13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2874 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2815 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2232 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 495 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 462 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    redMine

    ソフトウェア 関連語 ruby Rails MySQL アジャイル Subversion オープンソース マイルストーン Mercurial
    0 . 1 .
  • ○■ redmine

  • ○■ このように、チケット駆動開発は特定のツールに依存しないので、将来、利用しているツールの開発が中断された場合も、(環境の移行は必要ですが)方法論を大きく変える必要がありません

  • ○■ 【2】チケット駆動開発とプロジェクトファシリテーションのプラクティスである朝会・ふりかえりは相性がよいと思う

  • ○■ subversion+redmineでは、「障害修正」と「マージ作業」のチケットを別々に作り、相互に関連付けていた

  • ○■ チケット駆動開発を運用してみて、チケット駆動開発と朝会・ふりかえりは相性がよいことに気付いた

  • ○■ 【比較対象】 ・redmine0.8.0 ・trac0.11.1.ja 【元ネタ】 脱excel!

  • ○■ reviewboard上のコードレビューはredmineチケットと紐づいているため、redmineのワークフロー管理機能を使って、レビュー用プロセスを容易に管理できる

  • ○■ 、そんなことは解決できるが、excelやwordの議事録はすぐに散らかってしまう せっかくレビュー

  • ○■ ルストーンはどれですか?マイルストーンとバージョンの違いは何ですか? 【回答】 redmi

  • ○■ しょう 【q2】大規模プロジェクトでもチケット駆動開発を運用できますか?運用上の注意点はありますか?

  • ○■ る ・予定工数→バージョンに紐づく全チケットの総予定工数bacに相当する ・

  • ○■ にインストールできるからチケット駆動開発を実践して気付いたことは、良い環境(ツールだけでなくp

  • ○■ すくなるようだ 理由は、チケットファーストの原則に従って、プロジェクト内部の作業をチケットに登録

  • ○■ ようになります 【q8】チケット駆動開発をアジャイル開発のように使うには、どの点に気をつければいいです

  • ○■ neとtracの両方でチケット駆動開発を運用してみて、色んな気付きがあった 以下メモ書き 【

  • ○■ 込むのがポイントですチケット駆動開発は進捗報告作りをどのように解決しようとするか?: プログラマの思索

  • ○■ 性はある 最終的には、チケット駆動開発のインフラの上で、プロジェクトの進捗をシミュレーションした

  • ○■ 問題 (1/4)チケット駆動開発にpmbokの概念を導入してみる: プログラマの思索

  • ○■ 優先順位を付ければいいチケット駆動開発では、チケットの関連やチケットの進捗が見えやすいので、マージ

  • ○■ ev)→該当バージョンの終了チケットの総予定工数(濃緑色の進捗) 即ち、redmine

  • ○■ したバージョンもチケットのリリース予定バージョンに表示されてしまう redmineをアジャイ

  • ○■ 0.6.4 ・web制作のタスク管理にredmineを運用している ・バージョンには、「

  • ○■ ルに使うには、チケットに開始日・終了日・予定工数・見積工数・作業分類がきちんと入力されているのが前提

  • ○■ 営業の人がredmineでチケット駆動開発を実践した記事があったのでメモ 【元ネタ】 r

  • ○■ 進捗報告作りをどのように解決しようとするか?: プログラマの思索 redmineプロジェクト

  • ○■ はあくまでもラフなメモ【元ネタ】 redmineプラグイン開発 - roadmapsプラグインリリ

  • ○■ セクションを追加して、開始日・終了日・予定工数・実績工数・進捗率の項目を追加すればよい

  • ○■ 実際のシステム開発では、マイルストーンとバージョンを一致させるように必ず運用する必要はない

  • ○■ グ修正の1種類だけだが、トラッカー(チケットの種類)やステータスのデシジョンマトリクスでチケットの状

  • ○■ racも下記プラグインで、チケットの種類に応じて複数のワークフローを使い分けることができるらしい

  • ○■ subtasking機能は、チケットに親子関係を導入する この機能によって、ス

  • ○■ の制約条件を課す事で、ストーリーカードとタスクカードの関係を簡単に実現できるからだ あるいは、ストーリーカー

  • ○■ なる つまり、かんばんは、ステータスごとのチケット集計結果に過ぎないのだ 小技(0.9):

