13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2874 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    平賀源内

    学術 科学 関連語 江戸時代 万葉集 うなぎ 土用の丑の日 夏負けしない 夏バテ防止 立秋
    0 . 1 .
  • ○■ めてごあいさつを申します西丸・書院番士として出仕したばかりの、長 谷川平蔵 にございます」 口上

  • ○■ 吉原田圃とも言う明暦3( 1657 )年の大火(振袖火事)によって吉原(現在の日本橋付近)

  • ○■ あります商売のうまくいかない鰻屋が夏に売れない鰻をなんとか売るため平賀源内に相談に行きました

  • ○■ うに 今日は、うなぎを食べ、暑い夏を乗り越えよぅ〜

  • ○■ (せっき)の中で、立春・立夏・立秋・立冬・春分・秋分・啓蟄(けいちつ)・冬至・

  • ○■ 昨日は土用の丑の日でした 「土用」というのは、

  • ○■ 売れるそうです江戸時代の平賀源内が「土用の丑の日にうなぎ」とかの宣伝に匹敵するキャッチコピーで

  • ○■ 知り合いの本草学者平賀源内 (げんない46歳)先生からさずかった竹節(ちくせつ)人参が根づ

  • ○■ 低調なうなぎを売るために土用の丑の日=うなぎを食べる習慣を始めたと言われている 夏のこの

  • ○■ 土用の丑の日には、うなぎを食べる習慣あります 猛暑の時季の食養生

  • ○■ NULL 今日は「土用の丑の日」ですね暑い盛り、夏負けしな

  • ○■ NULL 今日は土用の丑の日です夏の暑さに負けないよう

  • ○■ !となって「土用の丑の日にうなぎを!」と日本で初めての 商品宣伝用のコピーがうまれこれ

  • ○■ があるといいますしかし、万葉集にも「石麻呂に吾物申す夏やせによしと云ふ物ぞうなぎ取り召せ

  • ○■ は供しぬ土用丑の日・・・・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥 今日は土用に入って初めての「丑

