ら幹部計10人の役職や名前を挙げたという○○容疑者は東大を卒業後、職に就いていなかったとみられ、「理想を持って勉強してきたが、 教科書の内容と違う現実がある ことを知り、日本教育を主宰している文科省に詐欺をされたと思った」などと供述しているというブログには今月2日ごろから東大の教授らへの殺害予告も書き込まれていたといい、捜査1課は余罪があるとみて調べる その動機の何とも表現し難いことに最初は驚いたんだが、考えようによっては、「来たるべきものが来た」とも言えるかもしれない言うまでもないことと思うのと同時に、もしかして今や一部では常識ではなくなってしまったかもしれないこととして、「教科書」についてだが、高校までは、 文科省検定済み 教科書で教育が行われるが、大学では、そのようなものはないこれは(検定があるのは)、何故なのかと言えば、憲法21条の表現の自由が関係していると思う つまり、いかなるトンデモ本でも、(公序良俗に反することがない限り)その出版を禁止することはできないだから、教材としてどんな本を使ってもよいということになると、そんなトンデモ本を教材として教育がなされることにもなりかねない それは困るんであって、そこで、文科省が「教材として使っても問題ない」と判断したものを検定済み教科書とし、教材はそれに限るとしているわけだそれ故、検定済み教科書には、トンデモなことは書いてない それでも、書かれてあること すべてが正しいというわけではなく 、間違ったことが書かれてあることもある 最近では、いわゆる旧石器捏造事件が明るみにでたとき、それに触れていた教科書は、訂正を余儀なくされた が、それは、例外的な事例だこの制度は、表現・出版の自由がある以上、最善とは言えなくても、決して悪い制度ではないと思う ただし、副作用もあるそのひとつが、 「教科書信仰主義」 だ つまり、「教科書に書いてあるから正しい」という信仰だ もっとも、教科書に限るのなら、「トンデモなこと」が書かれてあることはほとんどないから、問題は少ないだろう問題となるのは、これが「 活字信仰主義 」につながりかねないことだ 「本に書いてあるから、教科書と同じように、書いてあることは正しい」という信仰だ これは、表現・出版の自由があるのだから、マズイだろう最近の「水からの伝言」騒ぎなんて、その典型的事例だ 出版や販売を禁止することはできないが、そんなのを学校で教えてもらうのは困る(のに、バカ教師がやってしまった)さて、この検定制度は、高校までだ 大学にはない だから、大学で教材として使われる書籍類は、その内容をどこかの公的機関が保証しているものではないこれは、本や他人の言説に頼らず、自ら正しいことを判断できる能力を養わせることが大学教育の基本となっているからだと思う もちろん、それらを参考にするのはかまわない それらに盲従してはダメだということだ その判断力を養う過程では、定評ある本でも、場合によっては検定済教科書でも、誤った記述があることを覚ることになるだろうこのような自らの判断力を得て、初めて、大学を卒業したというに値することになるで、問題の「東大卒ネットストーカー男」だが、「 教科書の内容と違う現実がある ことを知り、日本教育を主宰している 文科省に詐欺をされたと思った 」なんて、何という


最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発