  • ○■ る evmで重要なのは、sv(スケジュール差異)とcv(コスト差異)だ プロジェクト期間中

  • ○■ 開発のbtsを選ぶ時、redmineやtracの運用が難しければ、mantisから入った方

  • ○■ から選択できない しかし、redmineのバージョンは状態を持たないので、リリースして終了したバー

  • ○■ よって知るしかないからだsw開発のプロジェクト管理も同様だ evmのたくさんの概念

  • ○■ 使うためにcygwinでruby on rails環境を構築、 データベースはmysqlを導入

  • ○■ も運用できる つまり、issue trackingとしてもmantisは使える mantisはre

  • ○■ 中→承認済み→開発中→終了」のようなワークフローを作ればよい プロジェクト管理の基本

  • ○■ のワークフローは「新規→担当→解決→終了」のため、testlinkでバグ検証するステータスが無い

  • ○■ cならマイルストーンをxpのイテレーション、scrumのスプリントのように扱えばよいでしょう 普通は、イテレーショ

  • ○■ が大事 朝会では、redmineのロードマップ画面を見ながら、メンバー全員のタスクを確認する

  • ○■ の内容のようだ ・redmineのバージョンは、0.6.4 ・web制作のタスク

  • ○■ - redmine redmine - plugin list - redmine 2年前に

  • ○■ redmineやtestlinkなどのツールを駆使してプロジェクト運営すると、チ

  • ○■ は理解しづらいが、redmineによるチケット駆動開発上では、下記のように簡単に定義できる 特

  • ○■ mercurialによるチケット駆動開発の仕組みがコードレビューのプロセスに似ている

  • ○■ ログラマの思索 脱excel! redmineでアジャイル開発を楽々管理 - @it自分戦略研究所 tracのワークフロー

  • ○■ の集計プラグイン、statsvn諸々: プログラマの思索 プロジェクトマネジメント・コ

  • チケット駆動 trac 元ネタ 運用 工数 プラグ ステータス ワーク フロー チーム ワークフロー テスト 上記 リリース 解決 ロード 場合 下記 プログラマの思索 実際 必要 品質 担当 プロジェクト トラッカー 変更 重要 チケット駆動開発 上手 ソース redmine 報告 障害 方法 wbs scrum 管理 分かる redmineチケット 自動 リーダー 利点 機能 顧客 現場 タスクカード 大規模プロジェクト 新規 種類 使って 共有 非常 納期 理由 確認 追跡 最終 マネジメント 例えば 相互 インフラ リンク 開発を実践 最近 たのでメモ 連携 状態 オープン redmineプラグ 反映 記録 内部 導入 今後 使えば 管理する バージョン 優先順位 チケット駆動開発を実践 開発では イテレーション 作って によるチケット駆動 粒度 サマリ 相当する 気付 結合 一目 作成 コンポーネント 運用して 予定工数 記事 価値 ベース ストーリーカード つまりチケット 乱発 マージ インシデント todo apache 第回 オープンソース 一番 色々試 特別 分かり 公開 sw開発 ステータスごと マイル 理解 管理して 強力 システム チケットの属性 手間 相互リンク 勉強 バグ管理 発想 対応 更新 管理できる アジャイル redmine本家 チケット駆動開発では 複雑 品質管理 メンバー 最初 blog 現場リーダー 段階 フィルタ があったのでメモ ライン 複数 修正 参考 発生 ラフなメモ ルール 同等 しかしredmine view @it 運用できる plugin →終了 感想 分かりやすい 追加 チェック 過去 コスト差異 自然 経験 利用 アイデアをメモ そのワーク redmineによるチケット駆動 wikipedia 運用保守 スケジュール差異 機能がある 移植 作られ プロジェクトでは リアルタイム 組み合わせれば フレームワーク 駆使 普通 開発中 移行 redmineの集計 一括イン 仕組 コミュニケーション 概念 redmineやtrac 速度 回答 リポジ 顧客向 チケットに登録 優れて 初期 管理している チケットの種類 異なる プロマネ 進行 管理も可能 化して 以下メモ 予定工数と実績 障害報告票 することができる リファクタリング 放置 認識 会議 バージョン管理 見れば thinkit 入れる 検索 表示 -@it自分戦略研究所 チケット駆動開発を運用 課題管理 web ストーリーカードとタスクカード 全チケット 基本 可能になる 簡単 マイルストーン トラッカーチケットの種類 タスク管理 リリース予定 最終的 一つは つまりxp 終了チケット プロセス改善 計算できる 複数のサブ デフォルト 書かれている 新規→担当 開発には 名前 結局 紹介 分割 意味 機能を使えば 重視 一覧 思います 複数人 →解決→終了 するチケット ツールを駆使して 画面 タイミング 可能性 開始日・終了日・予定 楽になる 確かに 公開され 導入する 反映して 親子関係 大事 する必要 表示されなくなる 表示してくれる 記事があったのでメモ 導入して 言われ 改善して 知って 同じだ 似ている 結果 登録した 問題 できるようになるだろう 書いた 気付いたことは 使うには 見ながら ではありません 追加して してチケット 出てき 。プラグ 気になっている
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.028 0.133 0.539 0.013 0.521 0.191
    僅かに強い僅かに強い僅かに強い比較的強いやや弱い僅かに強い
    total 35409.8000000032

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発