  • ○■ 用の丑の日の由来バテ防止のためにウナギを食べるという習慣が定着したのは、江戸時代中後期になって

  • ○■ は、 『う』のつくものを食べると夏バテしないという民間伝承を利用させ、 土用の丑

  • ○■ し町医者となると本草学者の田村元雄や平賀源内らが物産会を主催し、出展者には中川淳庵の名も見られ、蘭学

  • ○■ ントを得て「本日土用丑の日」と書いて店先に貼るよう勧めた 「土用の入り」「

  • ○■ 「丑の日に“う”の字がつく物を食べると夏負けしない」という民間伝承にヒントを得て

  • ○■ 土用の丑の日…土用の丑の日にウナギを 食べよう!の由来とは?江戸時代の鰻屋のお話で

  • ○■ 7/31ですなぜ土用の丑の日にうなぎを食べるのか? 有名なのは平賀源内が発案したという説

  • ○■ さんも大行列だった「土用の丑の日に鰻を食べる習慣は、江戸時代の発明家の 平賀源内が考案した

  • ○■ く行かない鰻屋が、夏に売れない鰻を何とか売るため源内の所に相談に行った源内は、「丑の

  • ○■ 秋、冬それに土用土用とは立春、立夏、立秋、立冬前の18日間をさしますよく聞く土用の丑の

  • ○■ (1754)年には京都で山脇東洋が処刑された罪人の腑分け(人体解剖)を実施しており、国内初の人体解剖は蘭書の正確性を証明

  • ○■ 年)には唐衣橘洲の屋敷で初の狂歌会が催されているこれ以後、狂歌の愛好者

  • ○■ 歌の特徴は歯切れの良さや洒落奔放(しゃらくほんぽう)にある ・「俗諺」俚諺世間

  • ○■ ウナギを食べるという習慣が定着したのは江戸時代中後期になってからと言われ、売り上げ不振にんだウナギ屋か

  • ○■ ではなくて 冬眠 に備えて身に養分を貯える晩秋から初冬にかけての時期なんだそうですね(つまり夏場に食べる

  • ○■ りとして有名な源内の言うことならということで、その鰻屋は大繁盛しました元来「う」のつく食べ

  • ○■ ヶ丘プールをよろしくお願いしますm(_ _)m

  • ○■ たところ、 丑の日に『う』の字が附く物を食べると夏負けしないという巷の説からヒントを得て、 「店先

  • ○■ います 「今日の出来事」カテゴリの最新記事 満月と台風と体内バランス 予定は未定であっ

  • ○■ 人程度の「異才、奇人」を集め、自由に研究してもらう実現性は未知数だが、

  • ○■ 「耳嚢巻之三」 に「町家の者其利を求る工夫の事」を収載した

  • ○■ 拒否してもらいたい民主党、「科学宝くじ」の収益をタイムマシンなど実現不可能とされる研究に投じる「平賀源内研究所」構想 jaxaは

  • ○■ 83 )年のこと ・「狂歌」社会風刺・皮肉・滑稽を盛り込んだ五・七・五・七・七の短歌形式の諧謔歌以下、 ウィキの「狂

  • ○■ べると良いという意味で「本日土用丑の日」という看板を店先に出し、大繁盛したのがきっかけだとい

  • ○■ ぎ屋に頼まれた源内が「今日は土用の丑の日」と書いた看板を店頭に置かせたのが評判になったとか177

  • ○■ の時期ですねこの日、「う」のつくものをを食べると夏バテにならない 例/うどん、独活、

  • ○■ た丑(うし)の日に「う」の付く物(うどん・うり・梅干など)食べると体に良いとの言い伝えがあり、ウナギが合致したと考えられています

  • ○■ ついての由来には諸説あり、讃岐国出身の平賀源内が発案したという説が最もよく知られているこれは文政5年(182

  • ○■ 中川淳庵の名も見られ、蘭学者グループの交友はこの頃にははじまっていたと思われる・・・宝暦4(1754)年には京都で山脇東

  • ○■ に波紋を広げるとともに、玄白が五臓六腑説への疑問を抱くきっかけとなったそうだ 今朝は自転車通勤前に

  • ○■ 家の下屋敷に生まれるが、玄白の生母は出産の際に死去している下屋敷で育ち、元文5

  • ○■ は古代・中世にさかのぼり、狂歌という言葉自体は平安時代に用例があるという落書(らくしょ)などもそ

  • ○■ 江戸の天明狂歌の時代で、狂歌がひとつの社会現象化したそのきっかけとなったのが、明

  • ○■ が催されているこれ以後、狂歌の愛好者らは狂歌連)を作って創作に励んだ朱楽菅江、宿屋飯盛(石川

  • ○■ たいやていりゅう」と読み、本名永田良因(後に言因と改名)鯛屋という屋号の菓子商人

  • 江戸時代 土用 今年 現在 時期 当時 言われ 伝承 由来 宣伝 鰻屋 立秋 キャッチ 一般 繁盛 立冬 立夏 幕末 日本人 商売 発案 定着 研究 夏負けしない 書いた 今日は土用 稚魚 風習 最初 という民間伝承 ウナギ 習慣 発見 立春 イメージ 面白 人々 状態 物申 夏痩 考案 部分 本日 食べると夏負けしない 丑の日にうの 活躍 分野 夏土用の 必要 当然 体力 石麻呂 出身 書いて店先 例えば 蘭学者 丑の日にう 残念 最近 思います 作品 ビタミン 輸入 源内さん 毎年 この時期 老中 夏ばて 万円 紹介 物を食べると夏負けしない 食べる風習 本丑日 日本橋 民間伝承からヒント 他の鰻屋 香川 からヒント 以降 平賀源内が発案 知られて 広まっ 持って 食べると夏負けしないという民間伝承 食べる習慣 丑の日にうなぎを 重要 値段 鰻を食べる習慣 研究所 参照 気がし 近所 記念館 興味 食べて 呼ばれ 丑の日です 丑の日と書いて店先 予防 明日 バレンタイン 思ってい よく知られ 以外 途中 主義 栄養価 夏に売れない 知識 源内記念 主流 源内の言うこと 幕府 考え出した 鰻を食べる風習 物を食べると夏負けしないという民間伝承 関して 大繁盛 立夏・立秋・立冬 本日土用 書いて 以来 書いて店先に貼ることを ない鰻屋 ものを食べる 体調 普段 思われる 日本では 受けて 諸説あり 以下 昨日 なり土用 使って 19 有効 変わっ 登場 広告 太郎 繁盛した 知られている 土曜 所相談に 作家 丑の日と書いて店先に貼ることを 頼まれ 夏痩せに 丑の日にうの字が附く物を食べると夏負けしない 建物 食べた 先日 含まれ 有名な源内 という民間伝承からヒント 勧めた 残って 中身 その鰻屋 平賀源内が発案したという 不明 香川県 同様 知って 注目 食べる風習が定着 発生 土用の丑の日にうなぎを 丑の日と書いた よく知られている 出てくる 意見 地方 最大 方々 感想 屋は大変繁盛 今年の土用 特別 言えば 用意 完成 良いと 土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着 現代 雰囲気 非常 無料 到着 気温 代表 屋もそれを真似るようになり ではありません 成功 丑の日でした 相談 うなぎ屋さん 確かに 感じが 同時代 終わり 食べました 夏にれない鰻を何とか売 ような気がし 言われています 生活 屋もそれを真似るようになり土用 可能性 定着したと 気持 食べること 物食べると夏負けしないという民間伝承からヒントを 年には その鰻屋は大変繁盛 独自 出来 店頭 食べるようになった うなぎを食べる 書いて店先に貼ることを勧めた 防止のため 驚いた 他の鰻屋もそれを真似るようになり 源内の言うことならということでその鰻屋 関しては 京都 その後他 繁盛したそうです 影響 のは江戸 食べたい 同じよう 屋から 見られ 呼ばれて 定着したという 場合 見えた 思ったら 聞いて 問題 食べられて 化した たと言われ 今のよう があるようです
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.034 0.153 0.511 0.031 0.478 0.188
    やや強いやや強いやや強いやや強いやや強いやや強い
    total 98491.7999999691

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発